FC2ブログ

2014/10/31~11/1:日露戦争の舞台・中国北東部の大連・旅順・瀋陽

今年は10、11月に3連休が多いです。
去年は韓国へ出かけました。

で、今年は中国にはまってみるか、
ということで大連に出かけてみることにしました。

司馬遼太郎の小説【坂の上の雲】の舞台・旅順と大連、
そして世界遺産がある瀋陽へ出かけてみようと思います。

今回は、下記の旅程で旅に行く予定です。

10/31:中部空港 → (中国) → 大連
11/1 :大連 → 旅順 → 大連 → 瀋陽
11/2 :瀋陽 → 大連
11/3 :大連 → 中部空港

大連
↑今回の旅の軌跡です
【旅程表と地図の都市名の表記が違う場合があります
005_20141108114328b4b.jpg
↑大連・周水子国際空港の入出国スタンプです。

<今回の旅で訪れる予定の世界遺産>
①北京と瀋陽の明・清王朝皇宮(中国)
②明・清王朝の皇帝墓群(中国)

スポンサーサイト

2014/10/31:大陸への入り口・大連へ

今年の秋の3連休は中国にはまってみようと思い、
行く場所を検討した結果、中部空港から直通便がある、
中国北東部の大連・旅順・瀋陽へ出かけてきます。

旅順は日露戦争の大きな戦いがあった場所で、
司馬遼太郎の小説【坂の上の雲】にも書かれていますね。

大連へは中国南方航空の12時5分発のフライトを利用します。
IMG_4681.jpg IMG_4682.jpgIMG_4683.jpg
↑大連への搭乗口や機材です。
予想はしていましたが、上海方面より空いていましたね。
111.jpg
↑大連への往復搭乗券です。

さくっと搭乗がすんで、定刻より少し早い時刻に出発しました。
日本に低気圧が近づいているせいか、途中かなり揺れましたね。
IMG_4684.jpg
↑出てきた機内食です。フィッシュライスを選択しました。
中国系の機内食は、箱で出てくることが多いですねえ。
味は思っていたより良かったです。

現地時刻で13時半頃に大連空港に到着しました。
入国審査で何も聞かれることなく、入国。
荷物を回収して、外へ出ました。
IMG_4685.jpg
↑大連空港です。結構大きな空港でした。
そして、めっちゃもやもやしています。
天気があまり良くなかったのですが、それにしても…。
これPM2.5ですかねえ?

空港から市内へは、バスとタクシーがあるみたいですが、
バスがいつ来るか分からなかったので、タクシーを利用しました。
渋滞もあって、空港から30分くらいで大連駅前に到着しました。

大連に宿泊するホテルは【BOHAI PEARL HOTEL】です。
大連駅前にあって、4つ星ですが272元(約5000円)と安いです。
IMG_4687.jpg IMG_4686.jpg
↑大きなホテルですね。
部屋も大きく、バスタブもあって良かったです。

チェックインを終えて、荷物を置いた後、
大連市内を散策することにしました。
IMG_4688.jpg IMG_4691.jpg
↑大連駅です。大きな駅ですね。
右は駅前の様子です。大連は大きなビルがたくさんありました。

大連駅と道路を挟んで向かい側に勝利広場があります。
IMG_4694.jpg IMG_4695.jpg IMG_4696.jpg
↑広場の地下に飲食店街があります。
吉野家も入っていました。

次にバスを利用して人民広場へやってきました。
IMG_4701.jpg
↑人民広場のバス停です。バスは1回1元、爆安ですね。

人民広場は芝生が植えられた大きな広場です。
その広場周辺には日本統治時代の建物が残っています。
IMG_4702.jpg IMG_4697.jpg
↑広場北側の大連市人民政府(旧関東州庁)と
広場西側の大連市司法局(旧法院)です。
70年くらい前はたくさんの日本人で賑わっていたのでしょう。

人民広場を見学した後、西へ歩きました。
IMG_4704.jpg IMG_4710.jpg
↑途中にあるオリンピック広場です。
北京オリンピックを応援するための広場だそうな。
右は【mosaic】と書かれた建物。
ショッピングセンターかと思っていたら、閉まっていました…。
IMG_4708.jpg IMG_4709.jpg
↑更に西へ歩くと東北路という道があります。
この周辺に日本統治時代の社宅がありました。
昔は日本の人たちが住んでいたのでしょうね。

時間が18時くらいになったので、夕食を食べることにしました。
やってきたお店は【大地春餅店】です。
IMG_4716.jpg IMG_4712.jpg
↑これまた大きなレストランですね。
そして、容器がラッピングされているのもびっくり。
IMG_4714.jpg IMG_4715.jpg
↑注文したのは、まずは春餅。
そして、もやしの炒め物と肉団子を注文しました。
春餅にねぎや味噌、そしておかずを巻いて食べました。
これがまた、めっちゃ美味い。
ただ、量が多すぎて残してしまいました。
これだけ食べて65元なので、安いなあと思います。

夕食後は、夜の大連市内を少し散策しました。
IMG_4718.jpg
↑友好広場です。統治時代は西広場だったそうな。
奥にケンタッキーが見えますが、中国はKFCがめちゃくちゃ多いです。

そして、大連の中心・中山広場にやってきました。
IMG_4725.jpg IMG_4726.jpg IMG_4726.jpg IMG_4727.jpg
↑この広場周辺には統治時代の建物が数多く残っています。
一番左は、中国銀行(旧横浜正金銀行)など、
一つ右は、中国工商銀行(旧朝鮮銀行)など、
更に右は、大連賓館(旧ヤマトホテル)など、
一番右は、中国交通銀行(旧大蓮市役所)などです。
建物がライトアップされていて、きれいでした。
ただ、もやっていなかった良かったんですけどね。

中山広場の夜景を堪能して、ホテルへ戻ることにしました。
IMG_4729.jpg
↑途中にあったショッピングセンターです。
20時を過ぎても、明るいですねえ。
IMG_4730.jpg
↑最後に大連駅前の夜の様子です。
大連駅は列車に乗ろうとする人で賑わっていました。

以上で本日の観光は終了です。
明日は【坂の上の雲】の舞台・旅順と大連市内を散策して、
瀋陽へ向かいます。

2014/11/1:日露戦争の激戦地・旅順をぶらぶら

本日は日露戦争の激戦地・旅順を訪れます。
その後、大連市内を散策して瀋陽へ向かいます。

朝食は大連駅にあるケンタッキーで食べました。
IMG_4733.jpg IMG_4731.jpg
↑お粥とあげパンとホットミルクのセットを注文。
これで23.5元でした。中国では高めかも。

朝食後、旅順へ向かうために大連駅の北へ。
ガイドブックには建設街にバス停があると書いてありました。
IMG_4728_20141101225825c6e.jpg
↑北京や上海など長距離バスはいるのですが…。
IMG_4729_201411012258406a1.jpg IMG_4730_20141101225850f24.jpg
↑近くの人に聞いてみると、
旅順は駅北広場のショッピングセンター前から出ているそうな。
ガイドブックの場所、違うんですけど。
001_2014110811432273d.jpg
↑旅順までのバスの切符です。
片道8元と安い料金で移動できました。

バスはすぐに満員になって出発。
大連から旅順まで片道7元でした。
途中、渋滞にあうこともなく1時間20分くらいで旅順口に到着しました。
IMG_4735.jpg IMG_4737.jpg
↑文化中心というバス停付近です。
このあたりは大きなショッピングセンターが並んでいます。
広場では派手な色の服装をした人たちが踊っていました。
後ろの山の上にあるのは、白玉山塔です。

白玉山塔に登りたいと思って、
ぶらぶらしているとリフト乗り場がありました。
IMG_4750.jpg
↑リフト乗り場の建物です。
往復30元で入場料が40元の為、70元必要でした。
002_20141108114324f3b.jpg
↑白玉山塔へのリフトと入場券です。

リフトに乗車して、上部に到着。
そして、塔の前にやってきましたが…、
IMG_4739.jpg IMG_4740.jpg
↑もやもやでほとんど見えません。
天気は悪くないので、PM2.5ですか?
かろうじて旅順港は見えるのですが、素晴らしい景色とは・・・。
IMG_4745.jpg IMG_4742.jpg IMG_4747.jpg
↑看板や塔と一緒に撮影しました。
もやもやしているのが残念な場所でした。
帰りのリフトは少しだけ遠くが見えました。

白玉山を散策した後、旅順駅へ。
IMG_4753.jpg
↑旅順駅は 文化財に指定されています。
確かに歴史を感じる建物ですね。
しかし、駅周辺はかなり寂しいです。

ここから二〇三高地や水師営会見所などへ行くために、
タクシーを止めました。
3箇所訪れてほしいとメモを渡すと、
「150元」と書いてきました。
絶対高いと思って、交渉したところ130元でした。
粘ればもっと安くなるのでしょうが、面倒OKとしました。
003_20141108114325c77.jpg
↑タクシーを拾った後の入場券3か所分です。

旅順駅から15分くらいで二〇三高地に到着。
駐車場から少し歩くと、頂上です。
IMG_4756.jpg IMG_4757.jpg
↑二〇三高地の看板と璽霊山の記念碑があります。
日露戦争の時には、たくさんの死者を出して占領しました。
IMG_4761.jpg IMG_4760.jpg
↑そして、二〇三高地の眺めは…、
予想はしていましたが、全然見えんです。
ここには、280センチ榴弾砲の砲台があります。
ここから旅順港のロシア艦隊を砲撃して、壊滅させたんですね。

日本軍がロシア軍を撃退した後、
「そこから旅順港は見えるか!」
「見えます!丸見えであります!各艦、一望の元におさめることができます!」
という流れがあったようですが、今日は
「何も見えんであります!」
素晴らしい景色を期待していたんですけどねえ。

二〇三高地の残念な眺めを見た後、水師営へ。
IMG_4764.jpg
↑タクシーで10分くらいで到着しました。
IMG_4767.jpg IMG_4765.jpg
↑ここは日本語が話せるガイドさんが案内してくれます。
建物は文化大革命で壊されて、復元したそうです。
屋内には乃木将軍とステッセル中将の写真がありました。
ガイドさんは、NHKドラマ【坂の上の雲】が放映された時は、
日本人観光客がたくさん訪れたそうです。でも今は減ったそうな。

水師営会見所を見学した後、東鶏冠山北堡塁へ。
IMG_4769.jpg IMG_4770.jpg
↑ロシアの砲台要塞があった場所です。
こちらも日本軍が陥落させる時に多くの死者を出したそうな。
日露戦争陳列館があって、砲弾などが展示されていました。
IMG_4773.jpg IMG_4776.jpg
↑場所が彫られた石碑と砲台跡がありました。
IMG_4775.jpg IMG_4777.jpg
↑そして、バンカー(堡塁)です。
たくさんの穴がありますが、当時の弾痕でしょうか。
IMG_4781.jpg IMG_4779.jpg
↑タクシーを少し移動させてやってきた望台砲台です。
こちらは長口径のカノン砲ですかね。
運転手さんは良い景色みたいなことを言っていましたが、
もやもやでほとんど見えませんでした。

こうして、旅順観光は終了です。
もやもやでうーんという感じでしたね。
もう少し、空気をきれいにしてほしいものです。

タクシーに旅順バスターミナルへ送ってもらいました。
IMG_4783.jpg
↑バスターミナルです。
帰りのバスもすぐに満員になって出発しました。

帰りは大連市内で渋滞に会って1時間半くらいかかりました。

大連駅に到着後、市内をぶらぶらする為にバスで中山広場へ。
IMG_4806.jpg IMG_4804.jpg IMG_4805.jpg
↑お腹が空いたので、昼食をとることにしました。
やってきたのは、気になっていた中国の吉野家。
牛丼だけでなくビビンバなど他のメニューがたくさんありました。
注文はもちろん牛丼、味は日本のものと近いです。
肉が少し日本より小さく切られていますが、美味い。

昼食後、大連港へ向かいました。
IMG_4789.jpg IMG_4790.jpg
↑途中の人民路です。
大連中心部は高層ビルが多いですね。
右は港湾広場です。こちらも歴史を感じる建物がありました。

そして、大連港に到着しました。
IMG_4791.jpg
↑昼過ぎの大連港はひっそりとしていました。
日本統治時代は、大陸の玄関口として栄えていたのでしょう。
IMG_4793.jpg IMG_4795.jpg
↑近くにあるビルの上から撮影しました。
大連港はたくさんのクレーンがある大きな港です。
右の写真には大連港務局が見えます。
大連港に到着した日本人が、まず訪れたのかな。

大連港を見学した後、中山広場へ。
IMG_4797.jpg IMG_4798.jpg IMG_4801.jpg IMG_4800.jpg
↑今度は昼間の広場周辺を撮影しました。
西向きから反時計回りに並べました。
日本統治時代の建物がたくさんありました。

次に訪れたのはロシア風情街です。
IMG_4807.jpg IMG_4810.jpg
↑こちらは帝政ロシアが建設した町で、欧風家屋が並んでいます。
ぱっと見は、ラブホに見えるんですけど…。
IMG_4812.jpg
↑こちらにも日本人街があったそうで、
当時の建物が少し残っていました。

大連で最後に訪れたのは、大連駅南西の連鎖街です。
IMG_4816.jpg IMG_4817.jpg
↑こちら日本統治時代の建物が残っているそうです。
現在は、雑然とした雰囲気になっていました。

以上で大連の観光は終了です。
夕方の列車で瀋陽へ向かうため、駅へ向かいました。
IMG_4818.jpg
↑夕暮れの大連駅前です。
少しだけもやがとれたでしょうか。
IMG_4822.jpg
↑16時55分発の瀋陽行きで移動します。
以前、上海周辺の観光でも利用した中国版新幹線ですね。
004_20141108114326de3.jpg
↑大連~瀋陽往復分の切符です。
片道300kmの移動で片道180元は安いなあ。

定刻どおりに列車は大連駅を出発。
IMG_4824.jpg
↑途中306km/hを出す時もあって、相当速かったです。

列車は定刻通りに瀋陽駅に到着。
IMG_4833.jpg IMG_4834.jpg
↑瀋陽駅はなんとなく歴史を感じる建物です。
駅前は車の数が多く、栄えていました。

瀋陽の宿はサマセットヘピンです。
5つ星のホテルが8000円くらいで宿泊できるということで、
これは泊まってしまえということで選択しました。
IMG_4829.jpg IMG_4830.jpg IMG_4827.jpg IMG_4828.jpg
↑建物は非常に大きく、入り口からなかなか豪華です。
部屋は23階の部屋だったので、夜景がきれいに見えました。
IMG_4842.jpg IMG_4843.jpg
↑そして、部屋がすごいです。
リビング、ダイニング、キッチンがあって、
奥にベッドルームがある部屋でした。
えらい部屋になったなあと思いました。

部屋に荷物を置いて、夜の瀋陽へ。
買い物がしたかったので、中華路にあるウォルマートへ。
IMG_4839.jpg IMG_4841.jpg
↑中華路にはデパートが並ぶ賑やかな通りでした。
屋台もたくさん出ていて、活気がありましたね。
006_2014110811433867b.jpg
↑ウォルマートのレシートです。
買いまくって100元くらいなので安い気がします。

本日は買い物をして、終了です。
明日は瀋陽を散策した後、大連に戻ります。
天気が良くなってほしいなあ。

2014/11/2:瀋陽の世界遺産を回ります、寒い!

本日は瀋陽の観光をした後、大連へ戻ります。
今回の旅は、本日が実質的な最後ですね。
今日は瀋陽の世界遺産を中心に回ります。

宿泊した、サマセットヘピンは朝食込みだったので、
食堂へ食べに行きました。
IMG_4844.jpg IMG_4846.jpg IMG_4845.jpg
↑さすがに高級ホテルの朝食。
種類が豊富で暖かい食事がたくさんありました。
卵料理をリクエストで作ってもらえるのもありがたいです。
IMG_4847.jpg IMG_4848.jpg
↑部屋から朝の風景を撮影しました。
今日は天気が良さそうですね。

朝食を食べた後、瀋陽観光開始です。
今日は天気が良いのですが、寒い!
中国東北部で雨の後、最高気温は10度だそうな。
名古屋の真冬なみなんですけど。
IMG_4849.jpg IMG_4850.jpg
↑地下鉄に乗るために瀋陽駅にやってきました。
外を歩いている人は、厚着の人ばかりです。
自分も暖かい装備を持ってきておいて良かったです。

地下鉄で瀋陽駅から膀江街までやってきました。
IMG_4853.jpg
↑この駅から少し歩くと、バス乗り場があります。
そこから最初の目的地・福陵(東陵)へ向かいました。

バスは東陵公園まで渋滞もあったせいで、
けっこう時間がかかって到着しました。
IMG_4858.jpg IMG_4861.jpg
↑バスを降りて、少し歩くと福陵の入り口・正紅門です。
ここは世界遺産に指定されていますね。
007_20141108114341a06.jpg
↑瀋陽で回った場所の入場券です。

正紅門を抜けると108段の石段があります。
石段を上がって、奥に方城があります。
IMG_4867.jpg
↑方城の入り口が隆恩門です。
このような門を見ると、いかにも中国を感じますね。
IMG_4870.jpg IMG_4873.jpg
↑方城内は隆恩殿などの建物が並んでいます。
奥には山みたいのあって、ここに清の開祖・ヌルハチが眠っているそうな。
高台からの眺めを見ていると、きれいな建物が多いなあと思います。

福陵の見学を終えて、バス乗り場へ。
218番のバスに乗車して、中心部へ向かいました。
戻りもかなり混んでいて、1時間弱かかって大東門に到着しました。
IMG_4876.jpg IMG_4877.jpg
↑大東門周辺はたくさんの人や車でいっぱいでした。

大東門から少し歩いて、張氏師府博物館にやってきました。
IMG_4880.jpg IMG_4881.jpg
↑入り口には、張学良将軍の大きな像がありました。
中国人には人気のようで、たくさんの人が撮影していましたね。
IMG_4884.jpg IMG_4888.jpg
↑内部は張親子が政務を執った建物が並んでいて、
中国の伝統的建築様式の建物だそうです。
IMG_4900.jpg IMG_4898.jpg IMG_4901.jpg
↑奥へ行くと、大青楼という西洋風の建物があります。
大きな建物内には宴会場や応接室、執務室がありました。
右の写真は小青楼、こちらは主に婦人が使ったそうです。

張氏師府博物館を見学した後、お腹がすいたので昼食へ。
IMG_4905.jpg IMG_4904.jpg
↑途中で発見した山西刀削面というお店へ。
大肉面が12元と安かったので、なんとなく入りました。
刀削面らしく太い面と肉、そしてスープが美味い。
思ったよりボリュームもあって、良かったですね。

昼食後訪れたのは、瀋陽故宮です。
IMG_4908.jpg IMG_4911.jpg
↑こちらも世界遺産に指定されています。
先程の福陵とは違って中心部にあるので、
たくさんの観光客が訪れていました。

入り口をくぐると、まずは崇政殿です。
IMG_4913.jpg IMG_4914.jpg
↑いかにも命令を下していたという椅子があります。
ここから家臣に命令していたのでしょう。
ちなみに建物の右側にある白い物体は日時計だそうな。
IMG_4915.jpg
↑崇政殿の後ろは鳳凰楼です。
これまた大きな建物ですね。
いかにも皇帝が利用していたという雰囲気が感じられます。
IMG_4932.jpg IMG_4933.jpg
↑そして、大政殿と広場です。
ここはたくさんの人が並べそうですね。
皇帝がたくさんの家臣へ演説をしていたのでしょうか。
IMG_4927.jpg
↑瀋陽故宮内は他にもたくさんの建物や庭園がありました。
北京故宮と比較すると小さいですが、
見ごたえのある建物ばかりで面白かったです。
あと、北京故宮より人が少なくて回りやすかったですね。

瀋陽故宮を後にして、中街へ向かいました。
IMG_4936.jpg
↑故宮前の道には、昔の建物に似せた土産物屋がたくさんありました。

少し歩いて、中街に到着しました。
IMG_4937.jpg IMG_4938.jpg
↑ここが、瀋陽の繁華街ですかね。
歩行者天国になっていて、ものすごい人の数です。
ちなみに【老辺餃子館】という店がありますが、
新宿にも店がある有名店だそうな。

中街から地下鉄に乗って、北陵公園にやってきました。
IMG_4939.jpg
↑北陵公園内には、世界遺産に指定されている昭陵があります。
右は入り口前の様子です。なんとなく撮影しました。

入り口から昭陵までは1.5kmあるそうな。
そのため、行きは5元の車を利用しました。
IMG_4942.jpg IMG_4945.jpg
↑車を下りると、奥に下馬牌があります。
ここで馬を下りて、大紅門へ行ったのでしょうね。
IMG_4949.jpg
↑大紅門をくぐると、神道です。
左右には石獣が並んでいました。
馬やラクダ、象など色々な石像がありました。
IMG_4956.jpg IMG_4954.jpg
↑そして、方城があります。
この時代のお墓は同じような造りが多いですね。
一番奥には、清太宗が眠っているそうです。

昭陵を見学して、北陵公園をぶらぶらしました。
IMG_4962.jpg
↑途中大きな広場あって、大きな像がありました。
ただ、誰なのかが良く分からなかったです…。
IMG_4958.jpg IMG_4960.jpg
↑公園内は大きな池があって、のんびりした雰囲気です。
今日の瀋陽は寒くていかんのですが、
暑いときは池で遊ぶ人が多いでしょうねえ。

北陵公園を後にて、再び地下鉄に乗りました。
IMG_4964.jpg
↑下りたのは青年公園駅です。
駅から出ると大きな塔があります。

この塔に登れるとHPに書いてあったのでやってきたのですが、
建物の周りに人がいる雰囲気がありません。
なんかおかしいな、と思って近づくと完全に閉まっていました。
いやはや、HPに閉まっていることを書いといてくださいよ。

もう瀋陽で訪れたい場所がないので、夕食を食べることにしました。
どこで食べようかなと考えてやってきたのは、
昨晩もやってきた瀋陽駅近くの中華路。
IMG_4969.jpg IMG_4967.jpg IMG_4968.jpg
↑なんとなく【好米好面】というお店に入りました。
鶏肉を揚げたものなどがのっている米料理を注文。
感想は、うーん、かかっているソースが甘くていまいち。
ボリュームはあったので、お腹一杯になりました。

夕食を終えて、大連へ戻ることにしました。
荷物をホテルで回収して、瀋陽駅へ。
IMG_4971.jpg
↑18時6分発の大連行きを利用しました。
昨日と違って、今回はほぼ満員。
日曜の夜の列車だからでしょうか。

列車は定刻通りに出発。
隣の中国人がうるさいわ、よく動くわでうっとおしい・・・。
中国人のスタンダードかもしれませんが、
車内マナーもう少し何とかしてほしいです。

途中、停車する駅が昨日より多くて2時間強で大連に到着しました。
大連に到着後、ホテルへ。1日目と同じ【Bohai Pearl Hotel】です。
大連駅目の前で便利ですね。

こうして、今回の旅はほぼ終了しました。
明日は8時過ぎの便で帰国となりますので、
朝早く起きて、空港へ向かいます。

2014/11/3:大連からの帰国、天気が良くて…

本日は朝早いフライトで日本へ帰ります。
8時10分発の為、5時半に起きて準備しました。

6時すぎにホテルをチェックアウトして、タクシーを捕まえました。
運転手さんに「エアポート」と言うのですが、通じません。
仕方なく【机場】と書いて渡したら理解してくれました。

ホテルから25分くらいで大連空港に到着。
国際線ロビーに入ったらカウンターの場所が分かりません。
うろうろしていたら、たくさんの人が税関を抜けて中へ。
IMG_4972.jpg
↑税関を抜けたところにチェックインカウンターがありました。
このような順番の空港は珍しいなあ。

チェックインを終えて、出国審査も無事終了。
IMG_4973.jpg
↑空港の待合ホールです。
免税店がたくさん並んでいますが、人が少なく活気がないですね。
IMG_4974.jpg
↑30分前に搭乗が始まりました。
飛行機までバス移動となりました。

そして、定刻通り飛行機は出発。
出発して、少しして外を眺めると・・・、
IMG_4977.jpg
↑旅順港までくっきり見えました。
この天気が土曜日に欲しかったですね。
「はっきりと見えます」と言いたかった…。
IMG_4978.jpg
↑中部空港までの機内食です。
メインは豚肉で、どこかで食べたことのあるようなお味でした。
そして、箱の中は往路とまったく一緒、少しバリエーションをつけてほしいものです。

飛行機は定刻通り、11時過ぎに中部空港に到着しました。
3泊の旅があっという間に終了しました。
今回は旅順が天気に恵まれなかったのが残念でしたが、
それ以外は面白かったですね。

なんだかんだいって、中国は面白いです。

今回のお土産も中国のお菓子たち

旅から帰ってきて、荷物の整理をして、お土産を確認しました。
今回のお土産も中国のスーパーで購入したお菓子です。

IMG_4986.jpg
↑まずは、鉄板のグリコシリーズ【ポッキー】です。
中国では【百奇】になるんですね。
IMG_4980.jpg
↑スーパーでプリッツがセットで安かったので購入。
4つで12元(約200円)、安いなあ。

IMG_4981.jpg
↑おっとっとのパクリ?
初めて食べるのでどのようなお味でしょうか?

IMG_4983.jpg
↑これもどこかで見たことがあるようなお菓子です。
まずいことはなさそうな気がするのですが。

IMG_4979.jpg
↑セットで売られていたポテトチップス。
写真で自信ありげな人が気になります。

IMG_4984.jpg
↑ 【王子】の食べたことがない味を発見。
今回の旅でも購入しちゃいました。

IMG_4982.jpg
↑最後は大量に入っているクッキー。
これは職場で配ることになります。

中国のスーパーは何回行っても楽しいですよね。
また、変わったお菓子がないか見てみたいものです。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる