FC2ブログ

2013/3/2~6:ネパールの世界遺産とヒマラヤ山脈

昨年、一昨年と冬にアジアの世界遺産ある地域へ旅に出ていまして、
今年もアジアへ出かけることにしました。

行ったことがない国を色々考えた結果、
乾季で景色がよさそうなネパールへ行くことにしました。
ヒマラヤ山脈もこの時期はきれいに見られるとの事、
遊覧飛行や街からの眺めを楽しみたいと思います。

今回は、下記の旅程で旅に行く予定です。

3/2:中部空港 → (中国) → 香港 → (ネパール) → カトマンズ
3/3:カトマンズ → ヒマラヤ遊覧飛行 → カトマンズ観光 → パタン観光
3/4:カトマンズ → バクタプル → ナガルコット
3/5:ナガルコット → ドゥリケル → カトマンズ →
3/6:香港 → 中部空港

neparu.jpg←今回の旅の軌跡です
【旅程表と地図の都市名の表記が違う場合があります】
passne_20130310165208.jpg
↑今回の旅でもらった入出国スタンプなどです。
左側のページはネパールのビザです。
右側のページは、香港とネパールのスタンプがあります。

<今回の旅で訪れる予定の世界遺産>
①カトマンズ盆地(ネパール)

スポンサーサイト



2013/3/2:ネパールへ、その前に少し香港を散策です

今日からネパールの世界遺産とヒマラヤ山脈の絶景を楽しんできます。

旅行会社で申し込みをしたところ、
キャセイパシフィック航空+香港ドラゴン航空でカトマンズまで移動です。
2月に香港を訪れて、再び香港空港を利用することになりました。

中部空港9:50発のフライトで香港まで移動となります。
空港に8:20頃到着して、チェックインも無事に完了。
DSC01372.jpg DSC01373.jpg
↑キャセイパシフィック航空の機材です。1年ぶりに利用します。
2月は安さから中華航空を利用しましたが、やはり直行便がいいですね。
tokat.jpg
↑カトマンズまでの搭乗券です。

そして、ほぼ定刻どおりに出発しました。
香港までは4時間強の移動となります。
DSC01374.jpg
↑機内食はフィッシュ・ライスでした。
たれの味が非常に濃くて、ご飯が進みました。美味かったです。

中部空港から香港のキャセイは、映画が好きなときに見られません。
1回始まったら巻き戻しができない為、ひたすら見ていました。
日本語で唯一流れていたのは【クラウド・アトラス】という映画。
内容が良く分からない映画でした・・・。

現地時間の13時過ぎに香港空港に到着しました。
カトマンズ行きの飛行機は、19:10発です。
6時間くらい時間があるため、香港を少し散策することにしました。

この日は天気が悪く、ヴィクトリアピークへ行くのは諦めました。
じゃあ、香港でどこ行こうかねえ、と悩んだ結果、
香港島のビル群が見える場所へ行くことにしました。
tokowloon.jpg
↑エアポートエクスプレスの九龍駅までの往復乗車券です。
同日の往復券だとかなり安いです(通常片道90HKD)。

エアポートエクスプレスで九龍駅まで乗車して、
タクシーでティムシャーツイ駅近くまで移動しました。
そこからアヴェニュー・オブ・スターズへ。
DSC01378.jpg
↑香港ビル群を背景に、映画の道具と撮影。そして、
DSC01375.jpg DSC01377.jpg
↑ジャッキー・チェンの手形とブルース・リーの銅像と共に撮影しました。
ブルース・リーの銅像は細かいところまで作られていて、迫力ありました。
DSC01379.jpg
↑香港島のビル群を背景に。香港の天気はいまいちで、ビルの上のほうはもやっていました。
これは、ヴィクトリアピークへ行っても、何も見えないですねえ。

この後、香港の街を少し散策して、香港空港へ戻りました。
DSC01380.jpg
↑香港ドルがあまっていたため、香港空港にある許留山でマンゴースイーツを食べました。
白玉と大量のマンゴーがあるデザート、美味かった・・・。

その後、出国審査を終えて、カトマンズ行きのフライトを待ちました。
DSC01381.jpg
↑カトマンズまでは香港ドラゴン航空のフライトです。
香港から欧州系のお客さんがたくさん乗りました。
DSC01384.jpg
↑カトマンズまでの機内食です。
パスタをチョイスしたところ、マカロニのような機内食が出てきました。

カトマンズまで4時間半のフライトでした。
時差の関係で到着は、現地時間の22時頃。遅い到着でした。

空港で入国審査を終えて、ターミナルを出ると現地係員がいました。
ガイドさんの車でホテルまで移動して、本日は終了です。
明日は、朝早く起きてヒマラヤの間運手フライトに参加します。

2013/3/3:マウンテンフライトとカトマンズ観光へ

本日からネパール観光を本格的にスタートします。

まずは、ヒマラヤ山脈のマウンテンフライトを楽しむことにしました。
朝6時半のフライトで、ホテルロビーを5時半に集合とのこと。
昨夜の到着が遅かったため、かなり眠いのですが気合で5時過ぎに起きました。

ロビーで旅行会社の人と合流して、空港へ。
ホテルから空港が近いため、6時前に到着したところ空港は開いていませんでした。
10分くらい待って、中に入ることができブッダ航空のカウンターでチケットをゲット。
DSC01422.jpg DSC01388.jpg DSC01390.jpg
↑国内線ターミナルは、小さな建物でしたね。
荷物検査を終えて、待合室で待っていました。
朝早い時間の出発案内は、マウンテンフライトが並んでいました。
himalaya.jpg
↑ブッダ航空の搭乗券です。座席は手書きで決めていました。

そして、ここから苦難の待ち時間が始まるのでした。
空港の外はかなりもやっていて、視界がかなり悪そうでした。

1時間遅れの7時半くらいに呼ばれて、バスへ移動。
その後、バスが動くことなく30分くらいバスで待機。
すると係員がやってきて、空港が閉鎖されたため、
8時15分まで動かないとのこと。

仕方なく、待合室へ戻って更に待機しました。
その後8時15分を過ぎても呼ばれることなく、いらいら・・・。

そして、9時15分になってようやく呼ばれました。
(3時間遅れかよ・・・)
天気が悪いと遅れることもある、
とガイドブックにありましたが、これほどとは。

バスで飛行機まで移動して、ようやく搭乗できました。
DSC01421.jpg DSC01392.jpg
↑ネパール空軍の機材もいました。なかなかの年代ものですね。
右は搭乗したブッダ航空の機材、16人乗りと小さな機材でした。
himalayaair.jpg
↑機内でヒマラヤ山脈のパンフレットがもらえました。

9時半を過ぎて、ようやく滑走路へ。
離陸して15分もたつと、ヒマラヤ山脈の絶景が見えてきました。
DSC01416.jpg DSC01410.jpg
↑左からLANGTANG LIRUNG~PHURBI-GHYACHUの山々です。
6000mを越える山々で、雪景色がきれいでした。
またマウンテンフライトはあ、コックピットからの眺めを見させてくれます。
DSC01402.jpg DSC01407.jpg
↑折り返し点付近で撮影した、世界最高峰・エベレストです。
真ん中付近の2つ出っ張っている、左側の頂点が世界最高峰になります。
これを見ることができて、かなりの遅れがあったけど来て良かったなあと思います。

10時半頃に空港へ戻ってきて、ホテルには11時前に帰ってこられました。
朝食を食べることは出来ませんでした・・・。
戻ってきてすぐに、カトマンズ市内観光へ出発しました。

まずは、カトマンズ南部のパタン観光からです。
DSC01425.jpg DSC01426.jpg
↑カトマンズには鉄道の交通機関がなく、
道路は車やバイクがぎっしりでした。
中央線も適当なため、ぶつかりそうでしたねえ。
東南アジアから西アジアの道路は、このような場所が多い気がします。

パタンに到着後、まずは朝食兼昼食となりました。
DSC01433.jpg DSC01431.jpg
↑訪れた店は、カフェ・ド・パタンというお店です。
食べたのは、ネパール料理の定食、ダルバート・ダルカリです。
米を中心に、肉・豆・野菜などがカレーに近い味付けをされて、
それぞれご飯に乗せて食べます。少しずつ違うカレーを食べているみたいで美味い!

昼食を食べた後、パタン観光が始まりました。
DSC01439.jpg DSC01466.jpg DSC01445.jpg
↑マッラ王朝の最盛期に建築された、ダルバール広場です。
17世紀頃に建てられた、王宮や寺院が並びます。
こちらが世界遺産に指定されいます。
右の写真は王宮内の様子です。彫刻がきれいな建物がありました。

ダルバール広場を観光した後、ネパールでは数少ない五重塔がある寺院へ。
DSC01453.jpg DSC01455.jpg
↑行く途中に、湧き水を汲む場所がありました。
ネパールは上水道の事情が悪いため、湧き水を利用する人が多いそうです。
右の写真は、寺院へ向かう途中の通りです。レンガ造りの建物が並んでいました。

10分くらい歩いて、クンベシュワール寺院へ。
DSC01458.jpg DSC01462.jpg
↑こちらに五重塔があります。17世紀に建築されたそうです。
右の写真は、寺院から少し歩いた場所にあるゴールデン・テンプルです。
名前の通り、建物が金で覆われていました。こちらも彫刻が見事でした。
以上でパタン観光を終えて、カトマンズ市内へ移動しました。

市内観光最初は、スワヤンブナートです。
丘の上にある寺院で、こちらも世界遺産に指定されています。
DSC01477.jpg DSC01481.jpg DSC01476.jpg
↑仏教の建物・ストゥーパとヒンドゥー教の建物パゴタが共存する数少ない寺院とのこと。
白い大きな球体のストゥーパが印象的な寺院です。
右の写真のように、丘の上にあるためカトマンズ市内の景色も良かったです。

スワヤンブナートを見学後、カトマンズのダルバール広場へ向かいました。
DSC01488.jpg DSC01500.jpg
↑ダルバール広場へ向かう途中の通りです。
カトマンズ市内は人や車通りが多く、賑やかな雰囲気でした。
DSC01493.jpg DSC01496.jpg
↑ダルバール広場は、歴史がある建物が多く並んでいます。
たくさんの寺院やガルーダ(半鳥人)の彫刻など見所がいっぱいです。
DSC01505.jpg DSC01507.jpg DSC01517.jpg
↑ダルバール広場の中心部に旧王宮があります。
左の写真で右側の白い建物が旧王宮です。
真ん中と右の写真は、王宮内の中庭で撮影しました。
DSC01508.jpg DSC01512.jpg
↑王宮にある9階建ての建物から周囲を撮影しました。
先ほど訪れたスワヤンブナートや眼下の広場が見えました。
カトマンズは、当初5階建て以上の建物が禁止だったそうです。
そのため、建物がぎっしり並んでいる印象があります。

ダルバール広場の見学後、インドラチョークを訪れました。
DSC01521.jpg DSC01524.jpg
↑インドラチョークへ向かう通りとインドラチョークです。
チョークは交差点の意味があるそうです。
そのインドラチョークは、ものすごい人と車でした。
カトマンズ市民のパワーが感じられました。

本日の観光の最後は、クマリの館を訪れました。
DSC01529.jpg DSC01531.jpg
↑クマリの館内部です。
クマリとは、女神として崇められる少女だそうです。
ガイドさんが呼ぶと、窓から顔を出してくれました。
右の写真は、クマリの館前から旧王宮を撮影しています。
カトマンズ中心部ということで、こちらも活気にあふれていました。

こうして、本日の観光は終了です。
DSC01532.jpg
↑ホテルに戻る前に、スーパーマーケットで買い物をしました。
ホテルからタクシーで移動して利用した、バート・バハテニです。
日本円の強さを感じられるような物価で、お菓子など安かったです。

ホテルに戻って、夕食を食べました。
DSC01533.jpg DSC01535.jpg
↑スープとチキンのグリルが夕食でした。
こちらもカレーがベースの味つけでインド同じような感じだなあと思いました。

夕食を食べた後、部屋で休みました。
今日は朝がめちゃくちゃ早かったので、ゆっくり休みます。
明日は、バクタプル観光とナガルコットへ移動します。

2013/3/4:世界遺産のバクタプル、そしてナガルコットへ

ネパール観光2日目は、バクタプル観光とナガルコットへの移動です。
今日はゆっくりとした出発のため、ホテルで朝食が食べられました。
DSC01537.jpg DSC01539.jpg
↑カトマンズで宿泊したホテル・エベレストホテルです。
一応5つ星らしいですが、5つ星のパワーは・・・。
右の写真は、エベレストホテル前の道路です。たくさんの車やバイクが走っていました。
DSC01536.jpg
↑ホテルの朝食です。バイキングで種類がたくさんありました。
そして、カレー味のおかずもありました。やはりインドが近いことを感じられます。

朝食後、ホテルをチェックアウトしてバクタプルへ向かいました。
車で20分くらいで到着します。

バクタプルの入り口で車を降りて、中心部へ向かいました。
DSC01542.jpg DSC01543.jpg
↑バクタプル中心部へ向かう通りです。
昔ながらのレンガと木組みの家が並んでいました。
かつては法律で3階建ての建物しか造れなかったそうですが、
法律改正で5階まで可能になり、増築したそうです。

ダルバール広場へ向かう途中、現地の人たちが集まっている場所に出ました。
DSC01545.jpg DSC01547.jpg
↑ガイドさん曰く、祭りが行われているそうです。
先祖代々伝わる仮面に周りの人たちがお供え物を出しているそうです。
後日、その仮面をかぶって踊るそうです。
昔のネパールは、毎日お祭りをしていたそうですが、
忙しくなって1ヶ月に1回くらいしか出来なくなったそうです。

しばらく歩くと、バクタプルの名所・ニャタポラ寺院がありました。
DSC01549.jpg DSC01553.jpg
↑ネパールで最大の五重塔があります。1709年に出来た歴史ある建物とのこと。
神様の怒りを静めるため、階段の両サイドは下から強い順に
人間 → 象 → 獅子 → ガルーダ → 神様と並んでいるそうです。
DSC01554.jpg DSC01558.jpg
↑五重塔は高い場所にあり、広場の様子が眺められます。
カフェ・ニャタポラというお店(左の写真)とバイ・ラブ寺院(右の写真)がありました。

ニャタポラ寺院から少し歩くと、ダルバール広場があります。
DSC01561.jpg
↑ダルバール広場入り口付近にあるシヴァ寺院です。
DSC01563.jpg
↑中央部に来ると、王宮があります。
右の寺院はクリシュナ寺院、左の門がゴールデンゲートで、
奥の建物が55の窓を持つ建物・王宮となります。
金色の門と王宮がバクタプルのハイライトとなります。
DSC01570.jpg DSC01572.jpg
↑王宮内部には、木の彫刻が美しい門と
王が沐浴をしていた水場がありました。
DSC01576.jpg DSC01564.jpg
↑左の写真は、別の角度から王宮を撮影しています。
右の写真は、王宮からダルバール広場を撮影しました。

ダルバール広場を離れて、ダッタトラヤ寺院へ向かいました。
DSC01581.jpg DSC01582.jpg
↑寺院までの道のりは、バクタプルの目抜き通りのようで、
たくさんのお店が並んでいました。

10分くらい歩いて、ダッタトラヤ寺院に到着。
DSC01585.jpg DSC01594.jpg
↑写真奥の建物がダッタトラヤ寺院です、
左側の小屋は、お坊さんがお経を読んでいて、たくさんの人が聞いていました。
右の写真は、寺院近くにある孔雀の窓です。
ネワール彫刻の最高傑作とされるもので、1つの木から彫って作られたそうです。

孔雀の窓を見学後、昼食を食べました。
DSC01590.jpg DSC01598.jpg DSC01602.jpg
↑ダッタトラヤ寺院から広場(タチュパル広場)を撮影しました。
写真右側にあるレストランで昼食を食べました。
レストランは2階にあって、広場が見渡せました。
昼食は中華料理のいろいろなセットでした。
DSC01603.jpg DSC01610.jpg
↑昼食後、バクタプルの寺院と通りを見学しつつ、車へ戻りました。

バクタプルの観光を終えて、ナガルコットへ向かいました。
ナガルコットまで20km弱で50分くらいで到着しました。

ナガルコットに14時くらいに到着しました。
DSC01614.jpg
↑ナガルコットで宿泊するホテル、クラブ・ヒマラヤです。

ナガルコットの特徴は、ヒマラヤ山脈の眺めなのですが、
この日ももやっていて、山が全く見えません。
ナガルコットは山以外に見るものがないため、
仕方なくホテル周辺をぶらつきました。
DSC01612.jpg DSC01611.jpg
↑ナガルコットは標高2100mくらいの場所にあるため、
山道をひたすら登ってきます。
右の写真はナガルコットのバザール、お店が並んでいました。

で、見るものがなくなったため、ホテルで夕食まで休みました。
DSC01624.jpg
↑夕食の時間となり、レストランへ。
夕食は、マッシュループスープと魚のフライ、
野菜などのセットメニューでした。
ボリュームたっぷりの美味しい食事でした。

食後にガイドさんに進められて、屋上へ。
周りが暗いため、星空がきれいでした。

以上で本日の観光は終了です。
明日の朝、ヒマラヤ山脈を眺められればいいのですが・・・。

2013/3/5:ネパール滞在も最終日となりました

ナガルコットに宿泊した大きな目的は、
朝焼けのヒマラヤ山脈を見ることでした。

6時前に起きて、外を見てみると・・・、
(めっちゃ白いじゃん)風景が全く見えません。
ナガルコットにやってきた大きな目的が果たせませんでした。

早く起きても意味がなくなったので、2度寝をしました。
8時前に起床して、朝食を食べに行きました。
DSC01625.jpg
↑ナガルコットで最もランクが高いホテルらしく、朝食は種類がありました。
DSC01627.jpg
↑朝食後、屋上に出て風景を撮影しました。
本来ならバックにヒマラヤ山脈の絶景があるのですが、今日はあかんです。

ナガルコットに滞在しても仕方ないので、次の目的地へ。
ナガルコットから30km程度あるドゥリケルへ向かいました。

50分くらいでドゥリケルに到着。
ガイドさんから、100年くらい経過している家が並んでいるとのことです。
DSC01628.jpg DSC01629.jpg
↑ドゥリケルの町並みを撮影しました。
レンガ造りの結構年数が経っている建物が並んでいます。
DSC01632.jpg DSC01633.jpg DSC01638.jpg
↑左はヴィシュヌ寺院、真ん中と右は高台にあるバグワティ寺院です。
ドゥリケルの特徴は、ヒマラヤ山脈の風景がみられることですが・・・、
DSC01634.jpg DSC01636.jpg
↑やっぱり白いです。全くヒマラヤ山脈が見えません。
ドゥリケルは小さい町で他に見所がないため、すぐに観光が終わりました。
ヒマラヤ山脈の風景が見えないと、辛いですねえ。

カトマンズに戻ることになり、30kmくらい移動することに。
DSC01639.jpg
↑途中停車して撮影しました。バクタプルの町がバックにあるのですが白いです。
雨は降らないのですが、遠くが見えないと・・・。

50分くらいでカトマンズに戻ってきました。
お昼過ぎとなっていたため、昼食を食べることに。
DSC01643.jpg DSC01640.jpg
↑サンセットビューホテルにある【ヒマラヤそば処】へ。
ここの板前さんは、長野県戸隠で修業をしたそうです。
出てきた蕎麦は、本格的で美味しかったです。

昼食後、カトマンズ近郊の世界遺産・ボダナートへ向かいました。
DSC01648.jpg DSC01651.jpg
↑ネパール最大のストゥーパがある寺院です。
15世紀に再建されたもので、ネパール仏教の最大の聖地とのこと。
実際に近くで見ると、ストゥーパがめちゃくちゃでかいです。
DSC01653.jpg DSC01663.jpg
↑ストゥーパの近くに寺院があり、高台から見ることができます。
DSC01666.jpg
↑ボダナートがある前の通りは、車の数が多いです。
神聖な地の前ですが、砂煙の量が半端なかったですね。

ボダナートの観光を終えて、タメル地区へ向かいました。
ボダナートから20分くらいの移動で到着しました。
DSC01668.jpg DSC01669.jpg
↑タメル地区は、多くのホテルやお店が並んでいて、
現地の人だけでなく、外国人の姿も多かったです。

で、ここから夕食まで自由行動ということで、
4時間くらい自由行動の時間が与えられました。
DSC01671.jpg
↑ダルバール広場近くまで歩いて、そこのお茶屋に入りました。
そこで、イーラムティーなど紅茶を購入しました。
DSC01672.jpg DSC01673.jpg
↑ダルバール広場からタメル地区までにも、たくさんの寺院があります。
市場などがあって、たくさんの人でにぎわっていました。

タメル地区の散策を終えて、夕食となりました。
ネパール最後の食事は、民族舞踊を見ながらの食事とのことです。
DSC01693.jpg
↑訪れたのは、カトマンズ・キッチンというお店です。
DSC01674.jpg DSC01675.jpg
↑食事は、ネパール料理のモモ(餃子みたいなもの)や定食でした。
最後の締めくくりらしく、ネパール料理を堪能しました。
DSC01679.jpg DSC01682.jpg DSC01686.jpg
↑食事の間、民族舞踊が楽しめました。
ネパールは多民族国家で、いろいろな民族舞踊がありました。

夕食を終えて、ネパールの旅が終わりました。
夕食後、トリブバン国際空港へ移動しました。
DSC01694.jpg
↑カトマンズの国際空港は、年季が入っている空港でした。
ここで2330発香港行きの香港ドラゴン航空を利用しました。
DSC01695.jpg
↑ゲートブリッジがなく機内まで歩きでした。
fromkat 001
↑カトマンズ発の搭乗券です。

そして、飛行機は定刻どおり出発。
香港まで4時間弱のフライトです。寝る時間があまりなさそうです・・・。

2013/3/6:香港乗継で中部へ帰ります

香港までの機内は、出発直後に食事が出ました。
あまりお腹が減っていなかったのですが、強引に食べて寝る努力をしました。

その結果、香港空港到着まで1時間半くらい寝られました。
かなり眠い状況の中、香港空港で中部空港のフライトを待ちました。
DSC01696.jpg
↑香港空港のターミナルは1ヶ月前にも来ました。

中部行きのフライトは、10:30発です。
空港内でも少し寝て、搭乗口へ向かいました。
DSC01697.jpg
↑時間となって、中部空港行きのフライトへ。
この日は修学旅行生の帰りの学生さんもたくさんいました。
修学旅行が海外とはうらやましいですねえ。

定刻少し前に出発して、機内で前も見たアルゴを見ていました。
DSC01698.jpg
↑鹿児島県近くを飛行していて、桜島の噴煙が良く見えました。

そして、3時前に中部空港に到着。
今回の旅は、体調面でも大きなトラブルがなく帰ってこれました。

地上でヒマラヤ山脈の風景が見られなかったのが残念でした。
これは、またリベンジをしたくなるかもしれませんね。

ネパールの旅で購入してきたお土産

今回のネパールの旅で購入したお土産を並べてみました。

いつもの通り、食品類ばかりです。
DSC01700.jpg
↑ネパールといえば紅茶!
写真上のものは、お店で最も高級な100g600RSのシャングリラホワイトティーです。
これらはイーラムティーと呼ばれていて、インドのダージリン地方の隣にある地方です。
イーラム地方のお茶がインドに出荷されて、
ダージリンティーと呼ばれているとも言っていました。

DSC01702.jpg
↑ネパールのスーパーで購入したものです。即席麺やお菓子類です。
ネパールで作らているものは少なく、海外製のものが多かったです。

DSC01701.jpg
↑香港空港で購入した、香港限定コロンです。
マンゴープリン味とエッグタルト味がありました。
これは、美味しかったです。

自分は紅茶が大好きなので、じっくりと飲んでいきたいと思います。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる