FC2ブログ

山形県最上地方を散策してきました

今日は山形県北東部・最上地方を中心に散策してきました。
仙台から国道48号を利用して、作並温泉を経由して山形県に入りました。

そして、東根市へやってきました。
DSCF6540.jpg DSCF6541.jpg
↑左は東根市役所です、きれいで大きな建物ですね。
近くにはさくらんぼ東根駅がありました。
さくらんぼが駅名に使われているのが、山形県らしいです。

東根市に山形空港があって、3年くらい前に利用したなあとしみじみ。
空港から少し東へ走ると河北町となります。
DSCF6542.jpg
↑こちらは河北町役場です。

河北町を通り過ぎて、寒河江市にやってきました。
こちらに重要文化財の本堂がある慈恩寺があります。
DSCF6543_20190630203955161.jpg DSCF6544_201906302039577fd.jpg DSCF6545_20190630203959d42.jpg
↑慈恩寺はかつて48坊からなら大きな寺院だったそうな
本堂は重要文化財になっていて、歴史を感じますね。

慈恩寺を見学した後、車を北東へ走らせました。
DSCF6550.jpg DSCF6551.jpg DSCF6552.jpg
↑途中、村山市役所へ寄りました。
このあたりは最上川が流れています。
昔、最上川の舟下りに乗ったなあ、と思い出していました。
DSCF6553.jpg DSCF6554.jpg DSCF6555.jpg
↑次に大石田町役場へ寄って、近くの駅にも立ち寄りました。
このあたりは山形新幹線も走っているため、駅がきれいですね。
DSCF6558.jpg DSCF6560_2019063020424972a.jpg
↑こちらは、尾花沢市役所になります。
3年くらい前に銀山温泉へ宿泊したときに近くを通ったはずですね。
国道13号をさらに北上して、舟形町役場も寄っていきました。

そして、新庄市へやってきました。
山形県北部の中心都市になるのでしょう。
DSCF6561_20190630204251a8e.jpg DSCF6563_201906302042520b1.jpg DSCF6564.jpg
↑重要文化財になっている鳥越八幡神社へやってきました。
拝殿と本殿が重要文化財となっています。
駐車場からは新庄市街の眺めが良かったですね。

お昼となったので、山形名物のお蕎麦を食べることにしました。
やってきたのは、新庄市役所から近い場所にある【さぶん】というお店。
DSCF6565_201906302042550f7.jpg DSCF6566_20190630204257fad.jpg DSCF6568.jpg
↑150年の歴史があるお蕎麦屋だそうな。
お店の中もいい雰囲気が漂っています。
DSCF6567.jpg DSCF6570_201906302050032d6.jpg
↑美味しいという口コミのお蕎麦屋なので、天付きもりそばを注文。
お蕎麦単独でも美味しくて、つゆを付けて食べても美味い!
天ぷらもさくさくで美味しかったです。

美味しいお蕎麦の昼食を終えて、新庄市役所へ寄りました。
DSCF6571_20190630205004b96.jpg
市役所を寄った後、新庄市北部にある戸沢家墓所へ。
こちらは国指定史跡だそうです
DSCF6580_20190630205010a3a.jpg DSCF6576_201906302050074ed.jpg DSCF6579_20190630205009fdf.jpg
↑お隣には瑞雲院というお寺があります。
墓所には十代の藩主が眠っているそうな。
たくさんの墓所が並んでいましたね。

戸沢家墓所を見学した後、車を西へ走らせました。
DSCF6581.jpg
↑鮭川村役場へ立ち寄りました。
この日は消防訓練を実施していましたね
DSCF6584_2019063020501549b.jpg DSCF6585.jpg
↑村の名前にもなっている鮭川のほとりへ。
この川には鮭がたくさん遡上してくるみたいです。
うーん、のどかな風景が広がっています。
DSCF6583.jpg DSCF6586.jpg DSCF6587.jpg DSCF6589_2019063020560870a.jpg
↑最上三十三観音の最後・庭月観音へやってきました。
そこら中に看板があって、ふと立ち寄りました。
鐘楼はゆく年くる年で放映されたことがあるそうな。

鮭川村から少し走って、真室川町へ。
DSCF6590.jpg
↑真室川町役場はこじんまりとした感じです。
近くではイベントがあって、お店が出ていました。
DSCF6592.jpg DSCF6595.jpg DSCF6593.jpg DSCF6597.jpg
↑近くには真室川駅があります。
ちょうど、秋田行の列車がやってきて、出発していきました。
駅で写真を撮影すると、鉄道旅に出たくなります。
しかし、この列車の本数は…。

真室川町駅を離れて、金山町へ。
DSCF6600_20190630205617e23.jpg
↑北東部最後の役場へやってきました。
東北の市役所や役場はきれいなものが多い印象です。
DSCF6601.jpg DSCF6603.jpg
↑ここまで来ると、もう少しで秋田県です。
そして、先週訪れた福島からも距離があるなあ。

金山町から折り返して、13号を南下しました。
再度、新庄市へやってきて、重要文化財の旧矢作家へ。
DSCF6604.jpg DSCF6605.jpg DSCF6607.jpg DSCF6608.jpg
↑管理事務所におばあちゃんがいて案内してくれました。
最上地方の標準的な農家の家だそうです。
重要文化財ですが、雨漏りがひどくなっていて、管理が大変だそうな。
火を起こしたので、炭のいい匂いが漂っていました

旧矢作家住宅を見学した後、47号を東へ向かい宮城県方面へ
宮城県との県境に最上町があります。
DSCF6614.jpg DSCF6615.jpg DSCF6616.jpg DSCF6618.jpg
↑最上町には重要文化財の旧有路家住宅があります。
創建から300年くらい経過している、庄屋の家だったそうです。
内部も大きな部屋が並んでいる家でしたね
松尾芭蕉もここで宿泊したそうです、ここで詠んだ句が紹介されていました。
DSCF6625.jpg DSCF6624.jpg DSCF6622.jpg DSCF6623_2019063021093940f.jpg
↑近くに分水嶺があるということで寄ってみました。
堺田駅近くに分水嶺がありました。
確かに日本海側と太平洋側へ水が流れていましたね。
DSCF6628_201906302109455d0.jpg DSCF6626.jpg
↑堺田駅は陸羽東線があるのですが、
こちらの運行本数もなかなかですね…。
この辺りをローカル列車で走ろうとするくと、苦労しそうです。

最上町を散策して、国道47号を東へ走って宮城県へ。
鳴子温泉周辺は、温泉のにおいがしました。
いつかは、温泉でゆっくりしたいですね。

山形県最上地方を楽しんできました。
スポンサーサイト

福島県北部の重要文化財を回ってきました

今日は福島県北部にある重要文化財を回ってみることにしました。
仙台から国道4号を南下して、国見町を経由して桑折町へやってきました。
DSCF6428_2019062319220203b.jpg DSCF6430_20190623192204725.jpg DSCF6436_20190623192205151.jpg
↑こちらは旧伊達郡役所です。
このあたりは、かつて伊達郡と呼ばれていたんですね。
かつての名残を感じることができる建物でした。
建物からは北に延びる奥羽街道を見ることができました。
DSCF6448_201906231922102f1.jpg DSCF6441_20190623192207674.jpg DSCF6442_201906231922085f4.jpg
↑次に伊達市に移動してきました。
保原総合公園に重要文化財の旧亀岡家住宅があります。
こちらは大きな建物で、柱や欄間などお金がかかっていそうな感じ。
うーん、お金を持っている人だったんですね。

二つの重要文化財を見学した後、福島市へやってきました。
福島市は飯坂温泉は訪れたことがあるのですが、中心部付近を通るのは初めてでした。
中心部を通って、あづま総合運動公園にやってきました。
DSCF6488.jpg DSCF6477_2019062319221421b.jpg DSCF6485.jpg
↑ここには民家園があります。
福島の色々な民家が展示されていて、かつての暮らしがしのばれます。
DSCF6465.jpg DSCF6467_20190623192213af8.jpg
↑重要文化財の廣瀬座も展示されていました。
かつては色々な劇などが催されていたのでしょう。
DSCF6491_20190623192816113.jpg DSCF6492_2019062319281848a.jpg
↑少し移動すると体育館や野球場などの施設が集まる場所があります。
県営あづま球場は2020東京オリンピックの野球やソフトボール会場にもなります
オリンピック当日は賑やかになりそうな感じ。

福島市を散策した後、太平洋側へ向かいました。
川俣町、飯館村を経由して南相馬市にやってきました。
DSCF6494_2019062319281967f.jpg DSCF6495.jpg
↑南相馬市はかつては原町市だったことから、中心部の駅は原ノ町駅です。
常磐線が走っていて、かつては東京~仙台で特急が走っていたのですが…。
でも、跨線橋から線路を眺めていると、鉄道旅に出たくなります。
DSCF6498_2019062319282248a.jpg DSCF6499_20190623192824092.jpg
↑南相馬市には重要文化財の旧武山家住宅があるのですが、
東日本大震災絵の影響か見学ができませんでした。

南相馬市から相馬市へ移動して、重要文化財の神社を参拝することに。
DSCF6500_201906231928253a8.jpg DSCF6504.jpg DSCF6507_20190623192828cb2.jpg DSCF6510_2019062319471132a.jpg
↑こちらは八幡神社となります。
隋神門や拝殿・本殿が重要文化財に指定されています。
屋根が銅板なのが特徴の神社ですね。
DSCF6513.jpg DSCF6516.jpg
↑周囲にある摂社・末社も重要文化財に指定されています。
歴史あるお社がたくさんある神社でした。
DSCF6519.jpg DSCF6521.jpg
↑相馬市にはもう一か所重要文化財の神社があります。
中心部に近い相馬中村神社の拝殿・本殿が重要文化財です。
周囲には運動場もあって、市民の方々で賑わっていました

相馬市の散策を終えて、国道6号を北へ走って宮城県へ。
新地町を経由して、山元町へやってきました。
DSCF6525.jpg DSCF6530.jpg DSCF6527.jpg
↑震災遺構の山元小学校へやってきました。
津波のすさまじさを感じることができる場所でしたね。
特に2階くらいにある津波の線を見ると、当日は大変だったことをしみじみと感じます。
そして、周囲はどこも更地・・・、復興は長いですね。
DSCF6532.jpg DSCF6533.jpg DSCF6534_201906231954040be.jpg
↑さらに北上して、岩沼市の仙台空港近くにある鈴木英二さん宅にやってきました。
こちらも震災遺構となっているのですが、1階が…。
こちらも津波のすさまじさを実感してしまいます。

福島県北部の重要文化財は楽しめました
宮城県の太平洋岸にあった震災遺構は色々と感じました…。

仙台市にある震災遺構の荒浜小学校へ

仙台市に震災遺構がある聞いていて、いつかは訪れたいと思っていました。
そして、今日は少し時間があったので、そちらへ向かいました。
DSC_0229.jpg
↑仙台市若林区荒浜にある荒浜小学校が震災遺構となっています。
遠目から見ても、1階の扉などが錆びているのが分かります。
DSC_0232.jpg DSC_0233.jpg DSC_0246.jpg
↑外には周辺の様子が展示されていました。
そして、2階の柵が曲がっているのを見ると、津波の勢いを感じます。
DSC_0235.jpg DSC_0236.jpg DSC_0237.jpg DSC_0239_2.jpg
↑中を見学することができます。
1階の教室は天井まで津波が来ていて、ズタズタでした。
2階にまで津波が来ていたのを感じる線もありました。
黒板には3/18が卒業式となっていたのですが、ここでは…。
そして、かつての荒浜集落の航空写真を見ると、家がたくさんあったのが分かります。
DSC_0243.jpg DSC_0244.jpg DSC_0245.jpg
↑屋上から周囲を眺めることができました。
津波の影響で家が全くなく、更地のみ。
全てを押し流してしまった津波のすさまじさを実感しました。
DSC_0247_2.jpg DSC_0248.jpg DSC_0251.jpg
↑荒浜小学校の見学を終えて、海の方へ。
震災慰霊の碑があって、そこから荒浜小学校方面を眺めました。
家があったということが想像できない景色が広がっています。
堤防からは太平洋と仙台港方面を眺めることができました。
3/11はここから海の水が押し寄せたのですね。

東日本大震災のすさまじさを感じる場所でした。

宮城県北東部へ出かけてきました、震災から少しずつ…

今日は宮城県北東部へ出かけてきました。
大崎市鹿島台を経由して美里町へ。
DSCF6330_2019060919594496b.jpg DSCF6328_20190609195943962.jpg
↑まずは小牛田駅へやってきました。
ここは東北本線と陸羽東線、石巻線が出ている駅です。
線路が多い駅になっていました。

その後、涌谷町を経由して登米市へやってきました。
DSCF6331_201906091959466cc.jpg
↑なんとなく登米市役所を撮影。
もう少し北へ走ると岩手県になりますね。
DSCF6333_20190609195947615.jpg DSCF6336_20190609195949eee.jpg DSCF6337_20190609195951662.jpg
↑登米市には重要文化財の尋常小学校があります。
明治の香りがする建物でしたね。
DSCF6339_20190609195952877.jpg DSCF6341_2019060919595340c.jpg DSCF6342_20190609195955b04.jpg
↑学校内には当時の教室が再現されていました。
裁縫の授業もあったんですね。

登米市の重要文化財を見学した後、三陸道で一気に北上。
DSCF6348.jpg DSCF6352.jpg
↑宮城県の再北東部・気仙沼市へやってきました。
2011.3.11の東日本大震災でも流れた町ですね…。
DSCF6355_2019060920055842a.jpg DSCF6357_20190609200600f9c.jpg
↑気仙沼に到着してまずは昼食をとることに。
かもめ食堂というお店でラーメンを注文。
魚のダシが良く出ている美味しいスープでした。

昼食後は、最近開通した気仙沼大島大橋を訪れました。
DSCF6375_20190609200609898.jpg DSCF6373_20190609200607a6a.jpg DSCF6369_2019060920060120e.jpg
↑これができて、本土と気仙沼大島の往来が車でできるようになりました。
フェリーで移動するのは大変だったでしょうね。
DSCF6370_20190609200603348.jpg DSCF6372_20190609200606861.jpg DSCF6371_2019060920060437c.jpg
↑橋の上からは気仙沼市街地や唐桑方面を眺めることができました。
市街地周辺は更地が多い印象ですね。
DSCF6376_201906092006105ab.jpg DSCF6379_201906092015515aa.jpg
↑少し移動した場所では、更地が多い部分を見ることができました。
8年経過しましたが、復興道半ばという感じですね。

気仙沼を後にして、南三陸町へ移動しました。
この町も東日本大震災でよく聞きました。
DSCF6385_201906092015521bf.jpg
↑高台の住宅がある地区から撮影しました。
かなり奥まで津波が来ていたのを感じることができます。
DSCF6387_20190609201553f0c.jpg DSCF6388_20190609201555ce8.jpg DSCF6389_20190609201556ee2.jpg
↑南三陸町中心部付近に見晴らし台があって、上ってみました。
この周辺は住宅街だったそうですが…。
津波の勢いを感じてしまいますね
DSCF6393_20190609201558784.jpg DSCF6395_201906092015593cd.jpg
↑見晴らし台に大震災前後の航空写真がありました。
前後の違いがすごい…。
DSCF6404.jpg DSCF6396.jpg DSCF6403_201906092024380d7.jpg
↑見晴らし台近くにある南三陸さんさん商店街へやってきました。
こちらの商店街開店時ニュースを見ました。
写真館があって、震災当時の写真を見たのですが、色々感じる写真がたくさんありました。
DSCF6400.jpg DSCF6401_2019060920160404c.jpg
↑かつての防災拠点が見えました。
津波の勢いを感じる写真がすさまじい…。

南三陸町を見て回った後、石巻市へ向かいました。
三陸道ができているので、移動が早いです。
DSCF6417.jpg DSCF6418_20190609202447ee7.jpg DSCF6419_201906092024488d4.jpg
↑石巻市にある重要文化財・石井閘門を訪れました。
ただ、津波被害の影響か周りは工事中でした。
DSCF6413.jpg DSCF6415.jpg DSCF6414_20190609202442c23.jpg
↑石井閘門近くに小高い丘があって、周囲を見ることができました。
石巻には工場もたくさんあるみたいですね、港町を感じます。
DSCF6420.jpg DSCF6422_20190609202451721.jpg DSCF6423_20190609203601e38.jpg
↑石巻駅へやってきました。
ここには石ノ森章太郎漫画博物館があって、駅にもキャラがたくさんありました。
サイボーグ009のキャラが多いですねえ。
DSCF6426_20190609203602fa0.jpg
↑駅からのびる道にもキャラの像がありました。
石ノ森章太郎のキャラをたくさん見ることができました。

石巻市の散策を終えて、仙台へ帰りました。
宮城県北東部で色々見てきました。

プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる