FC2ブログ

2018/1/1:オマーンで新年を迎えました、そしてニズワ周辺の世界遺産へ

オマーンのニズワで新年を迎えました。
一応、日が変わるタイミングで外の音を気にしていましたが、
何も聞こえませんでした。
イスラム圏のせい?、それとも、ニズワが小さい町だからでしょうか?

今日は、ニズワ周辺の世界遺産を観光します。
DSCF7974_20180102013054eb7.jpg DSCF7973_20180102013046b9f.jpg
↑ニズワで利用したのは、マジャン・ゲストハウスです。
朝食もあって、良かったです。

宿をチェックインして、高速道路を西へ走りました。
DSCF7978_201801020130581ba.jpg DSCF7979.jpg
↑イブリ方面へひたすら車を走らせます。
このあたりは、山地の中で両側に山が並んでいます。

ニズワから1時間くらいで、アル・アインという村に到着しました。
DSCF7981.jpg DSCF7983.jpg DSCF7991_20180102013116ed5.jpg
↑ここに世界遺産の遺跡があります。
平たい石を積んだお墓?が世界遺産のようです。
世界遺産なのか謎で、他の観光客が全くいませんでした…。
DSCF7988_201801020131096e5.jpg DSCF7989_201801020131146d9.jpg
↑お墓のある場所からの眺めが良かったです。
畑で作業する人たちがいて、のんびりした雰囲気でした。

アル・アインを離れて、高速道路で少し東へ。
やってきたのは、ジャブリン城です。
DSCF7993_201801020131193e4.jpg DSCF7995_20180102013416a48.jpg DSCF7999_20180102013420cb0.jpg
↑1671年に宮殿として建てられたもので、教育の場でもあったそうです。
確かに図書館や学校などの部屋がありました。
右の写真はデーツの貯蔵庫、戦時の食料だったのでしょう。
DSCF8011_201801020134250a2.jpg DSCF8014_20180102013427ab4.jpg DSCF8008_20180102013423892.jpg
↑太陽と月の部屋、モスクは天井の装飾が素晴らしいです。
これらの部屋には力をかけたんでしょうね。
階段も彫刻がきれいでした。
DSCF8016_201801020134293e7.jpg DSCF8020.jpg
↑城の上から眺めです。
周辺のデーツ園はファラジュ(灌漑用水路)のおかげでしょう。
どこの城にも、周辺にはファラジュがありますね。

ジャブリン城の見学を終えて、車で15分くらいのバハラァ城へ。
DSCF8022_20180102013432190.jpg DSCF8025_20180102013434f80.jpg DSCF8026_201801020134369ee.jpg
↑こちらの城は非常に大きいです。
そして、世界遺産に登録されています。
DSCF8027.jpg DSCF8029.jpg DSCF8034_201801020145287b2.jpg
↑内部も非常に大きくて、城塞に町が囲まれている感じです。
城塞は高さ50m、長さ12kmに及ぶそうです。
DSCF8031.jpg DSCF8033_20180102014526809.jpg
↑城の上からの眺めも良かったですね。
こちらも緑が多く、デーツ園がたくさんあります。

バハラァ城の見学を終えて、城の近くで昼食をとることに。
DSCF8046_20180102014533d7c.jpg DSCF8045_20180102014529a2b.jpg
↑適当に探して見つけた食堂に入りました。
注文したのはチキン・ビリヤーニ。
サラダと冷製スープとピリ辛のビリヤーニを食べたらお腹一杯になりました。

バハラァを離れて、ニズワ方面へ車を走らせました。
DSCF8051_20180102014535e59.jpg DSCF8052.jpg DSCF8054_20180102014541d9e.jpg DSCF8055_201801020152266f5.jpg
↑ニズワの手前にファラジュ・ダリスがあります。
ニズワ周辺のファラジュが世界遺産に登録されていて、その一つです。
水路は非常にきれいで、魚だけでなく子供たちも泳いでいました。
水は思ったよりぬるくて、確かに泳いだら気持ち良さそうです。

ファラジュ・ダリスを見学して、ニズワの町へ戻ってきました。
DSCF8057.jpg DSCF8058.jpg DSCF8059.jpg
↑昨日の夜も訪れた、ニズワ・スークです。
魚のスークや肉のスークは昼間は全く人がいなくて、
野菜のスークは閉まっていました。
お土産屋は開いていましたが、夜のほうが賑わうんですね。
DSCF8061_20180102015239a2d.jpg
↑ニズワ・フォートへやってきました。
これまでの要塞の入場料は150円くらいでしたが、ここは1500円。高い!
DSCF8063_20180102015241000.jpg DSCF8086.jpg DSCF8088_20180102015909760.jpg
↑要塞内は非常に入り組んでいて、攻めづらい構造となっています。
通路がそこら中にあって、狭い要塞ですが迷いそうです。
DSCF8073.jpg DSCF8070_20180102015244996.jpg DSCF8072_20180102015245637.jpg DSCF8075.jpg
↑塔からの眺めは素晴らしかったです。
周辺にはデーツ園が広がっていて、ファラジュが活躍しているのでしょう。
DSCF8080_20180102015905662.jpg DSCF8076_20180102015901c41.jpg
↑入場料が高いせいか、部屋はきれいに整備されています。
この要塞にもデーツの貯蔵庫がありました。

ニズワ・フォートの見学を終えて、ニズワ周辺の観光は終了です。
オマーンの首都・マスカットへ戻ることにしました。
DSCF8090.jpg DSCF8092.jpg
↑ニズワから高速道路を使ってマスカットへ。
帰りも山に挟まれた高速道路を走ります。
制限速度が120kmなので、一気に移動できます。

ニズワからマスカットまで2時間かかりました。
マスカットに到着して、最初にルイ地区を歩いてみることに。
DSCF8095.jpg DSCF8097_2018010201591630a.jpg DSCF8100.jpg
↑ルイ・ハイ・ストリートへやってきました。
このあたりは電化製品・時計・香水などを売る店が並んでいます。
出稼ぎの外国人でいっぱいでしたね。
ちなみに近くの工事現場では人が働いています、
1月1日は休みだと思っていましたが…。

ルイ地区の散策を終えて、マトラ地区へ移動しました。
DSCF8102.jpg DSCF8105.jpg
↑マトラ地区は海岸沿いにあって、フィッシュマーケットがあります。
ここは祝日のせいか、中に入れませんでした。
コルニーシュ(海岸道路)沿いに建物が並んでいます。
DSCF8109_2018010202074615f.jpg DSCF8108.jpg
↑ここで夕食を食べようと思い、予定していた店を見つけたのですがお休み。
1月1日はレストランがやっていないところが、いくつかありました。
なので、近くのお店で食べることに。
魚料理が食べたかったので、注文すると揚げた魚が出てきました。
中々に美味しかったですね。

夕食を食べた後、マトラスークへ向かいました。
DSCF8111_2018010202074802b.jpg DSCF8112.jpg DSCF8113.jpg
↑ゴールドスークの入口です。
ここから入ると、布を売る店を抜けて、貴金属店が並んでいます。
DSCF8118_201801020207533ae.jpg DSCF8121.jpg DSCF8131_201801020210303fd.jpg
↑マトラスークは、アラビア半島では最大のスークだそうな。
道が入り組んでいて、両側にお店がびっしり。
モロッコのスークを思い出しますねえ。
DSCF8123_20180102020800556.jpg DSCF8120.jpg DSCF8128.jpg
↑スークを適当に歩いていたら、北側の入口に着きました。
道がいくつもあって、方向が分からなくなります。
この迷ってしまう感じがいいですね。
DSCF8133_20180102021033167.jpg DSCF8135_20180102021036256.jpg
↑こちらはコルニーシュ側の入口です。
夜のスークは現地人、観光客が一杯で大賑わいでした。

海岸沿いをフィッシュマーケット方面へてくてくと。
DSCF8139_201801020210404d4.jpg DSCF8137_2018010202103958c.jpg
↑今日は月がきれいでしたね。
遠くに大型船が泊まっていて、クルーズも立ち寄るのかな?
マトラ地区の建物もきれいでした。
DSCF8141_20180102021042994.jpg
↑近くのベイト・アル・バランダという建物がライトアップされていました。
1930年代に建てられた建物だそうです。
DSCF8142.jpg
↑近くにあるラウンドアバウトを撮影しました。
マスカット市内の車は運転がちと荒いです。
ビュンビュン飛ばしていましたね。

マトラ地区の観光を終えて、本日は終了です。
明日はマスカット市内を観光して、オマーンを離れます。
次は、今回の旅で最後の訪問国・アラブ首長国連邦へ向かいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる