FC2ブログ

2012/8/1~5:インドネシアに出かけてきます

インドネシアの世界遺産に出かけてみたいと思って、
適した時期はいつか調べてみると、
日本の夏休みの時期がインドネシアの乾季ということ。

で、8月にインドネシアに出かけることにしました。

今回は、中華航空を利用して、
台北経由で向かうこととしました。

下記の旅程で旅に行く予定です。

8/1:中部空港 → 台北 → (インドネシア) → ジャカルタ
8/2:ジャカルタ → ジョグジャカルタ → プランバナン寺院 → ジョグジャカルタ
8/3:ジョグジャカルタ → ボロブドゥール → ジョグジャカルタ
8/4:ジョグジャカルタ → ジャカルタ
8/5:ジャカルタ → 台北 → 中部空港

インドネシア←今回の旅の軌跡です
【旅程表と地図の都市名の表記が違う場合があります】

indonesiapas.jpg
↑右のページが、インドネシア到着時に取得できるビザとスタンプです。
20ドル払ったら、さくっとビザをくれました。

<今回の旅で訪れる予定の世界遺産>
①プランバナン寺院(インドネシア)
②ボロブドゥール(インドネシア)

スポンサーサイト



2012/8/1:インドネシアへ向かいます

インドネシアへの旅が始まる日がやってきました。

中部空港初のフライトが10時のため、
空港に8時半くらいに到着して、チェックイン。

ゲートで少し待って、搭乗となりました。
DSCF8358.jpg DSCF8359.jpg
↑今回は中華航空でジャカルタへ向かいます。
そのため台北でジャカルタ行きのフライトへ乗り継ぎです。
DSCF8360.jpg
↑台北までの搭乗券とジャカルタまでの搭乗券です。

以前、台湾観光をする時に中華航空を利用しましたが、
中華航空の機材はプライベートモニターはあるし、
機内食も悪くないと思うので、自分は好きですね。
まあ、イメージは・・・なのですが。
DSCF8363.jpg DSCF8368.jpg
↑中華航空の機内食です。
左が台北まで、右がジャカルタまでの機内食です。
中国本土系の航空会社の機内食より段違いにいいと思います。

台北まで映画を1本見て、現地時間の12時ごろ到着。
DSCF8364.jpg DSCF8365.jpg
↑少し待って、ジャカルタ行きのフライトとなりました。
中華航空のジャカルタ行きは香港を経由するため、
7時間強のフライトとなります。長い移動が始まります・・・。

で、そのままジャカルタに行くのかと思っていたら、
香港を経由していくとのこと。
疲れそうだなあと思いつつ、香港に1時間強で到着しました。

香港では乗り継ぎでないため、
降りて荷物検査を受けたらすぐに搭乗時間となりました。
DSCF8366.jpg DSCF8367.jpg
↑香港・チェクラップコク空港にて。去年の年末を思い出します。
ここに来るつもりは全くなかったですね。

そして、ジャカルタまで4時間強のフライトで到着しました。
DSCF8369.jpg DSCF8370.jpg
↑インドネシア入国にはビザが必要となります。
空港で取れるということで、25USDを支払ってビザを購入しました。
ビザ購入と入国審査は待たされました・・・。

そして、入国審査も無事終えてインドネシア入国となりました。
明日は朝早い便でジョグジャカルタへ移動するため、
ジャカルタ空港近くのホテルに宿泊します。

ホテル到着が22時過ぎだったため、今日はもう寝ます。
明日からインドネシアの旅が始まります。

2012/8/2:インドネシアの世界遺産・プランバナン寺院へ

本日からインドネシアの旅が本格的に始まります。

朝早い便でジャカルタ空港からジョグジャカルタへ移動するため、
5時に起床して、朝食を食べた後、ホテルのバスでジャカルタ空港へ。
DSCF8373.jpg DSCF8375.jpg DSCF8376.jpg
↑ジャカルタ空港はなかなか年季が入った空港でした。
また、横に広い空港のためターミナルが3つに分かれているため、
自分の利用する航空会社がどこか注意する必要がありますね。

ジョグジャカルタへは、LCCのライオン航空を利用しました。
さすがLCCだけあって、ジョグジャカルタまでの片道が3500円くらいで利用できました。
まあ、出発直前にゲート変更があるなど、LCCっぽさもありました。
DSCF8378.jpg
そして、ジョグジャカルタの到着も定刻から20分くらい遅れました。
LCCを利用している以上、ある程度覚悟がいるのでしょう。

空港到着後、タクシーを利用してジョグジャカルタのホテルへ。
DSCF8379.jpg DSCF8380.jpg
↑利用したのは【All Seasons Hotel】です。
なかなかおしゃれな3つ星ホテルで1泊3700円程度で利用できました。
インドネシアはホテルが安いです。

ホテルに荷物を置いた後、ジョグジャカルタ市内を少し散策しました。
DSCF8381.jpg
↑ジョグジャカルタの目抜き通り【ジャラン・マリオボロ】です(マリオボロ通り)。
両サイドには、ジャワ更級と呼ばれるバティックの店がたくさん並んでいました。

マリオボロ通りを10分くらい歩いて、ソノブドヨ博物館を訪れました。
DSCF8382.jpg
↑入場料は5000ルピア(約45円:円に換算するときは×0.009)でした。やすっ!
DSCF8385.jpg DSCF8388.jpg
↑左がジャワ更級・バティックです。インドネシアの人たちがよく着ています。
右は、影絵劇で使われる人形です。夜には影絵劇がこの博物館で行われます。
DSCF8390.jpg DSCF8391.jpg
↑いろいろ集めている博物館のようで、様々なものが展示されていました。

博物館を見学した後、王宮北広場へ。
DSCF8392.jpg DSCF8393.jpg
↑この広場はとにかく広いです。左の写真の奥に見える建て門が王宮です。
右は大モスクです。インドネシアはイスラム教徒が多く、ベールを巻いた女性がたくさんいます。

広場を少し歩いた後、再度マリオボロ通りを歩いて、北へ歩きました。
DSCF8396.jpg
↑ジョグジャカルタ郵便局です。建物が欧州風なのは、オランダ統治時代の影響でしょうか。
郵便局内部は、たくさんの人で賑わっていました。
DSCF8402.jpg DSCF8401.jpg
↑郵便局の少し北にあるブリンハルジョ市場です。
所狭しと並んだ服飾店や雑貨店が東南アジアのパワーを感じさせてくれます。
並んでいる品物もお値打ち価格のものが多いように感じました。

お昼となったので昼食を食べることにしました。
DSCF8407.jpg DSCF8406.jpg
↑訪れたのは【イブ・ユリ】というお店です。
ナシゴレンと牛肉のスープを注文。日本人に良く合う味で美味しかったです。
そして、これだけ食べて26000ルピア・約240円でした。
東南アジアは、食事の面では最高ですね。




昼食後、マリオボロ通りを更に北へ。
DSCF8410.jpg DSCF8415.jpg
↑複合ショッピング施設のモール・マリオボロです。
ジョグジャカルタでの買い物はここへこれば鉄板でしょう。
あと、デザートが食べたくなったんので、【Jco】という店に入りました。
そして、マンゴードーナツとストロベリーヨーグルトフラッペを注文。
このセットが41000ルピアと昼食より高いのが・・・でした。ただ、美味しかったです。
DSCF8412.jpg
↑一休み後に訪れたソスロウイジャヤン地区です。
モール・マリオボロのすぐ近くにある、ホテル街です。
ここで欧米人をたくさん見かけました。

ジョグジャカルタ市内の散策を終えて、世界遺産のプランバナン寺院へ向かうことにしました。
バスを利用して行く気にはなれず、ホテルからタクシーを利用することにしました。
タクシーの運ちゃんが英語全くダメで、ホテルの人に手伝ってもらいました。
ホテルの人曰く【往復と2時間利用で180000ルピアです】
ガイドブックの相場よりかなり安いので、文句なしに利用することにしました。

タクシーで30分くらいでプランバナン寺院公園に到着。
運ちゃんには駐車場で待ってもらって、チケットを購入。
外国人の場合は、18USDでした。ここの入場料は高く感じます。

入場後、ロロ・ジョングラン寺院に向かいました。
プランバナン寺院遺跡群のいきなりハイライトです。
DSCF8419.jpg DSCF8426.jpg
↑一番大きいシヴァ神殿は高さ47mあります。
昔の人は、良くこのような石積み神殿を作ったものだと感心します。
ちなみにシヴァ神殿内部は、ジャワ地震の影響で見学不可でした。
DSCF8423.jpg
↑シヴァ神殿以外の建物は見学可能です。内部には神の像がありました。

ロロ・ジョングラン寺院を見学した後、公園を北に歩きました。
DSCF8428.jpg DSCF8433.jpg
↑公園内にあるルンブン寺院とセウ寺院です。
こちらはかなり崩れていて、修復まで時間がかかりそうです。
DSCF8437.jpg
↑正面の写真が撮影したくて、再度ロロ・ジョングラン寺院の方へ。
逆行で暗い感じになりました。この寺院は朝に訪れるのがいいみたいです。

プランバナン寺院を高い場所から見たいと思って、
タクシーの運ちゃんにお願いしてボコの丘へ行ってもらいました。
DSCF8439.jpg DSCF8444.jpg
↑ボコの丘にも寺院がありました。門だけ形がありました。
DSCF8449.jpg DSCF8453.jpg
↑ボコの丘から眺めた風景です。
左の写真・中央右に見える黒い建物がロロ・ジョングラン寺院のシヴァ神殿です。
夕暮れ時に訪れたため、景色がきれいに見えました。

ボコの丘の見学後、ジョグジャカルタ市内へ戻りました。
タクシーの運ちゃんには、ボコの丘も行ってもらったので200000ルピアを払いました。
3時間くらい利用して約1800円のため、インドネシアのタクシーは安いですね。
DSCF8456.jpg
↑モール・マリオボロ付近で降ろしてもらいました。
マリオボロ通りは、夜間も明るかったです。

そして、夕食を食べることにしました。
DSCF8458.jpg DSCF8457.jpg
↑訪れたのは【ビンタン・レスト】というお店です。
ミーゴレンと野菜スープを注文しました。
かなりボリュームがあり食べるのが大変でしたが、美味しかったです。
そして、このボリュームで35000ルピアとやはり安かったです。

夕食後、影絵劇を鑑賞しようと思って、ソノブドヨ博物館へ移動しました。
DSCF8473.jpg DSCF8462.jpg DSCF8476.jpg
↑この影絵劇、ガムランの音楽にのせて人形を動かすのですが、
疲れている体には、子守唄のように眠気を催しました。
あと、おっさん一人で人形を操っているので、たくさん人形が並んでいますが、
動くのは最大2体でした。そりゃそうなりますね。

この影絵劇2時間の公園でしたが、疲れがひどく1時間で離れることにしました。
ホテルに戻って爆睡することにします。

明日は、世界遺産のボロブドゥールを観光します。

2012/8/3:インドネシアの世界遺産・ボロブドゥールへ

本日はインドネシアのもうひとつの世界遺産・ボロブドゥールへ行きます。
ただ、昼間は暑くて人も多そうなので、夕方に訪れることにしました。

まずは、ホテルで朝食を食べて、ジョグジャカルタ市内を観光します。
DSCF8477.jpg DSCF8478.jpg
↑三つ星ホテルで、割と種類がある朝食でした。
また、デザインホテルということでロビーがおしゃれな感じです。

朝食後、ジョグジャカルタ市内観光に出かけました。
ジョグジャカルタはジャワ島の古の都で、インドネシアの京都という街です。

市内の移動手段は自転車タクシーがメインです。
自転車タクシーでのんびり15分くらい揺られて、まずタマン・サリを訪れました。
タマン・サリは1765年に建てられた離宮です。
DSCF8479.jpg DSCF8481.jpg DSCF8482.jpg
↑左がタマン・サリの入り口です。
ここでお願いもしてないですが、英語を話すがガイドがくっついてきました。
右は入り口をくぐった広場です。門の上から王様が女性たちの踊りを眺めていたそうです。

広場を抜けると、石造りの豪華なプールがあります。
DSCF8483.jpg DSCF8485.jpg
↑左の写真の建物の窓から王様が女性を選ぶために眺めていたそうな。
ガイドさんいわく、1対4だったそうです。
今は大きなプールに水がないですが、ガイドさんは明日になると張ると言っていました。
DSCF8484.jpg
↑建物内にはサウナがありました。インドネシアもサウナ文化があるんですね。

プールを抜けると鶏がいました。
DSCF8486.jpg
↑インドネシアは闘鶏が盛んだそうです。日曜日になれば見られると言っていました。
明後日までいられればよかったのですが・・・。
DSCF8487.jpg
↑最後に王様のベッドです。大きなベッドですねえ。
向かいの建物には女性のベッドがありました。

タマン・サリの観光を終えて、近くの展望台がある建物へ。
DSCF8491.jpg DSCF8493.jpg
↑ジャワ自身の影響でぼろぼろです。
一番上まで上がることができず、途中から王宮(クラトン)方面を撮影しました。
中央右の建物群がクラトンとなります。
DSCF8494.jpg
↑展望台前の通りです。インドネシアもバイクが多いです。
と、同時にたくさんのバイクが行きかうのを見ていると、東南アジアのパワーも感じますね。

そして、クラトンへ。ここは北と南の入り口があります。
まずは北の入り口の方へ。
DSCF8495.jpg DSCF8498.jpg
↑北の入り口側は、王宮の建物を軽く紹介している感じです。
こちら側には観光客もあまり訪れないようですね。

次に南側の入り口へ。
DSCF8501.jpg
↑クラトン南側では、伝統芸能が見られます。
金曜日は詩の朗読ということで、中央にいる人がずっと詩を朗読していました。
DSCF8505.jpg DSCF8506.jpg
↑左は謁見の間があります。豪華なステンドグラスとランプが
当時の王様の豪勢な暮らしぶりを感じさせてくれます。
南側は、博物館ともなっていて各建物に昔の食器や絵画が展示されていました。
クラトン南側は、インドネシアの昔を散策できて、面白かったですね。

クラトンの観光を終えて、昼食を食べることにしました。
インドネシアのマックを食べてみたいと思い、モール・マリオボロのマックへ。
DSCF8508.jpg
↑ダブルチーズバーガー、ポテト、コーラ(2年ぶりくらいに飲みました)、
マックフルーリー(キャラメルクランチ)で約400円です。
インドネシアのマックも安いです。

昼食を食べ終えた後、ボロブドゥールへ向けて移動します。
こちらもタクシー貸切が便利みたいなので、ホテルにチャーターをお願いしました。

ボロブドゥールと周辺寺院とケテプ峠を回るように話したところ、
400000ルピアとのこと。ガイドブックの相場より安かったためOKしました。

運ちゃんがかなり飛ばしてくれたため、1時間くらいでボロブドゥールに到着しました。
DSCF8510.jpg DSCF8514.jpg
↑入場料は20USDでした。外国人は高めの料金設定です。
腰にはサロンを巻くのが必須のようでした。
そして、巨大なボロブドゥールがだんだん近づいてくるとテンションが上がってきました。
DSCF8517.jpg DSCF8519.jpg DSCF8520.jpg
↑建造されてから1000年以上経過しているはずですが、レリーフがきれいに残っています。
火山活動などもあったはずですが、よくきれいに残っているものです。
DSCF8527.jpg DSCF8528.jpg
↑上部はストゥーパが林立していました。
これだけのものを昔の人はよく建造したものです。
DSCF8531.jpg DSCF8533.jpg
↑ボロブドゥールを少し離れた場所から撮影しました。
これを見るためにインドネシアへやってきたという気がします。

ボロブドゥールの見学を終えて、近くのパオン寺院を訪れました。
DSCF8535.jpg DSCF8537.jpg
↑周囲の壁のレリーフがきれいでした。
ここは訪れる人が少なく、訪れたときは自分だけでした。

次にムウドゥッ寺院を訪れました。
石の仏像が設置されているそうです。
DSCF8541.jpg DSCF8542.jpg
↑内部の中央に如来像、右に観音菩薩像、左に文殊菩薩像だそうです。
日本でも良く見る仏像が出てきましたね。

ボロブドゥール周辺の寺院を見学した後、ケテプ峠へ向かいました。
山道もタクシーの運ちゃんがかなりのスピードだったのでびびりつつ、峠に到着。
DSCF8547.jpg DSCF8548.jpg DSCF8550.jpg
↑ここからムラピ山がきれいに見えるはずでしたが、ひたすらガスっていました。
うーん、残念です。ここからの景色もかなり楽しみにしていました。
昨日は、高台からムラピ山が見えたので、昨日ならば・・・。
DSCF8552.jpg
↑ムラピ山の像です。これが見たかったのですが・・・。
長くいても仕方ないので、15分くらいでこの場所を離れました。

ジョグジャカルタまでの道もかなりのスピードで走ってくれたため、
1時間弱で市内へ戻ってこれました。
市内へ戻った後、夕食を食べることにしました。
DSCF8557.jpg DSCF8555.jpg
↑ベッドホット・レストというお店を訪れました。
そしてルンピン(春巻き)とサテ・アヤム(焼き鳥)を注文しました。
サテ・アヤムはピーナッツソースで味付けされていて、変わった感じでしたが美味しかったです。

夕食後、ラーマーヤナ舞踊を鑑賞することにしました。
ホテルから離れているため、自転車タクシーを利用しました。
DSCF8559.jpg
↑会場はプラウィサタ劇場という場所です。
DSCF8569.jpg
↑舞踊というより、音楽と歌があってミュージカルという感じでした。
DSCF8569.jpg DSCF8570.jpg
↑少し笑ってしまいました。パチンコねたです・・・。
「ケーン!」「うぉー!」
蘇るのですが、再び相手の攻撃「天翔十字鳳!」
「ぐふ」(ええっ、復活して負けるの?)という展開でした。
DSCF8576.jpg DSCF8582.jpg
↑たくさんの女性が出たり、炎の演出があったりとなかなか楽しめました。
昨日の影絵劇は眠くなりましたが、今日のは楽しかったですね。

劇を楽しんだ後、ホテルまでのんびり帰りました。
DSCF8584.jpg DSCF8585.jpg
↑月がきれいでした。左は王宮北広場で撮影しました。
昼と違ってたくさんの屋台が並んでいました。
右は宿泊しているホテルをバックに撮影しました。

以上で本日の観光は終了です。
ボロブドゥールは見に行ってよかったなあ、という感想です。

明日はジャカルタへ移動して、インドネシアの首都を散策します。

2012/8/4:インドネシアの首都・ジャカルタへ

本日がインドネシア観光の実質最終日です。
ジョグジャカルタから首都のジャカルタへ移動して、
ジャカルタを観光します。

朝食を食べた後、チェックアウトしてタクシーを呼んでもらいました。
昨日のボロブドゥールへ行ってくれた運ちゃんが再びやってきて空港へ。
空港まで50000ルピアでした。
DSCF8586.jpg
↑ジョグジャカルタのアディスチプト空港です。
国際空港ながら規模はあまり大きくなかったですね。

ジャカルタの移動は、往路と同じライオン航空です。
LCCの為、かなり遅れるのを覚悟していましたが、ほぼ定刻どおりに出発。

ジャカルタ空港にも定刻より早く到着しました。
DSCF8587_20120804213459.jpg DSCF8588_20120804213459.jpg
↑インドネシアの空港は、機体を降りてからかなりフリーダムです。
かなり適当に歩いても怒られなさそうな感じでした。
ジャカルタ空港は、航空会社毎にターミナルが分かれているので、
到着したターミナルはライオン航空の機材ばかりでした。

空港からタクシーを利用して、初日に宿泊したアマリスホテルへ。
DSCF8590_20120804213458.jpg DSCF8589_20120804213458.jpg
↑空港のトランジット空港の要素が大きいためか、
室内はビジネスホテルのような必要最低限のものとなっていました。

部屋に荷物を置いた後、ジャカルタ市内へタクシーで移動しました。
市内中心部まで高速を使うため、12500ルピアは自分で支払います。

ジャカルタ市内はかなり混雑していて、
ホテルから独立記念塔近くまで50分くらいかかりました。
メーターの金額は97000ルピアでしたね。

到着後、昼食を食べるために【ソト・マドゥーラ・ジュアンダ】という店へ。
DSCF8592_20120804213706.jpg DSCF8591.jpg
↑【ミー・ジャワ(ジャワ風揚げそば)】を注文しました。
若干ピリッとする揚げそばでしたが、うまかったです。
DSCF8593.jpg
↑店の前の通り【ジャラン・ジュアンダ】です。さすが首都は車の数が多い!

昼食のお店から、独立記念塔の広場まで歩くと官庁街があります。
DSCF8595_20120804213705.jpg DSCF8596.jpg
↑左は大統領官邸、右は最高裁判所です。
土曜日ということもあって、人通りは少ないですね。

そして、ジャカルタ観光の最初の場所、独立記念塔・モナスにやってきました。
DSCF8599.jpg
↑高さは132mです。頂上には50kgの純金のモニュメントがあります。
この塔、エレベータで上がれるのですが1回11人しか乗車できず、混んでいました。
30分くらい待たされて、ようやく上がれました。
DSCF8605.jpg DSCF8610.jpg
↑左は北東方向です。カテドラルやイスティクラル・モスクが見えます。
右は南方向です。インドネシアの発展振りがわかる巨大ビル群が見えました。
新宿の高層ビル群を見ているようでしたね。
DSCF8613.jpg
↑塔を下りて、南西方向をバックに撮影しました。
中央右の同じ形をした2つのビルはインドネシア中央銀行だそうです。
ちなみにこのモナス、14:00で入場が締め切られます。ぎりぎり入れて良かったです。

モナスを離れて、モスクのほうへ歩きました。
DSCF8615.jpg
↑東南アジアで最大のイスラム教礼拝堂だそうです。
さすが東南アジア有数のイスラム国家ですね。
DSCF8616.jpg DSCF8618_20120804215520.jpg
↑モスク近くにあるカテドラルです。
モスクの近くにキリスト教礼拝堂があるのが面白いですね。
かつて、オランダ植民地時代の名残なのでしょう。

独立記念塔周辺の観光を終えて、コタ地区へ移動することにしました。
徒歩では厳しいので、トランス・ジャカルタのバスを利用しました。
DSCF8620.jpg DSCF8621.jpg
↑鉄道のような駅があるのが特徴のトランス・ジャカルタです。
専用のバスレーンを走行するため、渋滞の影響を受けづらかったです。
そして、一回の乗車が3500ルピア(約32円)と安かったです。
DSCF8623.jpg
↑途中の【Harmoni】で乗り換えです。
この駅は路線が集まっていて、たくさんの人がいました。

そして、コタ駅に到着しました。
DSCF8625.jpg
↑すぐ近くには、インドネシア鉄道のコタ駅があります。
ここから少し北に歩くと、ファタヒラ広場があります。
DSCF8626.jpg
↑コタ地区はオランダ植民地・旧バタビアの中心地です。
オランダ統治時代の建物が多く残っています。
DSCF8628.jpg DSCF8630.jpg
↑ファタヒラ広場とその周辺です。
左の写真の建物は旧市庁舎です。昔の風情を残していますね。
まあ、現在はインドネシア料理の屋台が多く、
ヨーロッパの風情はあまりないかもしれません。
DSCF8634_20120804221014.jpg
↑カリ・ブサル川沿いです。ヤシの木とコロニアル様式の建物が並んでいるのが面白いです。

川を海のほうに歩いていくと、跳ね橋があります。
DSCF8635.jpg DSCF8636.jpg
↑かなり新しい感じですので、オランダ統治時代にはなかったのでは?
この周辺が時間旅行を楽しめる地区で散策が面白かったです。
DSCF8638_20120804221125.jpg
↑跳ね橋のすぐ近くをインドネシア鉄道が走っていました。
このドア開けっ放しで走行する客車が東南アジアですね。タイやベトナムもそうでした。

かなり歩いたので、カフェで一休みをすることにしました。
入ったのは、ファタヒラ広場近くの【カフェ・バタビア】です。
DSCF8646.jpg DSCF8643.jpg DSCF8644.jpg
↑1805年建造の建物を利用しているそうです。
建物内がオランダ統治時代の雰囲気が出ていて、良かったです。

一休みをした後、コタ地区からガジャ・マダ通りを
南に歩いてチャイナタウンへ向かいました。
DSCF8647.jpg
↑ガジャ・マダ通りの渋滞は半端なかったです。
そして、クラクションの量も。首都は車の数が多いなあと改めて実感します。

コタ地区から10分くらい歩くと、チャイナタウンのグロドッ地区に着きます。
DSCF8654_20120804222737.jpg DSCF8657.jpg
↑チャイナタウンには、中国系の食品を扱っている店がたくさんありました。
ここにいる人たちも、ぱっと見中国系の人が多かったですね。
DSCF8648_20120804222742.jpg DSCF8650_20120804222740.jpg DSCF8653.jpg
↑チャイナタウンにある金徳院です。
この目が痛くなるような大量の煙に包まれた境内が
中国のお寺ということを感じさせてくれます。

チャイナタウンの散策を終えて、夕食を食べることにしました。
この旅最後の晩餐となるのですが、
それなりの店を探すのが面倒でチャイナタウンのビル内の、フードフェスティバルへ。
DSCF8662_20120804222736.jpg DSCF8663.jpg
↑中国系のお店が並んでいる、フードコートでした。
ここで【ナシ・ゴレン・イカン(魚介チャーハン)】と良く分からないものを選択。
一品物は何を食べているのかよく分からなかったですが、美味しかったです。
この二つで42000ルピアでした。400円弱と安いですね。

夕食を食べて、ホテルに戻ることにしました。
大通りにでて、タクシーを探すのですが・・・。
DSCF8664_20120804222807.jpg
↑夕暮れ時のガジャ・マダ通りを撮影しました。
で、全然流しのタクシーが捕まりません。

鉄道駅近くに行けば何とかなるだろうと思って、駅まで移動しました。
ジャカルタは【ブルーバードタクシー】が評判が良いとのことで、
その車体を探して、ようやく発見。乗り込んでホテルまで移動しました。

帰りは渋滞もなく、30分くらいでホテルに到着。
こうして、インドネシア観光は終焉を迎えました。

明日は、6:25と早朝の中華航空でインドネシアを離れます。
朝早いので、早めに寝ることにします。

あっという間にインドネシア観光が終わりました。

2012/8/5:インドネシアから帰国する日となりました

インドネシアから帰国する日となりました。
4泊5日だとあっという間な気がします。
しかも、本日は移動だけで終わります。

ジャカルタ空港を6:25に出発する中華航空に搭乗する為、
4時に起床しました。さすがに外は真っ暗です。

朝食がないため、水分だけ取ってチェックアウトしました。
ホテルのシャトルバスに乗車して、ジャカルタ空港へ。

空港到着して、チェックインして朝食を取りたかったのですが、
朝早い為、開いている店が全然ありません。
スターバックスだけ開いていたので、そこで紅茶とソーセージクロワッサンを注文。
軽い朝食を食べて、搭乗を待ちました。
DSCF8666.jpg
↑まずは、香港を経由して台北へ向かいます。

ほぼ定刻通りに出発して、香港への移動となります。
DSCF8667.jpg DSCF8671.jpg
↑左は香港までの移動での機内食です。これでお腹が膨れました。
右は台北から中部空港までの機内食です。

機内食を食べた後、香港まで4時間くらいある為、
【テルマエ・ロマエ】【21ジャンプストリート】を見ていて、香港に到着しました。

香港に到着後、荷物検査を受けてすぐ搭乗となります。
DSCF8668.jpg
↑乗り継ぎではない為、30分くらいして次の搭乗が始まりました。
台北への移動となりますね。

台北までは1時間強の移動です。
すぐに台北に到着した感じでした。

台北では、1時間くらい乗り継ぎの時間がある為、カフェに入りました。
DSCF8669.jpg
↑アイスコーヒーとブルーベリータルトを注文。
甘いものを食べて、一休みしました。
DSCF8670.jpg
↑そして、中部空港行きの出発時刻がやってきました。

近くの人は台風の影響があるかも、と言っていました。
そのせいか出発が10分くらい遅れましたが、無事出発。

飛行中は台風の影響もあまりなく
到着も10分くらい遅れて、中部空港に到着しました。

こうして、インドネシアの旅が終わりました。
日本に帰ってきて感じたのは、夜はインドネシアのほうが涼しい!ですね。

物価も安かったので、インドネシアの旅は楽しかったです。

インドネシアのおみやげ

インドネシアの旅でもいろいろなお土産を購入してきました。
DSCF8673.jpg
↑いつもならティッシュボックスは、スーツケースに入らない為買うことはないのですが、
今回は短期間の旅だった為、買いました。

DSCF8672_20120812221857.jpg
↑そして、大量の食品群。お菓子ばかりです。
途中、香港と台北の空港にも寄った為、そこのお土産もありました。

ぼちぼち食べていこうと思います。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる