FC2ブログ

2017/12/29:カタールを一日観光しました

昨夜のドーハ到着が遅かったので、
朝がかなり眠かったのですが、なんとか起きました。
今日はカタールを1日観光します。
DSCF7546_2017123003281863f.jpg
↑ドーハで利用したのは、ドーハダイナスティホテル。
1泊4000円弱と安かったのですが、やはり値段なりのホテルという感じです。
DSCF7543_20171230032812d86.jpg DSCF7542_20171230032809f3c.jpg
↑ホテルに朝食がない為、近くの店に食べに行きました。
適当に入ったお店でチキンカレーとパンを食べました。
オレンジジュースも付けて、12QAR(1QARは約30円)と安かったです。

朝食を食べた後、バスで世界遺産のズバラフォートへ向かうことにしました。
DSCF7544_20171230032814dd7.jpg DSCF7545_20171230032816ea7.jpg
↑バスターミナルまで、工事中だらけです。
ガイドブックにもあったのですが、工事が終わったらドーハはすごそう。
DSCF7547.jpg DSCF7540_201712300328040a6.jpg
↑ホテルの近くにアル・ガニムステーションがあります。
ここから100番のバスに乗車して、ズバラフォートへ向かいました。

バスは9時半の定刻に出発しました。
DSCF7553_201712300328227c9.jpg DSCF7554.jpg DSCF7559_201712300328257c1.jpg
↑市街地はそこらじゅうで工事しています。
規模が半端ないので、オイルマネーがあるんだろうなあ。
遠くには外交地区の高層ビル群が見えました。
DSCF7570.jpg DSCF7572.jpg DSCF7577_20171230034049d69.jpg
↑途中にはIKEAがありました。
ぱっと見、めっちゃ空いていそうです。
周辺の住宅は真っ白のものばかり、中東っぽいですね。
更に走ると、家がなくなって、ひたすら大地でした。

ドーハから2時間程度でズバラフォートに到着しました。
DSCF7584_20171230034052a30.jpg DSCF7588.jpg DSCF7590.jpg
↑回りには何もない場所で、こんな場所に要塞をよく造ったものです。
この要塞は世界遺産に指定されています。
1938年に沿岸警備の為に造られたそうです。
ここは、観光客がたくさん訪れていました。さすが、世界遺産。
DSCF7601.jpg
↑ラクダもいて、観光客を乗せていました。
これも中東らしい光景ですね。

1時間くらいして、帰りのバスが来る予定だったのですが、なかなか来ませんでした。
ここのバスは1本逃すと、かなりまずい展開になるので、
ドキドキしていましたが、40分遅れでバスが来ました。
DSCF7606.jpg DSCF7604_2017123003410671e.jpg
↑ドーハ市内の様子を適当に撮影。
人を見ていると、出稼ぎの外国人が多いなあと感じます。

ドーハ市内に戻って、スークワキーフへ向かいました。
DSCF7608_20171230034112258.jpg
↑スークの入口です。
ここからだと様子が分からないのですが、中に入ると賑やかになります。
DSCF7613.jpg DSCF7611.jpg DSCF7612.jpg
↑ここで、昼食か夕食か良く分からないのですが、食事をとりました。
【TAJEEN】というモロッコ料理のお店へ。
モロカンサラダとキョフタのタジンを注文。
サラダはモロッコを思い出す味でした。
タジンも美味しかったですね。
tajin rest
↑お値段もまあ、それなりに(2100円強)でした。
DSCF7614_20171230034611089.jpg DSCF7616_20171230034621e7f.jpg DSCF7617.jpg
↑食事後は、スークワキーフをぶらぶらと歩きました。
イスラム圏だと金曜日が休みなので、
その影響もあるのでしょうが、人の数がすごいです。
レストランはどこも混んでいました。
DSCF7619_20171230034632491.jpg DSCF7620_201712300346346f2.jpg
↑スーク内のお店はのんびりした感じです。
こちらも物によって、固まってお店があります。
これは中東っぽい雰囲気ですね。
DSCF7621.jpg DSCF7622_20171230034640cf4.jpg
↑更にスークを歩くと、ダウ船の展示がありました。
スークの端から端までたくさんの人で賑わっていました。

スークをぶらぶらした後、コルニーシュ(海岸線)へ。
DSCF7624_20171230035239a6d.jpg DSCF7627.jpg DSCF7628_20171230035244f88.jpg
↑コルニーシュから遠くに外交地区の高層ビル群が見えます。
なんとなく香港を思い出しました。
近くには、真珠のモニュメントがあります。この近くで真珠がとれるんですね。
右の写真の螺旋状のミナレットがあるのは、イスラム文化センターです。
DSCF7631.jpg DSCF7632.jpg
↑お休みということもあって、コルニーシュは出稼ぎ外国人で一杯です。
船に集まって、ダンスなどを楽しんでいました。
休日は集まって、みんなで楽しんでいるんですね。

コルニーシュを歩いて、イスラム芸術博物館へ向かいました。
DSCF7634.jpg
↑芸術博物館近くの道案内です。
クウェートもそうでしたが、道案内でめっちゃ大きいです。
DSCF7644.jpg DSCF7641.jpg DSCF7648_20171230035308b72.jpg
↑イスラム芸術博物館は、2008年に開館していて、
建物のデザインが幾何学的ですね。
テラスからは夕暮れのドーハ市内が見えました。
日の入り前の風景が美しいです。
外交地区の高層ビル群もよく見えました。
DSCF7674.jpg DSCF7681_20171230035452a25.jpg
↑館内はものすごく広くて、照明もイスラムチックです。
DSCF7656.jpg DSCF7658.jpg DSCF7662.jpg DSCF7667_20171230035439cea.jpg
↑中にはイスラム芸術品がたくさん展示されています。
カーペットやタイル、貴金属やセラミックなど、すごい数でした。
これで無料なので、太っ腹ですね。
DSCF7676_20171230035446168.jpg DSCF7680.jpg
↑日が沈んでからは、ドーハ市内や外交地区の夜景が見えました。
夜景もいいですねえ。
DSCF7682_20171230035454e97.jpg
↑博物館がライトアップされていました。
金曜日は20時まで開館しているので、遅くても大丈夫でした。

外交地区の高層ビル群を近くで見たくなったので、
777番のバスを利用して、外交地区へ向かいました。
DSCF7691.jpg DSCF7694.jpg
↑外交地区の公園から高層ビル群の夜景を撮影しました。
ライトアップされていて、きれいでしたね。
なんとなく、香港を思い出しました。
DSCF7693_2017123003550114b.jpg
↑公園には滝があって、海を利用してやっているのでしょう。
雨が少ししか降らない場所ですが、オイルマネーでなんとかしていそう。

外交地区の夜景を楽しんだ後、スークワキーフへ戻ることに。
バスがいつ来るか怪しいので、タクシーをつかまえました。
DSCF7696_20171230040621cec.jpg DSCF7699_2017123004062451e.jpg
↑スークワキーフ公園に戻ってきて、周辺の夜景を撮影。
イスラム文化センターやイスラム芸術博物館の夜景がきれいです。
DSCF7704_20171230040627c00.jpg
↑こちらは首長の館。おおきな建物ですねえ。
近くにクロックタワーやグランドモスクの大きなミナレットが見えます。
DSCF7707_2017123004062930c.jpg DSCF7709_201712300406305c1.jpg
↑少し歩くと、行進している人たちがいました。
楽器を鳴らしながらの行進で、賑やかでした。
右はドーハ・フォートです。こちらもライトアップされていました。
DSCF7711.jpg DSCF7712.jpg
↑夜のスークワキーフは昼間よりも人の数がすごいです。
人口密度が高すぎて、歩くのも大変でした。
DSCF7713_201712300406426d8.jpg
↑別の楽器を鳴らしながら、動く人たちです。
アラブ人らしい格好がいいですね。

スークワキーフを散策した後、ホテルへ戻ることにしました。
DSCF7716.jpg
↑スーク・アルナジャダという場所です。
こちらは工事を終えたばかりみたいで、お店がまだ入っていませんでした。
こちらもオープンしたら、大混雑しそう。

以上で、本日の観光は終了です。
明日の午前中はドーハ市内を観光して、
その後、オマーンへ向かいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる