FC2ブログ

2018/9/20:スーズダリとウラジーミルの世界遺産を巡ってきました

今日はウラジーミルからスーズダリへ向かって観光し、
戻ってウラジーミルを観光してから、モスクワへ向かいます。
DSCF2877_20180921010331743.jpg DSCF2875_20180921010317861.jpg DSCF2876_20180921010324819.jpg DSCF2878_20180921010336820.jpg
↑ウラジーミルで利用したホテルは【ウラジーミル】というホテル。
駅から10分弱で移動できるホテルでした。
朝食も種類があって良かったですね。
ホテル前の通りは、朝は車が少なかったですが夕方は多かった。

ホテルをチェックアウトして、バスターミナルへ。
DSCF2882_201809210103446b3.jpg DSCF2884.jpg
↑バスターミナルはウラジーミル駅向かいにあります。
8時のバスを利用して、スーズダリへ向かいました。
to suzudari
↑スーズダリ往復のバス乗車券です。
往路は座席がありましたが、復路は立ちでした。

ウラジーミルから45分くらいでスーズダリのバスターミナルに到着。
ここから同じバスで追加料金を払うと、町の中まで行けます。
DSCF2889_20180921010402d39.jpg DSCF2887.jpg
↑スパソ・エフフィミエフ修道院前でバスを下りました。
城壁があって、あたかもクレムリンのような外観です。
ただ、時間が早くてまだ入場できませんでした。
右は向かいにあった教会です。
DSCF2890.jpg DSCF2891_20180921010415712.jpg
↑開館するまで別の場所を散策することに。
スーズダリはロシアの田舎町という感じでのんびりした雰囲気です。
丘陵が多く、カーメンカ川が流れる風景が美しい。
どこを見渡しても教会や聖堂が見えます。

少し歩いて、ポクロフスキー修道院にやってきました。
DSCF2899_2018092101083133f.jpg DSCF2900.jpg DSCF2902.jpg DSCF2907_201809210108499c8.jpg
↑白い壁に囲まれた修道院です。
修道僧たちがたくさんいて、住居も並んでいました。
向かいにあった教会も白石でできていました。
DSCF2909_20180921010855002.jpg
↑修道院を歩いて、さらに散策。
カーメンカ川を渡る橋からスパソ・エフフィミエフ修道院方向です。
DSCF2912.jpg
↑こちらはアレクサンドロフスキー修道院です。
家族経営なのか、すぐ横に家がありました。
DSCF2915_20180921010908055.jpg DSCF2917_20180921010915dce.jpg
↑更に歩いて、スパソ・エフフィミエフ修道院がきれいに見える場所がありました。
ポクロフスキー修道院もきれいに見えましたね。
どこを眺めても美しい風景です。

スパソ・エフフィミエフ修道院の開館時間となったので、
修道院に入場しました。
suzudari museum
↑スーズダリ、ウラジーミルで入場した聖堂などのチケットです。
スパソ・エフフィミエフ修道院が一番高い400ルーブルでした。
DSCF2920.jpg
↑入場するとすぐにブラゴヴェシチェンスカヤ教会があります。
下の階がアーチ型の回廊になっています。
中は、展示室になっていました。
DSCF2930_20180921011058d7d.jpg DSCF2924_20180921011054a34.jpg
↑奥に見える聖堂がスパソ・プレオブラジェーンスキー聖堂です。
フレスコ画がきれいとのことでしたが、修復中で一部しか見られませんでした。
隣には鐘楼があって、丁度ベルコンサートが流れていました。
DSCF2931_20180921011104f60.jpg
↑こちらは修道院長の館だそうな。
色々な展示があるそうですが、やっていませんでしたね。
DSCF2938_20180921011108f50.jpg
↑城壁に登れる場所があったので、撮影しました。
うーん、いい風景ですね。

スパソ・エフフィミエフ修道院の見学を終えて、町を南下。
DSCF2940_201809210111152d7.jpg DSCF2944_20180921011127afa.jpg DSCF2943_20180921011120986.jpg
↑途中に広場がありました。休日は賑やかなのかな。
右はリザパラジェーンスキー修道院です。
こちらの教会へお祈りしている人を見ました。
DSCF2948.jpg DSCF2949_20180921011137754.jpg DSCF2951.jpg
↑町を南下して、町の南部へ。
カーメンカ川から見える風景が変わってきました。
川を渡る橋の手作り感満載ですね。
DSCF2956.jpg DSCF2957_20180921011650fbb.jpg DSCF2959_20180921011654f70.jpg
↑カーメンカ川を渡って、対岸からの風景です。
クレムリン等、どの方向を撮影しても教会が見えます。
DSCF2960_20180921011659de2.jpg DSCF2961_201809210117034e2.jpg DSCF2964.jpg
↑川沿いにヤギがいました。これまた、可愛いですね。
橋を渡って、クレムリンへ歩いていきます。

クレムリンは11世紀に建設されていて、歴史があります。
さすが世界遺産の町ですね。
土塁は1.4kmあって、現在も残っているのがすごい。
DSCF2967_2018092101171116d.jpg DSCF2972_20180921011723fad.jpg DSCF2971_2018092101171536e.jpg
↑こちらの木造の教会はニコリスカヤ教会。移築されたそうな。
青いドームがあるのは、ロジェストヴェンスキー聖堂です。
13世紀に建てられたそうな、ロシアらしい教会ですね。
土塁の上からの眺めも良かったです。

クレムリンの見学を終えて、町の中心・タルゴーヴァヤ広場へ。
DSCF2975_20180921011728f97.jpg DSCF2980_20180921012152fea.jpg
↑途中にも教会がありました。
そして、広場にも教会があります。
どの教会に行くか、迷わないんでしょうか?

お昼となったので、昼食をとることにしました。
DSCF2985_20180921012206c7b.jpg DSCF2984_20180921012200a30.jpg
↑旅の歩き方にあったハルチェーヴニャというお店へ。
ミートボールとパンを注文しました。
メインはもちろん、パンも美味しかったですね。
suzudari lunch
↑お値段は水も入れて450ルーブル、
ストローバヤのようにお安くはないですね。

昼食を終えて、バスターミナルへ向かうことにしました。
町中をバスが走っているのを見るのですが、
いつ来るか全く読めません。
ちっとも来ないと嫌なので、バスターミナルまで20分くらい歩きました。
DSCF2987.jpg
↑バスターミナルまで歩きましたねえ。
13時30分のバスを利用したら、シートがありませんでした…。
ウラジーミルまで立ちですか…。
DSCF2988_2018092101221584e.jpg DSCF2989_201809210122216cd.jpg
↑ウラジーミル到着間近で座れました。
フロントウィンドウの傷がすごい。
バスターミナルに到着して、駅を撮影。
夜の列車でモスクワへ向かいます。

ウラジーミルに到着して、
15分くらい歩いて、ドミトリエフスキー聖堂近くへ。
DSCF2992_20180921012229bc9.jpg
↑ここから子供博物館やウスペンスキー聖堂も見えました。 
DSCF2994_20180921012235128.jpg DSCF2998_2018092101224055c.jpg DSCF3001_201809210122453aa.jpg
↑ドミトリエフスキー聖堂はこぢんまりとした聖堂です。
ここには12世紀に描かれたフレスコ画がありました。
DSCF3004.jpg DSCF3005.jpg
↑ここの聖堂の特徴は、外壁の浮き彫りです。
1000を超えるモチーフが彫られています。
中央窓上には竪琴を弾いているダビデが彫られています。

次に聖堂広場へやってきました。
DSCF3008_20180921013124f07.jpg DSCF3009_2018092101313041f.jpg
↑ラブ・ウラジーミルの看板がありました。
ロシアではこの手の看板をよく見る気がしますね。
広場には誰か分からないのですが、像もありました。
DSCF3014.jpg DSCF3020_201809210131415f9.jpg
↑広場の奥にウスペンスキー大聖堂があります。
1158年に建設が始められ、14世紀初めまで最高位の教会だったとか。
白石が使われている美しい大聖堂ですね。
中も美しいフレスコ画が描かれていました。
DSCF3021.jpg DSCF3023.jpg DSCF3024_20180921013202014.jpg
↑ウスペンスキー大聖堂の奥に展望台があります。
ロシアらしく地平線が見えますね。
きれいな景色を眺めることができました。
DSCF3025_201809210132073a9.jpg
↑ウラジーミル公の像でしょうか?
強そうな雰囲気が漂っています。

聖堂周辺を見学した後、
ウラジーミルのメイン通りであるボリシャヤ・モスコフスカヤ通りへ。
DSCF3027.jpg DSCF3028_20180921013755e48.jpg
↑通りにはお店がたくさん並んでいます。
おもしろい像もありました。
後で気づいたのですが、ウラジーミルには像が多くあります。
DSCF3030_20180921013759582.jpg
↑通りを奥に歩くと、黄金の門があります。
12世紀半ばに造られた門で、昔はたくさんあったのですが、
現存するのはこれだけだそうです。
DSCF3033_20180921013806f1d.jpg DSCF3035_20180921013816793.jpg
↑黄金の門近くのトロイツカヤ教会です。
広場があって、噴水や劇場がありました。

次に給水塔を訪れました。
DSCF3051_20180921013839d44.jpg DSCF3036_20180921013820c39.jpg DSCF3038_20180921013825fe0.jpg
↑こちらは20世紀初頭に造られました。
内部は19~20世紀初頭のウラジーミルの様子を紹介する展示です。
かつてのボリシャヤ・モスコスカヤ通りや駅の様子がありました。
DSCF3049.jpg DSCF3050.jpg
↑屋上は展望台になっています。
ウスペンスキー聖堂や周囲の風景がきれいでした。

給水塔の見学を終えて、夕食をとることに。
DSCF3054_201809210144438a3.jpg DSCF3059.jpg DSCF3056.jpg DSCF3058.jpg
↑他に見つけた銅像です。探偵とアイドルというものがありました。
そして、教会があって、中でミサが行われていました。
DSCF3062_20180921014529265.jpg DSCF3061.jpg
↑夕食はペリメニというお店へ。
店名となっているペリメニを注文しました。
ロシア風の餃子ですね。うん、美味い!
perimeni.jpg
↑ペリメニとサラダ、お水でこちらのお値段です。
昼間でしたら、ランチもありましたね。

夕食を食べ終えて、駅へ向かうことにしました。
DSCF3063_20180921014536051.jpg
↑ウスペンスキー聖堂が夕日を浴びて、美しいです。

この後、ウラジーミル駅から高速列車を利用してモスクワへ移動します。
ホテルで荷物を回収して、駅へ向かいました。
DSCF3066_20180921054137586.jpg DSCF3067_20180921054151007.jpg
↑利用するのは20時15分発のラストチカ。
他に利用する人がたくさんいました。
to moscow
↑モスクワまでの乗車券です。
モスクワまで577ルーブルでした。

定刻通り、列車は出発してモスクワへ。
2時間弱でモスクワ・クールスク駅に到着しました。
DSCF3068_20180921054353615.jpg
↑駅は下りる人で大混雑でした。
しかも、駅構内に入る時に荷物検査があって、大渋滞でしたね。

クールスク駅からホテルを予約してある、カザンスキー駅まで地下鉄で移動することに。
DSCF3069.jpg DSCF3070_20180921054601b57.jpg DSCF3071_20180921054611ab1.jpg
↑地下鉄のクールスカヤ駅です。
モスクワの地下鉄もエスカレータが長いなあ。
moscow metro
↑モスクワの地下鉄などは、72時間のチケットを購入。
この赤いカードで出国まで使用することができました。

地下鉄を利用して一駅でコムソモーリスカヤ駅に到着。
DSCF3073.jpg DSCF3074_20180921054634267.jpg
↑周辺には鉄道駅が固まっています。
レニングラード駅とヤロスラヴリ駅です。
明日はヤロスラヴリ駅を利用します。
DSCF3075.jpg
↑スターリン様式のビルであるヒルトンホテルが見えました。
カザンスキー駅もライトアップされています。

今日はカザンスキー駅内にあるホテルを利用します。
明日は、セルギエフ・ポッサードを観光した後、モスクワ市内を観光します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる