FC2ブログ

2012/10/26:九州へ出発です

10月28日は、SG全日本選手権(ダービー)優勝戦が福岡で開催されます。

これを観戦しようと思い、
折角なので途中の中国地方も探索することにしました。

少しでも九州に近づくため、
桑名を夜に出発して、行けそうな場所を検討したところ
露天風呂番付前頭の【岡山・湯郷温泉】くらいなら行けそうだと思い、
仕事を終えた後、湯郷温泉まで向かうことにしました。

仕事を終えて、桑名を8時半くらいに出撃。
東名阪→名神→中国道とつないで、美作インターへ向かいました。
DSCF8797.jpg
↑途中休憩した、西宮名塩S.Aです。
このサービスエリアも良く利用しているなあ、と思います。

必死で走らせて、美作I.Cに23時過ぎに到着しました。
そして、ホテルに到着。
湯郷温泉にどっぷり浸かり、癒されました。

明日は、長州藩の拠点・萩によって九州に上陸します。
スポンサーサイト



2012/10/27:維新の息吹を感じる萩、そして前哨戦の下関

湯郷温泉は、露天風呂番付に掲載されていますが、
露天風より温泉街を楽しめるので番付に掲載されているのかな、と思いました。
正直、露天風呂の雰囲気は・・・でした。
DSCF8798.jpg
↑宿泊した【湯郷グランドホテル】です。
大浴場・露天共に風呂は気持ちよかったですね。

湯郷温泉街は、足湯やボウリング場など温泉街を楽しむところなのでしょう。
DSCF8799.jpg DSCF8801.jpg
↑温泉街の足湯と湯郷温泉のシンボル・白鷺です。
外をぶらぶら散策するのが楽しい温泉郷だと思いました。

湯郷温泉離れて、明治維新で活躍した長州藩の拠点・萩に向かいました。
DSCF8802_20121027213033.jpg DSCF8803.jpg
↑中国道・美作I.Cです。ここから、湯郷温泉は10分くらいで到着します。
山口の手前・広島までまだ遠いです・・・。
DSCF8805.jpg
↑途中の七塚原S.Aで一休み。ここでお土産を買いました。

中国道は山の中を走るため、紅葉が早めに進んでいました。
DSCF8809.jpg
↑秋も深まってきたなあ、と感じることができます。

中国道から広島付近で山陽道へ移り、瀬戸内海沿いを走りました。
DSCF8815.jpg DSCF8817_20121027213132.jpg
↑美作から2時間くらい走って、ようやく山口県の岩国市が見えてきました。
そして、山陽道の下松I.Cで再度休みました。

そして、中国道の美祢東I.Cに到着して、そこから下道でようやく萩に到着しました。
到着したときには、昼前になっていました。そこで、まず昼食を食べることにしました。
DSCF8822.jpg DSCF8821.jpg
↑萩で訪れたのは、萩市民がよく利用する(らしい)うどん屋【どんどん】へ。
肉天うどんとわかめおにぎりで660円とこのボリュームでは、安いのでは?
更に、美味しかったですね。

昼食を食べ終えて、萩市内の散策へ。
明治維新ねたが大好きな自分にとって、この町の散策は楽しみです。
DSCF8824.jpg DSCF8828.jpg
↑まずは、萩市東部の松陰神社へ向かいました。
ここには、松下村塾があります。たくさんの維新の志士が育った場所ですね。
高杉晋作や桂小五郎(木戸孝允)などの志士がここで学んだのかあ。
DSCF8829.jpg
↑松陰神社のすぐ近くには、伊藤博文の旧宅があります。
初代総理大臣はここで育ったんですね。

松陰神社の次は、東光寺を訪れました。
DSCF8832_20121027214427.jpg DSCF8834.jpg DSCF8835.jpg
↑重要文化財の東光寺・山門と本堂です。
ここは、長州毛利藩の菩提寺です。歴代藩主のお墓が並んでいました。
ここは、訪れる観光客も少なくまったりと散策できました。

東光寺を参拝し終えて、萩城下町へ向かいました。
DSCF8836_20121027214547.jpg DSCF8839.jpg DSCF8837.jpg
↑まずは高杉晋作の誕生地を訪れました。
上海で欧米列強の脅威を知り、その後は騎兵隊を率いて旧体制に抵抗した生き方が好きです。
そして、早すぎる死。労咳が原因とのことですが、新撰組の沖田総司もなんですよね。
【面白き事もなき世をおもしろく】やはり、行動すれば楽しくなるのでしょう。

次に重要文化財の菊屋住宅を訪れました。
DSCF8845.jpg DSCF8844.jpg
↑訪れたときは、秋の特別展示ということで庭園が鑑賞できました。
こちらも紅葉が始まっていて、秋を感じることができました。

次に木戸孝允(桂小五郎)の旧宅へ。
DSCF8846.jpg DSCF8847.jpg
↑旧宅とその前の路地の様子です。
萩の城下町は当時の様子を感じることができて、楽しかったです。

明治維新の息吹を感じる町・萩の散策は以上として、下関へ向かいました。
DSCF8848_20121027215637.jpg
↑萩の玄関口・萩駅です。こちらもレトロな駅舎でした。

再度、中国道を利用して、下関へ向かいました。
DSCF8852.jpg
↑萩から1時間くらいで下関に到着しました。

下関でまず訪れたのは、関門海峡です。
DSCF8856.jpg DSCF8853.jpg
↑対岸は九州・門司です。関門海峡大橋は大きいなあ。
そして、源平合戦最後の戦場・壇ノ浦もあり、源義経と平知盛の像がありました。
すぐ近くには、九州へ歩いていける人道トンネルがあります。
DSCF8858.jpg DSCF8859.jpg
↑トンネルを歩いていくと、山口県⇔福岡県の県境があります。
すぐ横は車道となっていて、関門トンネルがあります。
この人道トンネルでたくさんの人がランニングをしていました。

関門海峡を見学した後、福岡S.Gの前哨戦で下関競艇へ。
人の数が福岡場外の販売もあり多かったですねえ。
DSCF8860.jpg DSCF8862.jpg
↑1レースのみでしたが、少しプラスになりました。

そして、夕食を食べるために下関中心部へ。
DSCF8863_20121027221351.jpg DSCF8869_20121027221350.jpg
↑中心部にあるカモンワーフという複合施設を訪れました。
そこに入っている【いちばのよこ】というお店へ。
DSCF8867_20121027221351.jpg DSCF8868_20121027221350.jpg
↑メニューを見て迷うことなく【びっくりふく唐揚げ&ふく刺し定食】を注文。
このボリュームで1590円は安いと思いました。
唐揚げはボリュームがあり・刺身は弾力があって、うまかったですねえ。
下関の味を堪能することができました。

そして、下関から関門トンネルで九州に上陸して門司へ。
今日は門司に宿泊して、明日は福岡競艇S.G優勝戦でバトルです。

2012/10/28:SG全日本選手権の優勝戦・福岡へ

本日は、SG全日本選手権の優勝戦です。
門司に宿泊して、福岡まで移動します。
DSCF8870_20121028225834.jpg
↑宿泊した門司の亀の井ホテルです。

新門司インターから九州道に乗って、一路福岡へ。
DSCF8871.jpg DSCF8873.jpg DSCF8874.jpg
↑新門司インターから途中、古賀S.Aで一休み。
そして、福岡インターで福岡都市高速に乗り天神へ向かいました。

福岡競艇は天神北インターのすぐそばにあります。
DSCF8877_20121028225832.jpg
そして、地下鉄天神駅からも近く、大都市に近い競艇場ですね。
DSCF8882_20121028225858.jpg DSCF8885_20121028225858.jpg DSCF8886_20121028225857.jpg
↑開門前からものすごい人の数です。
さすが大都市にある競艇場です。
競艇場の周りも、ビルが並んでいました。
DSCF8878_20121028225831.jpg
↑首に巻いているのは、全日本選手権のタオルです。
くじを引いたらもらえました。

本日は優勝戦ということで、優勝戦メンバーのインタビューがありました。
DSCF8887.jpg
↑人気は、5号艇の鎌田選手・イケメンは女性から完成があがっていました。

勝負する前に、博多のラーメンを食べたいと思い、
天神駅近くにある【一蘭】を訪れました。
DSCF8892.jpg DSCF8894.jpg DSCF8898.jpg
↑名古屋にもあるのですが、ここは超硬麺があるそうです。
そして、店内のこの雰囲気・久しぶりですね。
ラーメンは、博多ラーメンらしい豚骨ラーメン、
替え玉に超硬麺を注文しましたが、かなり硬かった・・・、でも美味い!

博多ラーメンを食べた後は、勝負の開始です。
DSCF8900.jpg DSCF8902_20121028230049.jpg
↑1マークと2マークのそれぞれの攻防の様子です。
SGらしく、1号艇が1着のレースが多かったです。

SGの優勝戦の日ということで、やはり南明奈が来ていました。
DSCF8904.jpg
↑SGの会場で見るのは4回目ですが、相変わらずトークショーは・・・、いまいちです。

そんなこんなで優勝戦の時間となりました。
DSCF8906.jpg
↑さすが大都市にある競艇場、ものすごい人の数です。
そして、行った事がある競艇場でもっともヤジがすごかったです。

で、優勝戦は2号艇丸岡選手の刺しが決まって、優勝。
DSCF8907.jpg
↑丸岡選手のウイニングランです。ダービー2度目ですねえ。
賞金王にも出てくることになりそうです。

そして、自分の結果は・・・、
1レースは当たったのですが、トータル負けでした。

優勝戦を終えた後、博多名物を食べたくなり、
何を食べるか悩んだ末、水たきを食べることにしました。
DSCF8913.jpg
↑天神にある【華味鳥】というお店を訪れました。
DSCF8910_20121028230108.jpg DSCF8911.jpg DSCF8912.jpg
↑水たきを注文、2800円でした。
その水たきは、鶏肉はほろほろでスープも鶏がらのだしが良く出ていて美味い!
締めの雑炊も、おいしかったあ。満足な夕食となりました。

夕食を食べた後、九州を離れることになります。
あっという間の九州滞在でしたね。
DSCF8914.jpg DSCF8915_20121028230259.jpg
↑天神中心部の夜の光景です。
さすが九州の中心部、大きな建物がたくさんありました。

そして、福岡都市高速→九州道と移動して、山口県へ向かいました。
DSCF8916.jpg DSCF8917.jpg
↑途中の関門海峡近くのP.Aです。
関門海峡大橋と下関市外の夜景がきれいでした。
昨日夕食を食べた、カモンワーフの明かりが見えます。

そして、小郡インターで下りて山口市内へ。
DSCF8925.jpg
↑本日宿泊する、湯田温泉の【湯別当 野原】という旅館です。
源泉かけ流しの温泉で癒されたいと思います。

その温泉の前に、国宝・瑠璃光寺五重塔が
ライトアップされているという情報を得て、瑠璃光寺へ向かいました。
DSCF8919.jpg DSCF8921.jpg DSCF8922.jpg
↑日本三名塔の五重塔・国宝に指定されているだけあって、美しい。
水に反射して映し出される五重塔が素晴らしかったです。

以上で、本日の行動は終了です。
明日は、桑名へ戻るため長距離の移動ですねえ・・・。

2012/10/29:中国地方大返し・山口からは遠いなあ

昨日の福岡での勝負後、山口県の湯田温泉に宿泊しました。
本日は、ここから桑名まで一気に帰ります。
DSCF8926.jpg DSCF8927.jpg
↑湯田温泉は山口市の中心部近くにあります。
市街地の温泉街なので、お店がたくさんありました。
昨晩は、近くの飲み屋など賑わっていました。

朝食はガストのモーニングを利用して、
湯田温泉を出撃しました。

ただ帰るだけではもったいないので、途中寄り道しながら帰ることにしました。
DSCF8928.jpg
↑途中の玖珂P.Aで一休みです。

最初の寄り道は岩国ですることにしました。
DSCF8929_20121029232254.jpg
↑岩国インターを下りて、10分くらい車を走らせると錦帯橋があります。
DSCF8934.jpg DSCF8932.jpg
↑五連のアーチ型の木造橋です。美しい橋ですね。
江戸時代にこの橋を作った技術はすごい!
バックに山の上には、吉川家の居城・岩国城があります。

錦帯橋付近を散策した後、岩国を離れて、
山陽道をひたすら東へ走りました。
DSCF8935.jpg
↑岡山までまだかなりの距離が・・・、岡山からも遠いのですが。

岡山県に入って、昼近くなったので昼食を食べることにしました。
DSCF8941.jpg
↑笠岡インターで下りました。
インターから15分くらい走った場所にあるのが、
DSCF8943_20121029232316.jpg DSCF8944_20121029232316.jpg
↑【しゃこ丼の店】です。店名がすごい。
ここで、しゃこ丼定食(1500円)を注文しました。
出てきたのは、しゃこ丼、しゃこ酢、しゃこの天ぷらとしゃこだらけでした。
どれも美味しいのですが、しゃこだらけだと飽きが・・・。

昼食後、笠岡インターから山陽道で倉敷インターまで移動しました。
DSCF8946.jpg
↑倉敷インターを下りて、総社市へ。

総社市で訪れたのは、備中国分寺です。
DSCF8951.jpg DSCF8955.jpg DSCF8952.jpg
↑岡山県の観光案内で、備中国分寺の五重塔の写真を良く見る気がします。
江戸時代に建築された五重塔は、重要文化財に指定されています。
人が少なく、落ち着いた雰囲気で良かったですねえ。

国分寺を見学した後、15分くらい走って吉備津神社へ。
DSCF8956.jpg DSCF8957_20121029233650.jpg
↑拝殿・本殿は、国宝に指定されています。
ここ6年前に訪れています。その時は、本殿が修復工事中で建物が見られませんでした。
今日は、そのリベンジで再訪です。きれいになっていました。

吉備津神社を参拝した後、5分くらいの場所にある吉備津彦神社へ。
DSCF8959.jpg DSCF8961.jpg
↑備前一宮になっている神社です。
吉備地方にある寺・神社は、みな落ち着いた雰囲気で良かったです。

これ以上の寄り道は、帰る時間が遅くなりそうなので、
ここから、一気に桑名へ帰ることにしました。
DSCF8962.jpg
↑途中の西宮名塩S.Aで休みました。
甘いものを食べて、再度車をひたすら走らせました。

そして、7時ころ桑名に帰ってきました。
流石に疲れましたね。
DSCF8964_20121029233704.jpg
↑買ってきたお土産です。上2つは福岡土産、
左下は広島、右下は山口土産です。

こうして、福岡バトルが幕を閉じました。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる