FC2ブログ

大内宿と猪苗代町は雪がすごかったです

今日は、会津若松から大内宿と猪苗代町を散策します。
DSCF8728_20200223202707b07.jpg DSCF8727_2020022320270693f.jpg
↑会津若松駅前のホテルに宿泊して、外を見ると天気が良くないです。
雪が降ると言っているのですが、雪がない会津若松も積もるかな?

ホテルで朝食を食べたのち、チェックアウトして会津若松駅へ。
DSCF8729.jpg DSCF8730_202002232027109ad.jpg
↑7時52分発の会津田島行きの会津鉄道に乗車しました。
西若松までがJRでその先が会津鉄道になりますね。
列車は地元の子供たちが描いた絵がモデルだそうな。

会津若松から40分くらいで、湯野上温泉駅に到着しました。
DSCF8732.jpg DSCF8731_202002232027122af.jpg
↑駅舎が茅葺き屋根で昔の雰囲気を感じます。
駅舎内にも囲炉裏があって、暖かったです。
このあたりだと、しっかり雪が降っています。
DSCF8734_20200223202715749.jpg
↑大内宿行きのバスが出るまで1時間くらいあるので、
駅周辺を散策しました。
駅の近くには、露天風呂の宿がありました。
DSCF8737_20200223202716319.jpg DSCF8738_20200223202718cb1.jpg
↑少し歩くと、阿賀川に架かる橋があります。
ここから湯野上温泉の宿が見えました。
天気が良ければ、渓谷がきれいだったのでしょうが、
雪が降っていて、見通しが悪いです…。

時間となって、駅近くのバス停へ。
DSCF8739_202002232027199a9.jpg DSCF8767_20200223204459761.jpg DSCF8768_20200223204501d21.jpg
↑大内宿行きのバスは、本数が少ないです。
時間を合わせないと、まずいですね。
バスはハイカラの雰囲気でした。

湯野上温泉駅からバスで20分くらいで大内宿に到着しました。
DSCF8742_2020022320430241d.jpg DSCF8750_20200223204309089.jpg
↑大内宿は景色が一変します。
かなり雪が積もっていて、東北の冬を感じます。
雪の降り方もひどかったですね。
DSCF8743_20200223204303b43.jpg DSCF8746_20200223204304efc.jpg DSCF8747_202002232043063b2.jpg DSCF8749_20200223204307164.jpg
↑大内宿本陣を訪れました。
下野街道の宿場町として、当時は栄えたそうです。
本陣内は囲炉裏に火が入っていますが、寒いです。
畳の部屋がありますが、冬の宿泊は辛そう…。
DSCF8754_20200223204310293.jpg
↑本陣の後、見晴らし台に向かいました。
下から見ても、山があまり見えないので、
景色を期待していなかったのですが、やはり視界が悪いです。
茅葺き屋根に雪がのっている景色はあるのですが、
これだけ視界が悪いと…。
DSCF8761.jpg DSCF8764_202002232044577b6.jpg DSCF8766_20200223204458e6e.jpg
↑山から下りて、少し時間がたつと、少しだけ視界が良くなりました。
とはいえ、しっかり雪が降っているので、見づらいですね。
DSCF8759_20200223204312fbd.jpg DSCF8763_2020022320431507e.jpg
↑せっかくなので、自分も撮影。
茅葺き屋根に雪がのった大内宿を散策しました。
しかし会津若松とは景色が全く違うなあ。

帰りもバスで湯野上温泉駅へ。
DSCF8769_20200223204502b41.jpg
↑行きよりも駅周辺の雪が積もっていました。
大内宿であれだけの雪だったので、このあたりも降りますね。

湯野上温泉駅から会津若松駅へ会津鉄道で移動しました。
DSCF8770_20200223204504c99.jpg
↑昼食を食べようと思い、コメダ珈琲へ。
名古屋の味・小倉トーストが食べたくなり、やってきました。
久しぶりに食べる小倉トーストは美味しかった。

昼食後、再び会津若松駅へ。
DSCF8771_2020022320450544a.jpg DSCF8772_2020022320450761d.jpg
↑磐越西線で郡山行の列車に乗りました。
会津若松には、やはり雪がないですねえ。

猪苗代駅で降りると、外はすごい雪でした。
野口英世記念を訪れることにしていたのですが、
バスの時間がないので、タクシーで移動しました。
タクシーの運ちゃんからは、
「会津若松とは気温が3度くらい違うから、こっちは雪が降るよ」
とのこと。でも、例年よりは雪が少ないそうな。
DSCF8787_20200223204721abb.jpg DSCF8774_20200223204508b78.jpg
↑野口英世記念館にやってきました。
かなり昔に訪れた記憶があるのですが、こんな建物だったかな。
DSCF8775_20200223204510f67.jpg DSCF8777.jpg DSCF8776.jpg
↑野口英世の生家は、前も見た記憶があります。
生家の前には、野口英世の母が洗い物をしていた水路がありました。
DSCF8779_20200223204712b0e.jpg DSCF8780_20200223204714ddf.jpg
↑生家には野口英世が落ちてしまった囲炉裏や、
東京に出発する際に文字を掘った柱がありました。
DSCF8786_2020022320472001d.jpg
↑記念館の中には、東京に出発するときに彫った言葉がありました。
「志を得ざれば 再び 此地を踏まず」
不退転の決意で出発したのですね。
DSCF8781_20200223204715b10.jpg DSCF8783_202002232047179eb.jpg
↑野口英世の恩師がそろった写真や
海外での研究の様子が展示されていました。
医学を目指した様子や研究室の様子など、
面白い展示がありました。
DSCF8784_20200223204718cb9.jpg
↑野口英世のロボットがありました。
この展示は、前回なかったですね。

野口英世記念館の見学を終えて、会津民俗館へ。
DSCF8788.jpg
↑行こうとしたのですが、冬季は閉館しているみたいです。
ここの重要文化財を見たかったのですが…。
暖かい時期に訪れるしかなさそうですね。
DSCF8789_20200223204849097.jpg DSCF8790_20200223204850860.jpg
↑外は少しだけ天気が良くなっていました。
しかしながら、磐梯山は全然見えなかったです。
雪の磐梯山を近くから見たかったのですが…。
国道49号も雪景色です。
DSCF8793_202002232048525a8.jpg DSCF8791_20200223204851e59.jpg
↑少しだけ天気が良くなって、野口英世記念館の建物を撮影しました。
バスの出発まで時間があるので、少しだけぶらぶらしました。
DSCF8794_20200223204854bc5.jpg
↑バスの出発前は、雪が強くなっていました。
視界が一気に悪くなって、寒くなってきました。
猪苗代町で冬の東北を感じましたね1。

バスに乗車して、猪苗代駅へ移動しました。
タクシーだと2000円くらいするのですが、バスだと300円。
やはり、バスで往復したかったですね。
DSCF8796.jpg
↑猪苗代駅まで移動したバスです。
休日だと、野口英世記念館から1日3本しかバスがないです。
DSCF8799_20200223204858826.jpg DSCF8798_20200223204857a3a.jpg
↑猪苗代駅は磐梯山のスキー客がたくさん利用していました。
磐梯山のスキー場も、今年は雪不足で営業が大変だそうです。
猪苗代駅から会津若松まで快速で移動することに。
DSCF8800_20200223204900d65.jpg DSCF8801_20200223204901f5b.jpg
↑猪苗代駅のホームもたくさん雪がありました。

猪苗代駅出発は強風の影響で10分くらい遅れて出発しました。
DSCF8802_20200223205055351.jpg
↑会津若松に到着後、
ホテルの荷物を回収して喜多方行きの列車に乗りました。

会津若松から15分くらいで喜多方に到着しました。
駅から熱塩温泉の宿のバスが迎えに来てくれていました。
駅から20分くらいで熱塩温泉の宿「ふじや」に到着しました。

到着後は、さっそく温泉で疲れを癒しました。
源泉かけ流しの温泉は癒されます。
DSCF8803_20200223205056dbc.jpg DSCF8807_20200223205058efb.jpg DSCF8813.jpg
↑温泉に入った後、夕食です。
部屋食で提供されて、ゆっくり食べることができました。
お釜の炊き立てご飯に、いろいろな料理があって、美味しくいただきました。

大内宿や猪苗代町は寒かったので、温泉で暖まろうと思います。
やはり、温泉はいいなあ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる