FC2ブログ

2015/11/21:和歌山の国宝建造物めぐりへ

11月の3連休は、紅葉の時期ということもあって、どこも混みそう。
でも、出かけたいなあと思って、
まだ人が少なそうな紀州へ行くことにしました。

出る時間が遅いと、東名阪の鈴鹿I.C付近が大渋滞となりそうなので、
6時過ぎには家を出発しました。
それでも、鈴鹿I.C付近で7km渋滞していましたね。

東名阪から名阪国道、国道24号を利用して紀ノ川へやってきました。
IMG_1093_2015112223151195a.jpg IMG_1096.jpg IMG_1100.jpg
↑最初に訪れたのは粉河寺です。
奈良時代創建の歴史あるお寺です。
大門は非常に大きかったです。
境内は、人が少なくまったりと拝観できました。
IMG_1104_20151122231526d97.jpg IMG_1108.jpg
↑本堂と庭園です。
本堂は奈良時代に創立されて、江戸時代に再建されたそうです。
庭園は巨石がきれいに配置されていて、豪快です。

次に訪れたのは、根来寺です。
IMG_1111_20151122231540bc9.jpg
↑こちらは人が多かったです。
祭りが行われていて、賑わっていました。
IMG_1112.jpg IMG_1117.jpg
↑本堂と根本大塔です。
根本大塔は、国宝に指定されています。
これが雑賀の象徴であるのかな。

根来寺を後にして、和歌山方面へ向かいつつ昼食の場所を探しました。
IMG_1120.jpg IMG_1122.jpg
↑まだ行ったことがなかった【大阪王将】へ。
【餃子の王将】は何度もあるのですが、こちらは初めてです。
スタミナチャーハンと餃子を注文。
【餃子の王将】で出てくるのと、同じような餃子の味でした。

昼食後、和歌山I.Cから阪和道を利用して、下津I.Cで下りました。
インターから少し走ると、善福院釈迦堂に到着。
IMG_1125_201511222318006e7.jpg IMG_1128.jpg
↑和歌山らしく、みかん畑に囲まれています。
こちらの釈迦堂は国宝に指定されています。
栄西が寺を建てたそうです。
屋根の独特な反りが雄大ですね。

善福院釈迦堂を見学した後、近くの長保寺へ。
IMG_1131_20151122231808f67.jpg IMG_1133.jpg IMG_1134.jpg
↑紀州徳川家の各将軍の廟があるお寺です。
こちらものんびりした雰囲気でした。
左側に建物群があって、右側が廟がある森ですね。
参道にはみかんが売られていました。
IMG_1130_201511222318064de.jpg IMG_1135.jpg IMG_1137.jpg
↑こちらには国宝建造物が3つあります。
大門と本堂、多宝塔です。
本堂は1311年に建立された、歴史ある建物ですね。
IMG_1139.jpg IMG_1140.jpg
↑森の中に入って、紀州徳川家将軍の廟を見ていきました。
二代将軍の息子は、暴れん坊将軍の吉宗なんですね。

長保寺を参拝して、和歌山市方面へ。
IMG_1145_20151122232002087.jpg IMG_1147_20151122232005f4e.jpg IMG_1151_20151122232008754.jpg IMG_1157.jpg
↑途中、紀三井寺を訪れました。
けっこうな階段を上がった場所に本堂があります。
こちらは、団体さんも訪れていて、賑わっていました。
鐘楼は赤く鮮やかでした。
IMG_1160_20151122232012e00.jpg IMG_1163_2015112223203092f.jpg
↑仏像殿は、展望台にもなっています。
和歌山市方面を眺めると和歌山城が見えて、
南には海南市の風景が見えました。

そして、和歌山市内へやってきました。
IMG_1165_20151122232031dcb.jpg IMG_1180_201511222320361ea.jpg
↑紀州徳川家のお城・和歌山城です。
門をくぐって、天守閣へ。
IMG_1171_201511222320332e7.jpg IMG_1178_201511222320348fd.jpg
↑天守閣からの眺めが良かったですね。
北は和泉山脈方面、あれを越えれば大阪ですね。
西には紀の川河口、奥に淡路島が見えます。
淡路島と和歌山は案外近いですね。

和歌山城を見学した後、阪和道を北へ。
IMG_1181_20151122232214237.jpg IMG_1183.jpg
↑関西空港方面へ行く看板を見つつ、上郷I.Cで下りました。
IMG_1188.jpg IMG_1186.jpg IMG_1187.jpg
↑やってきたのは、慈眼院です。
こちらの金堂と多宝塔が国宝に指定されています。
どちらも大きくないですが、美しいたたずまいでした。

慈眼院を参拝した後、夕暮れを見るためにりんくう公園へ。
IMG_1189_20151122232236914.jpg IMG_1192.jpg
↑昼間は良かったのですが、少し雲が多くなっていました。
でも、きれいな夕暮れでしたね。
公園からは関西空港が見えて、飛び立つ飛行機も見えました。
関西空港は中東系キャリアを利用する時に、何回か行きましたね。

空港の眺めを堪能した後、和泉市方面へ。
IMG_1194_20151122232240c87.jpg IMG_1195_20151122232242581.jpg IMG_1196_201511222322431bd.jpg
↑夕食は大阪らしくお好み焼きにしました。
【Rose】というお店を利用しました。
ミックスを注文して、具たっぷりのお好み焼きを食べました。

和歌山は人が多すぎなくて、楽しむことができました。
スポンサーサイト



2015/11/22 奈良のお寺巡り~

和泉市からスタートする本日は、まず岸和田市へ。
IMG_1197.jpg IMG_1202_20151123001133d64.jpg
↑朝にさくっと岸和田城を見ていきました。
ものすごく前に訪れた記憶があるのですが、周囲がきれいになっている気がします。

岸和田城を見学したのち、河内長野市にある観心寺へ。
IMG_1205.jpg IMG_1207_20151123001136e1e.jpg
↑楠正成が学んだお寺だそうで、由緒ありますね。
朝早い時間で、人が少なくまったり参拝できました。
IMG_1208_201511230011381db.jpg
↑金堂は国宝に指定されています。赤と白の建物が美しい。
IMG_1210_201511230012141bc.jpg IMG_1213.jpg
↑重要文化財に指定されている建物です。
こちらも歴史を感じることができますね。

観心寺を参拝したのち、信貴山へ向かいました。
IMG_1216_2015112300121667b.jpg
↑途中の山道から法隆寺がある方向を眺めました。
奈良は盆地にあって、雲海が出ている感じでした。

山道を越えて、朝護孫寺へやってきました。
IMG_1218_20151123001218de9.jpg IMG_1219_20151123001220704.jpg
↑境内へは、橋を渡って向かいました。
この橋からバンジージャンプをやっている人がいました。
結構な勢いで落下していきましたね。
IMG_1225_20151123001932fc7.jpg IMG_1227.jpg
↑本堂は高い場所にあります。
参道には虎の像がありました。首がめっちゃ動いていました。
IMG_1228_201511230019351d8.jpg IMG_1235.jpg
↑朝護孫寺は大きなお寺で、赤門をくぐった後、
たくさんの建物がありました。
IMG_1242_20151123002022ff2.jpg IMG_1240.jpg
↑そして、本堂に到着。
本堂からは境内の様子が良く見えました。
紅葉がかなり進んでいて、もう少し遅ければ更にきれいだったでしょう。

信貴山から下りてきて、竜田川を訪れました。
短歌にも詠まれている、紅葉の名所ですね。
IMG_1245_20151123002850b2d.jpg IMG_1243_2015112300284753c.jpg
↑ただ、紅葉の進み具合がまだまだでした。
IMG_1244.jpg IMG_1246.jpg IMG_1247_20151123002853fde.jpg
↑一部は赤いのがあるのですが、緑が多いです。
もう1週間遅ければ、かなりきれいだったでしょう。

今回の最後は、法隆寺を訪れました。
これまでのお寺は比較的少なかったのですが、ここは観光客が多かったですね。
IMG_1249_20151123002023203.jpg
↑西院伽藍の南門です。
IMG_1250_201511230024418da.jpg IMG_1251_201511230020252cf.jpg IMG_1253_201511230020273a0.jpg
↑そして、五重塔・金堂・大講堂と国宝建造物ばかり。
飛鳥時代の建物が残っていて、1400年の歴史を感じます。
存在感がすごかったですね。

法隆寺を参拝したのち、桑名へ帰りました。
途中の東名阪がかなりの渋滞でしたね。

さくっと、関西の秋を楽しんできました。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる