FC2ブログ

奥穂高岳への登頂を無事終えました

昨日に引き続き、穂高岳登山です。

高所で宿泊のためか、あまり眠ることができませんでした。
まだ、体がだるい感じです。

朝食が5時半からのため、5時に起床。
館内に大きな声で朝食の合図が流れました。
DSC_0111.jpg
↑朝食です。米と味噌汁がうれしいです。

朝食後、出発の準備を整えて7時ごろ、涸沢小屋を出発しました。
涸沢小屋から穂高岳山荘への移動となります。
昨日の上高地から涸沢小屋までと違って、登山道がめっちゃ急のようです。
DSC_0112.jpg
↑赤矢印のルートで登山となります。中央上部がザイテングラートと呼ばれる場所です。
数日前に滑落事故が発生したそうです。
ぱっと見でかなりきつそうなんですけど・・・。

ザイテングラートの入り口に到着しました。
DSC_0116.jpg DSC_0119.jpg
↑左は、涸沢方面を撮影。かなり登ってきた気がします。
右は、ザイテングラート上部を撮影しました。これを登るの?

途中、鎖場やはしごを使う場所もあり、結構きつかったです。
休みつつ登って3時間くらいで、なんとか穂高岳山荘に到着しました。
ここで、少し休憩して、業務のため奥穂高岳へ向かうこととにしました。

奥穂高岳方面はあきらかにガスっています。
景色を見ることは期待できないなあと思いつつ、奥穂高岳へ出撃。
IMGP38090.jpg
↑穂高岳山荘の前でいきなり山場があります。鎖場とはしごだらけです。

はしごを上ったあたりで、少しだけ雲が切れました。
DSC_0121.jpg
穂高岳山荘と涸沢岳が見えました。しかし、それ以外の方向は・・・。

奥穂高岳への道は、少し狭いところがありました。
DSC_0125.jpg
↑うむ、踏み外したらおそらく命がないでしょう・・・。

ガスってるわ、雨も降ってきたわで苦労しましたが、奥穂高岳山頂に到着。
標高が3190mで、日本で3番目に高い場所になるんですねえ。
DSC_0127.jpg
周りが見えないのが本当に残念でした。
業務とはいえ、山頂に来たので景色を見たかったです。

穂高岳山荘への下りも苦労しましたが、無事に到着。
次に涸沢岳へ向かいました。
こちらは、奥穂高岳の道よりは動きやすかったです。
DSC_0129.jpg
穂高岳山荘から30分くらいで涸沢岳山頂に到着。
相変わらずガスっていて、周りの景色は見えませんでした。
DSC_0131.jpg
↑涸沢岳から北穂高方面を撮影しました、があまり見えませんねえ。

そして、穂高岳山荘に戻りました。

その後、少し雲が取れてきたために、外で写真撮影をしました。
IMGP3817.jpg
↑穂高連峰をバックに撮影しました。ジャンダルムなど西穂高方面への稜線が見えました。
このルートは初心者厳禁のコースだそうです。

↓左は、笠ヶ岳方面を撮影しました。雲海の中の夕日がきれいでした。
山並みはあまり見えていませんが・・・。
IMGP3821.jpg IMGP3807.jpg
↑右は、涸沢方面を撮影したものです。涸沢がすごく下に見えます。
東側は、常念岳などの山並みを見ることが出来ました。

そして、山荘で一息ついていると、夕食の時間となりました。
DSC_0133.jpg
↑このような高所で、温かいご飯が食べられるのは本当にありがたいです。

そして、9時となり館内の電気が落とされた為、就寝することにしました。
明日、上高地まで一気に下山することとなります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる