FC2ブログ

2019/12/30:帰国する日となりました、オークランドを観光して日本へ

今日でニュージーランドの旅が最終日となり、
日本へ帰国となります。
21時前のフライトでオークランドを出発するので、
夕方までオークランドを散策することにしました。
DSCF2069_2019123122010788a.jpg
↑オークランドで宿泊したのは、ベース・オークランドという宿。
バックパッカーの宿という感じで、若い人たちがたくさん泊まっていました。
シャワー付の部屋でお安く泊まれるのは、ここしかありませんでした。
お部屋はなかなか汚れている感じで、安く宿泊するだけなら、という感じです。

宿をチェックアウトして、オークランド散策へ。
DSCF2070_201912312201115e5.jpg DSCF2074_201912312201152b5.jpg
↑クイーンストリートをフェリーターミナル方面へ歩きました。
フェリーターミナルに近づくと、ブランドショップが増えてきて、
繁華街という雰囲気になってきます。
DSCF2075_20191231220115ed9.jpg DSCF2078.jpg DSCF2081_20191231220116feb.jpg
↑フェリーターミナルからデボンポート行きのフェリーに乗船しました。
フェリーからは、オークランドの町並みや
ハーバーブリッジを眺めることができました。
スカイタワーが良く見えます。
AT HOP
↑オークランド市内のバス、フェリー、鉄道利用には、AT HOPカードがあると便利です。
10NZDがカードを購入しないといけませんが、1乗車の料金も安くなります。

フェリーは10分くらいで対岸のデボンポートに到着。
DSCF2086_20191231220119236.jpg DSCF2093_20191231220120a00.jpg DSCF2094_2019123122012157a.jpg
↑フェリーターミナルからマウント・ビクトリアへ向かって歩きました。
山の上からは、オークランドの北部にある住宅地や
オークランド中心部の眺めが良かったです。
曇っていなければ、もっと良かったのですが。
DSCF2096_2019123122012293a.jpg DSCF2097.jpg DSCF2098_20191231220658a0f.jpg
↑デボンポートはヨーロッパ人が最初に居住した地域の一つで、
当時の建物が残っています。
このあたりは、イギリスらしい雰囲気ですね。
DSCF2099_20191231220700872.jpg DSCF2102.jpg
↑フェリーターミナルに戻ってきて、帰りのフェリーに乗ることに。
ターミナル付近からはオークランドの港が良く見えます。
DSCF2103.jpg DSCF2104_2019123122070239d.jpg
↑フェリーに乗って、オークランド中心部とデボンポートを撮影。
さくっと船旅を楽しんで、中心部へ戻ってきました。
DSCF2108_20191231220705687.jpg DSCF2105_20191231220704895.jpg
↑オークランド中心部のフェリーターミナルです。
利用した船は、帰りは混んでいました。

中心部に戻って、ダウンタウンを散策します。
DSCF2109_20191231220707054.jpg
DSCF2110_201912312207080b3.jpg
↑フェリーターミナル前のクイーンストリートです。
このあたりは、繁華街という雰囲気ですね。
すぐ近くに近郊列車が走っている、ブリトマート駅があります。
DSCF2112.jpg DSCF2113_20191231221401c84.jpg DSCF2115.jpg
↑ブリトマート駅東側は、おしゃれな店が並んでいる地区です。
このあたりは高層ビルが多く、
工事中のビルも多かったので、更に発展しそうです。
DSCF2118_20191231221403a8b.jpg DSCF2119_202001010838333be.jpg
↑ブリトマート駅北側のカスタムストリートです。
このあたりは歴史がある建物が残っている感じです。
バスもたくさん走っていて、交通の要衝ですね。
DSCF2122_20200101083836d81.jpg DSCF2123_20200101083841deb.jpg DSCF2124_202001010839027f9.jpg
↑再びクイーンストリートへ。
世界の色々な場所で見るお店が並んでいます。
お店が開いて、賑わっています。

クイーンストリートからインナーリンクというバスを利用して、
ポンソンビー地区へ移動しました。
DSCF2133_202001010838505ce.jpg DSCF2130_20200101083850d10.jpg DSCF2137_20200101084041891.jpg
↑この地区は、オークランドきってのおしゃれ地区だそうな。
服飾関係のお店やレストランが多かったですね。
ナイトクラブも集まっていて、夜も賑わうそうです。
DSCF2139.jpg
↑ポンソンビーセントラルという、お店が集まる場所がありました。
この近くからバスを利用して、ウィンヤードクオーターへ向かいました。

ウィンヤードクオーターはダウンタウン西のウオーターフロント地区です。
DSCF2151_202001010840454a9.jpg DSCF2153_20200101084049c0b.jpg DSCF2155_20200101084049665.jpg
↑高い場所からフィッシュマーケットやおしゃれな建物が見えます。
ハーバーブリッジも見えました、たくさんの車が走っているなあ。
港には歴史があるヨットも停められていました。
DSCF2158_202001010840527ad.jpg DSCF2159.jpg
↑この地区にはレストランが多いです。
海産物を扱う店が並んでいましたね。
DSCF2160_20200101084100e73.jpg DSCF2161_20200101084059e56.jpg DSCF2162_20200101084344ced.jpg DSCF2163_20200101084345737.jpg
↑フィッシュマーケットに入ると、お魚が色々なお店で売られています。
魚を選んで、調理してもらうことも可能ですが、
自分はニュージーランドらしく、フィッシュ&チップスを昼食にしました。
うん、揚げたての魚が美味いです。
DSCF2164_20200101084347a9c.jpg DSCF2165_2020010108434899b.jpg DSCF2166_202001010843497d5.jpg
↑昼食を食べた後、ウィンヤードクオーター東側へ。
ここには可動橋があって、ヨットが通ると橋が上がります。
スカイタワーなどのダウンタウンもきれいに見えました。

ウィンヤードクオーターを散策した後、バスでダウンタウンへ。
DSCF2170_20200101084353a51.jpg
↑シビックシアター付近を撮影しました。
スターウォーズ最終章など、日本と同じようなラインナップです。
DSCF2174_20200101084355a93.jpg DSCF2173.jpg DSCF2178_202001010843564c6.jpg
↑そこから少し歩いて、アルバート公園へ向かいました。
オークランドはクイーンストリートから両サイドは坂になっています。
アルバート公園は、花が多い公園です。
天気が良ければきれいだったのでしょう。
DSCF2181_20200101084357cd9.jpg DSCF2183_20200101084559156.jpg
↑アルバート公園から少し歩くと、オークランド大学があります。
1883年創立で大きな大学でした。
年末ということで、大学は閉まっていましたね。

オークランド大学から更に歩いて、オークランドドメインへ。
DSCF2187.jpg DSCF2188_20200101084601da0.jpg
↑火山活動で形成された丘で、このような丘がオークランドにはたくさんあります。
ボウリング場と書かれている場所があったのですが、
どう見ても、日本でするようなボウリングではないですね。
DSCF2189_2020010108461017f.jpg DSCF2192_20200101084615c64.jpg
↑木々に囲まれた道を登っていくと、
オークランド戦争記念博物館があります。
ここではマオリショーが見られるそうですが、時間がなく断念しました。

オークランドドメインを下って、
線路を越えると、パーネル地区になります。
DSCF2194_20200101084617970.jpg DSCF2200.jpg DSCF2201_20200101084616139.jpg DSCF2204_202001010846195a8.jpg
↑このあたりは、オークランドで最も古い住宅地で、
ビクトリア様式の建物が残っている地区です。
地元アーティストのギャラリーなど個性的なお店が並んでいます。
DSCF2203_20200101084619feb.jpg DSCF2205.jpg
↑パーネル・ビレッジという白壁の建物には、ブティックが集まっています。
向かいには、1883年に建てられた歴史がある建物がありました。
DSCF2207.jpg DSCF2210_202001010848000d1.jpg DSCF2209_20200101084759aa0.jpg
↑こちらは、ホーリートリニティ大聖堂です。
年末は午前中しか開館しておらず、内部は見学できませんでした。
内部を覗いてみると、マオリ文化のステンドグラスも見えました。

パーネル地区の散策を終えて、バスでニューマーケット地区へ。
DSCF2218_20200101084810a5b.jpg DSCF2214_20200101084805b46.jpg DSCF2213_20200101084803297.jpg
↑こちらは市場があるわけではなく、
デパートやお店が並ぶ商業地区となっています。
ブロードウエイというニューヨークで聞きそうな通りにお店が並んでいます。
近くのナッフィールドストリートにおしゃれな店が並んでいました。
DSCF2211_202001010848016c6.jpg DSCF2215_20200101084810d66.jpg DSCF2216_20200101084810b4f.jpg tujiri.jpg
↑ウエストフィールドというデパートに入ると、
日本の辻利がありました。
猛烈に抹茶白玉パフェが食べたくなり、注文。
抹茶味のアイスと白玉を食べると、なんかほっとします。
お値段は800円弱、まあこんなものでしょうか。
DSCF2220_20200101084946ae0.jpg DSCF2221_20200101084947dca.jpg DSCF2223_20200101084949c11.jpg
↑ニューマーケット地区の散策を終えて、
ダウンタウンでへ列車で戻ることにしました。
ニュージーランドで初めて、鉄道を利用しました。
ブリトマート駅には10分弱で到着しました。

ブリトマート駅近くからバスを利用して、
スカイタワーへ向かいました。
DSCF2249_2020010108522718e.jpg DSCF2246_20200101085224839.jpg DSCF2247_20200101085224001.jpg
↑昼間のスカイタワーを撮影しました。
実は、カメラを落としてしまって、フラッシュが使えなくなり、人間が暗くなってしまいます。
スカイタワー前のビクトリアストリートには、レストランが多いです。
DSCF2226.jpg DSCF2228.jpg
↑お昼の展望台からの眺めも素晴らしいです。
ダウンタウンの高層ビル群や西側の住居地区が見えます。
DSCF2230.jpg DSCF2237_20200101085001a47.jpg
↑南は、少し前に上ったワントゥリーヒルがなんとか見えます。
西はハーバーブリッジの景色がきれいでした。
DSCF2240_202001010850013a7.jpg
↑自分を入れて撮影しようとしましたが、
真っ暗になってしまいましたね…。
DSCF2245.jpg DSCF2244.jpg
↑スカイタワーが入っているビルは、ホテルやカジノが入っています。
なんか、マカオに行きたくなってきました。
skytower.jpg
↑スカイタワーは1回目は32NZDですが、
24時間以内の2回目は4NZDで上れます。

スカイタワーの見学を終えて、オークランド観光は終了です。
空港へ向かうことにして、荷物を取りに宿へ。
DSCF2251_20200101085227f31.jpg
↑宿の前の通りです。
このあたりも賑わっていました。

宿の近くにスカイバスの乗り場があって、それに乗車しました。
そして、50分くらいでオークランド国際空港に到着しました。
DSCF2252.jpg
↑オークランド国際空港の国際線ターミナルです。
ヨットーをモチーフにした建物だそうです。

中華航空で台北までの航空券しかもっておらず、
日本へのチケットを見せたのですが、
日本語のチケットを出してしまって、
チェックインにてこずったのですが、なんとか終了。

出国審査は、日本人の場合、機械で審査をしてくれるので、
すぐに終わりました。
DSCF2254_20200101085230735.jpg DSCF2256.jpg
↑オークランド空港の免税店はきれいですね。
DSCF2259_20200101085233331.jpg
↑そして、台北行きのフライトへ。
これまた、オーストラリアのブリズベン経由なので、
台北までが長いです。

飛行機は定刻どおり出発して、ブリスベンへ。
DSCF2261_20200101085236126.jpg
↑機内食はチキンライスにしました。
中華航空の機内食は、やはり安定しています。
機内では、もう1本アベンジャーズの映画を見ていました。

飛行機は定刻どおり、ブリズベン空港に到着。
DSCF2262_20200101085412ef7.jpg
↑往路は明るい時間帯のブリズベン空港でしたが、
復路は夜に到着するんですね。
DSCF2264_20200101085721595.jpg
↑そして、台北行きのフライトに搭乗しました。
この飛行機内はできるだけ寝たいものです。
to NGO
↑台北経由名古屋までの搭乗券です。
中華航空とタイガーエアを利用します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる