FC2ブログ

2019/12/23:レンタカーで北島を南下、ワイトモ洞窟がすごかった

今日はレンタカーで南下して、
ハミルトン、ワイトモ洞窟、ファカパパ・ビレッジを回ります。

昨夜、ニュージーランドに到着して、
レンタカーで宿泊したのは、ハントリーという町です。
DSCF0743_201912241155265aa.jpg DSCF0744.jpg
↑宿泊したのは【ESSEX ARMS】というアコモデーション。
22時くらいに到着したら、フロントのおっちゃんが眠そうでした。
ハントリーは小さな町で商店が並んでいました。
DSCF0741.jpg DSCF0742.jpg
↑ハントリーの側をワイカト川が流れています。
この川の流れはゆったりですねえ。」

宿を出発して、国道1号を南下しました。
DSCF0745.jpg DSCF0753.jpg
↑ハントリーからハミルトンまでは、2車線で走りやすかったです。
国道で制限速度100kmですが、ニュージーランドの人は制限速度を守る人が多いです。

ハントリーから30分くらいでハミルトンに到着しました。
DSCF0758_2019122411562441b.jpg DSCF0764_20191224115625602.jpg
↑まずは、ロトロア湖にやってきました。
原住民の言葉・マオリ語で長い湖を意味するそうな。
大きな湖で周囲にはランニングやサイクリング、湖ではボートを楽しむ人がいました。
DSCF0760.jpg DSCF0762_20191224115628e11.jpg
↑湖の水質を示すボードがありました、どんな状態でも飲めないそうです。
色々な鳥もいましたね。

ロトロア個を見学した後、中心部へ。
DSCF0767_20191224115804b3f.jpg DSCF0768.jpg
↑メモリアルパーク近くで撮影しました。
このあたりもワイカト川が流れています。
奥にはモダンな教会が見えました。
DSCF0769.jpg DSCF0778_20191224115831ca0.jpg DSCF0777_201912241158303ff.jpg
↑メモリアルパークは戦争の戦没者を追悼する公園で、
第2次世界大戦の戦闘機・スピットファイアが展示されていました。
DSCF0771.jpg DSCF0774_20191224115827fdd.jpg
↑公園の横にはワイカト川が流れていて、
ボートの練習をする学生さんがいました。
DSCF0779.jpg DSCF0783_2019122411583195e.jpg
↑メモリアルパークのお隣は、パラナパークです。
こちらは自然が多くて、子供用の公園もありました。
DSCF0784_20191224115831eb3.jpg
↑ハミルトンの散策を終えて、最後にハミルトン駅へ。
ニュージーランドは鉄道の本数が少ないので、
利用しづらい感じがします。

ハミルトンを出発して、国道3号を南下しました。
DSCF0788_2019122412003035d.jpg DSCF0790_201912241200307f6.jpg
↑次の目的地はワイトモ洞窟です。
ハミルトンから結構な距離なんですよね。
DSCF0791_20191224120031af3.jpg DSCF0793_201912241200325fe.jpg DSCF0797_20191224120034c2d.jpg DSCF0799.jpg
↑ワイトモ洞窟までの風景がきれいでしたので、少し車を停めて撮影。
北海道のような風景で牛がたくさんいます。
ポプラみたいな木々が並んでいるのもいいですねえ。

ハミルトンから1時間くらいでワイトモ洞窟に到着しました。
DSCF0800_20191224120038dbe.jpg
↑こちらはワイトモ洞窟の博物館。
ここでチケットを買うのかと思ったら、
更に奥へ走った建物でもチケットを売っていました。
DSCF0801_20191224120047ddb.jpg
↑こちらがワイトモ洞窟の入り口となる建物です。
こちらでチケットを購入、55NZDでした。
DSCF0803.jpg DSCF0804.jpg
↑ここの洞窟は、ツチボタルが見られます。
これが見たくて、やってきました。
出発時間がチケット購入後45分後だったので、野菜パイを昼食にしました。
これ1個で8ニュージーランドドルは高い気がする。
DSCF0807_2019122412031541b.jpg DSCF0808_20191224120315e4e.jpg
↑時間となって、ガイドさんと一緒に洞窟内へ。
最初は鍾乳洞の紹介が続きます、英語ガイドだとつらいです…。
最後に小船に乗って、ツチボタルの見学へ。
これが天井にびっしりとツチボタルが光っていて、きれいでした。
写真撮影できないのが残念でしたね。
WAITOMO.jpg
↑パンフレットの写真を。
生で見るツチボタルの風景はきれいでした。

ワイトモ洞窟を見学後、3号線、4号線を南下しました。
DSCF0813_2019122412031795f.jpg DSCF0814.jpg DSCF0821_201912241203203fe.jpg DSCF0823.jpg
↑次はナショナル・パークという町へ。
このあたりから山間の道となります、風景がきれいでしたね。
牛や羊がたくさんしいくされていました。
DSCF0827_20191224120323bcb.jpg
↑更に走ると、世界遺産・トンガリロ国立公園が近づいてきます。
北島の最高峰・マウント・ルアペフが見えてきました。
ニュージーランドは夏ですが、しっかり雪が残っていますね。

ワイトモ洞窟から1時間半くらいでナショナルパークに到着。
DSCF0829_20191224120330d6a.jpg DSCF0828_20191224120324680.jpg
↑ここで利用する宿は【howard's mountain lodge】です。
フロントにはトンガリロ国立公園のきれいな写真がありました。

チェックインして荷物を置いた後、ファカパパ・ビレッジへ出かけました。
DSCF0833_201912241203339ef.jpg DSCF0834_20191224120540416.jpg
↑ファカパパ・ビレッジの道中で
マウント・ルアペフ、マウント・ナウルホエがきれいに見えました。
マウント・ナウルホエは富士山みたいな感じですね。
DSCF0836_20191224120610956.jpg DSCF0840_20191224120631079.jpg DSCF0841_20191224120629fa4.jpg
↑ファカパパ・ビレッジの手前にタウハイの滝があります。
道を走っていると、水に気がつかなかったのですが、
けっこうな水量で流れていました。
DSCF0842.jpg DSCF0844_201912241206123c7.jpg
↑ファカパパ・ビレッジの前でマウント・ナウルホエと撮影。
このあたりがきれいに見える気がします。
奥にはファカパパ・ビレッジの建物やマウント・ルアペフが見えました。
DSCF0847_20191224120631518.jpg DSCF0848_201912241206310aa.jpg DSCF0845_20191224120612e4f.jpg DSCF0846_2019122412063004c.jpg
↑ファカパパ・ビレッジの看板と観光案内所です。
案内所の中には、明日歩く予定のトンガリロ・アルパイン・クロッシングの
展示や模型がありました。明日は19km強の長い距離を歩くことにしています。
ものすごく疲れそうな予感がしますね。
DSCF0849_20191224121008dee.jpg DSCF0852_20191224121009f8e.jpg DSCF0854_20191224121010eed.jpg
↑観光案内所奥にあるリッジ・トラックを歩きました。
奥まで歩くと、ファカパパ・ビレッジ方面は素晴らしい景色でした。
マウント・ナウルホエ等の山については、うーん、いまいちかも。
ガイドブックにはきれいに見えるとあったのですが…。

ファカパパ・ビレッジの散策を終えて、ナショナルパークへ戻ってきました。
DSCF0855_20191224121011031.jpg DSCF0856_2019122412101348a.jpg
↑ナショナルパークにも鉄道が走っていて、駅があります。
このあたりは1日何本、鉄道がはしっているのでしょうか…。
DSCF0858_201912241210169d3.jpg DSCF0857.jpg
↑夕食はナショナルパークのホテルに併設したレストランで。
他のお店を候補にしていたのですが、どうも建物が売りに出ているみたいでした。
で、注文したのはハンバーガー。
かなりのボリュームが出てきて、美味しかったです。
ちと、食べるのが辛かったかも。

明日はトンガリロ・アルパイン・クロッシングをする為、
朝早くおきて、行動することになります。
今日は早めに寝ることにします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる