FC2ブログ

2018/9/21:世界遺産のセルギエフ・ポサードとモスクワ市内観光

モスクワへやってきて、
初日は世界遺産があるセルギエフ・ポサードを日帰り観光し、
その後、モスクワ市内を散策します。
DSCF3077.jpg DSCF3076_20180922060832eef.jpg
↑初日に利用したホテルは、カザン駅内にある【Retro】というホテル。
場所を探すのが結構大変でした。
あと、プーチンさんが出迎えてくれましたね(笑)。
DSCF3078_20180922060855303.jpg
↑2日目以降は別のホテルを予約したので、チェックアウトしました。
カザン駅構内を通って、外へ出ました。
DSCF3081_20180922060906fa2.jpg DSCF3082.jpg
↑外はコムソモール広場となります。
レニングラード駅、ヤロスラヴリ駅、カザン駅が集まっています。
色々な方面の列車が出発しますね。
DSCF3084.jpg
↑近くにヒルトンホテルがあります。
スターリンクラシック様式の重厚な建物です。
DSCF3087_2018092206094026d.jpg
↑ヤロスラヴリ駅からセルギエフ・ポサード方面の列車に乗りました。
初日はこの列車に乗りたかったので、カザン駅内のホテルにしました。
to sergiev
↑セルギエフ・ポサード往復の乗車券です。
往路は高速列車だったので、少しお高めです。

モスクワから1時間弱でセルギエフ・ポサード駅に到着。
行きは特急列車だったので、早かったです。
DSCF3089_2018092206100553d.jpg DSCF3090_20180922061009468.jpg
↑少し歩くと、バスターミナルがありました。
モスクワからバスでも来られますね。
DSCF3123_20180922061504d1b.jpg DSCF3096.jpg
↑更に歩いて、トロイツェ・セルギエフ大修道院が見えてきました。
たくさんの建物があって、大きな修道院ということが分かります。
世界遺産に指定されるのが納得の威容ですね。
手前の広場にも教会がありました。
DSCF3097_201809220611570ec.jpg DSCF3100_20180922061201bf5.jpg DSCF3102.jpg
↑修道院の入口です。
9時前だったので、団体客が少なかったです。
もう少し時間がたつと、入りづらくなっていました。
もう一つ、門をくぐると修道院内に入ります。
DSCF3107_201809220612150ec.jpg DSCF3117.jpg
↑修道院内には建物がたくさんあります。
こちらはウスペンスキー大聖堂です。
内部を見学したかったのですが、ミサをしていて見られませんでした…。
手前には聖水が出ていて、地元の人が体にかけていました。
DSCF3108_201809220612197cd.jpg DSCF3111_20180922061240dac.jpg DSCF3118_2018092206143012e.jpg
↑こちらはトロイツキー聖堂です。
修道院を創建したセルギイが安置されているそうな。
お祈りする人がたくさんいました。
DSCF3105_2018092206121043f.jpg DSCF3113.jpg
↑こちらはトラペズナ聖堂です。
アーチ天井の絵画が素晴らしいですね。
DSCF3110_201809220612242dd.jpg
↑大きな鐘楼もありました。
登ることができなかったのが残念。

修道院の見学を以上として、モスクワへ戻ることにしました。
DSCF3120_2018092206145767e.jpg
↑修道院の外は広場があります。
お土産を売る人たちがたくさんいました。
DSCF3124.jpg DSCF3125.jpg DSCF3126_20180922061519d1e.jpg
↑お昼には早いのですが、列車の出発まで時間があったので、
駅近くのビルで見つけたストローバヤに入りました。
これだけ食べて、400円弱。今までで一番安いかも。
DSCF3127.jpg DSCF3129_20180922061531a0a.jpg
↑昼食後、セルギエフ・ポサード駅へ。
列車を待っていると貨物列車が通過しました。
牽引している貨車数がものすごかったです。

帰りは普通列車だったので、モスクワまで1時間半くらいでした。
DSCF3133_20180922061537420.jpg DSCF3134.jpg
↑ヤロスラヴリ駅へ戻ってきて、地下鉄へ。
コムソモールスカヤ駅はクラシックな雰囲気です。

地下鉄を利用して、ルビャンカ駅へ。
DSCF3139_201809220617236a6.jpg DSCF3137_20180922061719476.jpg DSCF3143_2018092206172919d.jpg
↑ルビャンスカヤ広場回りには大きなビルが多いです。
左の写真に写っているのは、旧KGB本部です。
うーん、これがソ連時代の特務機関がいたところですか。
お昼はこの周辺は車の数が多かったです。

赤の広場に向かって、ニコリスカヤ通りを歩きました。
DSCF3144_20180922061735e2c.jpg DSCF3147_20180922061809df7.jpg DSCF3150_2018092206182241b.jpg
↑歩行者天国になっていて、レストランやカフェが多いです。
平日の昼なので、サラリーマンやOLさんがランチしていました。

そして、赤の広場に到着。
DSCF3152_2018092206184379c.jpg DSCF3153_20180922061853091.jpg
↑観光客が多いですね~。
モスクワにやってきたら、みんなここには来ますよね。
国立歴史博物館やグム百貨店の建物があります。
DSCF3154_201809220619468e3.jpg DSCF3156_20180922061957235.jpg
↑奥に見えるのはワシリー寺院とクレムリンのスパスカヤ塔です。
ワシリー寺院は、モスクワの紹介でよく見ますね。
1560年に建てられて、玉ねぎ型ドームが9つもあるそうです。
反対側からも撮影してみました。
DSCF3160.jpg DSCF3161_20180922062344894.jpg
↑ワシリー寺院側から赤の広場を。
クレムリンの赤い壁、グム百貨店などが見えます。
ワシリー寺院の近くにロブノエ・メストがあります。
皇帝が全国に発布する法令などを発表したそうな。

ワシリー寺院を見学することにして、チケットを購入しました。
moscow wasiri
↑大人は700ルーブル、うーんガイドブックより高いですね。
夜に入場した国立歴史博物館のチケットもあります。
DSCF3162_20180922062351ee1.jpg DSCF3172_2018092206240457f.jpg DSCF3177_2018092206241060e.jpg
↑寺院前にミーニンとポジャルスキー像があります。モスクワをポーランドから開放した英雄だそうな。
内部は迷路のように入り組んでいました。
イコノスタスがきれいですね。
丁度、歌を歌う人たちがいて、きれいな歌声が聞けました。
DSCF3179_2018092206241515d.jpg
↑ワシリー寺院から南側を撮影、重厚な建物がたくさん見えます。

ワシリー寺院を見学して、赤の広場をぶらぶら。
DSCF3185_20180922062423fb3.jpg
↑こちらはレーニン廟です。
13時までしか開館していなくて、大混雑するそうな。
DSCF3190.jpg DSCF3189_2018092206243202e.jpg
↑ヴァスクレセンスキー門です。こちらも赤いですね。
門の前に【ロシア全道路の起点】の標識があります。
DSCF3192_201809220624517cc.jpg DSCF3193.jpg
↑赤の広場の北側はマネージナヤ広場です。
大きな銅像が設置されていました。
周辺は重厚で大きな建物が多かったです。

広場から地下鉄を利用して、スポルチーヴナヤ駅へ。
DSCF3203.jpg
↑少し歩いて、ノヴォデヴィチ修道院へやってきました…、
が、工事していて入場できませんでした。
こちらは世界遺産で見学したかったのですが。
門だけ撮影して終了です。
DSCF3204_20180922062943f61.jpg DSCF3196_20180922062904a4a.jpg
↑隣はノヴォデヴィチ墓地です。
こちらは多くの著名人の墓があります。
看板があって、場所の紹介もありました。
DSCF3198_201809220629102f1.jpg DSCF3200_20180922062924a1a.jpg
↑墓は顔の像や写真が置かれています。
ロシア国旗の墓はエリツィン元大統領の墓です。
こちらに埋葬されているんですね。

ノヴォデヴィチ墓地を後にして、ルジニキスタジアムへ。
ワールドカップの決勝戦の会場ですね。
DSCF3205_20180922062948166.jpg DSCF3206.jpg DSCF3210_201809220629592f0.jpg
↑敷地内に入るのに荷物検査がありました。
入るとすぐに、ワールドカップのマスコットがありました。
ルジニキスタジアムの近くへ行ってみました。
8月までは、この場所は熱気に包まれていたんでしょうね。

ルジニキスタジアムを離れた後、雀が丘という場所に行こうとしました。
DSCF3212.jpg
↑ゴンドラが動いていると思ったのですが、
開業前なのか動いていなかったです。
これが辛くて、対岸へ行くには離れた場所の橋へ行かなければなりません。
DSCF3217.jpg DSCF3218_201809220631250aa.jpg DSCF3219_20180922063129cf2.jpg
↑めっちゃ歩いて、対岸へやってきました。
モスクワ川をバックに橋やゴンドラ、スタジアムを撮影しました。
体力的に辛かったので、雀が丘へ行くのはやめました。

対岸へやってきたのは、モスクワ川クルーズの乗船場があるからです。
DSCF3220_20180922063133443.jpg DSCF3224_20180922063137f33.jpg
↑900ルーブルで乗船することができました。
出航してすぐの場所は、日向ぼっこしているモスクワっ子たちがいました。
DSCF3225.jpg DSCF3231_20180922063144109.jpg DSCF3234.jpg
↑船から眺める風景は、陸地と違っていいですね。
右岸には面白い形をしたビルが見えました。
DSCF3236_20180922063153896.jpg DSCF3238_2018092206315833b.jpg
↑ラディソンホテルのクルーズ船がありました。
中を見ると、高級感が漂っています。
うーん、やはりランクが違うなあ。
右の写真はトレチャコフ美術館です。ロシア美術が多く展示されているそうな。
DSCF3241.jpg
↑ピョートル大帝記念碑です。
この人は首都をモスクワからサンクトペテルブルクへ遷都したので、
モスクワの人には人気がないとか…。
DSCF3245_201809220635381e1.jpg DSCF3244_2018092206352862a.jpg
↑船は更に進んで、救世主キリスト聖堂が見えました。
赤い重厚な建物が反対側にありました。
DSCF3248_20180922063542a9a.jpg DSCF3251.jpg
↑そしてクレムリンが見えてきました。
船から眺めると、壁が大きいなあとしみじみ。
また、違う風景がよかったです。
DSCF3255.jpg
↑下船する場所の近くに、モスクワ川に張り出した展望台がありました。
ガイドブックに記載がないので、新しいみたいですね。

1時間くらいで下船する場所に到着しました。
DSCF3260_20180922063559dd2.jpg DSCF3263_20180922063604639.jpg
↑下りた場所にはたくさんのクルーズ船が停泊していました。
反対側はスターリン・クラシック様式の芸術家アパートが見えます。
これまた大きな建物ですね。
DSCF3265_20180922063608e9b.jpg DSCF3266_20180922063613b92.jpg
↑モスクワ川に張り出した展望台へやってきました。
芸術家アパート側はきれいに見えました。
反対側は逆光半端なく、真っ黒です。
DSCF3271_20180922064358128.jpg DSCF3272_20180922064403653.jpg
↑ザリャージェ公園の建物や敷地も最近整備されたみたいです。
丘の上からの眺めが良かったですね。

ザリャージェ公園を散策した後、夕食をとることにしました。
DSCF3273_20180922064408110.jpg DSCF3275.jpg DSCF3276_2018092206441803a.jpg
↑グム百貨店内のお店にすることにしました。
百貨店内は、ブランド店が多かったです。
ロシア飯ばかりだったので、イタリアンのビュッフェへ。
写真の分を食べたら、900円くらい。ストローバヤが安いです。
gumu.jpg
↑イタリアンのお店のレシート、百貨店内ということで高めかも。

夕食を食べた後、夕暮れの赤の広場周辺を散策しました。
DSCF3282_2018092206442341d.jpg DSCF3287_201809220644261f2.jpg
↑モスクワ川の橋の上から撮影しました。
夕暮れ迫るクレムリンがいいですね。
DSCF3291_20180922064431682.jpg DSCF3293.jpg DSCF3298_20180922064442eec.jpg
↑赤の広場も夕暮れが近づいてきて、ライトアップが始まっています。
薄暮の雰囲気がいい感じです。

完全に暗くなってからも赤の広場をぶらぶらしたかったので、
この時間でも開館している国立歴史博物館へ。
DSCF3299.jpg DSCF3316_20180922064605281.jpg DSCF3320_20180922064611037.jpg DSCF3324_20180922064617ad9.jpg
↑こちらはマンモス狩猟の時代から展示が始まります。
だんだん時代が進んできて、皇帝の玉座やピョートル大帝のそり、
貴族の衣装など、時代の移り変わりを楽しめました。

国立歴史博物館の見学を終えたら、完全に暗くなっていました。
DSCF3345.jpg
↑ヴァスクレセンスキー門の前へやってきました。
こちらのライトアップもきれいですね。
DSCF3349_20180922064626fc4.jpg DSCF3355.jpg DSCF3356_20180922064754137.jpg DSCF3359_20180922064759f5c.jpg
↑赤の広場もきれいにライトアップされています。
クレムリン、ワシリー寺院、グム百貨店など、きらびやかでした。
DSCF3350_20180922064630539.jpg
↑モスクワ川の橋の上からです。
ライトアップされた風景が美しいです。
DSCF3353.jpg DSCF3354_20180922064638487.jpg
↑ザリャージェ公園の丘の上からです。
重厚な建物がライトアップされていました。
DSCF3360.jpg DSCF3361_201809220648093dd.jpg DSCF3362_20180922064813569.jpg
↑最後にマネージナヤ広場へ。
どこもライトアップされていて、きれいでしたね。

本日の観光は以上として、ベラルーシ駅近くのホテルへ行くことに。
地下鉄でカザン駅へ行き、荷物を回収。
再度、地下鉄を利用して、ベラルースカヤ駅で下りました。
DSCF3363_2018092206481747b.jpg
↑移動したのは、ベラルーシ駅から
シェレメーチェヴォ空港のアエロエクスプレスが出ているからです。

駅から近いホテルにチェックインして、今日は終了。
明日もモスクワ市内を散策します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる