FC2ブログ

2017/6/30:四国へ麺を旅に行きます、再び

今日は会社のお休みをもらって、
四国の麺を食べまくる旅に出ることにしました。

朝、桑名を出発して東名阪、新名神、中国道と移動。
その中国道で渋滞にはまって、40分くらい予定より遅くなりました。
DSCF5680.jpg
↑山陽道から明石海峡大橋方面の分岐です。
DSCF5683.jpg DSCF5685.jpg
↑明石海峡大橋を渡って、淡路S.Aへやってきました。
お昼はもやもやとしていて、橋が少し見づらいです。
ここで昼食を食べることにしました。
淡路島名物の玉ねぎ天が入ったうどんといかなご釘煮ご飯です。

昼食を食べて、淡路島を南下して、四国へ。
DSCF5688_20170701231616cc4.jpg
↑鳴門北I.Cで下りて、鳴門公園へ。
鳴門大橋も大きいですねえ。
DSCF5691.jpg DSCF5701_201707012316286be.jpg
↑渦潮を見られる時間に間に合わなかったのですが、
鳴門大橋の下を歩ける渦の道へ。
DSCF5694_20170701231622d78.jpg DSCF5696_20170701231624716.jpg DSCF5699.jpg
↑瀬戸内海方面、橋の下と太平洋方面です。
やはり、渦潮らしいものは見ることができなかったです。
渋滞がなければ、昼食を飛ばして、ここに来たんですけどね。
DSCF5702_20170701231630881.jpg
↑渦の道を出る頃には、晴れてきました。
雨上がりで蒸し暑さが半端なかったです。

鳴門公園を散策した後、徳島市へ向かいました。
DSCF5703_201707012317512cb.jpg
↑途中、ハレルヤという菓子メーカーの工場へ。
金長まんじゅうをお土産に買って帰りました。

徳島市にやってきて、訪れたのは阿波おどり会館です。
何回か徳島市にやってきたことはあるのですが、
初めて、ここにやってきました。
DSCF5713_20170701231800073.jpg DSCF5709_20170701231753747.jpg DSCF5710_201707012317550b1.jpg DSCF5711.jpg
↑ダイナミックな踊りに、楽器から演奏される音楽、
大きな声と見ていても楽しいのですが、
ここは、客も踊りを教えてもらえます。
自分も踊ってみまして、楽しかったですね。

阿波おどりを楽しんだ後、夕食を食べることにしました。
DSCF5714_201707012318022fd.jpg DSCF5715.jpg
↑やってきたのは、【中華そば いのたに】というお店。
徳島ラーメンを全国に広めた店だそうな。
徳島ラーメンといえば、茶色のスープに、たっぷりの豚バラ肉。
やっぱり徳島ラーメンを美味しいなあ。

夕食後は、香川県へ向かいました。
DSCF5717.jpg DSCF5719.jpg DSCF5720_201707012318096e3.jpg
↑四国に着たので、少しだけ四国八十八箇所霊場のお寺へ。
四国霊場三番の金泉寺へ。
本堂と太子堂をお参りしました。

そして、高松道を西へ走って、東かがわ市へ。
今日は絹島温泉の宿に泊まります。
温泉で日頃の疲れを癒すことにします。
スポンサーサイト



2017/7/1:讃岐うどんと香川の四国霊場巡り

昨日から宿泊しているのは絹島温泉・ベッセルおおちという宿です。
温泉で癒されたいと思って、この宿にしました。
DSCF5722_20170702191644730.jpg DSCF5723_20170702191648a30.jpg
↑瀬戸内海に面した宿で、海の展望が良いです。
天気が良ければ、景色が素晴らしかったのでしょうね。

7時過ぎに宿を出発して、山の中へ移動しました。
DSCF5730_201707021916539a7.jpg DSCF5727_20170702191650bce.jpg DSCF5729.jpg
↑朝食から讃岐うどんを食べようと思い、
四国霊場88番・大窪寺前にある八十八庵にやってきました。
有名人もたくさん訪れているお店で、打ち込みうどんが名物です。
鍋のうどんなので、この時期には熱いのですが、具がたっぷりで美味い!
DSCF5725.jpg DSCF5733_20170702191654f5a.jpg DSCF5734_20170702191655081.jpg DSCF5735.jpg
↑朝食後、四国霊場88番・大窪寺を参拝しました。
本堂と大師堂があるのが、四国霊場ですね。
朝早い時間でのんびりした雰囲気が良いです。
四国八十八か所巡りの結願する場所ということもあり、
たくさんの金剛杖が置かれていました。人気なんですね。

大窪寺を参拝したのち、四国霊場巡りへ。
DSCF5741_201707021924408e2.jpg DSCF5736_20170702191658182.jpg
↑四国霊場87番の長尾寺です。
本堂と大師堂がすぐそばにある寺でした。
夏の暑い時期ということもあって、参拝客が少ないです。
DSCF5746_20170702192445a5a.jpg DSCF5743_2017070219244133b.jpg DSCF5744_20170702192442b69.jpg
↑四国霊場86番の志度寺です。
本堂が重要文化財になっています。歴史があるお寺ですね。
この時間くらいから、霊場巡りする人たちをちらほら見るようになりました。

次は、山上にある八栗寺へ向かいました。
ここは車で向かう場合、かなりの坂道を登らなくてはいけません。
たくさん人を乗せた車が途中で止まっていて、苦労していました。
DSCF5750_20170702192445307.jpg DSCF5751_201707021924478d4.jpg DSCF5754_20170702192448094.jpg
↑四国霊場85番の八栗寺です。
五剣山が後ろに控えるお寺です。本堂と山の眺めが良いです。
こちらはケーブルカーで訪れることもできて、こちらの方が楽ですね。

八栗寺を参拝した後、昼食のうどんを食べることにしました。
DSCF5757_20170702192453fe6.jpg DSCF5756.jpg DSCF5755_201707021924508ea.jpg
↑高松市へ移動して【うどん処 しんせい】というお店へ。
製麺所併設のうどん店で、うどんもこしがあって美味い!
昼の時間に近付くと、たくさんのお客さんが訪れていました。

うどんを食べた後、屋島へ向かいました。
DSCF5765.jpg DSCF5766.jpg
↑屋島寺へ向かう途中に、源平合戦・屋島の戦いの舞台を眺められました。
現在は埋め立てられているのですが、昔は谷が海だったそうな。
奥にはご五剣山が見えます。
DSCF5770_20170702193300faf.jpg DSCF5774_201707021933024cf.jpg DSCF5775_201707021933037a5.jpg
↑四国霊場84番の屋島寺です。
こちらのお寺もたくさんの人で賑わっていました。
DSCF5783_20170702193305fa6.jpg DSCF5791.jpg
↑屋島寺からは、瀬戸内海の眺めが素晴らしいです。
高松市内もきれいに見えて良かったです。

屋島寺を参拝したのち、高松市内中心部方面へ。
更にうどんを食べることにしました。
DSCF5797_20170702193309e1a.jpg DSCF5795_20170702193307914.jpg
↑やってきたのは、穴吹製麺所です。
住宅街にある製麺所で、地元民が訪れそうなお店です。
メニューがシンプルですが、うどんは美味い!揚げとうどんがマッチしていました。

3回目のうどんを食べた後、四国霊場83番の一宮寺を訪れました。
DSCF5798_20170702193310a79.jpg DSCF5801_2017070219402333e.jpg DSCF5802_201707021940255df.jpg
↑こちらのお寺ものんびりした雰囲気のお寺です。
本堂と大師堂をお参りしました。このようなお寺を参拝していると癒されます。

一宮寺の隣に、讃岐国一宮があるということに、初めて気がつきました。
DSCF5803_2017070219402696c.jpg DSCF5805_2017070219402907e.jpg
↑折角なので参拝することにしました。鳥居が大きいなあ。
境内にはヤタガラスの像の他、像が並んでいました。
DSCF5807_201707021940299e2.jpg DSCF5808_20170702194031863.jpg
↑拝殿や他の建物も立派です。
おそらく元旦には混む神社なんでしょうね。

15時前になって、香川県のうどんと寺社巡りを終えて、帰ることにしました。
ここから桑名までひたすら高速を走ることにします。
DSCF5809.jpg
↑高松中央I.Cから高松道へ。
DSCF5813_20170702194035b12.jpg DSCF5815_2017070219403770f.jpg
↑淡路島を走って、淡路S.Aに到着しました。
今日は天気が良かったので、明石海峡大橋がきれいに見えます。
右の写真奥には、阿倍野ハルカスも見えるそうな。肉眼では、なんとか見えました。

本州に入って、中国道で事故渋滞にはまりましたが、
19時過ぎに桑名に到着しました。
さくっと、四国の麺と観光を楽しむことができました。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる