FC2ブログ

2014/9/13~23:初めてオーストラリアを訪れます

今年の夏休みはどこへ行こうかな、と考えていました。
夏休みは、ヨーロッパが多いのですが、
大部分の国に訪れたので、別の地域に行きたくなりました。

いろいろな航空会社のHPを見ていたら、
中国南方航空のHPでオーストラリアへの航空料金が安いみたいです。

ただ、中国南方航空はあまりいい記憶がないのですが・・・、
ビジネスクラスを確認すると、18万円強で行けるみたいです。
(安っ!)
20万円切ってビジネスに搭乗できるのは安いと思いました。

G.Wに利用した中国東方航空もエコノミーはあかんですが、
ビジネスクラスは非常によかったです。
中国南方航空も、ビジネスならばきっと良いだろうと思い、
ビジネスクラスでオーストラリアへ出かけることにしました。

今回は、下記の旅程で旅に行く予定です。

9/13:中部空港 → 上海 → 広州 →
9/14:→ (オーストラリア) → メルボルン
9/15:メルボルン → ケアンズ
9/16:ケアンズ周辺観光(キュランダ)
9/17:ケアンズ周辺観光(グレート・バリア・リーフ)
9/18:ケアンズ → エアーズ・ロック
9/19:エアーズ・ロック周辺観光
9/20:エアーズ・ロック → シドニー
9/21:シドニー周辺観光(ブルーマウンテン)
9/22:シドニー →
9/23:(中国)→ 広州 → 上海 → 中部空港

オーストラリア
↑今回予定している旅の軌跡です【旅程表と地図の都市名の表記が違う場合があります】
001_20141018102544913.jpg 003_2014101810254698d.jpg
↑左のページにオーストラリア入国のスタンプがあります。出国時は押してもらえませんでした。
右は経由した中国のスタンプです。

<今回の旅で訪れた世界遺産>
①王立展示館とカールトン庭園(オーストラリア)
②グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)
③クイーンズランドの湿潤熱帯地域(オーストラリア)
④ウルル=カタ・ジュタ国立公園(オーストラリア)
⑤シドニー・オペラハウス(オーストラリア)
⑥オーストラリアの囚人遺跡群(オーストラリア)

スポンサーサイト



2014/9/13:オーストラリアへ出発!中国南方航空のビジネスは?

今日から夏休みを利用したオーストラリアの旅が始まります。

オーストラリアまでの移動に利用するキャリアを探している時、
日系のキャリアはエコノミーで15万円くらいの金額ばかり。
ジェットスターでも13万円くらいとかなりのお値段です。

そんな中見つけたのが中国南方航空のビジネスクラス。
20万円を切る、18万円強で発見しました。
ビジネスでこのお値段はかなり安い…。

以前、インドまでの移動に利用しましたが、
エコノミーはかなりダメな印象が残っています。
でも、ビジネスならそれなりのものだろうということで、
中国南方航空のビジネスでオーストラリアを訪れることにしました。

当日は、7時50分前に中部空港に到着しました。
まずは、中部空港を9時35分発のフライトで広州へ向かいます。
ビジネスクラスのため、チェックインはすぐに終了。
IMG_2778.jpg
↑3連休の頭ということもあって、出発する人が多い気がします。
中国南方航空のエコノミーの列はかなり混んでいましたが、
ビジネスはさくっとチェックインが完了、さすがビジネスクラス。
001_20140927102107796.jpg
↑メルボルンまでの搭乗券です。

中国南方航空は【サクララウンジ】を利用できるということで、
そちらを訪れました。
IMG_2779.jpg IMG_2780.jpg IMG_2781.jpg
↑サクララウンジの入り口と内部の様子です。
日本航空などもここのラウンジを利用とのことで、
けっこうな人が利用していました。
IMG_2782.jpg IMG_2783.jpg
↑こちらのラウンジにもアルコール類がしっかり準備されていました。
食べ物はおにぎりや煮物など軽食がいくつか。
朝食を食べていなかったので、ここで少し食べました。

出発時刻が近づいてきたので、搭乗口へ。
IMG_2784.jpg IMG_2785.jpg
↑この便、以前も利用したのですが、上海を経由して広州へ向かいます。
広州までけっこう面倒だった記憶がありますね。
広州までの機内は機材が小さく、
ビジネスクラスでも少し広い感じの座席でした。

ほぼ、定刻どおりに出発して、飛行機は上海へ。
IMG_2787.jpg IMG_2789.jpg
↑飛び立った直後、名古屋市内や桑名の風景が見えました。
通っていた小学校や中学校が見えましたね。

出発して1時間くらいで機内食が出てきました。
IMG_2790.jpg IMG_2791.jpg
↑中国南方航空ビジネスクラスの機内食はなかなかのもの。
海苔、味噌汁、茶碗蒸し、肉やひじきなど、
日本の朝食に近い感じで美味しく食べられました。
ラウンジで食べる必要がありませんでしたねえ。

出発して3時間くらいで上海浦東空港に到着。
上海~広州が国内線扱いとなるため、上海で中国入国となります。
ここで1回飛行機を降りて、また乗るの面倒なんですよねえ。

中国の入国審査を終えて、ホールへ。
IMG_2793.jpg
↑中国南方航空はターミナル2を利用しています。
あの長細い照明ではなかったです。
あれがいかにも浦東空港だったのですが。
IMG_2794.jpg
↑搭乗口では中部空港の便名と全く同じ表示が。
次のフライトで広州に向かいます。

そして、機内へ移動したのですが…、
中国の空港でありがちな、全くスポットから動かない状態が続きました。
結局30分遅れで飛行機は出発となりました。

上海~広州は約2時間のフライトです。
機内食はあまり出てこないだろうなあ、と思っていたら…、
IMG_2796.jpg IMG_2797.jpg
↑めっちゃがっつり出てきました。
豚肉料理を注文したところ、角煮のようなものが出てきました。
これがめっちゃ美味い!日本人好みの味付けで良かったですね。
デザートも出てきて、アップルタルトとフルーツ盛り合わせ。
がっつりと機内食を頂きました。

広州白雲国際空港に到着したのは16時ごろ。
なんだかんだいって、10分遅れで広州に到着しました。
出発が遅れるのを見込んだスケジュールになっているのかな?

ここから、オーストラリア・メルボルンへのフライトへ乗継ぎです。
ただ、ここで預けた荷物を回収して、
再度チェックインカウンターへ行かなければいけないそうな。
中部発の中国南方航空は、やはり面倒です…。

メルボルン行きのフライトまで約5時間あります。
ビジネスクラスということでラウンジでまったりすることにしました。
IMG_2799.jpg
↑広州白雲国際空港のホールです。
比較的新しい空港とのことできれいですね。
IMG_2800.jpg
↑ここは中国南方航空のハブ空港ということで、
専用のラウンジが設置されていました。
IMG_2804.jpg IMG_2802.jpg
↑ピーク前の時間帯のせいか、まだ人は少なめです。
そして、広州のラウンジも色々な食事が置いてありましたね。
自分は機内食でお腹いっぱいだったので、水分オンリーでした。
IMG_2805.jpg
↑シャワーもあったので、出発前にさっぱりしました。
ラウンジを利用できるのはありがたい…。

そして、出発時刻となり搭乗口へ。
IMG_2808.jpg
↑21時発のメルボルン行きとなります。
明日の朝9時前に到着予定です。
ビジネスクラスで寝て、明日からの行動に備えたいのですが、
どのような座席でしょうか?

2014/9/14:メルボルンは過ごしやすい町でした

広州からメルボルンまでの機体は大型機となります。
ここのビジネスクラスは、違うものが出てくるだろうと思っていたら…、
IMG_2810.jpg IMG_2811.jpg
↑出た、オットマンがあります。
これ、フルフラットシートですねえ。
これなら夜をまたぐフライトでも、
それなりに眠れそうな予感がします。

機内食はどんなものかなあ、と思っているとメニューが配られました。
IMG_2812.jpg
↑夕食、朝食ともメインを選択するとのこと。
夕食はおすすめのホット・ポットにしようとしたら終了したそうな。
仕方なく海老やBBQ味の豚肉を選択しました。
朝食は牛肉麺です。中国らしい朝食ですね。

広州空港はほぼ定刻どおりに出発しました。
中国の空港では珍しい気がします。
1時間くらいして、機内食が運ばれてきました。
IMG_2814.jpg IMG_2815.jpg
↑前菜の肉巻きやイカ巻きに始まり、
メインが運ばれてきました。
前回利用したときのエコノミーはあかんと思ったのですが、
ビジネスの食事はありだと思いますね。

食事を終えて、フラットにして寝ることにしました。
…が、めっちゃ機体が揺れて、あまり眠ることができませんでした。
どこかで眠ったのですが、CAさんに起こされました。
IMG_2816.jpg IMG_2817.jpg
↑朝食のフルーツとヨーグルト、そして牛肉麺です。
牛肉麺がけっこう美味しくて良かったですね。

メルボルン空港には定刻より30分くらい早い8時10分頃到着しました。
ビジネスなので、入国審査は専用レーンで早かったのですが、
預けた荷物が出てくるのが遅い!
優先タグがついていたのですが、30分くらい待たされました…。

荷物を回収して、税関を抜けた後、空港外へ。
中心部へは、スカイバスを利用するのがいいとのことで乗り場へ。
IMG_2818.jpg IMG_2822.jpg 017.jpg
↑大きな看板があって、すぐに乗り場が分かりました。
10分に1本あるので、便利ですね。
往復で30AUDとまあまあのお値段です。
乗車して15分くらいで、メルボルンのビル群が見えてきました。
メルボルンは大都市だなあと感じます。

スカイバスはサザンクロス駅のバスターミナルに到着しました。
IMG_2825.jpg IMG_2826.jpg IMG_2827.jpg
↑サザンクロス駅です。中心の駅ということで大きいです。
駅を出た瞬間感じたのは、歴史のある建物と
モダンな建物が入り混じっているなあということです。

本日宿泊するのは、グレートサザンホテルです。
IMG_2823.jpg
↑チェックインは14時からということで、荷物を預けました。
ただ1個につき2AUD(×100円)とは…。
まあ、体が軽くなったのでメルボルンの散策を始めました。
015.jpg
↑メルボルンの交通機関を利用するのに必要なマイキーです。
スイカのようなもので、セブンイレブンで購入しました。

メルボルンの中心部をヤラ川が流れていて、南側に大型施設があります。
IMG_2831.jpg IMG_2829.jpg IMG_2830.jpg
↑クラウン・エンターテイメント・コンプレックスです。
ここにはカジノがあって、ここの両替レートがいいとのことで、
お願いしてみると…、
(えっ?10000円で95AUD、空港よりめっちゃレートがいいじゃん)
空港は10000円で88AUDに手数料12AUDとられて、
76AUDしか戻ってきませんでした。

カジノに寄った後、ヤラ川沿いをぶらぶらと。
IMG_2833.jpg IMG_2834.jpg
↑しばらくしてシティのビル群やホテル群が見えてきました。
ただ、のんびりした雰囲気で大都会という感じがあまりしません。
なんか過ごしやすい空気が流れていました。
IMG_2851.jpg
↑北側からサウスゲート・ショッピングコンプレスを撮影しました。
昔の建物をうまく利用していますね。
後の大きなビルはエウレカスカイデッキ88タワーです。
そこは上から眺めが良いとのことで訪れました。
IMG_2839.jpg
↑入り口には大きな看板がありました。
昼と夜2回入れるチケットあったのでそちらを購入しました。
005_20140927102114e48.jpg
↑これが、SUN&STARSのチケットです。

88階までエレベータで上ると、素晴らしい景色が…。
IMG_2842.jpg IMG_2841.jpg IMG_2843.jpg
↑南・西・北の順で並べました。
シティの大きなビル群、大きな公園、海など色々な景色が楽しめました。

眺めを楽しんだ後、シティを散策することに。
IMG_2852.jpg
↑フリンダースストリート駅周辺の様子です。
ここから少し歩くと、カフェが続く通りがあります。
IMG_2855.jpg IMG_2857.jpg IMG_2859.jpg
↑ディグレイブスストリートやセンタープレイスの様子です。
カフェがひしめき合っていて、たくさんの人で賑わっています。
この風景がメルボルンらしい風景だそうな。
こんな感じの通りもいいですね。

少し北に移動すると、アーケードがあります。
IMG_2861.jpg IMG_2863.jpg IMG_2867.jpg
↑ブロックアーケードとロイヤルアーケードです。
1800年代後半にオープンしたアーケードで、
古き良きメルボルンを残しているそうです。
100年強の歴史ですが、味があります。

ロイヤルアーケードの北はパークストリートです。
IMG_2865.jpg
↑このあたりは大型デパートが並んでいます。
日曜の朝早い時間ですが、たくさんの人がいました。

再びフリンダースストリート駅近くへ戻ってきました。
IMG_2878.jpg
↑フェデレーションスクエアと駅です。
ここには観光案内所もあって、観光客も多かったです。

近くにはセントポールズ大聖堂あります。
IMG_2870.jpg IMG_2873.jpg
↑メルボルン三大ゴシック建築の一つだそうな。
尖塔が大きな大聖堂で、1891年建造だそうです。
内部は荘厳な雰囲気が漂っていました。

大聖堂を見学した後、少し東にあるパリスエンド地区へ。
IMG_2884.jpg IMG_2883.jpg IMG_2886.jpg
↑パリの町並みを思わせるので、この名前だそうな。ふーむ。
近くには木造トラムが停車していました。これもメルボルン名物ですね。
一番右はビクトリア州議事堂、一時期は連邦議事堂としても使われたそうです。
IMG_2887.jpg IMG_2889.jpg
↑少し歩いた場所にあるセントパトリックス大聖堂です。
こちらも尖塔が大きく目立つ建物ですね。
比較的新しいのですが、こちらも内部は荘厳な雰囲気でした。

次に向かったのは、世界遺産に登録されている
【カールトンガーデンズと王立展示館】です。
IMG_2895.jpg IMG_2896.jpg
↑庭園はきれいに整備されていて、
市民の人たちが芝生の上でまったりしていました。
のんびりした雰囲気がいいですね。
右は王立展示館、噴水の近くでは新婚さんが撮影していました。
IMG_2898.jpg
↑こちらはメルボルン博物館です。モダンな建物でしたね。

王立展示館は英語のガイドツアーのみ入場可能です。
英語は辛いのですが、仕方ないのでツアーで入ることに。
IMG_2899.jpg
↑王立展示館は1880年に国際博覧会会場として建造されたそうな。
IMG_2900.jpg IMG_2902.jpg IMG_2903.jpg
↑内部は大きなドームや高い天井となっていました。
そして、たくさんの絵が描かれていて、きれいでした。
ただ、本日は女性の美を極めるイベントがあって、
たくさんの女の子たちがアクセサリーやメイクなどしていて、
めっちゃ賑わっていました。

世界遺産の観光を終えて、サザンクロス駅へ。
IMG_2909.jpg IMG_2910.jpg
↑15時35分発のCRAGIEBURN行きに乗車しました。
このサザンクロス駅はたくさんホームがあって大きいです。
IMG_2918.jpg
↑やってきたのは8分くらいの場所にあるニューマーケット駅。
ここで夕食を食べるつもりだったのですが…、
目当てのお店の開店は17時とのこと。
1時間待つのは嫌だったので、別の店に入りました。
IMG_2917.jpg IMG_2914.jpg IMG_2915.jpg IMG_2916.jpg
↑で、【PHO HOUSE】というベトナム料理店へ。
生春巻と鶏肉のフォーを注文しました。
生春巻はもっちりとした皮とぷりっとした海老が美味い。
フォーも程よいスープで美味かったです。
別の店になりましたが、満足な夕食でした。

サザンクロス駅に戻ってきて、
そこからトラムでセントキルダビーチへ向かいました。
IMG_2919.jpg IMG_2922.jpg IMG_2920.jpg
↑やってきたのは夕暮れのビーチを散策するためです。
夕日がきれいですね。メルボルンの夕暮れを見ることができました。

本日の最後は、メルボルン市内の夜景観光です。
IMG_2928.jpg IMG_2940.jpg IMG_2943.jpg
↑ヤラ川北岸から南側を撮影しました。
真ん中と右は南側から北側・シティ方面を撮影しています。
どちらも夜景がきれいですねえ。
IMG_2936.jpg IMG_2938.jpg IMG_2939.jpg
↑そして、エウレカ88からの夜景へ。
西・東・北の順で並べています。
夜景のメルボルンがきれいでした。

夜景を鑑賞した後、ヤラ川沿いを再びぶらぶらと。
IMG_2942.jpg IMG_2944.jpg
↑ヤラ川沿いのプロムナードもきれいでしたね。
右は本日最後・クラウンカジノなどの夜景です。

きれいなメルボルンを楽しんで、本日観光は終了です。
明日はケアンズへ移動します。
メルボルンは日本人が少なく感じますが、ケアンズは多そうだなあ。

2014/9/15:メルボルンからケアンズへ、暑いなあ

本日はメルボルンからケアンズへ移動します。
フライトの出発時刻が11時10分となっており、
早朝に少しだけメルボルンを散策しました。

トラムを利用してやってきたのはアルバートパークです。
IMG_2946.jpg
↑公園の湖の周りがF1コースになっています。
ピットなどはそのままみたいなので訪れてみました。

公園が緑がたくさんあって、きれいです。
IMG_2947.jpg
↑緑が多い公園です。遠くにはシティのビル群が見えます。
早朝の運動をしている人もちらほらいました。
IMG_2948.jpg IMG_2949.jpg
↑そんな中、ピットの入り口とメインストレートの立ち上がりがありました。
ここからマシンがフルスロットルで走ることになるんですね。

そして、メインストレートのピット前へ。
IMG_2951.jpg IMG_2952.jpg
↑F1で使用されるグリッドラインが見えます。
決勝の時にはここにマシンが並んでいるんですねえ。
ピット上からストレートを眺めることもできました。
IMG_2955.jpg IMG_2956.jpg
↑そしてチェッカーラインです。
今年のオーストラリアGPはロズベルグがトップでした。
右は、1コーナーです。ここがオーバーテイクポイントになるのでしょう。
観戦していて、一番面白いポイントでしょうね。

アルバートパークの散策を終えて、中心部に戻ってきました。
飛行機の出発時刻が迫っているため、サザンクロス駅のバスターミナルへ。
IMG_2959.jpg
↑朝早い時間ということもあり、通勤時間真っ只中でした。
スーツ姿のサラリーマンやOLさんがたくさんいました。

バスで25分くらいでメルボルン・タラマリン空港に到着。
利用する航空会社はジェットスターですが、カウンタの行列が半端なかったです。
カバンを預けるまで1時間弱かかりました。
IMG_2960.jpg IMG_2962.jpg
↑メルボルン空港の外観です。国内線と国際線が分かれている大きな空港でした。
利用するのは11時10分発のジェットスターです。
IMG_2963.jpg 016.jpg
↑ここのジェットスターは地上からの搭乗でした。
格安航空会社の宿命なのでしょう。
右はケアンズまでの搭乗券です。

定刻より少し早く、ケアンズへ向けて出発しました。
ケアンズまで3時間20分のフライトです。国内線ながら遠いですね。

到着も定刻より少し早くなりました。
到着したときの感想は(暑い!)
メルボルンとは気温が10度くらい違うので、めっちゃ暑く感じました。

荷物を回収して、エアポートシャトルでケアンズ市内のホテルへ。
荷物を置いた後、少しケアンズを散策することにしました。

中心部近くには砂浜がないみたいなので、バスを利用して北のビーチへ。
IMG_2966.jpg IMG_2967.jpg IMG_2968.jpg
↑バスで25分くらいの場所にあるホロウェイズビーチです。
砂浜があって、ビーチの雰囲気はあるのですが…。
風と波がすごいです。これ、泳いだら沖に流されそうな気がします。
ここ、泳いでいいのかな?

ビーチを少し散策した後、ケアンズ市内へ戻って夕食を食べることにしました。
IMG_2972.jpg IMG_2976.jpg
↑アボットストリート付近へやってきました。
このあたりはお店が並んでいて、活気があります。
IMG_2975.jpg
↑やってきたのは【nando's】というファーストフード店。
日本にはないですが、アメリカやオーストラリアにチェーン展開しているそうです。
こちらは、チキンのお店で【ペリペリチキン】というメニューがありました。
IMG_2973.jpg IMG_2974.jpg
↑待っている時の札がかわいらしいです。
そして、やってきたペリペリチキン、ジューシーに焼きあがっていてめっちゃ美味いです。
ソースをマイルドにしたのところ、少し辛目でチキンと良くあっていました。
日本にもやってきたらいいのになあ、と思う店でした。

夕食後、海沿いを散策しました。
IMG_2978.jpg
↑海沿いの通りも店が並んでいます。ここにもマクドナルドが。
IMG_2980.jpg IMG_2981.jpg IMG_2982.jpg IMG_2986.jpg
↑海の近くには大きな人口プールのケアンズエスプラネードラグーンがあります。
この時間でもプールを楽しんでいる人がいました。
かなり浅いプールで小さな子も楽しめるようになっていますね。
IMG_2983.jpg
↑薄暮の海沿いです。夕暮れの時間帯でいい雰囲気です。
ここは、アジア系の観光客も多いなあと感じました。

エスプラネードから港のほうへてくてくと。
IMG_2987.jpg
↑リーフフリートターミナルです。
明後日、グレートバリアリーフへ行くのですが、ここから出発するのかな?
IMG_2988.jpg IMG_2989.jpg
↑夜が近いケアンズ市街の様子とエスプラネードです。
海沿いは、夜でも明るくてバーベキューする人や散策する人が多かったです。

海沿いの散策を終えて、中心部へ。
IMG_2990.jpg
↑アボットストリートにはブランドのお店もありました。
観光地には必ずありますね。
IMG_2992.jpg
↑ケアンズ駅隣接のケアンズセントラルです。
この時間帯はデパートは閉まっていましたが、スーパーは開いていました。
IMG_3202.jpg
↑スーパーの【coles】が入っています。大型スーパーでした。
スーパーで買い物をして本日は終了です。

明日は、世界遺産の熱帯雨林とキュランダ観光に出かけます。

2014/9/16:世界遺産の熱帯雨林とキュランダ散策

本日は、世界遺産に指定されている熱帯雨林とキュランダ観光に出かけます。

自力で訪れることを検討しましたが、
【ジェイさんのキュランダツアー】というHPを見てみると、
150AUDと自力で行くより少し高いだけのお値段でした。
送迎あり+日本語ガイドが連れていってくれることを考えると、
この値段でいいやと思って、現地ツアーで訪れることにしました。

ホテルのピックアップが9時40分なので、
朝に少しだけ海沿いを散策しました。
IMG_2994.jpg IMG_2993.jpg
↑ケアンズで3泊した【city sheridan】です。
昔はベストウェスタン系列だったので、室内の設備はなかなかでした。
電子レンジもあったので、朝食で活躍してくれました。
IMG_2995.jpg IMG_2996.jpg
↑ケアンズは朝から太陽がまぶしいです。
ケアンズ周辺は砂浜がほとんどないですね。泳げるのでしょうか?

時間になって、ジェイさんがホテルにやってきました。
バスに乗ってみると、他に10人くらいの人がいました。
けっこう人気があるツアーみたいでした。

ケアンズから15分くらいで、スカイレールの駅に到着しました。
IMG_3002.jpg 013.jpg
↑キュランダまでゴンドラで移動します。熱帯雨林の上を移動するそうな。
右の写真はスカイレールと帰りに利用するシーニックレールウェイのチケットです。
IMG_3010.jpg
↑少し上がると、ケアンズ方面の良い眺めが見えました。
遠くには、明日訪れる予定のグリーン島も見えました。

ゴンドラはキュランダまで一気に行くわけではなく、レッドピークという場所で乗換えとなります。
IMG_3012.jpg IMG_3015.jpg
↑レッドピーク駅で下りた後、熱帯雨林の遊歩道を散策します。
熱帯雨林らしく、うっそうとした木々に囲まれていました。
途中には、樹齢400年という大きな木がありました。
IMG_3019.jpg IMG_3020.jpg
↑乗り換え駅の様子です。キュランダ方面とケアンズ方面で乗り場が違います。
ゴンドラは6人乗りで1時間弱の乗車時間は長いですね。
IMG_3022.jpg IMG_3023.jpg
↑キュランダまでは熱帯雨林の上を移動します。
青い蝶のユリシスを見つけることができるかも、
と言われましたが見つけられませんでした。
IMG_3026.jpg
↑キュランダ駅の少し手前にバロンフォールズがあります。
大きな滝で音も凄かったです。雨季は滝がすごいことになりそう。

キュランダ駅には10時半過ぎに到着しました。
IMG_3029.jpg
↑キュランダ駅前にて。
隣には帰りに利用する、シーニックレールウェイの駅があります。

到着後、レインフォレステーションという公園に移動しました。
こちらは、アーミーダック(DUKW)という水陸両用車や動物園を楽しむそうです。
IMG_3030.jpg
↑まずは動物園の散策です。
IMG_3034.jpg IMG_3041.jpg IMG_3045.jpg
↑動物園には色々な動物がいました。
鳥やらワニやらカンガルーなどがいました。カンガルーは接近できましたね。
IMG_3046.jpg
↑そして、コアラです。夜行性ということで爆睡していました。
抱っこもできるそうですが、18AUDという値段とおっさんが抱く絵…、だったのでやめときました。

動物園の散策の次は、アーミーダックによる観光です。
IMG_3065.jpg IMG_3048.jpg
↑第2次世界大戦の活躍した車両で、ここでも活躍していますね。
ヨーロッパ戦線の渡河や上陸作戦で使われたそうな。
IMG_3061.jpg IMG_3060.jpg
↑水に入ったらボートになります。便利ですねえ。
日本語ガイドさんの説明もあって、熱帯雨林の木々を知ることができました。
なかなか、ガイドさんの説明が面白かったです。

アーミーダックの観光を終えて、キュランダ村に戻りました。
キュランダ村はフリータイムとなります。
ツアーで10AUDで購入できたランチ券でまずは昼食を。
IMG_3067.jpg IMG_3066.jpg
↑【German Tucker】というお店でジャーマンドックが昼食となりました。
ソーセージがぷりぷりで美味かったです。
IMG_3068.jpg
↑もう一個ツアーでついてきたのが、キュランダで人気らしいアイスクリーム。
トロピカルアイスクリームを食べました。こちらも美味かったです。
あと、おっちゃんが日本語のギャグを連発していました、「まいうー」。

昼食後、キュランダ村の観光です。
まずは、ユリシスをじっくり見るため【バタフライ・サンクチュアリ】を訪れました。
IMG_3130.jpg IMG_3100.jpg
↑入り口を入ると、すごい蝶の数です。
園内をそこらじゅう蝶が飛んでいました。
IMG_3083.jpg
↑緑色の蝶などたくさんの種類がいます。
IMG_3087.jpg IMG_3102.jpg
↑そして、青い蝶・ユリシスです。羽根がきれいすねえ。
この蝶も園内はたくさん飛んでいました。
IMG_3080.jpg
↑芋虫も展示されていました。たくさんいますねえ。
これだけ飼育してるので、園内の蝶もすごいことになっているんですね。

バタフライ・サンクチュアリを見学した後は、キュランダ村をぶらぶら。
IMG_3069.jpg IMG_3131.jpg IMG_3132.jpg
↑ヘリテージマーケットです。先住民のアボリジニの道具なども売られていました。
ある店にはたくさんのブーメランがありました。
IMG_3133.jpg IMG_3136.jpg IMG_3135.jpg
↑昼食をとった店の通りと大通りです。
地元の人で賑わっているのではなく、観光客ばかりです。
ガイドさんも15時を過ぎると、ゴーストタウンみたいになると言っていました。
IMG_3152.jpg
↑村内の標識には大きなかまきりがアートされていました。

キュランダ村の散策を終えて、シーニックレイルウェイの駅へ向かいました。
IMG_3153.jpg
↑駅の裏側にバロン川が流れています。
ツアーもやっているそうですが、人はいなかったですね。
IMG_3144.jpg IMG_3141.jpg IMG_3143.jpg IMG_3155.jpg
↑キュランダの観光列車は16両あるみたいでめっちゃ長いです。
車内は木造で雰囲気ある造りとなっていました。

列車は15時30分にキュランダ駅を出発しました。
IMG_3156.jpg
↑途中のバロンフォールズ駅に停車しました。
ここから眺めるバロンの滝もきれいでしたね。

シーニックレールウェイは素晴らしい景色が続きます。
IMG_3161.jpg
↑キュランダ村は高台にあるので、途中の景色が素晴らしいです。
IMG_3169.jpg IMG_3172.jpg
↑ストーニークリーク橋と滝です。
滝の眺めと大きく曲がる橋の景色が良かったですね。
IMG_3179.jpg IMG_3181.jpg
↑そして、ホースシューベンドです。
180度回るポイントで観光列車のハイライトだそうな。

2時間弱乗車して、ケアンズが迫ってきました。
IMG_3184.jpg
↑ケアンズ周辺はさとうきび畑が広がっています。
熱帯地方にいるなあと感じることができます。

そして列車は17時30分ごろ、ケアンズ駅に到着しました。
ここからホテルに送ってもらい、その後夕食を食べに出かけました。
IMG_3185.jpg IMG_3186.jpg IMG_3187.jpg
↑やってきたのは【Tia's cafe】というお店。
タイやベトナムの料理のお店ということです。
ここではベトナム料理のポークチョップのセットを注文しました。
これがまた、激うまでした。日本人の口に良く合います。

夕食後は、ケアンズ市内をぶらぶらしました。
IMG_3189.jpg
↑ケアンズホスピタルです。ガイドさんが最近できた病院と言っていました。
写真の右側にも建物があって、めちゃくちゃ大きかったです。

そして、再びケアンズエスプラネードにやってきました。
IMG_3192.jpg IMG_3193.jpg IMG_3194.jpg
↑プールのある場所の北から南へ歩いていきました。
海沿いの遊歩道は走る人や散歩する人など、夜でも賑わっていました。
IMG_3195.jpg
↑そして、エスプラネードラグーンです。
この時間でもプールに入っている人がいました。確かに暖かったです。

エスプラネード付近をぶらぶらして、ホテルへ戻ることにしました。
IMG_3196.jpg IMG_3199.jpg
↑海沿いの通りとアボットストリートです。
たくさんの店があって、賑やかでした。
IMG_3201.jpg
↑こちらはケアンズのバスターミナルです。
周辺へのバスはここが拠点になっています。

夜のケアンズ周辺をぶらぶらしてホテルへ戻ってきました。
明日は、グレートバリアリーフへのツアーとナイトパロネラへ行ってきます。

2014/9/17:世界遺産・グレートバリアリーフとナイトパロネラへ

本日は世界遺産・グレートバリアリーフのグリーン島散策と、
夜がきれいというナイトパロネラ観光へ出かけます。
本日も二つセットで安かった【ジェイさん】のツアー利用です。

ツアーでは半潜水艦をオプションで申し込んであって、
シュノーケルセットかグラスボトムボートを選択できるとのこと。
半潜水艦があるのでシュノーケルセットにしました。
003_201409271021103ce.jpg
↑グリーン島までのチケットです。

7時40分にホテルに迎えが来て、リーフフリートターミナルへ。
9時に出航ということで、かなり早く到着してしまいました。
IMG_3208.jpg IMG_3209.jpg
↑しばらく待って、9時に船が港を離れました。
港の周辺にはシャングリラ・ヒルトンなど高級ホテルが並んでいます。
ああいう場所に宿泊してみたいなあ。
IMG_3214.jpg IMG_3215.jpg
↑船は高速船なので、20分もするとケアンズの町が遠くになります。
港の近くには大量のヨットがありました。夏は大活躍でしょうね。

グリーン島までは約45分の移動となります。
IMG_3219.jpg IMG_3222.jpg
↑島が近づいてきても、ケアンズの町が見えます。近いですねえ。
右はシーカヤックに乗っている人を撮影。海の真ん中ですごいです。

そして、船はグリーン島に到着。
IMG_3226.jpg IMG_3224.jpg IMG_3231.jpg IMG_3238.jpg
↑グリーン島周辺の海はきれいです。
この島はサンゴでできているそうで、周囲にサンゴがいっぱいありそう。
IMG_3235.jpg
↑グリーン島のビーチもきれいです。
白い砂浜と青い海がいいですねえ。

半潜水艦を申し込んであったので、到着後すぐに半潜水艦での観光となりました。
IMG_3239.jpg IMG_3297.jpg IMG_3298.jpg
↑半潜水艦が桟橋にやってきました。
内部は両サイドに窓がある形、海中がよく見えました。
IMG_3270.jpg IMG_3280.jpg IMG_3287.jpg IMG_3295.jpg
↑思ったより、白くにごっていました。風がある為、かき混ぜられているそうな。
しかし、珊瑚礁や魚の群れがしっかり見えました。きれいですね。

半潜水艦の後は、ビーチでシュノーケリングをしました。
IMG_3301.jpg IMG_3303.jpg
↑ビーチはきれいで泳ぐのに良かったですね。
ただ、南半球は冬直後ということもあって、水が冷たかったです。
後、出発時刻を考えると10分くらいしか泳げませんでした。

泳いだ後は、少しだけグリーン島の散策をしました。
IMG_3311.jpg IMG_3310.jpg IMG_3302.jpg
↑グリーン島はリゾート地となっていて、ホテルやレストランがいっぱいです。
観光客がアジア系の人も多かったですね。
ロッカーやシャワーもあって、日帰りでも十分な施設がありました。
右はメラネシア、クロコダイルの餌やりショーが見られるそうです。
IMG_3313.jpg
↑地図にはグレートバリアリーフとありました。
外側にはたくさんの珊瑚礁があります。

帰りの時刻となって、桟橋から乗船しました。
IMG_3319.jpg IMG_3327.jpg
↑遠ざかっていくグリーン島です。
IMG_3324.jpg
↑そして、近づいてくるケアンズ市街地です。
半日の滞在ではせわしなかったです。時間があれば1日でもよさそうです。
右は利用した船、高速船で45分くらいでケアンズに到着しました。

港に戻った後、ガイドさんにレストランへ送ってもらいました。
IMG_3335.jpg IMG_3334.jpg IMG_3329.jpg
↑やってきたのは、ケアンズホスピタル近くの【bayleaf restaurant】というお店。
バリ島の食事を出してくれるそうな。内部もバリ島の雰囲気にしようとしているみたいです。
IMG_3332.jpg IMG_3333.jpg
↑注文したのは17.5AUDのランチセット。マレーシア系の食事に近い気がします。
串のサテーや肉のココナツカレーソースの煮込みが美味い!
デザートのフルーツもどっさりで満足のランチでした。

午後は、ナイトパロネラ観光となります。
ホテルのピックアップまで時間があったので、一休みした後出発しました。

ケアンズからパロネラパークまで1時間半くらいかかる遠い場所にあります。
ガイドさんの車はひたすらケアンズから南へ走りました。
IMG_3353.jpg IMG_3341.jpg IMG_3346.jpg
↑途中、ジョセフィーヌ滝によりました。
この周辺は年間8000mmの雨が降るそうで、340日はどこかしらで雨が降るそうな。
滝までの道は、うっそうとした熱帯雨林でした。このあたりも世界遺産ですね。
IMG_3349.jpg
↑15分くらい歩くと、ジョセフィーヌ滝に到着です。
雨季になると、水量が更にすごいことになるそうです。

滝の観光を終えて、車は更に南下しました。
IMG_3358.jpg IMG_3366.jpg
↑途中、さとうきびを運ぶトロッコ列車を見つけました。
オーストラリアの砂糖生産は世界7位とのこと、半分は日本へ輸出しているそうです。
右は砂糖の精製工場、帰りに通った夜もバリバリ営業していました。

そして、車はパロネラパークに到着しました。
※この公園は【天空の城・ラピュタ】のモデルになった…?
まずは明るい時間の公園を散策します。
IMG_3369.jpg IMG_3371.jpg
↑公園にある滝の上につり橋があります。めっちゃ揺れます。
パズーとシータが渡った橋に似ている?

つり橋からの眺めを見た後、公園内へ。
IMG_3375.jpg
↑入り口付近に噴水があります。【願いの噴水】だそうな。
後ろを向いてコインを投げて、上段に入るとかなうそうな。
IMG_3389.jpg
↑下りると滝があります。横には水力発電所があって、公園内の電気をまかなっているそうです。
IMG_3387.jpg IMG_3388.jpg
↑そして、パンフレットでも使われる建物、これカフェだそうです。
向かって右にキッチンがあって、上はオープンテラスだったそうな。

昼の公園を散策して、いよいよ夜の散策開始です。
夜は公園の専属ガイドさんによる案内です。
まず、パロネラパークの案内がありました。

スペインからやってきたパロネラさんが小さい頃に夢見た、
お城に住むことをここで実現したそうです。
実現するには大変な苦労があったけど、
思い続ければ、必ず夢はかなうという事をこめているそうな。
そして、近くの住人に夢を与えるために公園を開放したそうです。

夜のガイドが始まって、まず劇場を訪れました。
IMG_3391.jpg
↑周りの壁がなくなっています。火事と大きな台風で壊れたそうです。
在りし日は、劇場で映画やダンスが行われていて、活気があったそうな。
IMG_3395.jpg
↑末広がりの階段です。上から見ると分からないですが、下から見ると分かります。
下から見て、美しさに気付くそうな。
IMG_3397.jpg
↑滝もライトアップされていました。きれいですねえ。

そして、公園のメイン・カフェのライトアップとなりました。
IMG_3410.jpg IMG_3406.jpg
↑パンフレットで使われるライトアップ、きれいでした。
パロネラさんは設計図を全く使わず作ったそうなので、すごいですね。

ナイトパロネラを観光した後、ケアンズへ戻ります。
IMG_3415.jpg
↑パロネラパーク周辺は真っ暗で、星がめっちゃ見えます。
ガイドさんが車を止めて、星の説明をしてくれました。
アルファやベータ、南十字星(サザンクロス)がくっきり見えました。
※写真の中央にアルファとベータ、その下部に南十字星です。
IMG_3416.jpg IMG_3417.jpg
↑星が見えすぎて、星座が良く分からないですね。
左の写真にはさそり座が写っているはずですが…。
右には天の川が写りました。暗い場所だとこんなにも見えるんですね。

ケアンズへ戻る途中、夕食となりました。
IMG_3421.jpg IMG_3418.jpg IMG_3419.jpg
↑イニスフェイルという町のイタリアンレストランに入りました。
この町はイタリア系移民が多いそうです。
夕食はイタリアンビュッフェ。
パスタやピザ、デザートにティラミスなどを頂きました。

お腹いっぱいになって、ケアンズへ出発です。
ケアンズまで1時間ちょっと走って到着しました。

明日はエアーズロックへ向かいます。
朝早いフライトとなるため、朝が辛そうです…。

2014/9/18:エアーズロックにやってきました、ここも暑い!

本日はケアンズからエアーズロックへ移動して、
エアーズロック周辺の観光をします。

7時25分発のフライトでエアーズロックへ移動することから、
5時半ホテル発のバスを予約。
そのため、5時前には起きて準備しました。
昨日寝るのが遅かったので眠たいです。
IMG_3422.jpg IMG_3424.jpg
↑バスは15分くらいでケアンズ空港に到着しました。
チェックインも無事終了して、ホールへ。
1時間くらいまったりと待っていました。
006_20140927102125632.jpg
↑エアーズロックへの搭乗券です。

そして、搭乗時刻となりゲートへ。
IMG_3425.jpg
↑エアーズロックまではカンタス航空を利用します。
この日は機内ががらがらでした。

定刻どおり出発して、一路東へ。
IMG_3427.jpg IMG_3432.jpg
↑出発直後はケアンズ市街地上空を飛行しました。
ケアンズホスピタルや高級ホテル群が見えます。
そして2時間くらい飛行すると、何もない大地となります。
オーストラリアは色々な気候があります。
IMG_3431.jpg
↑機内食が出てきました。
朝をほとんど食べていないので、これだけでも助かります。

エアーズロック空港には定刻より少し早く到着しました。
IMG_3436.jpg IMG_3437.jpg
↑予想はしていましたが、こじんまりとした空港です。
エアーズロックまで使った機体も小さかったです。

荷物を回収した後、
ホテルがあるエアーズロックリゾートまで移動します。
IMG_3438.jpg
↑到着にあわせて、シャトルバスがあります。
宿泊場所を教えると、そこまで送ってくれます。

バスは15分くらいでホテル前に到着しました。
IMG_3440.jpg
↑宿泊するのはアウトバック・パイオニアホテルのバジェットルームです。
宿泊する場所がないので仕方ないのですが、1泊20000円強!
都市部なら高級ホテルに宿泊できるのですが…。

チェックインはまだできなかったので、
荷物を預けて、リゾート内の散策へ。
IMG_3442.jpg IMG_3441.jpg IMG_3446.jpg
↑展望台があって、エアーズロックとカタジュタが見えます。
カタジュタまで40kmくらいあるのですが、見えるとはすごいなあ。
エアーズロックまでは10kmくらいで、大きく見えます。

リゾートには他にも色々施設があります。
IMG_3447.jpg
↑高級ホテルのセイルズ・イン・ザ・デザートです。
日本人の団体客が丁度到着していました。
ツアーだと高級ホテルに宿泊できて、うらやましいです。
IMG_3448.jpg
↑リゾート内はこんな花も咲いていました。
IMG_3449.jpg IMG_3450.jpg
↑タウンスクエアとそこにあるスーパーマーケットです。
スクエア周辺にはカフェがあって、レストランより幾分安く食事ができます。
IMG_3451.jpg
↑でも、スーパーでパンを購入して昼食とするのが一番安いです。
IMG_3452.jpg
↑エアーズロックの建物同士は離れているので、
無料のシャトルバスで移動できます。
自分の宿泊場所とスーパーは離れているので、活躍してくれました。

エアーズロック1日目は、午後出発のカタジュタへ行くこととしました。
その中でも風の谷へ行くバスを予約しました。
利用するのはウルルエクスプレスというバスです。
3日券で235AUDで他のツアーより安かったのでチョイスしました。
011.jpg 012.jpg
↑本日は風の谷、明日はウルルへ行こうと思います。

12時45分にバスが来るとのことでしたが、10分遅れて到着。
ドライバーのお兄ちゃんに、
「帽子と水3リットルは持っていけ!」
で、25AUDもする麦わら帽子を購入しました。ちょっと痛い出費です。
010_20140927102131c64.jpg
↑そして、エアーズロック周辺は国立公園です。
入場券が必要で25AUDでした。

バスはリゾートを出発して、ひたすり西へ。
IMG_3455.jpg
↑遠くから巨大岩群は見えているのですが、なかなか近づいてこない感じです。

40分くらいで、風の谷駐車場に到着しました。
運ちゃんは1周3時間くらいかかるとのこと。
だから3時間後にやってくると言って、去っていきました。
IMG_3464.jpg IMG_3460.jpg
↑風の谷入り口付近です。
大きな岩がどーんとあります。
これだけでも、すごいなあと感じました。

道は比較的整備されていて歩きやすいです。
ただ、ハエの数がすごいです。ぶんぶん飛んでいます。
IMG_3466.jpg IMG_3469.jpg
↑少し歩くと、大きな岩が迫ってきました。
奥の岩の裏側へ歩いていきます。

駐車場から30分くらいで、カル展望地へ到着しました。
IMG_3476.jpg
↑ここから遠くの岩がたくさん見えます。
この景色素晴らしいなあ、と思いつつ少し休憩。
2時前で暑いせいか、人がほとんどいませんでした。

カル展望地から20分くらい歩くと、谷が迫ってきます。
IMG_3480.jpg IMG_3483.jpg IMG_3486.jpg IMG_3489.jpg
↑両側に大きな岩があって迫力満点。
風が間を抜けていくので、風の谷と呼ばれるのでしょう。
宮崎駿監督の【風の谷のナウシカ】とは関係ないらしいですが…?

更に10分くらい歩いて、カリンガナ展望地です。
ここからの景色が素晴らしいのですが、
ガイドブックに撮影はOKだが、
HPにアップするのはダメということで、アップしていません。

風の谷を1周したのですが、素晴らしい景色が続きました。
ここもアップしたらまずいらしいので、アップしません。

1周するウォーキング終えて、カル展望地の近くへ。
IMG_3520.jpg
↑途中にはいくつか水飲み場があります。
奥の方にある水飲み場には、蜂みたいのが…。
これ、使えるんですかねえ?

ウォーキングを終えて駐車場に戻ってきたのが、
到着してから、3時間後です。
IMG_3523.jpg
↑なんか天気が悪くなってきました。
出発時点は天気が良かったんですけどねえ。

迎えのバスがやってきて、リゾートへ戻っていきます。
IMG_3525.jpg IMG_3526.jpg
↑戻る途中でサンセットビューイングエリアへ寄りました。
ここからは、サンセット時にきれいなカタジュタが見えるのでしょう。
右は利用したウルルエクスプレスのバスです。
帰りは自分を入れて3人だけ、カタジュタ利用者は少なかったです。
IMG_3529.jpg IMG_3531.jpg
↑もう一箇所、ビューイングエリアに寄りました。
こちらは、カタジュタ全体が見渡せます。
同時にエアーズロックも見えたのですが、暗いです。
曇っていて、太陽が当たっていないですね。

この後、エアーズロックでサンセットを楽しむ予定ですが、
嫌な予感がしてきました。

カタジュタから1時間くらいで、エアーズロックの駐車場に到着。
ここで、エアーズロック観光をしたお客さんを拾っていました。
IMG_3533.jpg IMG_3538.jpg
↑少し時間があるので、エアーズロックを撮影しました。
奥に登山用の鎖が見えます。明日、登れるかな?
右はエアーズロック出発後、岩の裏側で撮影しました。

そして、サンセットビューイングエリアへ移動しました。
空には雲が多く、かなり不安でした。そして、
IMG_3549.jpg
↑カタジュタの左側に太陽が沈んでいます。
ただ、少ししか太陽が見えません。
IMG_3545.jpg
↑そのため、エアーズロックに全く光が当たっていません。
岩が黒いんですけど…。
今日のサンセットはダメでしたねえ。
明日のリベンジに期待するしかないです。

サンセット会場を後にして、リゾートへ戻ってきました。
戻ってから、チェックインをして、部屋へ。
荷物を置いた後、シャトルバスでタウンスクエアへ移動しました。
IMG_3552.jpg IMG_3550.jpg IMG_3551.jpg
↑夕食を食べるために【Geckos Cafe】というお店へ。
他のレストランより安く食べられるため、ここにしました。
でも、スパゲティ単品で20AUD前後とは…。
自分はアマトリチャーナを注文しました。
まあ、これはこれで美味しかったです。ただ、高い!

この後、スーパーで買い物をして部屋へ戻りました。
明日もエアーズロック周辺の観光です。
サンライズとサンセットのリベンジはぜひ押さえたいです。

2014/9/19:エアーズロックをどっぷりと観光

本日はエアーズロックの日の出とカタジュタのオルガ渓谷を散策します。

エアーズロック日の出のピックアップ時刻が5時半と早いです。
4時40分には起きて、準備をしました。

で、がんばって5時半にバス乗り場へ行きましたが、
ウルルエクスプレスのバスは15分くらい遅れて来ました。
もう少し寝たかったですね。

エアーズロックリゾートから30分くらいで、日の出会場に到着しました。
バスで紅茶がサービスされて、体を温めてから日の出を見に出発です。

ただ、今日の朝も雲が多いです。
IMG_3559.jpg IMG_3560.jpg
↑これ、あかんパターンですね。
日の出直後に太陽が見えることはなさそうです。
日の出前のエアーズロックは暗いですね。
IMG_3565.jpg IMG_3569.jpg
↑日の出から5分くらい遅れて、太陽が雲の間から覗きました。
エアーズロックにも光が届いて、赤く染まっていました。
赤く染まったエアーズロックはきれいでした。
なんとか見ることができて良かったです。

日の出の後、エアーズロックの駐車場まで送ってもらって、
周辺を散策することにしました。
IMG_3573.jpg
↑残念ながらエアーズロック登山道は、強風で閉まっていました。
そのため、エアーズロックの周りを歩くベースウォークをすることにしました。

ベースウォークは9.2kmと長いです。疲れそうだなあと思いつつ、出発。
IMG_3575.jpg
↑最初はマラウォークという遊歩道です。ここだけなら短いです。
ツアーでたくさんの人が歩いていました。
IMG_3576.jpg IMG_3582.jpg
↑エアーズロックを近くで見ると、
たくさんの穴や水の流れた跡を見つけることができました。

途中の洞くつには壁画がありました。
IMG_3584.jpg
↑先住民のアボリジニが書いたのでしょう。
カンガルーやエミューの足跡だそうです。
IMG_3585.jpg
↑こちらの洞くつは、兵士の待機場だそうです。
アボリジニ同士の争いがあったのでしょうか。
IMG_3598.jpg
↑マラウォークの終点・カンジュ渓谷です。
雨が降ると、大きな滝になるそうです。流れた跡がくっきりと残っていました。

ツアーの人はここで駐車場に戻りますが、自分はベースウォークでかなり歩きます。
IMG_3599.jpg
↑ここがマラウォークとベースウォークの分岐点です。
ここから相当な距離を歩くことになります。

ベースウォーク序盤は風が強くて辛かったですね。
IMG_3604.jpg IMG_3606.jpg
↑エアーズロックの北側です。こちらも穴がいっぱい見えます。
太陽が雲に隠れていて、少し暗いですね。

北東部のあたりで太陽が出てきました。
IMG_3617.jpg IMG_3619.jpg IMG_3622.jpg
↑太陽が当たると、エアーズロックの赤さが目立ちます。
やはり、エアーズロックはこの色がいいですね。

エアーズロック東側に休憩所がありました。
IMG_3624.jpg IMG_3627.jpg
↑東側から見るエアーズロックは細いです。
エアーズロックは東西に長いですね。
このあたりは、エアーズロックから崩れたのか赤い石がたくさん転がっていました。

エアーズロックの南東部を更に歩きます。
IMG_3631.jpg IMG_3634.jpg
↑南東部にえぐれた場所がいくつかありました。
一部はアボリジニの聖域もあって、写真撮影不可となっています。
IMG_3646.jpg IMG_3646.jpg
↑エアーズロック南側となります。
先住民の伝説が残っている場所で、
甥を殺されたニシキヘビ女のクニヤが復讐した場所だそうな。

ベースウォークも終わりが近づいてきました。
IMG_3651.jpg
↑エアーズロック南西部です。
この時間、こちら側は太陽が当たらないので暗いですね。

そして、西側のマラ駐車場に戻ってきました。
3時間弱のけっこうなウォーキングでした。
IMG_3653.jpg IMG_3654.jpg IMG_3656.jpg
↑エアーズロック登山をしたいなあ、と思っていましたが、
相変わらず強風で通行止めです。残念です。
まあ、エアーズロックに上らないでね、という看板もありますが…。

ここにいても仕方ないので、エアーズロックリゾートへ戻りました。
IMG_3659.jpg
↑エアーズロックリゾートの入り口です。
ここに宿泊しないと、エアーズロック観光は厳しいですね。
IMG_3657.jpg IMG_3658.jpg
↑戻ってから部屋で一休み。
この部屋で1泊20000円強ですか…、まあ場所が場所なので仕方ないですね。

午後からはカタジュタを散策します。
14時45分に迎えのバスが来て、
昨日訪れた風の谷の南にあるオルガ渓谷へ向かいました。

バスは45分くらいでオルガ渓谷に到着。
往復で1時間くらいとのことで、風の谷より楽そうです。
IMG_3660.jpg IMG_3662.jpg IMG_3666.jpg
↑入り口付近では大きな岩が遠くに見えていました。
IMG_3673.jpg IMG_3680.jpg IMG_3684.jpg
↑奥へ進むと、巨岩が左右にそそり立っています。
そして、雨が降ったときに水が流れるので、けっこう緑豊かです。
こんな赤土の大地にもこのような場所があるんですね。
IMG_3689.jpg IMG_3692.jpg
↑そして、散策路の終点に到着しました。このあたりは緑が多いです。
そして、散策路が楽に歩けるのでツアー客の参加も多いようで、
たくさんの人が歩いていました。

オルガ渓谷の散策を終えて、バスに戻りました。
帰りは昨日と流れが一緒で、途中カタジュタのビューイングエリアに寄ります。
IMG_3694.jpg IMG_3698.jpg
↑昨日より天気が良くて、カタジュタがきれいに見えました。
昨日は暗かったエアーズロックも、今日は明るいです。

そして、昨日は全くダメだった、エアーズロック・サンセットのリベンジです。
サンセットビューイングエリアに到着すると、
雲はあるものの、昨日より圧倒的に条件がいいです。
IMG_3706.jpg IMG_3705.jpg
↑到着してすぐは、まだ若干白い感じです。
そして、時間がたって太陽が沈んでいくと…、
IMG_3718.jpg IMG_3721.jpg
↑エアーズロックが赤く染まっています。きれいですねえ。
これが見られて、大満足のサンセットでした。
IMG_3735.jpg
↑カタジュタの左側に沈む夕陽が美しい…。
今日は天気が良く、昨日のリベンジができました。

ホテルに戻ってから、夕食をとることにしました。
IMG_3742.jpg IMG_3737.jpg
↑やってきたのは【パイオニアBBQ】です。
こちらも比較的お値段が良心的ということで、ここにしました。
IMG_3738.jpg IMG_3739.jpg
↑システムは食べる肉を選んで、自分で焼きます。
そして、サラダバーで野菜をとって、後はひたすら食べることになります。
自分は、クロコダイルソーセージを選択しました。ワニのソーセージ、どんな味かな?
IMG_3740.jpg IMG_3741.jpg
↑自分で焼いて、サラダバーをとって、夕食の完成です。
クロコダイルソーセージは、そこまで変わった味でもなく美味しかったです。
ソーセージ3つはなかなかのボリュームでお腹いっぱいになりました。

本日の観光は、以上となります。
明日、再度エアーズロック・サンライズへ出かけて、
エアーズロック登山に挑戦します。
その後は、オーストラリア最終目的地・シドニーへ向かいます。

2014/9/20:エアーズロックに再挑戦、だがしかし…

本日はエアーズロック滞在最終日です。
エアーズロック観光後、シドニーへ向かいます。
エアーズロック登山を再挑戦します。なんとか登る事ができれば。

エアーズロック・サンライズも折角なので、もう一度見ることにしました。
5時半集合ということで4時半時には起きて、準備をしました。
チェックアウトをしなければいけないなので、荷物をまとめてフロントへ。
荷物を預かってもらい、ウルルエクスプレスでサンライズ会場へ向かいました。

今日の天気は雲が全くなさそうです。
昨日よりも日の出の条件が良さそうだなあ、と思いつつ会場へ。

6時40分に日の出ということで、昨日とは違う場所で待っていました。
IMG_3745.jpg
↑日の出時間前のエアーズロックです。
まだ、赤く染まっていませんが、明るくなってきました。

そして、日の出の時間となりました。
IMG_3752.jpg IMG_3754.jpg
↑おおっ、エアーズロックが赤く染まっている。昨日よりも赤い気がしますね。
今日のサンライズは雲がなくて、最高でした。
IMG_3758.jpg
↑遠くにはカタジュタも見えました。あちらも赤く染まって見えます。
IMG_3760.jpg
↑帰り際にもう一枚。昨日は、曇っていて少しの時間しか赤くなっていませんでしたが、
今日はずっと赤い状態になっていました。

サンライズを終えて、エアーズロックの登山口へ向かいました。
が、しかし強風のため閉まっています。
登山口で下ろしてもらっても、やることがないのでカルチャラルセンターへ向かいました。
IMG_3761.jpg
↑アボリジニ・カルチャラルセンターです。
ここにはアボリジニの歴史や文化の紹介がされていました。
ちなみに内部は写真撮影不可、じっくり回りました。

カルチャラルセンターの見学を終えて、エアーズロックへ歩きました。
IMG_3763.jpg
↑エアーズロックの南東部から近づいています。
太陽が当たらないので、暗いですね。
IMG_3766.jpg IMG_3767.jpg IMG_3768.jpg
↑昨日と重複している部分もありますが、撮影しつつ歩きました。
途中のくぼんでいる部分を見ていると、時間がたつと崩れていっているのかなと思います。

そして、登山口へ戻ってきました。
時間があまりたっていないので、ダメだろうなあと思っていましたが、
IMG_3771.jpg IMG_3774.jpg
↑やはりダメです。昨日と同様、強風で閉められていました。
天気はかなりいいのですが、風はだめですね。

風が数時間でやむ気がしないので、エアーズロック観光を終えることにしました。
登る事ができなかったのが残念です。
サンセットとサンライズは良かったんですけどね。

エアーズロックリゾートへ戻ってきて、
飛行機の出発まで時間があるので、周辺を散策しました。
IMG_3778.jpg
↑宿泊したアウトバック・パイオニアホテルの南側に展望台があります。
そこからはリゾートのホテルがいくつか見えました。
IMG_3780.jpg IMG_3782.jpg
↑そして、ここからはエアーズロックがきれいに見えます。
ここからのサンライズも面白いかもしれないと思いました。
IMG_3784.jpg
↑そして、カタジュタも見えます。
やはり45km先の岩が見えるので、相当大きいのですね。

エアーズロックリゾートの散策を終えて、昼食はを食べることに。
IMG_3786.jpg IMG_3787.jpg
↑ホテルにあるパイオニアキッチンでポテトを購入。
そして、スーパーで購入していたパンで済ませました。

シドニーへのフライトが14時45分となっており、12時25分に迎えのバスが来ました。
IMG_3788.jpg
↑空港へ向かう途中で撮影しました。
空港から左がアリススプリングスとなります。5時間半かかるそうな。
次の町まで時間かかりますねえ。

リゾートから10分くらいでエアーズロック空港に到着。
IMG_3789.jpg IMG_3791.jpg IMG_3792.jpg
↑エアーズロック空港から利用するのはジェットスターです。
ケアンズから利用したカンタス航空よりジェットスターは安いですね。
002_20140927102108ac2.jpg
↑ここでもらった搭乗券はぺらぺらです。
ジェットスターらしい搭乗券が出てきました。

エアーズロックからシドニーへのフライトは、約3時間です。
ジェットスターの場合、機内サービスが全て有料なのでひたすら我慢です。
IMG_3794.jpg
↑シドニーにやってきて、空港のすぐ近くを飛びました。
空港の奥にはシドニー中心部のビル群が見えます。

そして、定刻より少し早くシドニー空港に到着しました。
荷物を回収して、中心部へ向かうため鉄道駅へ。
IMG_3797.jpg
↑空港から3つ目の駅がシドニー・セントラル駅です。
中心部から近い場所に空港があって、便利ですね。

セントラル駅に到着後、ホテルへ。
駅から歩いて10分かからない【セントラルプライベートホテル】に宿泊します。
部屋を荷物に置いた後、夕食を食べに出かけました。
IMG_3801_20140928112420cfa.jpg IMG_3798.jpg IMG_3800.jpg
↑やってきたのはセントラル駅から10分くらいの場所にある【PHO PASTEUR】。
ベトナム料理の店で、店名の通りフォーがありました。
店内は地元の人で賑わっていましたね。
自分は、牛肉のフォーを注文。ボリュームたっぷりで美味しかったです。

夕食後、セントラル駅へ向かいました。
IMG_3802.jpg
↑夜のセントラル駅です。歴史を感じる建物ですね。
シドニーは、ヨーロッパ風の建物が多い町です。

駅から鉄道でマーティンプレイス駅へ。
そこから20分くらい歩いて、ミセス・マッコリーズポイントにやってきました。
IMG_3825.jpg IMG_3826.jpg
↑出ました、シドニーの名所・オペラハウス。
後ろのハーバーブリッジと重なって、きれいですね。
シドニー港の夜景を楽しむ船も多く、美しい風景となっています。
IMG_3827.jpg
↑シティのビル群の夜景もきれいでした。
IMG_3828.jpg
↑帰り際、別の角度から再度オペラハウス方面を撮影。
どの角度から撮影してもいいですね。

夜景を楽しんだ後、マーティンプレイス駅へ戻ることに。
IMG_3829.jpg
↑駅へ戻る途中にあるドメインの公園にて撮影。
シティのビル群が大きく見えます。
IMG_3803.jpg IMG_3831.jpg
↑マーティンプレイス駅出口の広場です。
こちらも明るく、きれいでした。

駅から鉄道でタウンホール駅へ移動しました。隣の駅なんですけどね。
IMG_3832.jpg
↑タウンホール駅出口付近の様子です。
このあたりは、非常に賑やかでした。
シドニーが大都市だと感じることができますね。

この後、colesで買い物をして、ホテルへ戻りました。
明日は世界遺産・ブルーマウンテンズへ出かけます。

2014/9/21:世界遺産・ブルーマウンテンズへ

シドニー到着後、2日目は世界遺産のブルーマウンテンズヘ出かけます。
自力で出かけるのが難しい場所なので、現地ツアーを申し込みました。

ピックアップ場所が宿泊しているホテルから10分くらいの場所です。
6時35分集合となっていて、今日も早起きです。
IMG_3833.jpg
↑シドニーで宿泊している【セントラルプライベートホテル】です。
セントラル駅に近い場所で便利でした。

ピックアップ場所に到着して、ツアーガイドさんが待っていました。
他の参加者も合流して、ブルーマウンテンズツアーが始まりました。
IMG_3834.jpg
↑シドニーから西へ向かいます。アンザックブリッジという橋を渡りました。

シドニー出発後、2時間半くらいで最初の目的地に到着しました。
IMG_3835.jpg IMG_3841.jpg
↑やってきたのは、リンカーンロック。
この名前では分かりづらく、【キングステーブルランド】が有名ですね。
IMG_3838.jpg IMG_3847.jpg
↑大きな岩から、ブルーマウンテンズの眺めが素晴らしい場所でした。
写真もガイドさんが岩に腰掛けて、うまく撮影してくれました。

キングステーブルランドの見学後、ルーラという町を通りました。
IMG_3849.jpg IMG_3851.jpg
↑ツアーによっては、こちらの町を散策することがあるそうです。
花がきれいな町で、もうすこし暖かくなると賑わうそうな。

ルーラの町を抜けて、次の目的地・エコーポイントへ移動しました。
IMG_3875.jpg IMG_3856.jpg
↑こちらからもブルーマウンテンズの眺めが素晴らしいです。
緑色はユーカリの木、暖かくなってユーカリ油が出て、
蒸発して青くかすむので、ブルーマウンテンズとのことです。
うーん、なんとなく青いのか?
IMG_3854.jpg IMG_3865.jpg IMG_3868.jpg
↑こちらはスリーシスターズの岩が有名です。
IMG_3870.jpg
↑少し歩いて、スリーシスターズの近くへやってきました。
こちらの岩は、父親が魔王から守るため、
三人姉妹を岩に変えたという伝説から来ているそうです。

エコーポイントの見学を終えて、次はジェノランケーブへ向かいました。
IMG_3876.jpg
↑エコーポイント近くの町・カトゥーンバです。
ブルーマウンテンズ観光の拠点になる町だそうな。
IMG_3880.jpg
↑カトゥーンバを過ぎると、ジェノランケーブまでの道のりはのどかな山道でした。
IMG_3886.jpg
↑40分くらいの移動を経て、ジェノランケーブに到着。
駐車場付近にはお店が並んでいます。
IMG_3891.jpg
↑こちらには、世界で3箇所しかない現役のストラトマイトが見られます。
岩の上にのっかているのが、ストラトマイトだそうな。
IMG_3895.jpg IMG_3896.jpg IMG_3898.jpg
↑ジェノランケーブにはいくつかの鍾乳洞がありました。
入り口が色々な場所にありました。

鍾乳洞見学前に昼食となりました。
IMG_3903.jpg IMG_3901.jpg IMG_3900.jpg
↑お店の一番奥にある建物で昼食です。重要文化財だそうな。
昼食はキッシュでした。けっこうボリュームがあって、美味しく頂きました。

昼食後、ジェノランケーブの見学開始です。行くのはオリエントケーブだそうです。
IMG_3942.jpg IMG_3941.jpg
↑ジェノランケーブにはたくさんの鍾乳洞があります。
右の写真がオリエントケーブの入り口です。

入り口を入ってから、色々な鍾乳石が出てきます。
IMG_3916.jpg IMG_3917.jpg IMG_3921.jpg IMG_3932.jpg
↑ペルシアの部屋、エジプトの部屋、インディアの部屋とオリエントらしい名前の部屋が続きます。
こちらは鍾乳石が有名な鍾乳洞でたくさんの鍾乳石が見られました。
IMG_3938.jpg
↑出る前におおきな鍾乳石と撮影してもらいました。

ジェノランケーブの見学後、野生のカンガルー探しとなりました。
ジェノランケーブから10分くらいの場所で探すそうです。
ガイドさん曰く、探さないと見つからないかもと言っていましたが…、
IMG_3953.jpg IMG_3958.jpg IMG_3964.jpg IMG_3950.jpg
↑すぐに野生のカンガルーが見つかりました。たくさんいますねえ。
触るのに挑戦しましたが、すぐに逃げられてしまいました。

野生のカンガルー探しの後、秘密の展望台へ移動しました。
カンガルー探しから1時間くらい移動した場所となります。
IMG_3981.jpg
↑やってきたのはこちら。
IMG_3978.jpg IMG_3972.jpg IMG_3974.jpg
↑こちらもまた、すごい場所に展望台があります。
ブルーマウンテンズの素晴らしい景色、そして叫ぶとこだまが良く聞こえました。

こうして、本日のガイドツアーは終了です。非常に盛りだくさんで楽しかったです。
シドニー市内へ戻ってきて、ツアーで参加した人たちと夕食を食べることにしました。
IMG_3986.jpg IMG_3982.jpg IMG_3983.jpg
↑やってきたのは【MALONEY'S HOTEL】のパブ。
オーストラリア最後の晩餐となるため、オージービーフのステーキを注文。
なかなかジューシーで美味しかったです。

こうして、本日の観光は終了です。
近くにあるスーパー・ウールワースでお土産を購入してホテルへ戻りました。

明日は日本への帰国となりました。
オーストラリアの旅も終わりが近づいてきました…。

2014/9/22:オーストラリア最終日、シドニーをぶらぶら

オーストラリア滞在も最終日となりました。
中国南方航空利用のため、広州経由となります。
このフライトが22時15分と夜発のため、
シドニーを1日散策することにしました。

朝食をマックで食べようと思い、セントラル駅西側へ。
IMG_3987.jpg
↑セントラル駅西側の様子です。
街灯がおしゃれな柱になっていました。
IMG_3988.jpg IMG_3989.jpg
↑そして、やってきたマクドナルド。
ソーセージエッグマフィンのセットが7AUD。
日本と比べると高いですね。

朝食後、荷物を預けて地下鉄で移動しました。
014.jpg
↑シドニー市内の鉄道やフェリーのチケットです。

そして、やってきたのはキングスクロス駅。
IMG_3992.jpg IMG_3991.jpg
↑左は駅前の様子です。コカコーラの大看板がありました。
右は駅前からシティ方面を撮影しました。
シティのビル群が良く見えました。
IMG_3993.jpg IMG_3994.jpg
↑駅から伸びるダーリングハーストロードです。
この地区は、夜が怪しい地区とのことで、
よく見ると、ポルノショップなどが多かったですね。
右はエルアラメインの噴水、戦死したオーストラリア兵の記念碑だそうです。

キングスクロス地区を散策した後、ミセスマックォーリーズポイントへ。
IMG_3999.jpg IMG_3997.jpg IMG_3996.jpg
↑キングスクロス地区から港の近くを通ります。
そこには、ハリーズカフェというお店が。ミートパイで有名らしいです。
カーネルサンダースが訪れた写真もありました。
IMG_4001.jpg
↑港にあった、ザ・ワーフという建物です。
旧旅客ターミナルを改造した建物で、今はショップが入っているそうな。

キングスクロスから20分くらい歩いて、
ミセスマックォーリーズポイントに到着。
IMG_4007.jpg IMG_4012.jpg IMG_4016.jpg
↑次は昼間のオペラハウスとハーバーブリッジを撮影。
いつ撮影しても、絵になりますね。
一緒にシティ方面のビル群も撮影しました。

ミセスマックォーリーズポイントからの眺めを堪能して、
オペラハウスへ歩いていきました。
IMG_4022.jpg IMG_4023.jpg
↑途中ロイヤル・ボタニックガーデンがあります。
世界各地から集められた植物が植えられているそうです、
春が近いせいか色とりどりの花が咲いていました。

そして、オペラハウスに到着。
IMG_4027.jpg IMG_4032.jpg
↑こちらの建物は、横から見るのがいい気がします。
正面からだとあまりダイナミックでないような。

オペラハウスはガイドツアーによって、内部が見学できます。
日本語ツアーは30分のもので、そちらに参加しました。
IMG_4039.jpg IMG_4045.jpg
↑こちらの建物は、外壁と内部が独立しているそうです。
そして、建築費を抑えるため、部品の共通化をしたそうな。
それでも、莫大な建築費が必要だったそうです。
右は、コンサートの休憩時に利用するスペースとのこと。
オペラハウスでのコンサートもいいですね。

オペラハウスの見学を終えて、サーキュラーキーへ向かいました。
IMG_4049.jpg IMG_4051.jpg
↑左はサーキュラーキーをバックに撮影、
たくさんの船が出入りしているのが見えました。
右はオペラハウス、この角度の写真もけっこう見る気がします。

サーキュラーキーを通り過ぎると、ロックス地区です。
IMG_4057.jpg IMG_4065.jpg IMG_4066.jpg
↑オーストラリア発祥の地といわれるエリアだそうです。
開拓時代の建物が数多く残っています。
こちらは、当時の雰囲気を感じることができます。
IMG_4070_2014092811244374f.jpg IMG_4068.jpg
↑アーガイルカットとギャリソンズチャーチです。
開拓時代に作られたトンネルと教会となります。
IMG_4060.jpg
↑こちらはドゥーズポイントです。
ハーバーブリッジ直下の公園で、巨大な橋を感じることができます。

ロックスをぶらぶらした後、サーキュラーキーへ。
IMG_4070.jpg IMG_4071.jpg
↑フェリーに乗るためにやってきました。
乗船するのはダーリングハーバー行きのフェリーです。

定刻どおり、フェリーは出発しました。
IMG_4080.jpg IMG_4081.jpg
↑出発直後は、海上からサーキュラーキーやオペラハウスが見えました。
海上からの景色もいいですね。
IMG_4085.jpg
↑途中、ハーバーブリッジをくぐります。
くぐった後は、ハーバーブリッジの下に
オペラハウスがある写真が撮影できました。
IMG_4091.jpg IMG_4093.jpg
↑途中にある駅では地元の人が乗り降りしていました。
地元の足としても活躍していますね。
黄色の船は海上タクシーです。海上タクシーも活躍しているんですね。

乗船してから20分くらいでダーリングハーバーに到着しました。
IMG_4098.jpg IMG_4100.jpg
↑こちらはシティの西側になります。
こちらもたくさんの船がとまっていました。
IMG_4102.jpg
↑ダーリングハーバーには、ワイルドライフ動物園があります。
コアラが飼育されていて、見ることができました。

ダーリングハーバー到着後、少し南へ。
IMG_4103.jpg IMG_4105.jpg
↑南には対岸に渡れるピアモントブリッジがあります。
ここからシティのビル群がよく見えました。

ピアモントブリッジを渡って、
少し歩くとシドニーフィッシュマーケットに到着。
ここで昼食を食べることにしました。
IMG_4108.jpg
↑昼食の時間帯のせいか、駐車場は混んでいます。
IMG_4111.jpg IMG_4109.jpg 008_20140927102127f77.jpg
↑やってきたのは【DOYLE'S】というレストラン。
シドニーの牡蠣は絶対食べた方が良いということで、
牡蠣とフィッシュ&チップスを注文。
牡蠣は濃厚なお味、もう一品もさくっと揚がった魚が美味かったです。
これだけ食べて24.7AUD、オーストラリアにしては安いのでは?
IMG_4112.jpg IMG_4114.jpg
↑フィッシュマーケット内は、たくさんの店で賑わっています。
【sashimi bar】というのもあって、
生魚をその場で切ってもらって、食べられる店もありました。

フィッシュマーケットを見学した後、シティへ。
ライトレールのキャピタルスクエア駅で下車しました。
IMG_4117.jpg IMG_4121.jpg
↑駅近くから北に伸びるジョージストリートです。
シティのメインストリートといって通りで、ビルや店がたくさんあります。
右の写真に写っているのは【ウールワース】というスーパー、
昨日はこちらでお土産を購入しました。

ジョージストリートを北上するとタウンホール駅があります。
この近くには色々な建物があって、ぶらぶらと回りました。
IMG_4122.jpg IMG_4123.jpg
↑セントアンドリュース大聖堂です。
1868年にほぼ完成したそうです。
オーストラリアでは最も古く、内部は荘厳な雰囲気でした。
IMG_4126.jpg
↑こちらはタウンホールです。
19世紀後半に建てられた時計塔が目印の建物です。
IMG_4130.jpg IMG_4131.jpg IMG_4137.jpg
↑クイーンビクトリア・ビルディング(QVB)です。
1898年に建てられたビルで、内部は豪華な雰囲気です。
大きな時計があって、世界最大のつり時計だそうです。

タウンホール駅周辺の散策をした後、シドニータワーアイへ向かいました。
IMG_4145.jpg IMG_4144.jpg
↑途中ストランド・アーケードを通りました。
1891年ごろの建築様式が残る通りでした。
右はピット・ストリートです。歩行者天国で賑わっていました。

そして、シドニータワーアイに到着。
IMG_4155.jpg IMG_4156.jpg
↑シドニータワーアイはウェストフィールドというデパートにあります。
このデパートの内装は、豪華でしたね。
南半球で第2位の高さになるタワーだそうな。
IMG_4148.jpg IMG_4149.jpg IMG_4151.jpg
↑左から北、西、南の眺めです。
北はハーバーブリッジがチラッと見えます。ただ、建物が多くオペラハウスは見えなかったです。
西はダーリングハーバー方面が良く見えました。
南はシティのビル群があり、遠くにはシドニー国際空港が見えました。
IMG_4159.jpg IMG_4157.jpg
↑シドニータワーアイの眺めを見学した後、ハイドパークへ。シドニータワーアイが見えました。
ハイドパークには噴水などもあり、市民の人がまったりしていました。
IMG_4161.jpg IMG_4158.jpg
↑ハイドパーク東側にあるセントメリーズ大聖堂です。
2本の尖塔がある美しい建物です。内部も荘厳な雰囲気に包まれていました。

ハイドパーク北側には、19世紀の雰囲気を残す建物があります。
IMG_4163.jpg
↑世界遺産に指定されているハイドパーク・バラックスです。
19世紀初頭に囚人の宿泊施設で、暮らしは過酷だったそうです。
IMG_4165.jpg IMG_4166.jpg IMG_4167.jpg
↑左はミントという建物。旧造幣局になります。
右はシドニー病院です。雰囲気ある建物ですが、現役の病院です。
病院の入り口にはイボイノシシの像が、映画【ベイブ】のロケで使われたので置かれたそうです。

シティ周辺の散策を終えて、鉄道でシドニー湾を渡って北へ。
ミルソンズ・ポイントの駅で下りて、ハーバーブリッジへ。
IMG_4169.jpg IMG_4176.jpg IMG_4174.jpg
↑ハーバーブリッジは8車線あって、車がめっちゃ走っています。
鉄道と歩行者の渡る道もあって、南北を結ぶ重要な橋なんですね。
IMG_4170.jpg
↑ハーバーブリッジと撮影しました。
橋の上は走っている人も多く、ランニングにも活用されていました。

ミルソンズ・ポイントにやってきたのは、
ハーバーブリッジとオペラハウスの景色を撮影するためです。
IMG_4179.jpg
↑まずは、橋の東側・キリビリで夕方の風景です。
こちらからでは、オペラハウスとハーバーブリッジ同時は厳しいですね。
IMG_4184.jpg IMG_4189.jpg
↑ミルソンズ・ポイントからは、両方同時に撮影できます。
薄暮のこの眺めもいいですね。
IMG_4207.jpg IMG_4208.jpg
↑そして、暗くなって同時の夜景が撮影できました。
これぞ、シドニーの夜景という風景が見られました。きれいですねえ。

以上でシドニー観光が終了しました。オーストラリアの旅が終わりました。
鉄道でシドニー・キングストン国際空港へ向かいました。
中国南方航空のカウンターでチェックイン。ビジネスクラスなのでさくっと終わりました。
IMG_4209.jpg IMG_4211.jpg
↑オーストラリアのメイン空港で大きいです。
免税店もたくさんの店がありました。
IMG_4212.jpg IMG_4214.jpg
↑ビジネスクラスのため、カンタスラウンジが利用できました。
非常に大きなラウンジでよかったです。
IMG_4216.jpg IMG_4217.jpg
↑食べ物や飲み物が色々ありました。
アイスクリームもあって、これまでのラウンジで一番良かったかも。
IMG_4215.jpg
↑シャワールームもたくさんありました。
さっぱりして、この後のフライトに備えることができました。

そして、中国南方航空利用の広州への出発時刻が近づいてきました。

2014/9/23:中国で台風の影響が・・・

出発時刻となって、搭乗口へ向かいました。
IMG_4218.jpg 004_20140927102111e70.jpg
↑まずは中国・広州へのフライトです。
ビジネスクラスなのである程度寝られれば良いのですが。
右は、広州経由中部空港への搭乗券です。

搭乗してみると、座席はフルフラットシートになるタイプ。
これならば寝られそうと思い、一安心です。
IMG_4220.jpg
↑機内食のメニューが配られました。
出発前にCAさんがメインを聞きにきました。

シドニーを定刻より20分くらい早く出発。
これは広州到着が早くなりそうだなあと思いました。
IMG_4221.jpg IMG_4222.jpg IMG_4223.jpg
↑出発してから1時間くらいで機内食が出てきました。
スープ、前菜に続いて、メインのエビチリです。美味かったですね。

機内食を食べた後、座席をフラットにして寝ました。
フラットにすると、かなり寝ることができましたね。
IMG_4224.jpg
↑到着2時間前に朝食が出てきました。
選択したのはフレンチトースト、こちらは味があまりなくいまいちでした。

シドニーから約9時間、広州白雲国際空港に5時ごろ到着しました。
名古屋へのフライトは14時予定と時間があるため、広州市内へ出かけました。
IMG_4225.jpg
↑空港からは地下鉄で市内へ向かいます。
広州駅まで約40分かかりました。
IMG_4226.jpg IMG_4228.jpg
↑朝の広州駅です。たくさんの人が行き交っていました。
そして、広場で夜を明かしたと思われる人がたくさんいました。
なんか駅前の雰囲気がカオスです。オーストラリアとは違いますね。

広州駅から10分くらい歩いて、越秀公園にやってきました。
IMG_4229.jpg
↑越秀公園入り口です。早朝ですがたくさん人で賑わっていました。
IMG_4231.jpg IMG_4239.jpg IMG_4237.jpg
↑公園では湖や丘など、色々な風景が見られます。
太極拳をしている市民もたくさんいました。中国の朝だとどこでも見られますね。
IMG_4234.jpg
↑こちらは広州のシンボル・五羊石像です。
広州に伝わる伝説をもとに造られたそうです。
IMG_4238.jpg IMG_4239_20140928113204bb2.jpg
↑こちらは中山記念碑です。重要文化財に指定されています。
中国革命の父・孫文をたたえたものですね。
この石碑があるのは丘の上、登るのが疲れました。

越秀公園の隣に中山紀念堂があります。
IMG_4241.jpg
↑中国革命の中心人物・孫文を記念して1931年にできたそうです。
建物には【天下為公】(世界はみんなのためにある)の額があります。
中国にとっては重要人物なので、建てられたのでしょう。

中山紀念堂を見学した後、いくつかの寺を回ることにしました。
IMG_4242.jpg
↑寺へ向かう途中の歩道橋で撮影しました。
中山路という道で車の数がすごかったですね。
IMG_4244.jpg 009_2014092710213089d.jpg
↑やってきたのは六溶寺です。
537年に創建された非常に歴史があるお寺です。
右は、広州で回った寺のチケットです。
IMG_4246.jpg IMG_4247.jpg
↑左は高さ57mの花塔です。1000年前の宋代に建てられた広州で最古の仏塔だそうな。
右は大宝雄殿です。中には大きな仏様がありました。
たくさんの中国人が参拝に来ていましたね。

六溶寺の次に訪れたのは光孝寺です。
広州でもっとも有名で大きなお寺だそうです。
IMG_4251.jpg IMG_4252.jpg IMG_4253.jpg
↑こちらもたくさんの参拝者で賑わっていました。
中国は線香をたくさん立てるので、煙がすごかったですね。

光孝寺を参拝した後、マックで一休みしました。
IMG_4258.jpg IMG_4257.jpg
↑光孝寺に向かう通りにあるマックに入りました。
マックフルーリーで一休みです。
ちなみにマックフルーリーと店員に言っても、全く通じませんでした。
どのように呼んでいるのでしょうか?
IMG_4275.jpg 007_2014092710212639a.jpg
↑マックで一休みしたのち、スーパーに寄りました。
プリッツなどのお菓子を購入。
結構な数を買いましたが、500円程度。安いですねえ。

広州で最後に訪れたのは、陳氏書院です。
1894年に広州に暮らす苗字が陳姓の人がお金を出しあって建てたそうです。
IMG_4268.jpg
↑こちらは入り口です。10元(約140円)と入場料が安い。
IMG_4259.jpg IMG_4260.jpg IMG_4263.jpg IMG_4267.jpg
↑建物は典型的な中国南方建築様式だそうです。
建物には精巧な彫刻が施されていて、展示物で当時の雰囲気を感じることができました。

以上で広州の観光を終えて、空港へ戻りました。
IMG_4269.jpg
↑広州白雲空港は華南地域のハブ空港ということで大きいです。

名古屋までのフライトは、上海を経由します。
広州~上海は国内線扱いなので、普通の流れでは搭乗できません。
空港スタッフと一緒に行動して、出国スタンプをもらわないこととなります。

で、出発を待つのですが問題が発生していました。
台風16号が上海近くにあって、どうも遅れています。
14時出発でしたが、15時過ぎになってようやく機内へ。
結局広州出発が1時間半遅れとなりました。
IMG_4270.jpg
↑上海~広州と1時間半くらいのフライトでも機内食が出ます。
ビジネスクラスで肉まんなどが出ました。これも美味かったですね。

台風に近づいているせいか、途中揺れまくりましたが上海浦東空港に無事到着。
ここでも空港スタッフと一緒に行動して、出国審査カウンターへ向かいました。
ここで出国スタンプをもらいます。
出国審査を終えて、搭乗口へ向かいました。
IMG_4272.jpg
↑搭乗する時点では定刻より40分くらいの遅れでした。

機内に入って、ドアが閉まったのですが、ちっとも出発しません。
ようやく飛行機が動いたかと思ったら、次は離陸までにたくさんの飛行機待ち。
結局、定刻から2時間半遅れで上海浦東空港を飛び立ちました。
IMG_4273.jpg
↑名古屋までのフライトでも機内食が。
豚肉の甘辛煮が出てきました。これは、うーん・・・。

上海から約2時間で中部空港に到着しました。
到着時刻は23時40分、もう交通機関はありません・・・。

↑どうにもならないので、空港にある東横インに宿泊しました。
遅い時間だったので、風呂に入ってすぐ寝ました。
明日はお仕事です・・・、早朝の列車で名古屋へ移動します。

今回のオーストラリアの旅も楽しかったですね。
特に美しい自然をたくさん見ることができました。
最後の台風による影響がなければ良かったのですが、
日本に到着できただけ良かったと思うことにします。

ようやく荷物の整理が終わりました、お土産はお菓子ばかり

帰国した日に荷物の整理ができなかったので、
仕事を終えて、整理をしました。

オーストラリアではたくさんのお土産を購入しました。
そちらをアップしたいと思います。
IMG_4276.jpg
↑まずはオーストラリア国民が大好きという【Tim Tam】。
色々なフレーバーがあって、新フレーバーも出てくるそうです。美味そう。
IMG_4280.jpg
↑小さいサイズの【Tim Tam】もあります。

IMG_4274.jpg
↑こちらは配る用で購入したお菓子です。
こちらも美味しそうなお菓子が多いです。

IMG_4275.jpg
↑中国・広州で購入したものです。
ダブルプリッツという日本で見たことがないものがあったので購入しました。
そして、気になるのが【王子】です。美味しいのかな?

IMG_4279.jpg
↑オーストラリアで購入した雑貨類です。
折角なので、コアラとカンガルーのぬいぐるみも購入しました。

IMG_4277.jpg
↑中国南方航空のビジネスはポーチをくれます。
良く見たら【フェラガモ】のポーチでした。すごいなあ、ビジネスクラス。

今回もお菓子がいっぱいでした。ぼちぼち食べていきます。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる