FC2ブログ

岩手・青森の旅へ、三陸海岸を楽しんできました

10月の祝日を利用して、東北をがっつり回ってみようと思い、
今回は岩手と青森を巡ろうと思います。
ルートは、三陸沿岸を北上して、青森県へ。
青森県の二つの半島を巡って、岩手を南下して帰ってこようと思います。

水曜日は勤務終了後、仙台を出発して陸前高田まで移動しました。
DSCF9332_2019101021102319b.jpg DSCF9330_20191010211017648.jpg DSCF9331_20191010211021d8f.jpg
↑陸前高田で利用したのは、二又復興交流センターという、
廃校となった小学校を利用した宿泊所。
内部は学校の雰囲気がある、面白い宿泊所でした。
ただ、アメニティは一切ないので、注意が必要ですね。

木曜日、陸前高田の宿泊所を出発して、
三陸道を北上して、大槌町へやってきました。
DSCF9340.jpg DSCF9337.jpg DSCF9336_20191010211023417.jpg
↑大槌町にある蓬莱島へやってきました。
こちらは陸路で海の中にある島へ行けます。
島から大槌町中心部を眺めると、津波の影響を感じます。
このあたりもひどくやられたんですね。
DSCF9341_20191010211027c0c.jpg DSCF9342_20191010211028006.jpg
↑大槌町の蓬莱島を散策して、更に北上。
山田町役場や工事中の宮古市役所を見ました。
DSCF9344.jpg DSCF9346_20191010211031d29.jpg DSCF9347_2019101021115903f.jpg
↑そして、宮古市にある浄土ヶ浜へやってきました。
ここに来るのは久しぶりですねえ。
きれいな浜と岩の景観が美しいです。
津波の影響があったのでしょうが、きれいになっていました。

浄土ヶ浜を見学した後、国道45号を北上しました。
田老で国道45号を離れて、岩泉町へ向かいました。
DSCF9348_20191010211202bab.jpg
↑岩泉町役場を訪れました。
DSCF9349.jpg DSCF9351_201910102112055d2.jpg DSCF9362_20191010211204776.jpg DSCF9364_201910102112061ea.jpg
↑そして、岩泉街といえば龍泉洞です。
大きな鍾乳洞で、中はひんやり。ただ、外も涼しいんですけどね。
中には地底湖があって、水がきれいでした。

岩泉町の龍泉洞を見学して、田野畑村へ向かいました。
DSCF9367.jpg
↑田野畑村には鵜ノ巣断崖へやってきました。
段々に並んでいる断崖と太平洋の景色が美しい。
DSCF9371_20191010211212ddc.jpg DSCF9369_201910102112091c5.jpg DSCF9370_20191010211210033.jpg
↑鵜ノ巣断崖を見学して、田野畑村中心部へ。
北側食堂というお店で昼食をとりました。
日替わり海鮮丼を注文したら、たくさんのお魚が乗った海鮮丼が。
海鮮丼も貝が入ったお吸い物も美味しかったです。
DSCF9372_2019101021150383a.jpg DSCF9373.jpg DSCF9374_20191010211506485.jpg
↑昼食後、田野畑村役場を覗いていきました。
その後、北山崎へ向かうことにして、海沿いへ。
途中には三陸鉄道の田野畑駅がありました。
復興のシンボルの一つですね。
DSCF9378_20191010211508e61.jpg DSCF9376_2019101021150709c.jpg
↑北山崎へやってきました。
こちらも断崖の景色がきれいです。
岩の形が変わっている風景を見ることができました。

田野畑村の観光地を巡って、更に北上しました。
DSCF9379_20191010211510fca.jpg DSCF9380_2019101021151190a.jpg DSCF9381.jpg
↑途中、普代村役場と野田村役場を経由しました。
そして、国道45号を更に北上、八戸までもう少しです。
DSCF9383_20191010211514b84.jpg DSCF9385.jpg
↑途中、久慈市役所を経由して、洋野町役場を訪れました。
DSCF9387_20191010211717f7f.jpg DSCF9386_20191010211717de7.jpg DSCF9388_20191010211718750.jpg
↑洋野町役場の近くに種市駅があります。
八戸線の本数は少ないなあ。
歩道橋から眺める線路の風景がいいですね。
DSCF9390_20191010211720a55.jpg
↑洋野町を過ぎると、青森県になります。
途中、階上町役場に立ち寄りました。
DSCF9392_201910102117215c5.jpg DSCF9393_2019101021172370e.jpg
↑そして、種差海岸へやってきました。
白浜海岸の砂浜はきれいですねえ。
DSCF9396_20191010211724b86.jpg DSCF9397_20191010211726d15.jpg DSCF9398_20191010211729ef3.jpg
↑葦毛崎展望台から種差海岸の風景がきれいに見えます。
このあたり、岩がきれいな海岸線を造っていました。
DSCF9401_20191010211855acb.jpg DSCF9400.jpg
↑葦毛崎展望台を見学した後、蕪島神社を訪れたのですが、
社殿が火災で燃えたらしく、参拝できませんでした…。
ウミネコがたくさんいる神社で、前回は傘を借りて訪れたんですけどね。
近くには八戸港があって、工場が多いです。

八戸市に入って、重要文化財の建物がある場所を巡ることに。
DSCF9403_20191010211902070.jpg DSCF9404.jpg
↑まずは清水寺観音堂を訪れました。
屋根が歴史を感じさせてくれるお堂ですね。
1571年に造られたそうです。
DSCF9406.jpg DSCF9415.jpg DSCF9408_20191010211904f8c.jpg DSCF9411.jpg
↑次に櫛引八幡宮へやってきました。
こちらは以前も訪れたことがあるのですが、再度訪れたくなりました。
南門や本殿が重要文化財に指定されていて、歴史がある神社です。
末社には伊勢神宮と同じ神様が祀られています。
そして、国宝館には国宝の鎧が展示されているのですが、
歴史があるものですが、きれいな鎧でした。

櫛引八幡宮を見学して、夕食を食べに行くことにしました。
DSCF9417_2019101021190443d.jpg
↑途中、八戸駅に寄っていきました。
東北新幹線がやってきているので、大きな駅でした。
DSCF9418.jpg DSCF9419_20191010211906f10.jpg DSCF9420_20191010212108ee4.jpg
↑夕食は駅から近い場所にある八食センターという場所で。
中は鮮魚店や乾物店など、色々のお店が並んでいます。
DSCF9421_20191010212109143.jpg DSCF9422_20191010212111916.jpg
↑八食センター内にある【いちば亭】というお店に入りました。
注文したのは青森名物の八戸せんべい汁セット。
せんべいが出てきて、お鍋に入れます。
汁がしみこんだせんべいが美味しかったです。

八食センターで夕食を食べた後、宿へ向かうことに。
DSCF9424_20191010212114295.jpg DSCF9425.jpg
↑途中、南部町役場と五戸町役場を経由しました。
さすがに暗いと、建物の形が分かりづらいですね。

そして、十和田市の宿に到着しました。
明日は、奥入瀬渓流や十和田湖を巡って、津軽半島に行ってみようと思います。
台風は、明日は大丈夫そうですが、明後日が不安です。
スポンサーサイト



奥入瀬渓流から八甲田山、津軽半島を巡りました

今日は十和田市から奥入瀬渓流などを巡って、
初めて、津軽半島へ行ってみようと思います。
DSCF9426.jpg
↑十和田市で宿泊したのは、ポニー温泉というホテル。
かけ流しの温泉に入れて、比較的お安く宿泊できます。
かなり前に宿泊した記憶もありますね。
DSCF9427_2019101122413141c.jpg DSCF9429_20191011224134c56.jpg
↑出発して、十和田市役所を訪れてみました。
こちらの市庁舎は新しくなっていて、きれいでした。
市庁舎前の道もきれいでしたね。
DSCF9432_20191011224215982.jpg
↑十和田市中心部から奥入瀬渓流へ向かう間に、
重要文化財の旧笠石家住宅がありました。
江戸後期に建てられたものだそうな。

十和田市中心部から山の中へ入って、奥入瀬渓流へ。
こちらを訪れるのは、3回目くらいです。
渓流の景色がきれいで、何度も訪れたくなります。
DSCF9436.jpg DSCF9437_201910112243579fc.jpg DSCF9438_20191011224401cfe.jpg DSCF9443.jpg
↑奥入瀬渓流の北側入口付近にある石ケ戸です。
大きな岩がありました。
そして、奥入瀬川の流れと林の雰囲気に癒されます。
少しだけ色づいていて、秋が近づいてきてますね。
DSCF9447.jpg
↑雲井の滝と呼ばれる場所です。
滝と渓流を流れる水の音がいいです。
DSCF9449_20191011224350f49.jpg
↑奥入瀬渓流の見所、銚子大滝です。
奥入瀬渓流の林と水の流れに癒されました。
DSCF9453_20191011225015c67.jpg DSCF9455_2019101122500337a.jpg
↑奥入瀬渓流を抜けると、十和田湖があります。
こちらの風景もきれいでした。

奥入瀬渓流と十和田湖を堪能して、
八甲田山へ向かいました。
DSCF9456_20191011225101a2b.jpg DSCF9457.jpg DSCF9462.jpg
↑途中、睡蓮沼と呼ばれる場所がありました。
ここから八甲田山が見えます。
標高が高い場所は木々が色づいていて、きれいでした。
このあたりは、すっかり秋ですね。
途中の道からも、赤や黄色に染まった木々が見えました。
DSCF9481_20191011225850857.jpg
↑八甲田ロープウェイを利用して、八甲田山の上部へ。
DSCF9467.jpg DSCF9470.jpg DSCF9472.jpg DSCF9482_20191011225825c0b.jpg
↑展望台からはきれいな景色が見えました。
岩木山や青森市外、津軽半島に下北半島と
青森県の色々な場所が見えます。
DSCF9477.jpg DSCF9480.jpg
↑反対側は八甲田山や酸ヶ湯などの景色がきれいです。
木々が色づいていて、早い秋を感じます。
DSCF9489.jpg DSCF9490.jpg DSCF9495.jpg
↑散策路を歩いていくと、湿原や八甲田山が見える展望所があります。
湿原の草も色づいていますね。
下の方に見えた湿原も色づいていました。

八甲田山の散策を終えて、青森市内を経由して、つがる市へ。
DSCF9501_2019101122590142f.jpg DSCF9502.jpg DSCF9503.jpg
↑こちらはつがる市役所です。
つがる市役所近くに木造駅があるのですが、大きな土偶が…。
ふるさと復興資金で造ったそうな…。
五能線の本数は、まだある方でしょうか。

つがる市から五所川原市へ向かう途中で昼食を。
DSCF9505.jpg DSCF9504.jpg
↑入ったのは【たけ屋】というお店です。
コク味噌チャーシュー麺を注文しました。
チャーシューがトロトロで、味噌のスープも美味しかったです。
DSCF9510.jpg DSCF9508_20191011230411ed0.jpg
↑五所川原市へやってきて、重要文化財の旧平山家住宅へ。
ただ、残念ながら開館していませんでした。
DSCF9511.jpg
↑中心部にある五所川原市役所へ。
こちらの建物もきれいですねえ。

五所川原中心部から北へ走って、金木地区へやってきました。
この地区は太宰治の生家などがあります。
DSCF9520.jpg DSCF9513_201910112302583ca.jpg DSCF9516_20191011230310868.jpg DSCF9518_20191011230337b14.jpg
↑こちらは津島家新座敷で、太宰治が疎開した場所だそうです。
太宰治が兄弟と写真を撮影した部屋や、書斎がありました。
この場所で色々な小説が執筆されたんですね。
DSCF9521.jpg DSCF9525_201910112304278f0.jpg DSCF9527_201910112304270fd.jpg DSCF9532.jpg
↑近くには太宰治記念館の斜陽館があります。
太宰治の生家で重要文化財に指定されています。
大きな建物で中も豪華な仏壇や調度品が並んでいました。
DSCF9535.jpg DSCF9536.jpg DSCF9537_20191011231058ac3.jpg
↑斜陽館を見学して、金木駅へ。
こちらは津軽鉄道が走っています。
なかなか田舎の駅という雰囲気が漂っています。

金木地区の散策を終えて、津軽半島を更に北へ。
DSCF9538_20191011231101557.jpg
↑途中、中泊町役場を訪れました。
こちらの役場もきれいですねえ。
DSCF9539_20191011231113be9.jpg DSCF9540_2019101123103654a.jpg
↑途中、十三湖からの眺めを見ました。
田んぼから煙が出ていて、稲を刈り取ったあと、焼いているんですね。
車力方面にはたくさんの風車が見えました。

十三湖を抜けると、津軽半島の日本海側になります。
DSCF9544_2019101123113186f.jpg DSCF9546_20191011231118ec9.jpg DSCF9548.jpg
↑ここから龍飛崎へ向けて、ひたすら走ります。
津軽半島の日本海側は寂しい雰囲気が漂っています。
龍飛崎へ向かう道路はすれ違う車が少なかったですねえ。
DSCF9553_20191011231325e93.jpg
↑途中、兆瞰台という展望所がありました。
ここから龍飛崎燈台や北海道を眺めることができました。

けっこうな山道を走って龍飛崎に到着しました。
DSCF9555_201910112327148e7.jpg DSCF9557_201910112327248d1.jpg
↑龍飛崎には石川さゆりさんの津軽海峡冬景色が流れる碑が。
津軽海峡の向こう側には北海道が見えています。
冬になると、荒れそうな雰囲気が漂っていますね。
DSCF9561.jpg
↑お隣には階段国道の国道339号がありました。
一応、国が管理しているんですよね。
DSCF9562_201910112327368c5.jpg DSCF9563_2019101123275236f.jpg DSCF9566.jpg
↑上に上がると、龍飛崎灯台があります。
ここから夏泊半島や風車の景色がきれいに見えました。

龍飛崎の散策を終えて、青森市内へ向かいました。
DSCF9567_20191011232800ff0.jpg DSCF9568.jpg DSCF9570_20191011232804a2d.jpg
↑途中、三厩駅を訪れました。
津軽半島最北端の駅になるのですが、津軽線の本数がすごい…。
終端の駅ということで、寂しい雰囲気が漂っています。
DSCF9571_20191011232929a2e.jpg DSCF9572.jpg
↑今別町役場を訪れました。小さな役場でしたね。
そして、北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅へ。
立派な駅ですが、利用者数は非常に少ないそうです。
DSCF9573_20191011232940080.jpg DSCF9574_2019101123293471f.jpg
↑途中、外ヶ浜町役場と蓬田村役場を経由しました。
津軽半島には町や村が多いですね。

そして、青森市内に入りました。
津軽半島から青森市内までスイスイでしたが、市内は混雑しています。
DSCF9576_2019101123293653e.jpg DSCF9579.jpg DSCF9577_201910112329430cf.jpg DSCF9578_201910112329443f1.jpg
↑夕食を食べることにして、観光物産館のアスパムへ。
10階にある西むらというお店に入りました。
津軽定食を注文して、青森名物の貝焼き味噌やじゃっぱ汁を。
どれも美味しかったですねえ。

夕食を食べ終えて、宿泊する陸奥横浜町へ向かいました。
DSCF9581_20191011232940acf.jpg DSCF9582_20191011232942e0e.jpg
↑途中、平内町役場と野辺地町役場を訪れました。
金曜日の夜なので、みなさん退庁していますね。
DSCF9584_20191011233303c20.jpg DSCF9589.jpg DSCF9585_20191011233300636.jpg DSCF9587_20191011233308770.jpg
↑そして、宿泊する横浜町の役場へ。
近くには陸奥横浜駅があります。
大湊線が走っていて、お迎えの車がたくさん停まっていました。

そして、宿泊するペンションに入りました。
明日は下北半島を巡ろうと思っていますが、天気がまずそうです…。

下北半島を回ってきました、ですけど台風19号の影響で天気が…

今日は下北半島を巡ってみようと思います。
ただ、台風19号接近の影響もあって、天気が悪いです。
DSCF9590.jpg
↑陸奥横浜で宿泊したのは、ペンション風の谷。
このペンション、かなり前に利用した記憶があります。

陸奥横浜を出発して、むつ市へ向かいました。
DSCF9591_2019101219091015d.jpg
↑むつ市役所に立ち寄りました。
土曜日ということもあって、全然人がいないですねえ。

むつ市中心部から、30分くらい走ると恐山に到着します。
ここにやってくるのは、3回目くらいの気がしますね。
DSCF9592.jpg
↑恐山手前に三途の川があります。
硫黄の臭いが立ち込めていて、
霊場という雰囲気が漂ってきました。
DSCF9594_201910121909146b0.jpg DSCF9596_201910121909143e9.jpg DSCF9598_201910121909164e7.jpg
↑恐山の山門を抜けると、硫黄の臭いが立ち込める境内に。
煙が上がっていて、温泉がわいています。
DSCF9599.jpg DSCF9600_20191012190919742.jpg
↑こちらは宿泊することができて、温泉につかれます。
内部は白いお湯で効能が気持ち良さそうです。
DSCF9601_20191012190920ef6.jpg DSCF9605_20191012190922c6b.jpg
↑そして、地獄めぐりへ。
もう、こちらは白い地肌と積み上げられた石、
たくさんの風車と何か出てきそうです。
DSCF9607.jpg
↑こちらは極楽池です。
真っ白な浜に大きな池が広がっています。
極楽浄土を想像する場所ですね。
DSCF9609.jpg DSCF9610_2019101219114759f.jpg
↑重罪地獄やどうや地獄と呼ばれる場所がありました。
煙がすごくて、いかにもの雰囲気です。
恐山霊場、何回来てもちと怖い雰囲気です。

恐山を後にして、下北半島を北へ。
DSCF9611_20191012191149528.jpg
↑途中、風間浦村役場に立ち寄りました。
ここには下風呂温泉があって、以前利用した記憶があります。
DSCF9618_201910121911522a5.jpg DSCF9614_201910121911507b0.jpg DSCF9619.jpg
↑そして、本州最北端の町・大間町へやってきました。
遠くには北海道が見えるはずですが、雨でうっすらとしか見えません。
まぐろ一本釣りの像が迎えてくれました。
大きなマグロを釣り上げていて、看板もありました。
DSCF9622.jpg DSCF9620.jpg DSCF9621.jpg
↑昼食は大間らしく、マグロを食べることにしました。
海峡荘というお店でマグロ丼を注文。
色々な種類のマグロが出てきて、美味しかったです。
DSCF9623.jpg
↑昼食後、下北半島西側を南下することに。
大間町役場はきれいな建物でした。

下北半島西側の道は、曲がりくねっています。
なかなか走るのが大変でした。
DSCF9624.jpg
↑下北半島西側の佐井村役場です。
ここに住むのは色々と大変そう…。
DSCF9625_2019101219155583c.jpg DSCF9626_201910121915565a4.jpg
↑佐井村役場から更に南下すると仏ヶ浦があります。
以前訪れたことがあるのですが、ここの風景は素晴らしいです。
が、今日は天気が悪くてもやっとしか見えませんでした。

仏ヶ浦を抜けて、しばらく南下した後、下北半島内部へ。
DSCF9627_2019101219155828a.jpg
↑途中、道の駅・かわうちがありました。
ペンションのオーナーがこの道の駅は本州最北端だよと教えてくれました。
今日は天気が悪くて、車が少なかったです。

更に走って、下北半島南側へやってきました。
むつ市・大湊には海上自衛隊大湊地方隊があります。
そこには、北の防人大湊の公園があります。
DSCF9644_20191012191917010.jpg DSCF9628_20191012191600cc3.jpg DSCF9631_201910121916019d9.jpg DSCF9632_20191012191603471.jpg
↑公園の展望台からは、自衛隊の護衛艦が見えました。
お休みの日には、見学もできるんですね。
DSCF9636_20191012191606269.jpg DSCF9641.jpg DSCF9635_2019101219160418b.jpg
↑こちらの公園には重要文化財の旧大湊水源地水道施設があります。
大湊の艦船に給水する施設だったそうな。
こちらも歴史を感じる施設ですねえ。

むつ市・大湊を散策した後、むつ市中心部を通って、
東通村へ向かいました。
DSCF9645_20191012191919730.jpg DSCF9646.jpg
↑こちらは東通村役場です。
これまでむつ市から東に行ったことがなかったので、初めて訪れました。
周囲にはきれいな建物が並んでいます。
うーん、原発関連の影響でしょうか。
DSCF9648_20191012191922629.jpg
↑東通村を抜けて、下北半島東側を南下すると六ヶ所村があります。
周囲には原子力燃料リサイクル施設や石油備蓄基地があります。
重要な施設が並んでいるなあ。

六ヶ所村を抜けて、下北半島の観光終了です。
野辺地町を経由して、更に南下しました。
DSCF9649.jpg DSCF9650.jpg
↑途中、七戸町役場と東北町役場を経由しました。

東北町を抜けて、本日宿泊する三沢市に到着しました。
DSCF9651.jpg
↑こちらは三沢市役所です。
米軍の三沢基地がある場所ですね。
DSCF9652_20191012191929cc4.jpg
↑三沢で宿泊するホテル・トラストインです。
お風呂がセパレートタイプで良かったです。
DSCF9653_20191012191929bda.jpg DSCF9654_20191012192752dc7.jpg DSCF9657_20191012192753bee.jpg
↑チェックインした後、夕食を食べに出かけました。
利用したのは【赤のれん】というお店です。
B級グルメでも聞いたことがあるバラ焼発祥の地だそうな。

↑上バラ焼定食を注文したら、バラ肉と玉ねぎがどっさりです。
タレにつけて食べると、めちゃくちゃ美味いです。
大盛りご飯が進む進むで大満足の夕食でした。

夕食を終える頃、台風19号の接近を感じるような雨と風でした。
今日は、早めにホテルに退散して、休むことにします。
明日、早めに台風が過ぎ去ってくれているといいのですが。

色々な市町村に寄りつつ、仙台へ

今日は三沢市から仙台まで、
青森・岩手の色々な市町村に立ち寄りつつ、戻ることにしました。
DSCF9658_20191013221300d92.jpg
↑朝食は青森県で有名なクドーパンを食べました。
イギリストーストはロングセラーみたいですね。

台風19号は朝には太平洋に抜けていて、
三沢市も雨はかなり弱くなっていました。
風は少し吹いていましたが、空が明るくなってきているので出発しました。

三沢市から青森県の役場を回りつつ、南下しました。
DSCF9660.jpg DSCF9661_20191013221303b73.jpg
↑おいらせ町役場と六戸町役場です。
おいらせ町の町章がおいらせと呼べますね。
DSCF9662_20191013221304de2.jpg DSCF9663_20191013221306204.jpg DSCF9665_20191013221307ae5.jpg
↑一昨日、五戸町役場に立ち寄ったのですが、明るい時間に再度。
五戸町には重要文化財の江渡家住宅があります。
大きな建物で力がある人だったんでしょう。
DSCF9666_20191013221309edf.jpg
↑続いて、新郷村役場です。
もう少し走ると、十和田湖がある村になります。
DSCF9670.jpg DSCF9667.jpg DSCF9668.jpg DSCF9669.jpg
↑新郷村を南下して、三戸町へ向かいました。
三戸町役場はきれいな建物でした。
三戸町には重要文化財の南部利康霊屋があります。
見学するには電話がいるのですが、看板だけ見て後にしました。
DSCF9672.jpg
↑青森県最後に田子町役場に立ち寄りました。
青森県にはたくさん市町村があるなあとしみじみ。

青森県から岩手県に入って、最初に軽米町役場に寄りました。
DSCF9671_201910132218512fc.jpg
↑岩手県のこのあたりも市町村がたくさんあります。
DSCF9673_20191013221854996.jpg
↑次に二戸市役所にやってきました。
山間にある市で東北新幹線の駅もあります。
DSCF9674_2019101322185607b.jpg DSCF9675.jpg DSCF9676_201910132218599cb.jpg DSCF9679.jpg
↑二戸市では重要文化財がある天台寺を参拝しました。
仁王門や本堂が重要文化財に指定されています。
仏像も重要文化財になっていましたね。
そして、延暦寺から不滅の法灯がやってきていました。
DSCF9680_20191013221902579.jpg DSCF9681_201910132219037ce.jpg
↑二戸市の後は、山間を走って一戸町役場、九戸村役場に立ち寄りました。
DSCF9682.jpg DSCF9683.jpg
↑九戸村から山間の道を結構走って、葛巻町役場、岩手町役場に立ち寄りました。
これで、岩手県の全市町村を巡ったことになります。
たくさんの市町村があるなあ、岩手県は四国と同じような面積というのが納得です。

岩手町役場に立ち寄った後、滝沢市を経由して小岩井農場へ向かいました。
DSCF9684.jpg DSCF9685.jpg DSCF9686_20191013222648d82.jpg
↑小岩井農場へやってきたのですが、台風の影響で臨時休業でした…。
仕方ないので、ソフトクリームを食べました。
ソフトクリームはめっちゃ濃厚で美味しかったです。

小岩井農場に立ち寄った後、仙台へ戻りました。
岩手・青森を楽しんできました。
それにしても、東北は広いなあ。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる