FC2ブログ

2014/2/7~11:スリランカはどんな国かな?

ここ3年ほど2月から3月にかけて、
アジアの世界遺産ある地域へ旅に出ていまして、
今年もアジアへ出かけることにしました。

今回訪れる国はスリランカをチョイス。
紅茶がよく取れる国ですね。
世界遺産もいくつかあるみたいなので、そちらを回ってきたいと思います。

今回は、下記の旅程で旅に行く予定です。

2/7 :中部空港 → (中国) → 香港 → (スリランカ) → コロンボ
2/8 :コロンボ → ポロンナルワ → シギリヤ
2/9 :シギリヤ → ダンブッラ → キャンディ
2/10:キャンディ → コロンボ →
2/11:香港 → 中部空港

sri.jpg プレゼンテーション1←今回の旅の軌跡です
【旅程表と地図の都市名の表記が違う場合があります】
sri nyukoku sri syukoku
↑スリランカの入出国スタンプです。
ビザは事前にインターネットで申請しておくと、入国審査でシールを貼ってくれました。

<今回の旅で訪れる予定の世界遺産>
①古都ポロンナルワ(スリランカ)
②古都シギリヤ(スリランカ)
③ダンブッラの黄金寺院(スリランカ)
④聖地キャンディ(スリランカ)

スポンサーサイト

2014/2/7:スリランカへの旅が始まります

今日からスリランカの旅が始まります。

現地での行動はツアーなので、
今回の旅は楽に動けそうです。

スリランカのコロンボまで、キャセイパシフィック航空を利用します。
中部空港を9時50分に出発するフライトでまず香港へ向かいます。

中部空港に8時半前に到着して、旅行会社のカウンターへ。
そこで、航空券をもらいました。搭乗券も一緒にもらったのは初めてですね。
tosri.jpg
↑旅行会社のカウンターで搭乗券をもらえたので、
キャセイのカウンターに並ばなくてOKでした。

荷物検査と出国審査を終えて、搭乗口へ。
IMG_0001_20140207160518481.jpg IMG_0002.jpg
↑香港経由となる今回、移動時間だけで17時間程度。
先は長いですねえ。

定刻どおりに出発して、香港へ。
IMG_0003_2014020716052396d.jpg
↑機内食はビーフかチキンを選べました。
ビーフを選択したところ、香港らしい味付けのお肉でした。
スパイスが日本とは違うんです予ねえ。

機内で【グラビティ0】を見つつ、香港・チェクラップコク国際空港に到着しました。
IMG_0006_201402071605286cf.jpg
↑空港はキャセイの機材でいっぱいです。
IMG_0008_201402071611260ae.jpg IMG_0009.jpg
↑乗継時間が3時間弱あるため、空港内をぶらぶら。
香港空港は大きいなあ。

そして、16時となりスリランカ・コロンボへ向けて出発です。
IMG_0011_20140208035628666.jpg
↑この便、シンガポールを経由します。
だから移動時間がめちゃくちゃ長いんですねえ。

まず、シンガポールへの移動となりました。
この出発が1時間遅れました。スリランカ到着が更に遅くなりそう…。
IMG_0012_20140208035631b1f.jpg
↑シンガポールまでも機内食が出ました。
フィッシュライスを選択。カレー味の魚が美味い!
そして、ハーゲンダッツも出た!

シンガポールに到着したのは、現地時間の20時30分ごろ。
21時にはコロンボ行きの出発時間だそうですが、遅れそうです。
IMG_0013_201402080356371b9.jpg IMG_0014_2014020803563943e.jpg
↑シンガポール・チャンギ国際空港です。
4年ぶりに訪れましたねえ。

シンガポール出発は30分くらい遅れて出発となりました。
IMG_0015_20140208035642f85.jpg
↑コロンボまでのフライトも機内食が出ました。
こちらはポークライスでした。ちょっと似たような味が続きましたね。

コロンボ・バンダラナイケ国際空港には30分くらい遅れて到着しました。
入国手続きが混んでいて少し時間がかかりましたが、無事入国。

出口まで行くと【AKIO KATO】とボードを持った人が。
日本語が話せる人と行動できるのは、ここ度強いですね。
ツアーで旅するときは、楽でいいです。

空港から10分くらいのホテルに今日は宿泊します。
明日から、スリランカの旅が本格的に始まります。

2014/2/8:スリランカ観光開始!世界遺産ポロンナルワへ

今日からスリランカ観光が開始となります。
昨日の到着が遅かったので、少しだるいですね。
IMG_0019.jpg IMG_0016.jpg IMG_0017.jpg
↑宿泊したのは、バンダラナイケ国際空港から近い
【THE GATEWAY HOTEL AIRPORT GARDEN】です。
朝食も種類豊富で良かったですね。

8時にホテルを出発して、ポロンナルワへ向かいました。
距離にすると130kmくらいなので、そこまで遠くないのですが、
1車線の道に遅い車もいて、のろのろと走っています。
IMG_0021.jpg IMG_0020.jpg
↑2時間くらい走って、3分の1だそうです。
こちらで少し休憩しました。
近くには湖があるのですが、人口の湖で田んぼに水を送っているそうです。

4時間半くらい走って、ポロンナルワ近くのレストランに入りました。
IMG_0026_20140209001216082.jpg IMG_0023.jpg IMG_0024.jpg
↑昼食はビュッフェでした。
一部にめっちゃ辛いものがあって、食べるのが辛かったです。

昼食後、ポロンナルワ市内に入りました。
IMG_0028_20140209001231b63.jpg
↑チケットオフィス近くの湖で撮影しました。
かなり大きな人口の湖で、田んぼに大量に水を供給できそうです。
ポロンナルワは米の一大生産地だそうな。

チケットを購入後、世界遺産のポロンナルワ旧市街の観光開始です。
まず、やってきたのは宮殿跡。
IMG_0033.jpg
↑ポロンナルワというと、この宮殿の写真が良く使われるそうです。
IMG_0039.jpg IMG_0035_20140209001533f01.jpg IMG_0034_201402090015094be.jpg
↑建物は12世紀に造られて、当時は7階建てだったそうな。
レンガを積んで造られていて、当時は漆喰できれいに塗られた建物だったそうです。
右の写真はトイレ、水洗トイレもあったんですね。
IMG_0046.jpg IMG_0044.jpg
↑宮殿の近くにある会議場です。
入り口には色々な動物(獅子、象、鰐)が彫られた柱がありました。
屋根は木で造られていて残っていませんが、柱で当時の面影を感じられます。

宮殿跡を観光した後、クワドラングルへ。
クワドラングルとは4辺形の意味で、方形の庭に建物が固まっています。
IMG_0055.jpg IMG_0058.jpg
↑こちらには、ポロンナルワに都があった時代の仏歯寺が3つあります。
王様は仏歯を代々受け継いでいて、それを安置する寺を造ったそうです。
ポロンナルワが都の時に3人王様がいたので仏歯寺も3つだそうな。
左の写真奥に2つ、右の写真に1つ仏歯寺が写っています。
ちなみに写真を撮影するときは、仏様にお尻を向けないよう注意していましたね。

クワドラングル観光後、ガル・ヴィハーラへ向かいました。
ガルが岩、ヴィハーラが寺院という意味で、石の寺院という意味になります。
IMG_0062.jpg IMG_0066.jpg
↑1つの大きな岩に仏さまが彫られています。
すごいのは坐像、立像、涅槃像と様々な姿の仏様が一つの巨大な岩に彫られています。
これも12世紀に造られたそうで、当時の技術は素晴らしいなあと思います。

次に向かったのは、キリ・ヴィハーラです。
キリはミルクを意味していて、白い寺院です。
IMG_0070.jpg IMG_0068.jpg
↑名前の通り、白い大きな仏塔がありました。
近くには大きな仏像が安置されている寺院もありましたね。

こうして、ポロンナルワの世界遺産・旧市街の観光が終わりました。
IMG_0071_201402090020235e8.jpg
↑出発前にゴールデン・ココナッツにストローを刺してジュースを飲みました。
さっぱりとしていて、飲みやすかったですね。

ポロンナルワを後にして、宿泊地のシギリヤへ向かいました。
1時間くらい車を走らせて、ホテルに到着しました。
IMG_0073.jpg IMG_0072.jpg IMG_0081.jpg
↑宿泊した【Sigiriya Village】です。
コテージタイプの部屋に宿泊しました。
年季が少し入っていましたが、部屋は大きかったです。
IMG_0076.jpg
↑到着が少し早かったので、明日訪れる予定のシギリヤ・ロックを撮影。
夕焼けに染まる岩がきれいでした。

夕食はホテルのレストランでした。
IMG_0077.jpg IMG_0079_20140209002140e28.jpg IMG_0080.jpg
↑ビュッフェスタイルの夕食でした。
やはり辛いメニューもありましたね。
デザートも含めて、もりもり食べました。

こうして、本日の観光は終了です。
明日はシギリヤとダンブッラを観光した後、キャンディーへ向かいます。

2014/2/9:スリランカの世界遺産めぐり

スリランカ2日目は、世界遺産2箇所を回ります。
シギリヤとダンブッラ石窟寺院ですね。

朝食を食べた後、8時ごろホテルを出発しました。
IMG_0082.jpg
↑宿泊したホテルのメイン棟です。
ここで夕食と朝食を食べました。

ホテルを出発して、すぐにシギリヤ・ロックの入り口となります。
IMG_0085.jpg IMG_0090.jpg
↑岩山の手前は水の庭です。
水路やプールがあって、当時は水浴びをする人や
田んぼに水を送るために利用されたそうです。
IMG_0089.jpg
↑そして、シギリヤ・ロックが見えてきました。
5世紀に11年だけ王宮が岩の上にありました。
そこにはシギリヤの悲しい歴史がありました。

岩を登っていく途中にもガイドさんがいくつか案内してくれました。
IMG_0093.jpg IMG_0099.jpg
↑左は8角形の池です。こちらは観賞用に使われたそうです。
右はお坊さんの住んでいた洞穴です。
王宮が築かれる前は、お坊さんの修行の場だったそうです。

けっこうきつい階段を上がっていくと、岩の中腹に休憩所がありました。
IMG_0105_201402110152335d5.jpg
↑螺旋階段があって、そこを上るとシギリヤ・レディのフレスコ画があります。
IMG_0109.jpg IMG_0106.jpg
↑5世紀に書かれたとは思えないほど、鮮やかに絵が残っています。
色が落ちにくい技法が使われているそうです。
これは修正ができないため、間違っている部分がそのまま残っていました。
IMG_0113_20140211015242d60.jpg
↑フレスコ画のある場所の下はミラー・ウォールという場所です。
こちらには、鏡にように磨かれた岩に文字が彫られていました。

もう少し歩くと、ライオンの入り口があります。
IMG_0115.jpg IMG_0119.jpg
↑ライオンの足に挟まれた入り口があります。
かつては上にライオンの顔をした建物があったそうです。
右は、ライオンの入り口から少し上った場所から撮影しました。
遠くに見える山は、お坊さんが修行していた山です。

そして、シギリヤ・ロックの頂上に到着しました。
かなり疲れましたねえ。
IMG_0122.jpg IMG_0125.jpg IMG_0127_20140211015453a8c.jpg
↑頂上からは、庭園の様子が良く見えました。
そして、王宮跡が色々残っています。
岩の上ですが、プールもあったそうです。

頂上を散策した後、下りて駐車場へ向かいました。
途中、シギリヤ・レディに向かう階段が見えましたが、大渋滞でした。
時間がもう少し遅かったら、大変なことになっていましたね。

シギリヤ・ロックの観光を終えて、ダンブッラに向かいました。
IMG_0134_2014021101551733f.jpg
↑途中、バティック工房に寄りました。
ロウを使った色を塗った布製品です。
ツアーの宿命なのでしょう、ハンカチを購入しました。

シギリヤから30分くらいでダンブッラに到着しました。
ここでは世界遺産の石窟寺院を見学します。
IMG_0136_20140211015519e09.jpg
↑石窟寺院の入り口に金色の大仏がありました。
昔の王様が、仏様をみんな金に塗ったそうです。

石窟寺院までけっこうな上りです。
先程のシギリヤ・ロックでけっこう疲れたのですが、再び疲れそう…。
IMG_0138.jpg
↑ダンブッラからシギリヤ・ロックが見えました。
岩山は大きいですねえ。
IMG_0157.jpg IMG_0147.jpg IMG_0149.jpg
↑そして、石窟寺院に到着しました。
内部には鮮やかな壁画とたくさんの仏様が安置されていました。
洞穴が5つあるのですが、どの洞穴内もたくさんの仏像がありました。
よく、これだけの洞窟と仏像を作ったなあと思いました。

石窟寺院の見学後、キャンディー方面に向かいました。
その途中のスパイスガーデンで昼食となりました。
IMG_0160.jpg IMG_0158.jpg IMG_0159_20140211015729b6a.jpg
↑スパイスガーデンには、ハーブの木がたくさんありました。
そして、こちらで昼食となりました。
ここでもビュッフェスタイル、ご飯とカレーが中心のスリランカらしい食事でした。

昼食後はハーブの説明を受けて、ハーブを用いたマッサージもしてもらいました。
ここまでしてもらうと、何か買うしかないなと思い、
バニラエッセンスを購入しました。

スパイスガーデンを後にして、キャンディーに向かいました。

1時間くらいして、キャンディーに到着。
ここでまずやってきたのは宝石工場です。藤原紀香もおとずれたそうな。
IMG_0166.jpg IMG_0169.jpg
↑男だけのツアーの場合、宝石屋に興味が沸きません。
さっさと後にしました。
右は宝石工場の前の道の様子です。
スリランカの主な車・スリーウィラーがたくさん走っていました。
東南アジアや西アジアでは3輪車が大活躍ですね。

宝石工場の後にして、キャンディーのメイン観光地・仏歯寺にやってきました。
IMG_0176.jpg
↑スリランカで大切にされている仏歯、
安置されているお寺はきれいでした。
IMG_0175.jpg
↑英国旗を降ろそうとしているお坊さんです。
イギリスの植民地となる寸前、
植民地となる署名の前に英国旗が上がったため、おろしたそうです。
気概があるお坊さんですねえ。

仏歯寺に入場して、すぐに壁画ありました。
IMG_0178.jpg
↑ペラヘラ祭りの様子です。
仏歯が寺院から出て町を歩く、スリランカ最大の祭りだそうです。
象の上に仏歯が入った仏塔をのせて、町を行列が歩くそうな。
IMG_0182.jpg IMG_0185.jpg IMG_0187.jpg
↑そして、仏歯が安置されている建物です。
豪華な雰囲気に包まれていました。
仏歯の建物前には、お祈りする人でいっぱいでした。
IMG_0189_20140211015957f3e.jpg
↑建物の屋根には金色のハスの花で飾られていました。

仏歯寺の見学を終えて、キャンディーダンス鑑賞へ。
IMG_0194.jpg
↑ダンス会場に向かう途中にあった湖です。
仏歯寺の前は大きな湖あって、涼しい雰囲気でした。

そして、キャンディーダンス会場に到着しました。
会場内はたくさんの観光客であふれていましたねえ。
IMG_0199.jpg IMG_0204.jpg IMG_0215.jpg IMG_0220.jpg
↑キャンディーダンスはペラヘラ祭で踊られるそうです。
女性のしなやかな踊り、皿回し、火を使った踊りなど楽しかったです。
IMG_0223.jpg
↑最後は火渡りでした。見ごたえがありましたね。

こうして、本日の観光が終了しました。
宿はキャンディーの山上にある【AMAYA HILLS】というホテルです。
キャンディー市内からけっこう上りました。
IMG_0225.jpg
↑ホテルからの夕暮れです。
標高が高く、眺めが良かったですね。

そして、ホテルで夕食となりました。
IMG_0226.jpg
↑本日の夕食もビュッフェでした。
これまでの食事で最も豪華な気がします。
IMG_0228.jpg IMG_0229.jpg
↑ドリンクは【EGB】という、スリランカ独自の飲み物を選択。
味はジンジャーエールでした。
デザートもしっかり頂いて、夕食を終えました。

明日はキャンディー市内を少し散策して、コロンボへ。
そして、帰国となります。
スリランカの旅も終わりが近づいてきました。

2014/2/10:スリランカの旅も最終日となりました

本日でスリランカ観光最終日となります。
キャンディー市内を少し散策した後、
スリランカ最大の都市・コロンボを散策します。
IMG_0232.jpg IMG_0236_201402110245152ee.jpg
↑宿泊したホテルです。高級な部類に入るんでしょうね。
いつも利用するのは、安めのところが多いのでうれしいです。
IMG_0230_20140211024456eb8.jpg IMG_0231.jpg
↑朝食も種類が豊富で良かったです。
がっつりと頂きました。

朝食後、ホテルを出発してキャンディー市内へ向かいました。
IMG_0239.jpg IMG_0238.jpg IMG_0241.jpg
↑まず訪れたのは、キャンディーマーケットです。
キャンディー市民の台所になっています。
果物・野菜・肉・魚・お菓子と何でもござれでした。

マーケットを見学した後、ペラデニア植物園へ。
IMG_0242.jpg
↑植物園に向かう途中のキャンディー市内です。
イギリス植民地時代の建物がたくさんありました。

少し走って、ペラデニア植物園に到着しました。
こちらは、イギリスの植民地時代に作られたものだそうです。
スリランカにはこのような植物園が他に4つあるそうです。
IMG_0266.jpg IMG_0246.jpg
↑入り口付近から様々な植物がありました。
IMG_0251.jpg
↑少し奥に行くと【この木なんの木】のCMでおなじみの木が。
学術名・フィカスベンジャミーナだそうです。
IMG_0255.jpg IMG_0259_2014021103073421f.jpg
↑植物園にはヤシの木の道や花の庭などたくさんの植物が。
そして、こうもりの数がすごかったです。

植物園の見学を終えて、コロンボへ向かいました。
IMG_0273_20140211030824ec7.jpg IMG_0271.jpg
↑途中に寄った紅茶工場です。
二階からコロンボ~キャンディーの道路の様子が見えました。
バスやスリーウィラーがたくさん走っていました。

キャンディーでは紅茶があまり採れないため、茶葉を運んでくるそうです。
IMG_0268.jpg IMG_0269_20140211030748e41.jpg
↑積んだままの茶葉と選別機です。
工場内は紅茶の匂いが充満していて、いい匂いでした。

紅茶工場を見学して、再度コロンボへ向かいました。
IMG_0276_201402110308329de.jpg IMG_0275_20140211030828efd.jpg
↑途中で昼食になりました。レストランオーナーの奥さんは日本人だそうです。
昼食はカレーセットでした。これがめちゃくちゃ辛かったです。

昼食後、再び車はコロンボへ。
IMG_0278_201402110308352be.jpg
↑途中の町・ケゴールです。商店街が長い町だそうな。
確かに他の田舎町と比べて、商店街が長かったです。

キャンディーを出発して4時間、ようやくコロンボに到着しました。
コロンボに到着して、まず訪れたのはシーママーラカヤ寺院です。
IMG_0289_20140211133303693.jpg IMG_0288.jpg
↑スリランカの寺の特徴は、仏塔・菩提樹・仏殿・坊さんの寮が
セットになっているそうです。
右の写真に仏塔と奥に菩提樹が写っています。
IMG_0282_20140211133255b05.jpg IMG_0284_20140211133258839.jpg
↑こちらのお寺には、ブッダの一生の絵も飾られていました。
ガイドさんの話がなかなか面白かったですね。
そして、バングラデシュから持ち込まれたブッダの髪もありました。

寺院を観光した後、コロンボ市内をドライブしました。
IMG_0291.jpg IMG_0296_20140211133330bea.jpg
↑左は市役所です。イギリス植民地時代の建物を利用しています。
右は国際会議場、中国の支援を受けて建てられたそうな。
ここにも中国の影響が…、中国らしい建物ですね。
IMG_0293.jpg IMG_0295.jpg
↑市役所近くの独立記念場です。隣には初代副大統領の像がありました。
周辺は高級住宅街でセレブが散歩しているそうです。

次に立ち寄ったのが、ヒンドゥー寺院です。
IMG_0299.jpg
↑しかしながら、工事中でした…。
屋根の上の塔で雰囲気だけ感じました。

コロンボの海岸近くにゴールロードという道が走っています。
IMG_0300.jpg IMG_0303.jpg IMG_0305.jpg
↑両サイドにはたくさんのお店が並んでいました。
そして、たくさんのバスやスリーウィラーが走っていました。
日本車のプリウスやフィットハイブリッドも多かったです。
スリランカでは、ガソリンが高いため、燃費の良い車が人気あるそうです。

夕暮れが近くなり、海岸沿いへ。
IMG_0307.jpg IMG_0312.jpg IMG_0314_20140211133645635.jpg
↑海岸沿いには線路が走っていて、コロンボ港などが見えました。
列車も走ってきました。ドアから、はみ出る人がたくさんいましたね。
東アジアらしい雰囲気を感じることができました。
ちなみに右の二人は、今回のガイドさんと運転手さんです。
IMG_0311.jpg
↑インド洋に沈む夕日です。
スリランカで見る最後の夕日となってしまいました。きれいですね~♪

夕日が沈んだ後、スリランカ最後の晩餐となりました。
IMG_0316.jpg IMG_0317.jpg
↑やってきたのは日本食レストラン【さくら】という店です。
出てきたのはてんぷら定食。
最後は日本食ですか…、という感じですが美味しかったです。

こうして、スリランカの旅が終了しました。
コロンボから車でバンダラナイケ国際空港へ向かいました。

途中の道が工事中だらけで、コロンボから1時間半くらいかかって空港に到着。
ガイドさんとお別れをして、チェックインしました。

飛行機の出発は0時40分。
再びシンガポール経由の長いフライトとなります。

2014/2/11:日本は遠いなあ、またシンガポール経由…

バンダラナイケ国際空港のサイズはあまり大きくないのですが、
スリランカの雑貨店は充実していました。
仏教の国にやってきたので、仏様を購入しました。
IMG_0318.jpg
↑空港内です。食事する場所などはあまり多くないような気が…。
ただ、無料でwifiが利用できたのは良かったですね。
fromsri.jpg
↑帰りの搭乗券です。

そして、フライト時刻が迫ってきたので搭乗口へ。
IMG_0319.jpg
↑香港行きの搭乗口です。シンガポール経由となっていますが…。
またまた長いフライトが待っています。

旧正月の終わりが近づいているせいか、コロンボ発の機内はほぼ満員。
そして、中国人が多いです。結構騒がしい雰囲気でした。
そんな中、シンガポールまではひたすら寝る努力をしました。

コロンボから3時間半、シンガポールに到着しました。
IMG_0320.jpg IMG_0321.jpg
↑再びやってきたシンガポール・チャンギ国際空港。
往路は久しぶりだなあと感慨にふけっていましたが、帰りはひたすらだるい!

1時間くらい待って、搭乗時刻となりました。

定刻より少し遅れて、シンガポールを出発。
香港まではしっかり起きていて、朝食を食べて、映画を見ていました。

現時時刻の12時ごろ、香港・チェクラップコク国際空港に到着。
名古屋行きの出発は1625のため、空港内をぶらぶらしていました。
IMG_0322.jpg
↑空港内のコーヒーショップでデニッシュとコーヒーで時間をつぶしていました。
IMG_0323.jpg
↑そして、搭乗時刻となり、機内へ。
スリランカの旅も終焉を迎えてしまいました。

定刻通りに飛行機は出発しました。
IMG_0325.jpg
↑名古屋へのフライトで食べた機内食です。
パスタをチョイスしました。ペンネですね。

そして、定刻より10分くらい早く中部国際空港に到着。
今回の旅が終了しました。

気温は3℃とのことで、寒く感じます。
スリランカは暑かったなあ。

スリランカは内戦の影響がほとんどなくなっていて、
世界遺産観光と食事が楽しい国でした。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる