FC2ブログ

長野県松本市へやってきました

本日は、業務の関係で 松本市へやってきました。
穂高岳に登山しての業務となります。
体力的に大丈夫なのか不安がありましたが、とりあえず松本へ向かいました。

そして、夕方に松本に到着して、ホテルにチェックインしました。

そして、夕食を食べにいくこととなりました。ホテルの人に
「松本のB級グルメを食べられるところありませんか?」
と、聞いて訪れた店は、【まるか】という居酒屋です。
iphone_20110809210847.jpg
そして、山賊焼きがおいしいですよと聞いていて、
のぼりが立ててあったので、この店を選択しました。

その店で、さっそく山賊焼きを注文。
iphone_20110809211055.jpg
↑松本のB級グルメ・山賊焼きです。
鳥のもも肉を揚げたものです。から揚げに近い味だと思いました。

ほかに石焼ご飯や生春巻きサラダなどを頼んで、
お腹が一杯になりました。

明日は、朝早い時間に出発して、穂高岳登山となります。
スポンサーサイト



穂高岳登山の始まりです

穂高岳登山の始まりの日となりました。

松本市内のホテルを7時半過ぎに出発して、上高地方面へ向かいました。
途中にあるセブン・イレブンで長野で業務している方々と合流。
セブン・イレブンで昼食を購入後、上高地へ向かいました。

上高地は標高が1500mあるため、涼しくて避暑に来た観光客がいっぱいです。
(業務ではなく、観光で来たかったなあ)

観光客を横目に業務のため、穂高岳登山が始まりました。

最初の休憩場所、明神まで50分程度歩きました。
DSC_0085.jpg
この時点では、体力的に全く問題なかったです。

明神を出発後、梓川と山の素晴らしい景色に出会いました。
DSC_0087.jpg
業務でなければ、このような風景を見るのが楽しいでしょう・・・。
そして50分程度歩いて、次の休憩場所徳沢に到着しました。
DSC_0088.jpg
ここへ、昼頃到着したため、コンビニで購入したパンを食べました。

お腹を満たして、徳沢を出発。
再び50分程度歩いて、横尾に到着しました。
DSC_0092.jpg
上高地から11kmあるらしいです。けっこう歩いてきました。
ただ、本日の宿泊場所の涸沢まで6kmあるとのこと、長いですねえ。

横尾から、道が狭くなり若干険しくなります。
涸沢までの中間点となる本谷橋に1時間半程度かかって、到着しました。
DSC_0096.jpg
↑この橋、めっちゃ揺れます。けっこう怖かったです。

本谷橋から、かなりきつくなってきます。
途中、休み休み登山を続けて、16時過ぎに宿泊場所の涸沢小屋に到着しました。
DSC_0104.jpg
↑涸沢小屋が見えてきました。くったくたでした。
この涸沢はキャンプのメッカのようでして、
色とりどりのテントがたくさん設営されていました。
DSC_0106.jpg
↑色とりどりのテントです。奥に涸沢ヒュッテが見えます。

本日は、ここで宿泊となります。
この涸沢小屋での業務が目的の一つでしたので、1時間程度業務を実施。
一部材料が足りなかったため、帰りに再び訪れることになりました。

5時半から夕食となり、食堂へ。
DSC_0110.jpg DSC_0108.jpg
山小屋の食事はもっと質素なものを想定していましたが、
がっつり食べることができました。

夕食後、長野の人達といろいろ談笑して、
9時ごろ就寝しました。

明日は、穂高岳山荘が目標となります。

奥穂高岳への登頂を無事終えました

昨日に引き続き、穂高岳登山です。

高所で宿泊のためか、あまり眠ることができませんでした。
まだ、体がだるい感じです。

朝食が5時半からのため、5時に起床。
館内に大きな声で朝食の合図が流れました。
DSC_0111.jpg
↑朝食です。米と味噌汁がうれしいです。

朝食後、出発の準備を整えて7時ごろ、涸沢小屋を出発しました。
涸沢小屋から穂高岳山荘への移動となります。
昨日の上高地から涸沢小屋までと違って、登山道がめっちゃ急のようです。
DSC_0112.jpg
↑赤矢印のルートで登山となります。中央上部がザイテングラートと呼ばれる場所です。
数日前に滑落事故が発生したそうです。
ぱっと見でかなりきつそうなんですけど・・・。

ザイテングラートの入り口に到着しました。
DSC_0116.jpg DSC_0119.jpg
↑左は、涸沢方面を撮影。かなり登ってきた気がします。
右は、ザイテングラート上部を撮影しました。これを登るの?

途中、鎖場やはしごを使う場所もあり、結構きつかったです。
休みつつ登って3時間くらいで、なんとか穂高岳山荘に到着しました。
ここで、少し休憩して、業務のため奥穂高岳へ向かうこととにしました。

奥穂高岳方面はあきらかにガスっています。
景色を見ることは期待できないなあと思いつつ、奥穂高岳へ出撃。
IMGP38090.jpg
↑穂高岳山荘の前でいきなり山場があります。鎖場とはしごだらけです。

はしごを上ったあたりで、少しだけ雲が切れました。
DSC_0121.jpg
穂高岳山荘と涸沢岳が見えました。しかし、それ以外の方向は・・・。

奥穂高岳への道は、少し狭いところがありました。
DSC_0125.jpg
↑うむ、踏み外したらおそらく命がないでしょう・・・。

ガスってるわ、雨も降ってきたわで苦労しましたが、奥穂高岳山頂に到着。
標高が3190mで、日本で3番目に高い場所になるんですねえ。
DSC_0127.jpg
周りが見えないのが本当に残念でした。
業務とはいえ、山頂に来たので景色を見たかったです。

穂高岳山荘への下りも苦労しましたが、無事に到着。
次に涸沢岳へ向かいました。
こちらは、奥穂高岳の道よりは動きやすかったです。
DSC_0129.jpg
穂高岳山荘から30分くらいで涸沢岳山頂に到着。
相変わらずガスっていて、周りの景色は見えませんでした。
DSC_0131.jpg
↑涸沢岳から北穂高方面を撮影しました、があまり見えませんねえ。

そして、穂高岳山荘に戻りました。

その後、少し雲が取れてきたために、外で写真撮影をしました。
IMGP3817.jpg
↑穂高連峰をバックに撮影しました。ジャンダルムなど西穂高方面への稜線が見えました。
このルートは初心者厳禁のコースだそうです。

↓左は、笠ヶ岳方面を撮影しました。雲海の中の夕日がきれいでした。
山並みはあまり見えていませんが・・・。
IMGP3821.jpg IMGP3807.jpg
↑右は、涸沢方面を撮影したものです。涸沢がすごく下に見えます。
東側は、常念岳などの山並みを見ることが出来ました。

そして、山荘で一息ついていると、夕食の時間となりました。
DSC_0133.jpg
↑このような高所で、温かいご飯が食べられるのは本当にありがたいです。

そして、9時となり館内の電気が落とされた為、就寝することにしました。
明日、上高地まで一気に下山することとなります。

穂高岳から下山しました

穂高岳から下山する日となりました。

昨日はあまり眠ることができませんでしたが、
この日は、しっかり眠ることができたと思います。

4時半くらいに、周囲が騒がしくなり起きました。
5時から朝食となり食堂へ向かうと、日の出を見ることができました。
IMGP3832.jpg
常念岳方面からの日の出です。雲海から出てくる太陽がきれいでした。

今日は、反対側の景色も良く見ることができました。
IMGP3835.jpg
笠ヶ岳方面の眺望が素晴らしかったです。昨日見ることができれば・・・。

そして、朝食となりました。
DSC_0137.jpg
生卵が出てきたのがびっくり。寒いので保存がしやすいのでしょう。

朝食後、出発の準備を整えて、6時過ぎに穂高岳山荘を出発しました。
下山は体力的には楽なため、一気に下ることができました。
1時間半程度で涸沢小屋に到達。

涸沢小屋で、1時間程度業務をした後、次の目的地へ。
長野県警山岳遭難救助隊が常駐している涸沢総合相談所に寄りました。
IMGP3847.jpg
こちらでも30分程度業務を実施して、下山を再開しました。

↓左は、涸沢総合相談所付近から穂高岳山荘方面を撮影したものです。
奥穂高岳、涸沢岳、穂高岳山荘が見えます。天気が良かったのでくっきりです。
IMGP3845.jpg IMGP3846.jpg
↑右は、涸沢小屋方面を撮影したものです。北穂高岳方面を撮影しました。

その後は、横尾まで一気に下山となりました。
13時ごろ、横尾に到着しました。
昼食を食べて、上高地へ向かいました。

そして、16時ごろに上高地に到着。
怪我もなく無事に戻ってくることができました。
疲れました・・・。

穂高岳登山、つらかったです。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる