FC2ブログ

2011/11/18:城崎温泉に出かけてきました

今日から、滋賀の紅葉を少し見た後、
城崎温泉に泊まるツアーに出かけました。

岐阜駅を7:46発の米原行きの列車に乗って、
まずは滋賀県の大津京駅を目指しました。

途中、米原と山科で乗り換えて大津京駅に到着。
DSCF5343.jpg
↑ここで、京阪電車に乗り換えて、坂本へ向かいました。
DSCF5344.jpg
↑15分ほどで、京阪電車の坂本駅に到着しました。

坂本駅から歩いて、10分ほどで日吉大社に到着しました。
DSCF5347.jpg DSCF5348.jpg
↑事前の情報で、紅葉が見ごろの手前となっていました。
確かに、まだ色づきが浅い気がしますが、
これはこれで、きれいだなあと眺めていました。

日吉大社には、国宝建造物が2つあります。
DSCF5352.jpg
↑西本宮です。後ろの建物・西本宮本殿が国宝に指定されています。
前の建物の拝殿は、重要文化財ですね。
DSCF5361.jpg DSCF5362_20111119210742.jpg
↑東本宮です。右の写真の後ろの建物・東本宮本殿が国宝に指定されています。

日吉大社で参拝を終えた後、比叡山・延暦寺へ向かいました。
事前の情報では、見ごろとなっていたので期待しています。

比叡山へは、ケーブルカーで上部へ上ります。
DSCF5370.jpg DSCF5373.jpg
↑左から、坂本駅・ケーブルカーです。
日本で最も高いケーブルカーだそうな。

ケーブルカーに10分ほど乗車して、延暦寺駅に到着しました。
駅から10分弱歩いて、延暦寺に到着します。
DSCF5377.jpg
↑ケーブルカー駅から歩いた場合の、延暦寺入り口です。

そして、かなり期待していた延暦寺の紅葉は・・・、
DSCF5381.jpg
↑うーん、一応色づいているのですが、
どうも色づきが悪いような気がします・・・。

延暦寺の根本中堂も国宝に指定されています。
DSCF5382.jpg DSCF5384.jpg
↑左が根本中堂の建物です。歴史を感じますね。
右は文殊楼への階段です。延暦寺の紹介写真で良く出てくる気がします。

根本中堂を参拝した後、昼食を食べました。
DSCF5390.jpg
↑門前そばとご飯のセットを注文しました。
比叡山の上部は、かなり寒かったので、温かいそばがおいしかったです。

昼食後、大講堂と東塔を見学しました。
DSCF5391.jpg DSCF5394.jpg
東塔を見学した後、西塔へ行こうとしました。
しかし、1時間に1本しかないシャトルバスをかなり待つことになるため、
歩くことにしました。距離が1.2kmのため何とかなるだろうと思いました。

20分ほど歩いて、西塔地区に到着しました。
DSCF5397.jpg DSCF5401.jpg
↑左は、西塔地区の法華堂と常行堂です。
2つの堂は廊下でつながれていて、全体の姿から【にない堂】と呼ばれているそうです。
右は、西塔地区の大きな建物・釈迦堂です。
釈迦堂と先ほどの2つの建物が重要文化財に指定されています。

西塔地区の参拝をさくっと終えて、横川中堂へ向かうことにしました。
西塔から横川は離れているため、バスを利用することにしました。
DSCF5402.jpg
↑西塔地区の駐車場で撮影しました。
ここの紅葉はきれいでしたね。

バスで10分ほど乗車して、横川中堂に到着しました。
DSCF5405.jpg DSCF5407.jpg DSCF5408.jpg
↑横川中堂への参拝路です。一応色づいていました。
ここでもみじ祭りが開催していましたが、少し紅葉の元気がなかったです。
右の写真が、横川中堂です。豊臣秀頼と淀君によって再建されたそうです。
DSCF5409.jpg
↑元山大師堂です。ここがおみくじ発祥の地だそうです。
じぶんもおみくじを使用としてみたら、運試しではだめとのこと。
ここのおみくじは、住職が占ってほしい内容を聞いて、
そのご、みくじによって進むべき道を示してもらうそうです。
1回1000円とおみくじにしては、高いですね。

以上で、比叡山の参拝を終えました。紅葉はもう少し期待していたのですが、
まあ、今年の気候のせいでしょう。でも、きれいな部分もありました。

再び、ケーブルカーに乗車して、坂本駅へ下ります。
DSCF5414.jpg
↑延暦寺駅から琵琶湖を撮影しました。
琵琶湖と周辺の山々の風景が素晴らしいです。

延暦寺を参拝して思ったのは、ここを攻めるのは大変だなあと思いました。
織田信長は延暦寺焼き討ちをしましたが、
いきなり焼き尽くすのは、無理で当然攻めあがっています。
結構な標高差があって、3箇所に城が分かれているような感じですので、
結構激戦だったのでは?と思ってしまいました。

ケーブルカーで坂本駅に下りてきた後、京阪電車で大津京駅へ向かいました。
坂本といえば、明智光秀の居城があった場所です。
比叡山焼き討ちの功で、明智光秀が領地を得ました。
しかし、中国攻めの際に転封されたのが、謀反の一つの要因と言われていますね。
このあたりは、戦国時代ネタが豊富なので、
訪れると戦国時代に思いを馳せられるので楽しいです。

大津京駅に戻った後、JRで茨木駅に向かいました。
ここで、車を借りた後、城崎温泉に向かいました。

中国道、若狭舞鶴道などを経由して、2時間くらいで城崎温泉に到着しました。
意外に高規格道路が延びていて、アクセス良かったですね。

城崎温泉はたくさんの外湯があります。
宿泊した旅館で外湯の無料権がもらえたので、到着後早速回りました。
DSCF5416.jpg
↑御所の湯です。こちらは建物が凝っていて、
内部も凝っていて、入るのが楽しいです。
DSCF5417.jpg
↑鴻の湯です。こちらは庭園風呂があります。
露天風呂に入って、ほっこりするのもいいですねえ。
DSCF5419_20111119211503.jpg
↑まんだら湯です。こちらには、桶風呂がありました。

以上の3つは、実際に入りました。
DSCF5421.jpg
↑一の湯です。洞窟風呂らしいですが、時間がなかった為、入っていません。
明日の朝、時間があれば入ってみたいですね。

湯めぐりをした後、城崎温泉街をぶらぶらしました。
DSCF5423.jpg DSCF5425.jpg
↑城崎温泉に流れている大谷川沿いの柳並木です。
風情があって、いいですね。いかにも温泉街という雰囲気です。

今日は、城崎温泉に宿泊します。
明日も紅葉狩りをしたいのですが、雨みたいです。
もしかしたら、紅葉狩りをやめて、他の事をするかもしれません。
スポンサーサイト



2011/11/19:やはり雨・・・、競艇に行ってしまいました

朝起きたら、雨がザーザーでした。
とても、屋外で紅葉を見る気にはなれないですね。

とりあえず、宿の朝風呂に入ってほっこりしました。
宿のお風呂はとても小さかったです。
これは、外湯の温泉資源を守るため、
大きな内湯を造る事が条例でだめになっているそうです。

お風呂から出た後、今日の作戦を考えました。
(うーん、今日はどうしよう)と悩んでいて、
帰りに競艇に寄るのはどう?ということで、
レース情報を確認すると・・・、

関西で開催している競艇場は、
【住之江競艇】or【びわこ競艇】でした。
住之江は、東海地方に帰ろうとした場合、
立ち寄っていくにはきつい場所にあるため、
びわこ競艇に行くことを決定しました。

朝食は、宿泊した宿で出るため、
それを食べた後、出発しました。
DSCF5426.jpg
↑宿泊した旅館【やまとや】です。1泊朝食付きで6800円でした。
立地は、城崎温泉街ど真ん中で、外湯めぐりには便利な場所でした。

城崎温泉を出発して、雨の中をひたすら大阪方面へ。
和田山I.Cから播但連絡道で福崎I.Cまで移動して、
その後、中国道で大阪・吹田I.Cまで移動しました。

高速を下りて、茨木駅近くのレンタカー屋に車を返して、
JRで大津駅まで移動しました。到着したのは、13時半過ぎでした。

ここから、無料バスでびわこ競艇場まで移動する予定でしたが、
競艇場行きのバスは運行が終了していました。
13:25で運行が終了するそうです。
仕方ないため、タクシーを利用しました。
ここで、軍資金が少し減ってしまいました・・・。

タクシーで10分弱で競艇場に到着しました。
DSCF5427.jpg
↑びわこ競艇の外観です。
基本、どこの競艇場も外観はきれいです。

中に入って、第9レースから購入できる状況となりました。
とりあえず、財布の中身を確認すると、
1万円と思っていたのが5千円でして、まじで軍資金が少ないことに気づきました。
biwako.jpg
↑少ない軍資金で購入した舟券です。

まず、第9レースは3連単のボックス1口200円を2セット買いました。
そして、結果は惨敗・・・。

次の10レースは、三重県出身の澤大介が出ます。
そして、6コースばかりを選択するすごい選手です。
過去の成績を見ても、6コースでそれなりに勝っています。
biwakosennsyu.jpg
やはり、三重県出身の選手は外せないということで、
6号艇を絡めた、3連単のボックスを購入しました。
DSCF5429.jpg
↑10レースのスタートです。6号艇がトップスタートです・・・。
しかし、5号艇がもう少しへこんでくれないと厳しかったですね。
このレース、結果は【4-1-5】で400倍以上となりました。
これは、なかなか買えないですね。

軍資金が枯渇しそうなため、11レースで外したら帰ることになりそうです。
このレースは、1号艇・2号艇は3着までに絡んでくるだろうと思って、
3連単のオッズを見ると、安いです・・・。
でも、1・2号艇は外しようが無さそうなので、
次に強い5号艇と夢を求めて6号艇を購入しました。

結果は【1-4-2】でした。
完全に軍資金が枯渇したため、
最終レースには参加できず撤収することとなりました。

帰りは無料のバスで大津駅に移動して、
そして、岐阜に帰るのでした。

競艇で勝ちは続かないもんですね。

城崎温泉のお土産

自分が旅に出た時のお土産は、お菓子ばかりです。
雑貨などのお土産はほとんど買いません。

ということで、今回のお土産もお菓子ばかりです。
DSCF5430.jpg
↑左は城崎温泉ゴーフレットです。
真ん中は、大風呂敷です。梨の蜜をかけて食べる餅菓子です。
右は、丹波の黒豆餅です。丹波地方といえば、黒豆ですね。

実家に持ち帰って食べるつもりですので、まだ開けていません。
食べるのが楽しみです。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる