FC2ブログ

2018/4/28:成都のパンダ基地と世界遺産の楽山大仏へ

到着が遅い時間ということもあって、
かなり眠いのですが、なんとか6時に起きました。
朝食は日本で買ってきたおにぎり等を食べて、成都観光開始です。
DSCF9824.jpg
↑成都で利用したホテルは皇城西御飯店です。
天府広場近くにあるホテルで、地下鉄にアクセスしやすいですね。
グレードは四つ星ですが、2泊で6000円強と安く宿泊できました。
DSCF9825.jpg DSCF9826.jpg
↑少し歩いて、天府広場から地下鉄を利用しました。
成都は地下鉄がかなり発達していて、路線数が多いです。

途中乗り換えて、熊猫大道駅・パンダアベニュー駅へやってきました。
成都にはパンダ繁殖基地があって、まずはここへ。
DSCF9883_20180428233044e45.jpg DSCF9881_20180428233042e45.jpg DSCF9828.jpg
↑駅を出ると、繁殖基地のチケット売り場があります。
ここで購入すると、片道分のバス代が無料になります。
バスもパンダがたくさんデザインされたものでした。

駅からバスで10分くらいで繁殖基地に到着。
DSCF9830_20180428232751df3.jpg DSCF9829_20180428232747852.jpg DSCF9879.jpg
↑エントランスがパンダらしいデザインです。
土曜日ということもあって、人が多かったですね。
公園は広いので電動バスが走っているのですが、待っている人が多すぎ…。
DSCF9847.jpg DSCF9833.jpg
↑電動バスの待っている時間が嫌だったので、歩いて回ることに。
道は整備されていて、散策しやすかったですね。
少し歩いたら、カンフーパンダが出迎えてくれました。

そして、パンダゾーンに突入です。
DSCF9845.jpg DSCF9858.jpg
↑大きなパンダがすごい勢いで竹や筍を食べています。
「バキバキ」と音がして、豪快でした。
可愛いという雰囲気がないのが…。
そんなパンダ達と一緒に撮影してもらいました。
DSCF9849_201804282328188b1.jpg DSCF9851.jpg
↑溝にはまったパンダや木の上で休むパンダがいました。
こっちは可愛らしいですね。
このような絵が見られるとホッとします。
DSCF9865.jpg DSCF9867.jpg DSCF9872.jpg
↑橋を渡ると、若いパンダが成育されている建物があります。
こちらのパンダは餌を食べるのが可愛らしい。
ベターっと横になっているパンダもいいですね。

なんだかんだでパンダを見ていると、癒される気がします。
パンダ繁殖基地は楽しかったですね。

再度、地下鉄を利用して新南門駅へ。
DSCF9886.jpg DSCF9884.jpg DSCF9885.jpg
↑ここには成都旅遊集散中心というバスターミナルがあります。
ここから世界遺産がある楽山へ移動することに。
DSCF9887.jpg
↑楽山大仏までといったら、小型車とのこと。
で、出てきたのがワゴン車でした。これもバスなんですね…。
rakusan.jpg
↑楽山まで往路はバス、復路は鉄道の乗車券です。
船でのツアーが70元、楽山大仏入場料が90元でした。

11時40分発となっていましたが、中国らしく10分遅れて出発。
車は小型車と言うこともあって、高速をめっちゃ飛ばします。

成都から楽山まで2時間弱で到着しました。
で、楽山大仏までと思っていたら、
DSCF9889_20180428233555059.jpg
↑楽山のバスターミナルで下ろされました、あれ?
仕方ないので、ここからバスで楽山港へ。

楽山大仏は大きくて、近くからだと全体を見るのが難しいので、
まずは船から眺めることにしました。
DSCF9891.jpg DSCF9892.jpg DSCF9894.jpg
↑こちらの船に乗船して、眺めることに。70元でしたね。
天気が良くて、川の風景がいい感じです。
DSCF9911.jpg DSCF9913_20180428233605a45.jpg
↑そして、船は大仏の近くへやってきました。
高さが71m、肩幅28mと非常に大きいです。
完成したのが唐時代の809年とのことで、造るのが大変だったと思います。

大仏の近くにたくさん人がいるのですが、
あそこからだと全体を見るのは、厳しいかもしれませんね。

大仏を眺めた後、バス停まで歩きました。
DSCF9917.jpg DSCF9918.jpg
↑港の付近が街という雰囲気です。
港までお店が並んでいました。
中土橋街からバスを利用して、楽山大仏へ向かいました。

市内からバスで15分くらいで楽山大仏北門にやってきました。
DSCF9921.jpg DSCF9925.jpg DSCF9927.jpg
↑門をくぐると、団体さんで賑わっていました。
歩くのが大変でしたね。
途中には川の景色眺められる場所や龍のプールがありました。
DSCF9932.jpg DSCF9937.jpg DSCF9938.jpg DSCF9940.jpg
↑楽山大仏近くにある凌雲寺に到着しました。
このお寺の僧であった海通が大仏を造ろうとしたそうです。
大雄寶殿には仏様が安置されていて、たくさんの人がお祈りをしていました。
奥の経蔵では、僧の人たちがお経を唱えていました。

凌雲寺の向かいに楽山大仏があります。
DSCF9948_2018042823432802c.jpg DSCF9947.jpg
↑これ、大きすぎて上からだと全体が見えませんね。
そして、下へ向かう階段が大渋滞していました。
看板を見ると、1時間程度必要とのこと。
時間が厳しいので、下に行くのは断念しました。

楽山大仏を参拝して、成都へ戻ることにしました。
帰りは楽山駅から高速列車で戻ることにしました。
DSCF9952_201804282344140a7.jpg DSCF9954.jpg
↑K1路バスが高鉄楽山駅まで行ってくれます。
行きも高速鉄道にするという手もあったなあ。
DSCF9955_20180428234553d7e.jpg DSCF9956_20180428234557991.jpg
↑切符を窓口で回収して、ホームへ。
17時41分発の成都南駅行きを利用します。
今回の旅も高速鉄道にお世話になっています。

楽山駅から成都南駅まで高速鉄道だと1時間くらいでした。
バスだと渋滞の可能性もあるので、鉄道の方がやはり良さそうです。
DSCF9957_2018042823460246a.jpg
↑成都南駅を撮影しました。
中国の駅はどこもでかいですねえ。

成都南駅から地下鉄を利用して、春熙路駅へ。
DSCF9960_201804282346069b3.jpg DSCF9963.jpg DSCF9966.jpg
↑この付近が成都の繁華街という感じですね。
伊勢丹デパートやブランドショップが並んでいました。
ユニクロの横にパンダがしがみついているのが成都らしい。
DSCF9967.jpg DSCF9968.jpg
↑今日は土曜日と言うこともあって、どこも賑わっています。
成都は大都市だなあ、と感じます。
DSCF9974.jpg DSCF9973.jpg
↑夕食は折角四川省に来たので、名物の火鍋を食べることに。
フードコートにあった、お一人様鍋のお店へ。
DSCF9972_201804282357323cb.jpg DSCF9971_20180428234632f6d.jpg
↑鍋のスープを選べるのですが、
辛そうなマークがあるのは危険なにおいがしたので、
【爽口・・・】とあるスープにしました。
そして、スープが赤いです。これで爽やかなのか?

具を鍋に入れて、食べ始めたのですが…
(かれぇー!でも、美味い!)
四川人には、この辛さに慣れているのでしょうか…?
最初は美味しかったのですが、後半は辛いだけでした…。
もっとマイルドなスープにすれば良かったかも・・・。

夕食を食べ終えて、ホテルへ向かって歩きました。
DSCF9976.jpg DSCF9978_20180428235748169.jpg
↑夜も賑わっていますねえ。
高層ビルが多くて、都会だなあ。

ホテル近くの天府広場へ。成都の中心部になります。
DSCF9980.jpg
↑毛沢東が白く光っている・・・、後ろには四川科技館があります。
DSCF9979.jpg DSCF9982.jpg
↑モニュメントやビルがライトアップされていて、きれいでした。
夜の天府広場も人がたくさんいて、賑やかでしたね。

本日の観光は以上です。
明日は世界遺産の都江堰と成都市内を観光して、重慶へ向かいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる