FC2ブログ

2012/9/21~24:激流滾る(たぎる)上海へ

中国に過去に出かけたことがあるのは、北京だけです。

ずっと気になっていたのが上海でして、
【島耕作】【蒼天の拳】などの漫画の舞台にもなっています。
そして、その景色や発展ぶりを見てみたいと思い、
夏休みを少し利用して、上海に行くことにしました。
synhai.jpg
↑特に、外灘(バンド)地区と黄浦江のこの景色は是非見たいですね。
また、世界遺産も訪れたいので、上海近郊の蘇州と杭州の世界遺産も出かけることにしました。

ただ、ここ最近の日中関係・・・、終わってみて

①「この時期に出かけたら、あかんでしょう」(知人談)
②「デモを見ることもあったけど、楽しかったよ」(自分談)

のどちらかになりそうです。②になること願うばかりです。

今回は、下記の旅程で旅に行く予定です。

9/21:中部空港 → (中国) → 上海
9/22:上海 → 蘇州 → 上海
9/23:上海 → 杭州 → 上海
9/24:上海 → 中部空港

synhaihe.jpg←今回の旅の軌跡です
【旅程表と地図の都市名の表記が違う場合があります】

syanhaipas.jpg
↑上海浦東空港でもらった入出国スタンプです。

<今回の旅で訪れる予定の世界遺産>
①蘇州古典園林(中国)
②杭州西湖の文化的景観(中国)

スポンサーサイト

2012/9/21:チャイニーズレポート in 上海(1日目)

<中国ではfc2ブログの接続が拒否されました、
facebookがだめなのは記憶があるのですが、fc2もだめとは・・・>


尖閣諸島国有化を発表して、1週間余り。
中国の半日デモがニュースで連日報道されています。

この勢いが続くようなら、今回の中国行きをやめる気もありましたが、
中国政府がデモを抑え込んでいる模様のため、
(まあ、なんとかなるでしょう)
ということで、上海に行くことにしました。

中部空港発が10:40のフライトを利用する為、
9時半前到着の列車が中部空港に到着しました。
DSCF8018_20120924215136.jpg DSCF8019.jpg
↑国際線で初めて、ANAを利用します。中部空港からANAの国際線は少ないですね。
synahaihe.jpg
↑上海への搭乗券です。ANAの搭乗券は、白黒印刷のみでした。

ほぼ定刻通りに、飛行機が出発しました。
DSCF8022_20120924215135.jpg
↑ANAの機内食です。シーフードドリアがメインでした。
ANAの機内食はかなりいいのでは?と思いました。

2時間40分くらいのフライトで上海・浦東国際空港に到着しました。
日本のパスポートを見せたら、何か質問があるかなあ、と思っていましたが、
何もなく入国スタンプがもらえました。
荷物も無事に回収して、上海の旅が幸先良く始まりました・・・、ただ天気が。

浦東国際空港から市内への移動にリニアモーターカーがあるということで、利用することに。
DSCF8024_20120924215135.jpg DSCF8025_20120924215134.jpg
↑往復で80元(×14円)です。30km先の龍陽路駅まで8分で移動できます。
最高速度が300km出ていました。速いですねえ。

龍陽路路駅で地下鉄に乗り換えて、南京東路駅に移動しました。
syanhaitiaktetu.jpg
↑上海地下鉄は、スイカのような上記のカードを持っていると、便利です。

南京東路駅から徒歩でホテルへ移動しました。
DSCF8034.jpg DSCF8032.jpg
↑左は、南京東路駅付近の南京路の様子です。
上海一の繁華街ということで、たくさんの人が歩行者天国にいました。
右の写真・中央の建物が宿泊したホテル【七重天賓館】です。
バスタブ付きの部屋で朝食なし・1泊5000円くらいでした。

チェックインも無事に済ませて、上海の行動開始です。
まず、上海のメジャーな観光地【豫園】に向かいました。
地下鉄10号線で1駅移動して、豫園駅で下車しました。
DSCF8035_20120924215208.jpg
↑豫園の入口にある門です。中国らしい雰囲気の門ですね。

豫園に到着して、少しお腹が空いたため、上海名物・小龍包を食べることにしました。
DSCF8037.jpg DSCF8038.jpg
↑上海でメジャーといわれる【南翔饅頭店】にやってきました。
ここで【蟹味噌入小龍包】【豚肉の小龍包】を注文しました。
ここで失敗したのが【蟹味噌入小龍包】も豚肉がベースの為、
似たような小龍包のせいろが2つ、テーブルに置かれました・・・。
そして、【蟹味噌入小龍包】が明らかに美味しいです。豚肉のみはいらなかったかも。

小龍包を食べた後、豫園内の見学をすることにしました。
最初の着工が1559年と歴史のある庭園で、上海きっての観光地とのこと。
DSCF8045_20120924221728.jpg DSCF8051.jpg DSCF8054_20120924221728.jpg
↑左は仰山堂前の庭園です。写真左に山がある、まさに山を仰ぎ見るという庭園ですね。
真ん中は、会景楼前の池です。鯉がたくさん泳いでいました。
右は、玉玲籠という奇岩です。江南3代銘石の一つとのことです。
72個も穴がある岩とのことで、まさに中国庭園らしい岩ですね。
豫園で中国庭園をゆっくりと楽しみました。天気が良ければなお良かったのですですけどねえ。

豫園の見学をした後、豫園商場を散策しました。
DSCF8060_20120924221727.jpg DSCF8063.jpg
↑上海城の城下町の街並みを再現した、ショッピングマーケットです。
大小たくさんのお店があり、賑わっていました。

豫園商場の見学を終えて、上海観光のハイライト・外灘へ移動しました。
15分くらい歩いて、外灘南部に到着したところ、
(めっちゃモヤってるんですけど・・・)
DSCF8066.jpg DSCF8072_20120924221753.jpg
↑外灘の建物群がもやっていますねえ。租界時代の建物が美しいはずなのですが・・・。
右の写真の外灘12号と上海海関の建物を近くまで移動するときれいに見えました。
DSCF8070.jpg
↑で、外灘側から見る浦東地区です。あかんですね。
ひたすらもやっているだけなので、後日来ることを決めて、外灘地区を後にしました。

外灘地区から10分くらい歩いて、南京路に戻ってきました。
DSCF8077_20120924221753.jpg
↑南京路歩行街の東側入口です。ここで、甘いものが食べたくなり近くの店を探しました。
DSCF8080.jpg DSCF8079_20120924221752.jpg
↑そして、発見したのがマンゴー系スイーツで鉄板のお店【許留山】です。
ミルクプリンとマンゴーのデザートを食べました。

甘いものを食べた後、上海雑技を見ることにしました。
地下鉄2号線で静安寺駅まで移動して、劇場がある上海商場というビルへ。
DSCF8117.jpg
↑リッツカールトンホテルも入っているビルです。いずれは宿泊してみたいものです。
上海まで来たからには、良い席をということで、280元の席を購入しました。
DSCF8098.jpg DSCF8106.jpg DSCF8114_20120924225104.jpg
↑上海雑技は見ていて、楽しかったですね。
すごいバランスの技やアクロバティックな演技など、さすがと思いました。

上海雑技を楽しんだ後、もやっているのを覚悟で外灘の夜景を見る為に移動しました。
DSCF8118.jpg
↑移動の途中、南京路の西側で撮影しました。
南京路西側は、ブランド店やデパートが並んでいて、ショッピングが楽しそうな地区です。

そして、夜の外灘地区に到着しました。
DSCF8127_20120924225124.jpg DSCF8132_20120924225123.jpg
↑うーん、やはりもやっていますね。全体的に白い感じです。
それでも、外灘地区の建物群のライトアップはきれいですねえ。
DSCF8131.jpg DSCF8135_20120924225122.jpg
↑ただ、浦東側の夜景はやはりあかんですね。
昼よりは良くなっていますが、少し白い感じです。
外灘の夜景も、再訪することを心に誓うのでした。

こうして、上海1日目の観光が終了しました。
デモは全く見ることがなかったですね。
また、中国人に絡まれるということもなく、1日目が終了しました。

明日は、世界遺産の蘇州の庭園群を観光します。

2012/9/22:本日は雨・・・、それでも蘇州へ

朝がやってきて、窓を開けてみたら結構な勢いで雨が降っていました。
今日は、蘇州へ移動して世界遺産の庭園巡りに予定でしたが、雨なのが残念です。

まあ、上海までやってきたので蘇州にはとりあえず行こうと思い、上海駅へ向かいました。
人民広場駅から地下鉄1号線で上海駅まで移動しました。
DSCF8137.jpg
↑上海駅の建物です。でかい建物ですねえ。
中は、店がたくさんあるわけではなく、だだっ広い空間となっていましたが・・・。

上海駅から蘇州駅まで高速鉄道を利用します。
昨年ありました、高速鉄道事故を思い出しますが、他の交通手段は時間がかかる為高速鉄道にしました。
DSCF8139_20120926220359.jpg DSCF8140.jpg
↑7:13発の南京行きの高速列車に乗車しました。
1等席を利用しまして、ゆったりとした座席で良かったですね。
sosyu.jpg
↑蘇州までの往復の切符です。1等片道60元でした。
高速鉄道も安く感じました。

30分弱で蘇州駅に到着しました。
蘇州では、まず水郷古鎮の同里を散策することにしていました。
蘇州駅からバスで同里まで移動します。
DSCF8145.jpg DSCF8146.jpg
↑左は蘇州駅の建物です。やはり、建物がでかいですねえ。
右はバスターミナルです。同里まで50分くらいバスで移動します。
ちなみに運賃は8元・120円弱と安かったです。

同里のバスターミナルに到着して、同里の旧市街へは電気カートで移動します。
DSCF8150.jpg DSCF8149.jpg
↑同里のバスターミナルと旧市街までの移動に利用する電気カートです。
旧市街の環境を守る為、電気カートが活躍しているようですね。

電気カートで同里の旧市街まで移動して、観光開始です。
DSCF8147.jpg DSCF8148_20120926220426.jpg
↑電気カートの乗降場と旧市街の入口です。
同里旧市街の入場料と観光物件の入場を含めて100元しました。

同里は江南水郷三明珠と称される町で、水路と街並みが美しいとのことです。
そして「一園、二堂、三橋」が主な観光スポットでこれらを見学したいと思います。
DSCF8179_20120928002912.jpg
↑ちょっとした路地も昔の中国の雰囲気が出ていました。

そして、一園の【退思園】を訪れました。
世界遺産に指定されている豪邸で、建てた人が「退いて反省する」という思いを込めて、
退思園と名付けたそうです。
DSCF8151_20120926220424.jpg DSCF8161.jpg DSCF8155.jpg
↑建物内の調度品や書画に趣を感じることができました。
庭園は、太湖石の築山・回遊路などがある庭園があって、まったりできました。
このような庭園をのんびり眺めると、なごみます。

退思園の見学を終えて、次に2堂の一つ【嘉陰堂】を訪れました。
DSCF8165_20120926222809.jpg DSCF8161.jpg DSCF8163.jpg
↑【嘉陰堂】は1922年に建てられた建物です。
壁の彫刻や窓の透かし彫りが美しい建物でした。

嘉陰堂を見学した後、3橋を渡りに行きました。
同里の観光名所の代名詞となっているところで、
3つの橋全てを渡ると幸せになるという言い伝えがあるそうです。
DSCF8164_20120926222810.jpg DSCF8166.jpg DSCF8168.jpg
↑左から【長慶橋】【太平橋】【吉利橋】です。
水郷古鎮と呼ばれる風景を見ることができますね。

これらの見学を終えて、同里を後にすることにしました。
ここには古き良き中国がある気がしました。

バスで蘇州駅に戻ってきて、昼食を食べることにしました。
DSCF8188_20120928002911.jpg DSCF8186_20120928002912.jpg
↑訪れた店は、右側のお店です。ケンタッキー系列の中華料理の店です。
ここで、排骨ラーメンときゅうりの漬物注文しました。
ドリンクの緑茶と合わせて、500円くらいしました。
チェーン系では、あまり物価の安さを感じられないですね。

昼食を食べた後、世界遺産の一つ留園に向かいました。移動手段はタクシーです。
中国のタクシーは激安なので、蘇州の移動の大部分でタクシーを利用しました。

留園は中国4大名園の一つだそうです。歴史は1550前後までさかのぼるとのこと。
DSCF8191.jpg DSCF8193_20120928003045.jpg DSCF8200.jpg
↑建物内は、絵画や墨跡を見ることができます。墨跡は名書家が書いたそうです。
庭園は築山や回廊、楼閣で囲まれており、景色を眺めているだけでなごみますねえ。
右の写真の太湖石は【冠雲峰】と名付けられているそうです。中国3大太湖石だそうです。
留園をのんびりと散策した後、次の目的地へ向かいました。

再度タクシーを利用して、【拙政園】に向かいました。こちらも世界遺産です。
賄賂で造られたという説もあり、「拙き者が政治を行う」から名前を採ったとも言われています。
DSCF8206_20120928003102.jpg DSCF8213.jpg DSCF8223.jpg
↑蘇州4大名園の一つで最大の庭園であり、水をテーマに造られています。
約7割が池や堀で、水と周囲の楼閣の調和が美しいです。

次に世界遺産【獅子林】を訪れました。拙政園から歩いて10分くらいです。
こちらは太湖石で埋め尽くされている庭園とのことです。
DSCF8224.jpg DSCF8232_20120928005154.jpg
↑中に入って見ると、確かに太湖石で埋め尽くされた庭園となっています。
すごい量の太湖石ですねえ。

獅子林の観光を終えた後、蘇州一の繁華街【観前街】を訪れました。
DSCF8240.jpg
↑土曜日の夕方ということで、すさまじい人の数です。
中国の人口が多いということをしみじみと感じます。
DSCF8242.jpg
↑観前街にある【玄妙観】という道教の寺院です。
境内にはたくさん参拝する中国の人がいました。

蘇州の観光を終えて、夕食を食べることにしました。
DSCF8246.jpg DSCF8245.jpg
↑訪れた店は【老蘇州茶酒楼】というお店です。
ここで、魚を似た料理と蘇州チャーハンを注文しました。
魚料理は美味しかったのですが、チャーハンは超うす味でした・・・。
そして、量が多すぎて食べきれませんでした。豪快に残してしまいました。

夕食を食べた後、タクシーで蘇州駅に戻りました。
DSCF8249_20120928005151.jpg
↑蘇州駅18:48発の上海行き高速列車に乗車しました。

30分強で上海駅に到着して、地下鉄でホテル近くまで移動して、
南京路にあるデパートで買い物をしました。
DSCF8251.jpg
↑そして、夜の南京路はネオンで明るく、人の数がすさまじかったです。
これを見ていると「中国は先進国ではない」と言ってもねえという気がします。

このときの上海は、もやがとれてきたみたいだった為、
外灘の夜景をもう一度見に行きました。
DSCF8267.jpg
↑今日は、外灘の建物群と黄浦江の夜景がきれいに撮影できました。
DSCF8261.jpg
↑黄浦江を挟んだ浦東地区のビル群の夜景もきれいでした。
DSCF8262.jpg
↑旧上海税関の建物などの夜景です。
この周辺は、10時を過ぎてもたくさんの観光客であふれていました。

外灘地区の夜景は素晴らしかったですね。

以上で本日の観光は終了です。
明日は、杭州を訪れることにしています。

2011/9/23:お茶の本場・杭州へ

本日は、お茶の本場・杭州を訪れます。
杭州には、世界遺産の西湖もある為、景色とお茶を楽しんでみたいと思います。

杭州への移動は、昨日と同様に高速鉄道です。
訪れるのは杭州のみの為、少しだけ上海の寺院を見てから、杭州へ向かうこととしました。
DSCF8270.jpg
↑朝早い人民公園です。ビルに囲まれた公園で、上海の憩いの場となっていました。
そして、地元の人たちが太極拳や運動などをしていて賑わっていました。

人民広場駅から地下鉄2号線で静安寺駅まで移動しました。
そして、駅出口すぐにある上海・静安寺を訪れました。
こちら三国時代に建てられたと伝えられているそうです。
あの劉備や曹操などが活躍した時代ですね。
DSCF8271.jpg DSCF8272.jpg DSCF8274.jpg
↑静安寺の入口と内部です。まあ、建物がきれいになっていて、歴史は感じづらいです。
中国の人たちは、大量の線香を使う為、煙がすごかったですね。

静安寺を参拝した後、杭州へ向かう列車の駅・上海虹橋駅へ向かいました。
上海のもう一つの大きな鉄道駅となります。
DSCF8278.jpg DSCF8280_20120928224926.jpg
↑9時発の杭州行き高速列車に乗車しました。
昨日の蘇州方面の列車と違って、車内は混んでいました。
kousyu.jpg
↑杭州までの往復の切符です。1等片道120元でした。
上海から150km離れた場所でこのお値段は、やはり安い気がします。

1時間弱で杭州駅に到着しました。
上海は晴れていたのですが、杭州は天気がイマイチです。

ここからバスで世界遺産の西湖・東側へ移動しました。
DSCF8283_20120928224925.jpg
↑世界遺産のマークがでーんと設置されていました。そして・・・、
DSCF8285_20120928224947.jpg DSCF8289_20120928224946.jpg
↑西湖をバックに撮影しています。もやっています。
この状態では、西湖にやってきた意味が全くないですね。
右は西湖天地の入口を撮影しました。
西湖天地付近はおしゃれ雰囲気で、しゃれたカフェやレストランが並んでいました。
ただ、この地区で食事をする予定がない為、ぶらぶらして離れました。

当初、西湖観光はレンタサイクルを使うつもりでしたが、
天気が怪しいのでバスを利用することにしました。
で、バスを利用して西湖北東部へ移動しました。
DSCF8291.jpg
↑西湖十景の一つ【断橋残雪】です。雪見の名所ということでこの名前になったそうです。
まあ、もやっていて感動がないですねえ。
DSCF8296_20120928231148.jpg
↑断橋を渡ると、【白堤】と呼ばれる堤防があります。
こちらは西湖で最も古いの堤防だそうです。
柳や桃の木があって、現地の人ものんびり散歩をしているようでした。

白堤をしばらく歩くと、西湖十景の一つ【平湖秋月】があります。
DSCF8299_20120928231148.jpg
↑月見の名所だそうです。真ん中の建物が湖面と同じ高さに建てられている為、
満月の夜にここから月を眺めると、月が湖面に浮かんで見えるそうです。
中国の人は、建物をうまく建てるなあと思います。

白堤の西端まで歩いた後、昼食を食べることにしました。
訪れた店は【大宅門】というお店です。
DSCF8311.jpg DSCF8308.jpg DSCF8310.jpg
↑上海名物【蟹粉豆腐】と【杭州チャーハン】【ワンタンスープ】を注文しました。
蟹粉豆腐は絶品です。蟹味噌と豆腐が良く絡んでいて美味しかったです。
杭州チャーハンも昨日の蘇州チャーハンより味がありました。
ワンタンスープも美味しかったですが、注文しすぎました。かなり残してしまいました。

満腹になって、次に訪れたのは岳王廟です。
北宋の名将・岳飛を祀っている場所だそうです。
DSCF8313_20120928231145.jpg DSCF8315.jpg DSCF8316.jpg
↑岳飛の大きな像やお墓がありました。国民的英雄として祀られているそうです。
右の写真は、洞門とよばれるくりぬき門です。中国の庭園で良く見られました。

岳王廟の見学を終えて、西湖観光を再開しました。
次の西湖十景は【曲院風荷】です。
DSCF8331_20120928231217.jpg DSCF8321.jpg
↑こちらは蓮の花を観賞する名所だそうです。
ただ、蓮の時期ではない為、緑色の葉っぱがたくさんある池があるだけでした・・・。
ここは、夏に来ないと意味がないかもしれません。

曲院風荷を散策した後、西湖を離れてバスに乗りました。
目的地は【虎包泉】という場所です。
DSCF8334_20120928234202.jpg DSCF8339.jpg DSCF8337.jpg
↑ここは、天下三大名泉と称される場所で、水が美味しいとのことです。
そして、禅寺のため、静寂な空気に包まれていました。
DSCF8341_20120928234200.jpg
↑三大名泉で入れた【龍井茶】です。西湖周辺は龍井茶の産地で中国二大緑茶の一つです。
おいしいお茶をおいしい水で入れれば、美味いのは当然かもしれません。

お茶を堪能して、西湖観光へ戻りました。
次の西湖十景は【花港観魚】です。
DSCF8345.jpg DSCF8349_20120928234158.jpg
↑名前の通り、ものすごい数の鯉が池にいました。
餌をあげると、バトルが勃発していました。
こちらには牡丹園があるそうで、春に訪れると見ることができるそうです。

次に西湖十景【蘇堤春暁】【三譚印月】です。
DSCF8353.jpg DSCF8354.jpg
↑左が蘇堤です。北宋時代の杭州知事・蘇東波が気づいたため、この名前になったそうです。
2.8kmもある堤防で大工事となりますが、半年で完成させたそうです。
右は、蘇堤から眺めた三譚印月の島です。
ここから眺める中秋の名月は最高だそうです。

次に【南屏晩鐘】がある浄慈禅寺を訪れました。
このお寺の鐘を聞きつつ眺める西湖の夕景が西湖十景となっているそうです。
DSCF8355.jpg DSCF8356.jpg DSCF8359_20120929001029.jpg
↑その鐘をつくことができるのですが、10元と有料でした。
鐘をつくだけでお金を取るとは・・・。
寺院は禅寺だけあって、静かな雰囲気でしたね。

次に【雷峰夕照】と呼ばれている雷峰塔を訪れました。
DSCF8362.jpg
↑山の上にあり、かつ高さ70mの塔です。
天気がある程度回復してきているので、眺めがいいことを願いつつ上がりました。
DSCF8364_20120929001028.jpg DSCF8367_20120929001027.jpg
↑左が西湖西側、右が西湖東側です。
天候が回復してきたので、西湖の眺めが素晴らしかったです。
遠くに見えるビル群を見ていると、杭州も大都市だなあと感じます。

ここが雷峰夕照と呼ばれているのは、
雷峰塔に夕陽が重なった時の美しさから、呼ばれているそうです。

雷峰塔を見学した後、【柳浪聞鶯】を訪れました。
DSCF8368_20120929001027.jpg DSCF8370_20120929001026.jpg
↑柳が美しい公園でウグイスの声が風情を醸しだすことから、柳浪聞鶯と呼ばれているそうです。
そして、夕暮れ時の雷峰塔をバックに撮影しました。
この場所からでは夕陽が全くかぶりませんでした・・・。
もっと南のポイントに行かなければ行けませんでした。

以上で西湖観光は終了となります。
西湖十景の【双峰挿雲】は、天気が悪くあまり見えなかったのが残念でした。

西湖の観光を終えて、夕食を食べることにしました。
DSCF8373_20120929001044.jpg DSCF8371.jpg
↑訪れた店は【仁和飯店】というお店です。
ここは、安価なレストランで家族連れがたくさんいました。
自分は、杭州名物の【海老の龍井茶炒め】と【豚の角煮】と御飯を注文しました。
角煮はトロトロ、海老はお茶で臭みを消していて美味しかったです。

夕食を堪能した後、タクシーを利用して杭州駅に戻りました。
ちなみにタクシーの英語通用率かなり悪いです。蘇州の時も苦労しました。
DSCF8374.jpg DSCF8376_20120929001043.jpg
↑杭州駅から19時発の上海虹橋駅行きの列車に乗りました。
左のプラットホーム【温州南】行きは、2011年の脱線事故が発生した場所を通過する気がします。
事故があって以来、中国の鉄道は事故が減ったのでしょうか?

上海に20時過ぎに到着した後、疲れていた為サウナに寄って、ホテルに戻りました。
明日は、帰国の日となります。3泊4日はあっという間ですね。

2012/9/24:中国のデモはどこへ行ったのでしょうか?

上海滞在も最終日となりました。
本日は、浦東地区を散策して帰る予定です。

朝食は近くの饅頭店の肉まんにしようと思って、出かけました。
DSCF8379_20120929003654.jpg DSCF8378_20120929003655.jpg
↑南京路から少し北にある饅頭屋です。肉まんが1個1.5元でした。
饅頭屋付近は、朝市が開催されていてものすごい人の数でした。

部屋に戻り、饅頭を朝食にした後、荷物をまとめました。
DSCF8381_20120929003654.jpg DSCF8269.jpg DSCF8370_20120929003655.jpg
↑バスタブ付きの広い部屋でなかなか良いホテルでした。
ロケーションも南京路中心にあって、いろいろアクセスしやすかったですね。
DSCF8383.jpg
↑チェックアウトして、南京路を地下鉄駅方面に向かう途中でみた人たちです。
中国の人たちは朝早く集まって、体操などしている人が多いですね。

南京東路駅から地下鉄2号線に乗って、浦東地区へ移動しました。
DSCF8390_20120929003717.jpg
↑浦東地区は、商業・金融の中心で高層ビルがたくさんあります。
8時くらいに訪れた為、通勤の人たちがたくさんいました。

浦東地区でまず訪れたのが【上海環球金融中心】です。
こちらには、世界一の高さを誇る展望台があります。
DSCF8393_20120929003716.jpg
↑まず最初のエレベータで94階に上がります。この時点で高さ435mです。
94階からエレベータとエスカレータで100階に到着します。
DSCF8395.jpg
↑100階から西の眺めです。高すぎて、下がかすんで見えます。
DSCF8404.jpg
↑97階に下りてから撮影したものです。
3階違うだけで、風景がけっこう変わりますね。

高い場所からの眺めを楽しんだ後、濱江大道へ移動しました。
黄浦江の東岸に延びるで、対岸の外灘地区を眺めることができます。
DSCF8408.jpg DSCF8409.jpg
↑黄浦江を挟んで眺める歴史的建造物群もいいですね。
思えば、夜にこちら側も訪れておけばよかったなと思いました。

濱江大道を南に歩くと、黄浦江の対岸まで移動できるフェリー乗り場があります。
DSCF8418.jpg DSCF8419_20120929005305.jpg
↑片道2元の安いフェリーでした。上海市民の足としても活躍しているのでしょう。

対岸に到着して、再度外灘地区を撮影しました。
DSCF8426_20120929005305.jpg
↑やはり晴れている時に撮影するのはビル群がきれいに見えていいですね。
DSCF8427.jpg
↑浦東のビル群もきれいに見えました。
西日が射す夕方までいられれば良かったのですが。

外灘地区を散策していましたが、
飛行機の出発時間が近づいてきたので、空港へ向かうことにしました。
DSCF8434.jpg DSCF8436.jpg
↑空港へ向かう前に【沈大成】の金団を食べました。
きな粉が餅の中にたくさん入っていて、美味しかったです。

帰りも地下鉄とリニアモーターカーを利用して、上海浦東空港へ向かいました。
DSCF8438.jpg
↑浦東空港のターミナル内の様子です。非常に大きな空港でした。

チェックインから出国検査までトラブルなく、終了。
買い物をして、出発を待ちました。
DSCF8439_20120929005343.jpg
↑ANAの機材は小さかったですね。
デモの関係もあって、小型機でも機内はガラガラでした。

離陸までかなり待たされて、中部空港到着が30分くらい遅れましたが、
無事帰ってこれました。

結局、デモの影響全くなかったですね。
タイトルに【激流滾る・・・】とか書きましたが、滾っていませんでしたね。
普通に観光を楽しんで帰ってくることができました。

テレビであれだけデモのことが流れていると、
一種のメディアコントロールでは?と思ってしまいます・・・。

上海で買ってきたお土産

今回の上海の旅もお菓子を中心に購入してきました。
それらを紹介したいと思います。

DSCF8443.jpg
↑中国菓子の定番・月餅と紅茶クッキー、フルーツケーキです。
上海名物や蘇州名物という紹介に惹かれて購入しました。

DSCF8442.jpg
↑スーパーで購入したお菓子群です。左は日本でもみたことがあるようなパッケージです。
右側6個は、味が違うクレープのようなお菓子だと思います。

DSCF8444_20120929010918.jpg
↑お菓子以外では、マグネットとキーホルダー、木に焼印をしたものを購入しました。

現在、月餅は食べましたが、まあまあでしたね。
他のお菓子も少しづつ食べていきたいと思います。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる