FC2ブログ

2011/11/3:北関東・東北の紅葉を見に行きます

今日から、北関東と南東北の紅葉狩りの旅に出かけます。
今回の旅は、国宝や重要文化財ではなく、ひたすら紅葉を見て、
温泉旅館に宿泊する癒しの旅にしようと思います。

県の回る順番は、

新潟県 → 群馬県 → 栃木県 → 福島県 → 山形県 → 新潟県

です。

中部空港8:10発の新潟行きのフライトに登場するため、
岐阜駅を6:14の快速に乗車しました。

金山で中部空港行きの快速急行に乗り換えて、
中部空港に7:20に到着しました。
今回、携帯電話にQRコードをダウンロードしておいたので、
チェックインの手続きなしで、荷物検査場に行けるので楽でした。
DSCF4969_20111103195753.jpg
↑中部空港~新潟空港のフライトはプロペラ機のため、
飛行機までバスでの移動となります。
DSCF4971_20111103195752.jpg
↑登場した飛行機です。久しぶりにプロペラ機に乗りました。

新潟空港まで約1時間のフライトでした。
DSCF4974_20111103195752.jpg
新潟空港で車を借りて、紅葉狩りのたびへ出発です。
DSCF4975.jpg DSCF4976.jpg
まず、新潟空港から15分くらいの新潟空港I.Cへ。
新潟空港I.Cから15分くらいで巻潟東I.Cに到着しました。

巻潟東I.Cから約30分くらいで弥彦公園に到着します。
DSCF4977_20111103195749.jpg
↑弥彦駅です。実は、8年位前にもここを訪れたことがあって、
その時は、鉄道で弥彦まで来ました。

弥彦公園のもみじ谷の紅葉が素晴らしいとのことで、散策へ。
DSCF4983.jpg
↑入り口付近からもみじ谷が見えますが、うーん色づきが・・・。
しかし、奥に進んでみると、色づきが良い紅葉もありました
DSCF4979.jpg DSCF4982.jpg
↑右の写真のあたり(観月橋付近です)が最もきれいでした。
これで、晴れていれば最高でしたけど、きれいに色づいた紅葉が見られて満足でした。

弥彦公園・もみじ谷の散策を終えて、弥彦神社へ向かいました。
が、神社周辺は大混雑でした。神社にたどり着くまで時間がかかりそうだったので、パスしました。
DSCF4984.jpg
↑弥彦神社の大鳥居です。新潟の一宮になります。

弥彦を離れて、次は奥只見湖へ向かいました。
三条燕I.Cから北陸道に乗って、関越道へ。
DSCF4986.jpg
↑長岡JCTです。関越道と北陸道の分岐点ですね。

40分くらい走行して、小出I.Cで降りました。
DSCF5001_20111103202822.jpg
ここから、奥只見湖までトンネルだらけの道を走ります。

奥只見湖までの道から見える周囲の山々の色は、
いかにも秋という感じの色合いでした。
DSCF4996.jpg DSCF4997.jpg
↑途中、車を止めて撮影しました。
ブナやカエデが黄色、オレンジ、赤色に染まっていて、美しかったです。
DSCF4998.jpg
↑大湯公園で撮影しました。山全体が秋の色です。
新潟の山中は丁度見ごろですね。

そして、奥只見湖に到着しました、がっ・・・!
DSCF4991.jpg DSCF4993.jpg
↑ほとんど、葉っぱが散っていました。
ここから、遊覧船で湖を巡るのが観光コースなのですが、
乗る気になれませんでした。ということで、湖畔で撮影して撤退しました。

再度、トンネルだらけの道を引き返して小出I.Cへ。
関越道に乗って、六日町I.Cで降りました。
次の目的地は八海山ですが、奥只見湖の観光をしていない関係で時間があった為、
すぐ向かわずに一休みすることにしました。

で、寄ったお店は【パティスリー シュクレ】というお店です。
このお店、ケーキの種類が豊富で何を食べるか悩みました。
DSCF5006_20111103202821.jpg DSCF5005_20111103202821.jpg
↑で、アイスレモンティーと抹茶のモンブランを注文しました。合計で710円でした。
このモンブラン、抹茶と栗が良い具合にブレンドされていて、美味でした♪
ショーケースに並ぶ他のケーキも食べたかったので、もう一つはテイクアウトしました。

そして、八海山へ向かいました。
DSCF5007.jpg DSCF5008_20111103205126.jpg
↑六日町I.Cから15分くらいで八海山ロープウェイ乗り場に到着しました。
ロープウェイ乗り場付近は、丁度良い色づき具合でした。
後は、晴れていてくれれば、更に映えたのでしょう。

ロープウェイに乗車して、4合目まで上がりました。
DSCF5019.jpg DSCF5018.jpg
↑4合目の駅です。駅の近くに【天地人】のロケ地があったそうです。
【天地人】に関係する大名家の旗が並んでいました。
DSCF5020.jpg DSCF5017_20111103205125.jpg
↑4合目付近からの周囲の眺めです。
左は六日町方面(西方向)で、右は佐渡島方面(北方向)です。
晴れていれば、佐渡島も見えるそうです。

上部からの眺めを堪能した後、再度ロープウェイに乗車して下りました。
DSCF5024.jpg
↑4合目付近は、葉っぱがかなり散っていましたが、
中腹付近は、丁度良い色づきでしたね。
DSCF5028_20111103205146.jpg
下部に降りて、先ほどのパティスリーで購入したケーキを食べました。
これは、旬のフルーツのパリパリタルトという名前でした。380円でした。
イチジクがたくさん乗っていて、タルトの生地はさくさくでした。おいしかったー♪

八海山を離れて、関越道に乗って、群馬県の水上へ向かいました。
DSCF5030_20111103205145.jpg
↑途中、谷川P.Aでお土産を購入しました。

水上I.Cで下りて、夕食を食べる場所を探しました。
飲食店がなかなか見つからず苦労しましたが、水上駅前のお店に入りました。
DSCF5038.jpg DSCF5034.jpg
↑【食事処ちゃこ】というお店に入りました。
群馬の郷土料理【おっきりこみうどん】を注文。1200円でした。
きのこなどの野菜、こんにゃく、卵、肉など、具沢山でした。
うどんは、きしめんのような平たいタイプの麺でした。おいしかったですね。

夕食を食べて、宿泊地へ向かいました。
宿泊地は、水上から30分くらい走ったところにある猿ヶ京温泉です。
今日は、ここの温泉に入って、疲れを取りたいと思います。

明日は、沼田方面から栃木県に入って、中禅寺湖や日光周辺を散策したいと思います。

2011/11/4:群馬から世界遺産・日光の社寺へ

本日は、猿ヶ京温泉から沼田を経由して、日光へ向かいます。

朝早く起床して、朝風呂に入りました。
露天風呂は、かなりぬるめでのんびりと浸かることができました。

↑宿泊した宿は、仁田屋という旅館です。
素泊まりだったため、コンビニで買ってきた朝食を食べて出発しました。

猿ヶ京温泉周辺は、紅葉の名所なので少しドライブすることに。

↑法師温泉へ向かう途中で撮影しました。猿ヶ京温泉の西方になります。
山々が赤や黄色で色づいていました。きれいですね。
猿ヶ京温泉近くの赤谷湖周辺もきれいとのことで、湖畔に移動しました。

↑山々の色づき具合と湖面に移る風景が素晴らしいです。
右は、近くのキャンプ場で撮影しました。紅葉がきれいでした。
猿ヶ京温泉周辺の紅葉を堪能したあと、水上温泉へ向かいました。

水上温泉の紅葉スポットは、諏訪峡という場所らしいです。

↑諏訪峡の近くで撮影しました。
後のほうに見える、木々が少ない山は谷川岳です。
谷川岳がくっきり見えて、絶景でした。
右は、諏訪峡近くにかかる笹笛橋です。

水上温泉の景色を鑑賞した後、吹割渓谷に向かいました。

↑水上I.Cから関越道に乗りました。
そして、沼田I.Cで降りて、国道120号を東へ。

↑椎坂峠から沼田市街地方面を撮影しました。

沼田I.Cから30分程度で吹割渓谷に到着しました。
ここの名物は、東洋のナイアガラと呼ばれる吹割の滝です。

↑秋らしい風景と大きな滝の景色がきれいでした。
東洋のナイアガラと呼ばれるだけあって、迫力がありましたね。
また、さまざまな形をした岩の風景が素晴らしかったです。

吹割渓谷を観光した後、栃木県・日光方面へ120号を走りました。

↑途中にある丸沼です。ここの紅葉は終わっていました。
完全に冬の装いとなっていました。
今月の下旬には丸沼高原スキー場がオープンするそうです。

日光が近づいてきました。

↑群馬・栃木県境の金精峠付近から奥日光方面を撮影しました。
奥に男体山が見えます。きれいですね。

↑奥日光・戦場ヶ原付近で撮影しました。
奥日光も秋から冬の装いとなっていました。
戦場ヶ原はだだっ広い平原で、いかにも戦場という感じでした。

そして、中禅寺湖に到着しました。
ここに来るのは、3回目ですね。

↑左は男体山をバックに撮影しました。中禅寺湖と男体山の風景が素晴らしい!
右は中禅寺湖と日光白根山などの山々です。
奥日光が人気の観光地であるのがなるほどと思う風景です。

中禅寺湖の眺めを堪能したあと、日光へ向かいました。

↑日光へ向かう途中、いろは坂を下ります。
ここも紅葉の名所で両脇の木々が赤くなっていて、きれいでした。

日光に到着して、世界遺産の日光の社寺巡りをすることに。
ここも来るのは3回目です。

↑まず、輪王寺を訪れました。
もみじが見ごろということで、逍遥園に入場しました。

↑逍遥園のもみじは真っ赤できれいでした。
この景色を見ているだけで癒されます。日本の秋はやはりいいですね。

輪王寺のもみじをしばらく見て、癒された後、一休みすることにしました。

↑訪れた店は、明治館というレストランです。
明治期に立てられた建物を利用した、おしゃれな店です。
ここで、ニルバーナというメタルチックな名前をしたチーズケーキとアイスティーを注文。
チーズケーキは、濃厚な味でうまい!
お値段は525円ずつでした。若干高いかな?

次に日光東照宮へ向かいました。

↑参道脇のもみじも色づいていて、きれいでした。

日光東照宮の拝観料は1300円、
(あれ?こんなに高かったかな?)
3回目のため、入場するか迷いましたが、結局入ることにしました。

↑左は神厩舎です。見ざる・言わざる・聞かざるの三猿がいますね。
右は日光東照宮の象徴である陽明門です。まあ、派手な門ですねえ。
中にある本社は工事中で外観は拝めず。参拝だけして、観光を終了しました。

昨日の夜にニュースで見たのですが、
現在、東照宮はライトアップをしているとのこと。
見たいと思いましたが、時間があるので夕食を食べてから来ることにしました。

宇都宮まで車を40分くらい飛ばして、夕食会場に到着しました。

↑宇都宮といえばこれ!餃子のみんみん・睦町店です。ここも3回目ですね。
みんみんというお店は数箇所ありますが、ここばかり来ています。

↑メニューは、餃子系とラーメン、ライスのみです。
地元民は「焼きダブルの大盛り(焼餃子2人前とライス大盛り)」
といった注文をするらしいです。
餃子消費量が日本一(らしい)の宇都宮ならではの注文ですね。
自分は普通に、「焼餃子と水餃子とライス」と注文しました。
餃子は、まじでうまいです。お勧めは、やはり焼餃子ですね。
水餃子はスープ代わりになりますが、やはり焼餃子です。

夕食を食べた後、再度日光へ向かいました。
日光に到着した後、昼間も見学した輪王寺・逍遥園へ。

↑もみじがライトアップされていました。
光に照らされたもみじ、水面に映ったもみじ、
夜に鑑賞するのもいいですね。

↑輪王寺の本坊は、工事中でした。以前はばっちり見えたのですが・・・。

次に東照宮のライトアップ見学へ。

↑五重塔と仁王門がライトアップされていました。
夜は昼間と違った雰囲気でいいですね。

次に昼間は訪れなかった、二荒山神社へ行きました。

↑門と拝殿がライトアップされていました。
時間があれば、昼間に訪れたかったですね。

世界遺産・日光の社寺のライトアップを見学した後、
宿泊場所である、塩原温泉郷へ向かいました。

日光から1時間半くらい走って、宿に到着しました。
温泉につかって、疲れをとりたいと思います。

2011/11/5:福島県・会津地方にやってきました

本日は、塩原温泉を出発した後、
福島県に入って会津地方の観光をします。

塩原温泉で宿泊した宿は【本陣】という民宿でした。
朝風呂にゆっくり入った後、朝食を食べました。

↑写真+オムレツとベーコンが出てきました。お腹一杯になりましたね。

宿を出発して、日塩もみじラインへ向かいました。
日光と塩原を結ぶ道路で、関東有数の紅葉の名所とのことです。

↑道の両脇は、ブナやナラ、カエデで色づいていました。
場所によっては、もみじが色づいていて、まさに見ごろでした。
右の写真は、大曲りのもみじという場所です。ここが一番きれいでした。

↑日塩もみじラインから見た塩原温泉周辺の山々です。
山々がきれいに色づいていて、きれいでした。

日塩もみじラインの紅葉を楽しんだ後、福島・会津方面に向かいました。
会津西街道(国道121号)を北上して、
道の駅たじまで一休みしました。

↑道の駅周辺の山々も色づいていました。
北関東から南東北の山々は本当にきれいですね。

121号を北上して、【塔のへつり】という場所に寄りました。
へつりとは、断崖がなまった言葉だそうです。

↑凝灰岩が侵食、風化されてできた断崖です。
つり橋を渡ると、この断崖を歩くことができました。

↑近くには、会津鉄道【塔のへつり】駅があります。
この周辺の紅葉は見事!きれいに色づいていました。
しばらく、駅周辺を散策して癒されました。

次に、大内宿へ向かいました。塔のへつりから15分くらいで到着しました。

↑大内宿は山に囲まれていて、いい感じに色づいていました。

大内宿は、会津と日光を結ぶ会津西街道の宿場町です。
江戸時代には参勤交代の大名行列や旅人でにぎわったそうです。

↑沿道は茅葺き屋根の民家が並び、情緒あふれる風情となっていました。
あと、紅葉の時期の土曜日ということで観光客も多かったです。

↑イチョウが黄色に染まっていて、きれいでした。

ここで昼食を食べることにして、石原屋というお店に入りました。

↑注文したのは、大内宿名物らしいねぎそばです。
1本のねぎを箸代わりにして、食べます。
お祝いの席で「切る」のは縁起が悪いので、1本のねぎで食べたそうです。

そばを食べた後、近くのお店でしんごろうという郷土料理を食べました。

↑五平餅に似たお味でした。食感は、五平餅より柔らかかったですね。
大内宿は、昔ながらの風情が残って、タイムスリップしたような気分に浸れました。

121号に戻って、会津若松市に入りました。
ここは鶴ヶ城や飯盛山など、会津藩や白虎隊ゆかりの場所があるのですが、
過去に訪れたことがあるため、パスします。

会津若松I.Cに着いて、磐越道に乗りました。

磐越道を西に走って、会津坂下I.Cで降りました。
目的地は、福満虚空蔵尊です。

↑会津坂下I.Cから10分くらいで到着しました。
断崖の上にあるお寺になります。

↑こちらのもみじも見頃でしたね。真っ赤に染まっていました。
右の写真は、駐車場近くのイチョウの木です。こちらは、黄色に染まっていました。

福満虚空蔵尊周辺の名物は、【あわまんじゅう】だそうです。
今日は、和菓子で一服することにしました。

↑お寺近くにある香月堂というお店のあわまんじゅうです。
1個80円でした。皮、あんこともにおいしかったです。

福満虚空蔵尊の見学を終えて、磐越道に再度乗りました。
次の目的地は、裏磐梯です。

↑途中、磐梯山S.Aに寄りました。
右は、磐梯山をバックに撮影しました。100名山のひとつですね。

猪苗代・磐梯高原I.Cで磐越道を降りました。


磐梯山の東側を北に走って、
40分くらいで裏磐梯・五色沼に到着しました。

↑看板にある通り、時間によって沼の色が変化するそうです。

五色沼探勝路を歩き始めると、次々と沼が姿をあらわします。

↑毘沙門沼です。写真では分かりづらいかもしれませんが、沼は青色でした。
バックには、磐梯山の裏側(北側)が写っています。

↑探勝路を更に歩いて、出会った沼です。
左から、赤沼、みどろ沼、弁天沼です。
晴れていると、時間によって赤く染まったりするらしいですが、
出会ったのは、青 or 緑色でした。
うーん、裏磐梯は他の色に出会うため、また訪れたいですね。

裏磐梯を歩いた後、喜多方市に向かいました。
今日の夕食は、喜多方ラーメンです。
裏磐梯から50分くらい走行して、喜多方市のラーメン屋に到着しました。

↑訪れたお店は、坂内食堂です。喜多方ラーメン御三家の一つだそうです。
メニューは、ラーメン+飲み物だけでした。

注文したのは、大盛りネギチャーシューです。

↑太い縮れ麺が特徴の喜多方ラーメンです。
だしのきいたコクのあるしょうゆスープで透き通っていました。美味♪でした。
そして、チャーシューもうまかった!

喜多方ラーメンを食べた後、宿泊場所の熱塩温泉に向かいました。
喜多方市から9kmと近い場所にあります。
本日の夜も、温泉に浸かってゆっくりしたいと思います。

明日は、雨とのこと・・・。紅葉を観賞するのは厳しそうです・・・。

2011/11/6:旅の最終日は雨でした

朝起きてみると、外は雨でした・・・。
紅葉を観賞するのは、厳しい天気ですね。
この旅最終日で、残念なことになりました。

旅館の朝風呂に入った後、宿を出発しました。

↑宿泊した場所は、熱塩温泉・叶屋旅館です。
名前の通り、温泉は【強食塩泉】だそうです。
なめてみると、塩辛かったですね。

熱塩温泉から米沢に向かって、国道121号を北上しました。

↑米沢まで34kmとのこと。
国道121号は、非常に整備されていて走りやすかったです。

米沢に50分くらい走行して到着しました。
到着してまず、上杉家廟所へ行きました。

↑廟所前にある、善光寺です。米沢上杉家の菩提寺だそうです。

↑廟所の入り口です。上杉家の家紋の幕がありました。
ここ、入場料が必要です。300円でした。

↑左は、上杉謙信の廟となります。一番立派でしたね。
右の写真で一番右の廟が、上杉景勝の廟となります。
左には、歴代の上杉家の廟が並んでいました。

上杉家廟所を見学した後、上杉神社を訪れました。

↑上杉神社の入り口です。龍と毘の旗が翻っていました。
神社内には、【天地人】の像がありました。
大河ドラマの影響が出ていますね。

↑上杉神社の本殿です。質素なつくりでした。
右は上杉鷹山公の像です。米沢藩の財政改革に努めたことで有名です。
像の左にある言葉が心にしみます。
【なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり】

↑上杉神社の参道は、イチョウともみじがきれいでした。
空が青ければ、より映えていたでしょう。

天気が良ければ紅葉の名所をじっくり回るつもりでしたが、予定を変更しました。
米沢から北にある南陽市へ移動して、ティータイムにすることにしました。

↑訪れたのは、【菓子工房 しろいくも】というお店です。
ここで、生チョコモンブランとアイスティーを注文しました。
ケーキは甘すぎず、チョコの中にバナナが入っている一品、美味♪でした。

ティータイムの後、国道113号を西に走って、新潟へ向かいました。

↑新潟まで106kmあります。結構走ることになりますね。

国道113号と平行して、JRの米坂線が走っています。
どれくらいの本数があるか、興味がわいてきて、羽前松岡駅に寄ってみました。

↑羽前松岡駅のホームと、時刻表です。
1日6本!、使いづらいことこの上ないですね・・・。

国道113号は、新潟と米沢を結ぶ道で小国街道といいます。
街道の名前となっている、小国で昼食を食べることにしました。

↑利用した食堂は小国駅近くの【みよしや】というお店です。
郷土料理のようなものはなかったので、えびカツ定食を注文しました。
700円で定食を食べることができて、安いなあと思いました。

↑昼食後、小国駅を撮影しました。ここは、有人駅です。
小国は宿場町として栄えて、町も大きくなったのでしょう。

小国を出発してすぐ、赤芝峡があります。
東北屈指の紅葉の名所とのことです。

↑赤芝峡です。山の木々が赤・オレンジ・黄色に色づいていました。
ちょうど見ごろですね。天気が悪いのが重ね重ね残念です。

赤芝峡を鑑賞した後、国道113号を更に西へ。
新潟県に入って、荒川峡に寄りました。

↑荒川峡を撮影しました。ただ、こちらの紅葉は終わっていましたね。
天気も悪くて、早々に退散することにしました。

荒川峡を離れた後、雨が強くなってきました。
これ以上観光をする気になれない為、新潟空港に向かいました。

↑新潟空港到着時のメーターです。4日間で約1130km走行しました。
新潟空港に到着して、17:45発の中部空港行きの飛行機に乗りました。

中部空港に到着して、無性にカレーうどんが食べたくなりました。
で、若鯱屋で夕食を食べました。
DSCF5336.jpg
久しぶりのカレーうどん、おいしかったです。

こうして、4日間の北関東・南東北の旅が終わりました。
ちょうど、紅葉が見ごろとなっていて良かったです。
また、郷土料理や甘いものをたくさん食べることができて、癒しの旅となりました。

今回の旅のお土産は

旅に出ると、たくさんの土産を買ってしまいます。
特に、お菓子系統の量が半端ないです。

今回の旅で購入したお土産を紹介します。
DSCF5337.jpg
↑左上は、新潟銘菓・河川蒸気です。ある番組で紹介されていて、気になっていました。
右下は、さくらんぼの囁きです。山形といえば、さくらんぼですね。
真ん中上は、福島・喜多方ラーメンベビースターです。
坂内食堂の味は再現できているのでしょうか?
真ん中下は、俵最中です。群馬県・谷川岳P.Aで購入しました。
右上は、福島銘菓・ママドールです。
右下は、ら・ふらんすケーキです。山形のもう一つの特産品ですね。

形に残るお土産は、何も購入していないのですが
大量にお菓子のお土産を購入してしまいました。

そして、もう一つ。
DSCF5338.jpg
↑山形県南陽市のケーキを食べたお店【しろいくも】で購入したブッセのセットです。
これ、お店で見た瞬間購入してしまいました。
食べるのが、楽しみですね。

旅は、準備や実際に行動している時だけでなく、
帰ってきてからも楽しいものですね。

2011/11/18:城崎温泉に出かけてきました

今日から、滋賀の紅葉を少し見た後、
城崎温泉に泊まるツアーに出かけました。

岐阜駅を7:46発の米原行きの列車に乗って、
まずは滋賀県の大津京駅を目指しました。

途中、米原と山科で乗り換えて大津京駅に到着。
DSCF5343.jpg
↑ここで、京阪電車に乗り換えて、坂本へ向かいました。
DSCF5344.jpg
↑15分ほどで、京阪電車の坂本駅に到着しました。

坂本駅から歩いて、10分ほどで日吉大社に到着しました。
DSCF5347.jpg DSCF5348.jpg
↑事前の情報で、紅葉が見ごろの手前となっていました。
確かに、まだ色づきが浅い気がしますが、
これはこれで、きれいだなあと眺めていました。

日吉大社には、国宝建造物が2つあります。
DSCF5352.jpg
↑西本宮です。後ろの建物・西本宮本殿が国宝に指定されています。
前の建物の拝殿は、重要文化財ですね。
DSCF5361.jpg DSCF5362_20111119210742.jpg
↑東本宮です。右の写真の後ろの建物・東本宮本殿が国宝に指定されています。

日吉大社で参拝を終えた後、比叡山・延暦寺へ向かいました。
事前の情報では、見ごろとなっていたので期待しています。

比叡山へは、ケーブルカーで上部へ上ります。
DSCF5370.jpg DSCF5373.jpg
↑左から、坂本駅・ケーブルカーです。
日本で最も高いケーブルカーだそうな。

ケーブルカーに10分ほど乗車して、延暦寺駅に到着しました。
駅から10分弱歩いて、延暦寺に到着します。
DSCF5377.jpg
↑ケーブルカー駅から歩いた場合の、延暦寺入り口です。

そして、かなり期待していた延暦寺の紅葉は・・・、
DSCF5381.jpg
↑うーん、一応色づいているのですが、
どうも色づきが悪いような気がします・・・。

延暦寺の根本中堂も国宝に指定されています。
DSCF5382.jpg DSCF5384.jpg
↑左が根本中堂の建物です。歴史を感じますね。
右は文殊楼への階段です。延暦寺の紹介写真で良く出てくる気がします。

根本中堂を参拝した後、昼食を食べました。
DSCF5390.jpg
↑門前そばとご飯のセットを注文しました。
比叡山の上部は、かなり寒かったので、温かいそばがおいしかったです。

昼食後、大講堂と東塔を見学しました。
DSCF5391.jpg DSCF5394.jpg
東塔を見学した後、西塔へ行こうとしました。
しかし、1時間に1本しかないシャトルバスをかなり待つことになるため、
歩くことにしました。距離が1.2kmのため何とかなるだろうと思いました。

20分ほど歩いて、西塔地区に到着しました。
DSCF5397.jpg DSCF5401.jpg
↑左は、西塔地区の法華堂と常行堂です。
2つの堂は廊下でつながれていて、全体の姿から【にない堂】と呼ばれているそうです。
右は、西塔地区の大きな建物・釈迦堂です。
釈迦堂と先ほどの2つの建物が重要文化財に指定されています。

西塔地区の参拝をさくっと終えて、横川中堂へ向かうことにしました。
西塔から横川は離れているため、バスを利用することにしました。
DSCF5402.jpg
↑西塔地区の駐車場で撮影しました。
ここの紅葉はきれいでしたね。

バスで10分ほど乗車して、横川中堂に到着しました。
DSCF5405.jpg DSCF5407.jpg DSCF5408.jpg
↑横川中堂への参拝路です。一応色づいていました。
ここでもみじ祭りが開催していましたが、少し紅葉の元気がなかったです。
右の写真が、横川中堂です。豊臣秀頼と淀君によって再建されたそうです。
DSCF5409.jpg
↑元山大師堂です。ここがおみくじ発祥の地だそうです。
じぶんもおみくじを使用としてみたら、運試しではだめとのこと。
ここのおみくじは、住職が占ってほしい内容を聞いて、
そのご、みくじによって進むべき道を示してもらうそうです。
1回1000円とおみくじにしては、高いですね。

以上で、比叡山の参拝を終えました。紅葉はもう少し期待していたのですが、
まあ、今年の気候のせいでしょう。でも、きれいな部分もありました。

再び、ケーブルカーに乗車して、坂本駅へ下ります。
DSCF5414.jpg
↑延暦寺駅から琵琶湖を撮影しました。
琵琶湖と周辺の山々の風景が素晴らしいです。

延暦寺を参拝して思ったのは、ここを攻めるのは大変だなあと思いました。
織田信長は延暦寺焼き討ちをしましたが、
いきなり焼き尽くすのは、無理で当然攻めあがっています。
結構な標高差があって、3箇所に城が分かれているような感じですので、
結構激戦だったのでは?と思ってしまいました。

ケーブルカーで坂本駅に下りてきた後、京阪電車で大津京駅へ向かいました。
坂本といえば、明智光秀の居城があった場所です。
比叡山焼き討ちの功で、明智光秀が領地を得ました。
しかし、中国攻めの際に転封されたのが、謀反の一つの要因と言われていますね。
このあたりは、戦国時代ネタが豊富なので、
訪れると戦国時代に思いを馳せられるので楽しいです。

大津京駅に戻った後、JRで茨木駅に向かいました。
ここで、車を借りた後、城崎温泉に向かいました。

中国道、若狭舞鶴道などを経由して、2時間くらいで城崎温泉に到着しました。
意外に高規格道路が延びていて、アクセス良かったですね。

城崎温泉はたくさんの外湯があります。
宿泊した旅館で外湯の無料権がもらえたので、到着後早速回りました。
DSCF5416.jpg
↑御所の湯です。こちらは建物が凝っていて、
内部も凝っていて、入るのが楽しいです。
DSCF5417.jpg
↑鴻の湯です。こちらは庭園風呂があります。
露天風呂に入って、ほっこりするのもいいですねえ。
DSCF5419_20111119211503.jpg
↑まんだら湯です。こちらには、桶風呂がありました。

以上の3つは、実際に入りました。
DSCF5421.jpg
↑一の湯です。洞窟風呂らしいですが、時間がなかった為、入っていません。
明日の朝、時間があれば入ってみたいですね。

湯めぐりをした後、城崎温泉街をぶらぶらしました。
DSCF5423.jpg DSCF5425.jpg
↑城崎温泉に流れている大谷川沿いの柳並木です。
風情があって、いいですね。いかにも温泉街という雰囲気です。

今日は、城崎温泉に宿泊します。
明日も紅葉狩りをしたいのですが、雨みたいです。
もしかしたら、紅葉狩りをやめて、他の事をするかもしれません。

2011/11/19:やはり雨・・・、競艇に行ってしまいました

朝起きたら、雨がザーザーでした。
とても、屋外で紅葉を見る気にはなれないですね。

とりあえず、宿の朝風呂に入ってほっこりしました。
宿のお風呂はとても小さかったです。
これは、外湯の温泉資源を守るため、
大きな内湯を造る事が条例でだめになっているそうです。

お風呂から出た後、今日の作戦を考えました。
(うーん、今日はどうしよう)と悩んでいて、
帰りに競艇に寄るのはどう?ということで、
レース情報を確認すると・・・、

関西で開催している競艇場は、
【住之江競艇】or【びわこ競艇】でした。
住之江は、東海地方に帰ろうとした場合、
立ち寄っていくにはきつい場所にあるため、
びわこ競艇に行くことを決定しました。

朝食は、宿泊した宿で出るため、
それを食べた後、出発しました。
DSCF5426.jpg
↑宿泊した旅館【やまとや】です。1泊朝食付きで6800円でした。
立地は、城崎温泉街ど真ん中で、外湯めぐりには便利な場所でした。

城崎温泉を出発して、雨の中をひたすら大阪方面へ。
和田山I.Cから播但連絡道で福崎I.Cまで移動して、
その後、中国道で大阪・吹田I.Cまで移動しました。

高速を下りて、茨木駅近くのレンタカー屋に車を返して、
JRで大津駅まで移動しました。到着したのは、13時半過ぎでした。

ここから、無料バスでびわこ競艇場まで移動する予定でしたが、
競艇場行きのバスは運行が終了していました。
13:25で運行が終了するそうです。
仕方ないため、タクシーを利用しました。
ここで、軍資金が少し減ってしまいました・・・。

タクシーで10分弱で競艇場に到着しました。
DSCF5427.jpg
↑びわこ競艇の外観です。
基本、どこの競艇場も外観はきれいです。

中に入って、第9レースから購入できる状況となりました。
とりあえず、財布の中身を確認すると、
1万円と思っていたのが5千円でして、まじで軍資金が少ないことに気づきました。
biwako.jpg
↑少ない軍資金で購入した舟券です。

まず、第9レースは3連単のボックス1口200円を2セット買いました。
そして、結果は惨敗・・・。

次の10レースは、三重県出身の澤大介が出ます。
そして、6コースばかりを選択するすごい選手です。
過去の成績を見ても、6コースでそれなりに勝っています。
biwakosennsyu.jpg
やはり、三重県出身の選手は外せないということで、
6号艇を絡めた、3連単のボックスを購入しました。
DSCF5429.jpg
↑10レースのスタートです。6号艇がトップスタートです・・・。
しかし、5号艇がもう少しへこんでくれないと厳しかったですね。
このレース、結果は【4-1-5】で400倍以上となりました。
これは、なかなか買えないですね。

軍資金が枯渇しそうなため、11レースで外したら帰ることになりそうです。
このレースは、1号艇・2号艇は3着までに絡んでくるだろうと思って、
3連単のオッズを見ると、安いです・・・。
でも、1・2号艇は外しようが無さそうなので、
次に強い5号艇と夢を求めて6号艇を購入しました。

結果は【1-4-2】でした。
完全に軍資金が枯渇したため、
最終レースには参加できず撤収することとなりました。

帰りは無料のバスで大津駅に移動して、
そして、岐阜に帰るのでした。

競艇で勝ちは続かないもんですね。

城崎温泉のお土産

自分が旅に出た時のお土産は、お菓子ばかりです。
雑貨などのお土産はほとんど買いません。

ということで、今回のお土産もお菓子ばかりです。
DSCF5430.jpg
↑左は城崎温泉ゴーフレットです。
真ん中は、大風呂敷です。梨の蜜をかけて食べる餅菓子です。
右は、丹波の黒豆餅です。丹波地方といえば、黒豆ですね。

実家に持ち帰って食べるつもりですので、まだ開けていません。
食べるのが楽しみです。

明日から関西地方の紅葉を楽しんできます

京都・奈良の紅葉の季節がやってまいりました。

今年は、のんびりと紅葉を楽しみたいと思って、
お休みをもらって、出かけることにしました。

22日の業務後、関西地方へ移動しました。

明日は、京都の紅葉散策です。
今年は、かなり色づきが遅いとのことで、
比較的早く色づく大原・上京区の寺社を中心にめぐります。

2011/11/23:京都市北部の紅葉を見てきました

本日は、京都市北部の紅葉を見に行くことにしました。

ただ、本日は祝日です。紅葉の名所と呼ばれる場所は、
まともに見学したら、かなりの混雑に巻きまれそうです。
そのため、最初の目的地は朝一の時間で訪れることにしました。

最初の目的地は、大原・三千院です。
京都駅からバスに乗車しようとしたら、人が多くて座ることができませんでした。
(大原まで確か1時間くらいだったはず、座れないのは辛いなあ)
しかも、バス内は人が多すぎて、都市部の通勤ラッシュの状態でした。

1時間かけて、大原に到着しました。バスの移動だけでかなり疲れました。
大原バス停から10分くらい歩いて、三千院に到着しました。
DSCF5432.jpg
三千院の入り口付近は、若干紅葉しきっていない部分もありましたが、きれいでした。

内部に入って、客殿から眺める庭園がきれいでした。
DSCF5438.jpg
↑このような庭園を眺めているだけで癒されます。
更に、紅葉が癒し度アップにつながっている気がします。

客殿などの見学を終えると、庭園内部の見学となります。
DSCF5445.jpg DSCF5452.jpg
↑三千院の庭園に下りてからの木々が染まっていて、きれいでした。
ただ、もう少し後だったら更に赤かったと思います。

三千院の見学を終えた後、周辺を散策しました。
DSCF5456_20111123212839.jpg DSCF5460.jpg
↑左は、三千院の奥にある勝林院です。本堂右の紅葉がきれいでした。
右は、勝林院に向かう途中の紅葉です。真っ赤になっていました。

三千院を離れて、次は20分くらい歩いた場所にある寂光院を訪れました。
DSCF5467_20111123212909.jpg DSCF5470.jpg
↑寂光院の紅葉は、完璧でした。真っ赤に染まるもみじが美しいです。
この日は、三千院より寂光院の方が紅葉は良かったですね。

大原の観光を終えて、次の目的地へ向かうためバスに乗りました。
地下鉄・国際会館駅まで移動して、地下鉄とバスで上賀茂神社まで移動しました。

上賀茂神社の紅葉はきれいとの情報があった為、訪れてみると
(うーん、一部はきれいだけど・・・)
きれいな紅葉もありますが、迫ってくるような紅葉はありませんでした。
DSCF5475.jpg DSCF5477_20111123212908.jpg DSCF5482.jpg
↑真ん中の写真のような、一部真っ赤になっているもみじもありました。
右は、上賀茂神社の拝殿へ向かうための門です。

上賀茂神社を参拝した後、お腹がすいたためおやつを食べることに。
ちなみにこの日の昼食は、マックでした。
DSCF5484.jpg DSCF5483.jpg
↑上賀茂神社の入り口にやきもち屋がありました。
もう、買って食べるしかなかったですね。焼き立てでおいしかったです。

上賀茂神社の次は、御室・仁和寺へ向かいました。
バスで一回乗り換えて、仁和寺に到着しました。
DSCF5485.jpg DSCF5496.jpg DSCF5489.jpg
↑仁和寺に入って、御殿から眺める庭の景色が素晴らしかったです。
右の写真が、御殿から庭園を眺めています。
真っ赤なもみじと緑の木々、五重塔のコントラストが美しかったです。
DSCF5499.jpg DSCF5502.jpg
↑左は五重塔で、右は金堂とその参道です。
周辺は、もみじが真っ赤になっていて、非常にきれいでした。

仁和寺は、祝日ながら人がごった返していませんでした。
紅葉の名所として紹介されていないせいだと思いますが、
仁和寺は紅葉を眺める良いスポットだと思います。

仁和寺の見学後、龍安寺へ向かいました。石庭が有名なお寺ですね。
DSCF5509.jpg DSCF5510_20111123215114.jpg DSCF5511.jpg
↑左は、龍安寺の庫裡に向かう参道です。こちらの紅葉もきれいでした。
真ん中の写真が庫裡で、右は石庭です。
この石庭をぼーっと見ていると色々考えてしまいますね。

龍安寺も有名なお寺ですが、意外に混んでいませんでした。
こちらも紅葉の名所と紹介されていないせいでしょう。
ただ、龍安寺の紅葉もいいと思います。

龍安寺の次は、金閣寺に向かいました。
金閣寺は小学校の修学旅行以来です。20年ぶりですね。
それまで、京都に何回も行っていますが、金閣寺は訪れていませんでした。

金閣寺は、さすがに人が多かったです。
特に、海外からの旅行者も多かったですね。
DSCF5521.jpg DSCF5518.jpg DSCF5522_20111123220628.jpg
↑金閣寺の参道の紅葉はめちゃくちゃきれいでした。
この日訪れた、自社の中で一番でしたね。
DSCF5530.jpg
↑そして、これ金閣ですね。久しぶりに生の金閣を見ました。
周辺のもみじもきれいでしたので、訪れて良かったです。

金閣寺の見学を終えた時点で、16時前となりました。
これ以上、寺社の昼の見学は難しいため、ライトアップされている場所へ行くことにしました。
目的地は【貴船もみじ灯篭】が行われている、貴船神社です。

バスで修学院駅まで移動して、叡山鉄道に乗り換えました。
叡山鉄道で貴船口に向かう途中、もみじのトンネルと呼ばれる場所を走行します。
この時、車内の照明が落とされます。そして、周りにはライトアップされた紅葉。
動いていたため、写真撮影はできませんでしたが、きれいでした。

貴船口に到着して、バスに乗り換えて貴船神社へ向かいました。
DSCF5551.jpg DSCF5552.jpg
↑貴船神社前のバス停から神社までの参道もライトアップされていて、きれいでした。
横に流れる川も灯篭が浮かべられるなど、幻想的な景色が広がっていました。

そして、貴船神社に到着。本殿までの階段も灯篭で照らされていて、きれいでした。
DSCF5553_20111123220652.jpg DSCF5554.jpg DSCF5555.jpg
↑貴船神社の舞台周辺のライトアップが最もきれいでした。
ライトアップされた、紅葉もいいものですね。

以上で本日の紅葉観賞は終了です。
明日は、東山を中心に回る予定ですが、赤くなっているでしょうか?
今日は、寒かったので紅葉が進んでいることを祈るばかりです。

2011/11/24:京都市東山の紅葉もきれいでした

本日は、京都の東山にある寺社の紅葉を散策します。

朝市に向かう寺は、東福寺です。
通天橋からの眺めが有名な寺ですが、
混雑が半端ないとの情報です。

そのため、京都駅に朝早く移動して、バスで東福寺へ。
開門前の8時30分前に到着しました。

↑東福寺の本堂と開山堂の庭園です。
こちらは、あまり観光客がいなかったですね。

開門後、通天橋へ移動しました。
通天橋からの眺めが見事!

↑左は通天橋からの眺めです。
赤、朱色、緑のコントラストが美しいです。
右は、通天橋近くから紅葉をバックに撮影しました。
ちょうど見ごろという感じでしたね。

ただ、東福寺の人の数は多すぎでした。
次は、人が少なそうな場所を訪れることにして
東福寺から15分くらい歩いた場所にある、泉踊寺を訪れました。

↑泉踊寺の門と仏殿です。
こちらの庭園が紅葉が美しいとのことで訪れようとすると、
庭園のみで料金が必要でした。
まあ、ここで訪れないと行かないと思い、庭園に移動しました。

↑庭園の紅葉です。庭園の雰囲気と紅葉が良かったです。
あと、人が少なかったので、まったりと過ごすことができました。

次に、清水寺へ向かいました。
バスで少し移動した後、清水坂を上がりました。
ここで、一休みをしようということになり、西尾茶屋へ。

↑ここで、季節の八橋パフェを注文。
かなり寒い日でしたが、あえて冷たいものを食べました。
おいしかったのですが、体が冷えましたね。

パフェを食べた後、清水寺へ移動しました。

清水寺といえば、今年の漢字が実施されます。
訪れたときに、丁度募集していたので、自分も投稿しました。

↑清水寺の横に地主神社がありました。
この神社、色々なものがあって面白かったですね。
今まで、何度も清水寺を訪れていたのですが、
ここの存在を本日はじめて知りました。

↑清水の舞台をバックに撮影しました。
清水の舞台下の紅葉は、まだ少し弱かったですね。

↑音羽の滝です。ここの人も多くて、水を受けるのはパスしました。
右は、音羽の滝から少し歩いた場所の紅葉です。ここは見ごろで綺麗でした。

清水寺観光後、昼食を食べました。
そして、清水坂沿いにある蕎麦屋に入りました。

↑注文したのは、にしんそばです。
京都名物とのことで注文しました。初めて食べたのがおいしかったです。

昼食後、安井金比羅神社を訪れました。
この神社の存在をまったく知らなかったのですが、
悪縁と縁結びの石があるということで、
面白そうだったため、訪れました。

↑この石は、表側→裏側とくぐって悪縁を切って、
裏側→表側とくぐって良い縁を結び、
最後に願い事の札を貼って終了とのことです。
たくさんの人が訪れるらしく、お札がたくさん貼られていました。

次に、バスを利用して永観堂を訪れました。

↑こちらの紅葉が本日一の美しさでした。
この景色は、心が癒されますねえ。

↑永観堂は高台にあるため、京都市内の景色が眺められます。
太陽が沈む寸前の京都市内を撮影しました。
永観堂は、本当に良かったです。

永観堂の紅葉を見学した後、夕食を食べることにしました。
タクシーを利用して、青蓮院近くの蓮月茶やというお店に向かいました。

↑夕食は、おとうふ料理コースを注文しました。写真には、
【湯どうふ、滝川豆腐、かにみそどうふ、生麩田楽、生麩の時雨煮】
が写っています。
他に、生ゆば、豆腐グラタン、ゆば煮と高野豆腐が出てくるセットを食べました。
これらの豆腐料理はみな美味しく、寒い日の湯どうふは体が温まりました。

夕食後、ライトアップを見学するため、地下鉄で小野駅に移動しました。
小野駅から少し歩いて、訪れたのは隋心院です。

↑ここは、訪れる人が少なくて、ゆっくりとライトアップを見学できました。
そして、ライトアップされた紅葉はきれいでした。
ここは、間違いなくライトアップの穴場ですね。

陏心院を見学したのち、JRを利用して京都駅へ。

↑京都駅の夜景です。
駅の壁には、派手なイルミネーションはありませんでした。
内部には多きなツリーがありました。

以上で、本日の観光を終了しました。
今日は、永観堂の紅葉が素晴らしかったです。
明日は嵐山を見学後、奈良県の紅葉を散策します。

2011/11/25:京都・嵐山から奈良の紅葉へ

本日は、午前中に京都・嵐山を観光した後、奈良県へ移動します。
紅葉の時期の嵐山は、平日でも大混雑することが目に見えているので、
早朝に移動しました。
DSCF5651.jpg
↑嵐電・嵐山駅です。ここに、8時過ぎに到着しました。

嵐山で最初に訪れたのは、天龍寺です。
紅葉の時期は、7時半から庭園が鑑賞できます。
DSCF5652.jpg DSCF5654.jpg
↑大方丈へ向かう参道沿いの紅葉が真っ赤に色づいていて、きれいでした。
天龍寺の庭園・曹源池は、世界遺産に登録されています。
DSCF5657.jpg DSCF5662.jpg
↑庭園の紅葉は、今が見ごろですね。
赤・朱色・黄・緑のコントラストが美しく、池と石の絶妙な配置が素晴らしかったです。
朝早く訪れたため、まだ人が少なくて、のんびり鑑賞することができました。

天龍寺の紅葉を堪能した後、常寂光寺へ向かいました。
DSCF5667.jpg
↑嵐山といえばこれ、竹林の道です。
このような場所を歩いているだけで、心が癒されますね。

竹林を抜けると、常寂光寺があります。
常寂光寺の紅葉は、横綱クラスだと思っていて、久しぶりに訪れました。
DSCF5670.jpg
↑9時の開門直後に中へ入りました。
開門直後でも、結構な人数の観光客が入っていきました。
DSCF5688_20111125194357.jpg DSCF5686.jpg DSCF5682.jpg
↑常寂光寺といえば、山門裏の階段を覆いかぶさるようにある紅葉です。
下側から撮影するのも良し、上から見下ろして撮影するのも良しです。
一番右の写真は、本堂から眺める紅葉です。
どこから見ても美しい紅葉でした。

天龍寺を見学した後、二尊院へ向かいました。
その道中で小倉山が見える場所と落柿舎があります。
DSCF5692_20111125200340.jpg DSCF5693.jpg
↑左の写真・後ろの山が小倉山で、右の方の建物が落柿舎です。
右の写真は落柿舎を撮影しました。
小倉百人一首や小倉餡の生まれた場所になりますね。

5分ほど歩いて、二尊院に到着しました。
DSCF5695_20111125200339.jpg DSCF5698.jpg DSCF5702.jpg
↑真ん中の写真で参道の紅葉が非常に綺麗でした。
右の写真は、本堂前の紅葉とイチョウです。赤と黄色が美しかったです。
DSCF5701.jpg DSCF5703.jpg
↑左は二尊院の本堂です。中には、法然上人の絵がありました。
右の写真は、本堂前にあった小倉餡発祥之地の碑です。
ここで、あんこが開発されたのですねえ。
今の和菓子があるのは、あんこの開発のおかげです。

二尊院を見学した後、祇王寺を訪れました。
DSCF5710.jpg DSCF5708_20111125200417.jpg
↑こちらのお寺は、周りが山に囲まれていて日光が当たりにくいため、
黄色と橙色が中心でした。綺麗でしたが、若干色づきが弱いですね。

以上で嵐山の寺社めぐりは終了です。
最後に嵐山といえば、渡月橋。これを見て、嵐山観光を締めることにしました。
DSCF5712.jpg
↑桂川にかかる渡月橋と嵐山の風景です。
てか、嵐山の紅葉終わっていません?茶色に見えるんですけど・・・。
本日の京都で最も良かった紅葉は、やはり常寂光寺でした。

京都の観光を終えた為、京都駅に移動しました。
JRに乗車して、奈良駅に移動しました。
DSCF5713.jpg
↑奈良駅は、京都駅と比べてすごいシンプルです。建物内がガラガラでした。

奈良の紅葉めぐりは、車がないと厳しいためレンタカーを利用します。
最初の目的地は、正暦寺です。車で20分ほどで到着しました。
DSCF5716.jpg DSCF5720.jpg DSCF5723.jpg
↑こちらの紅葉は、若干元気がないですねえ。
赤くなる前に、黒ずんでしまった感じです。
ただ、本堂横の紅葉は真っ赤で綺麗でした。
DSCF5727.jpg
↑初めて知ったのですが、ここが日本清酒の発祥の地なんですね。

正暦寺を観光したのち、長岳寺へ向かいました。
DSCF5731.jpg DSCF5734.jpg DSCF5733_20111125202129.jpg
↑真ん中が本堂です。大地獄絵図がご開扉されていて、見ることができます。
住職さんが絵図の説明をしていたました。話が面白くて、楽しかったです。
右の写真は、本堂前の池にあった紅葉です。ここの紅葉は綺麗でした。

長岳寺を見学した後、談山神社のライトアップへ向かうことにしました。
ただ、暗くなるまで時間があるため、すこしティータイムにすることに。
そして、向かう道中の桜井市の木材団地にある【木風(ふう)】というお店によりました。
DSCF5737.jpg DSCF5736.jpg
↑マロンのタルトとホットティーを注文しました。
マロンタルトのクリームとさくさくのタルト生地がおいしかったです。

ティータイム後、談山神社へ向かいました。
到着時にすでにかなり暗くなっていました。
DSCF5741.jpg
↑入り口から本堂へ向かう階段です。
ここの紅葉は、まだ色づきが弱い感じがしますね。
DSCF5746.jpg DSCF5748.jpg
↑左は十三重の塔と権殿です。右は周辺の紅葉です。
この周辺は、綺麗でした。ただ、ライトアップの光がすこし弱かったです・・・。

こうして、本日の紅葉観光を終えました。
今日は、嵐山の紅葉が全体的に良かったです。
明日は、奈良県の寺社をめぐりますが、綺麗になっていることを願うばかりです。

2011/11/26:紅葉の旅も最終日、奈良県の紅葉を楽しみました

関西の紅葉めぐりも本日が最後です。
今日は土曜日のため、紅葉スポットが混雑することが予想されるため、
早朝から行動しました。

昨日の夜に訪れた、談山神社に8時半に到着しました。
8時半なら、まだ観光客の数が少なかったですね。
DSCF5749.jpg DSCF5750.jpg
↑右の写真は、入り口を入ってすぐの紅葉です。
昨日の夜に訪れたときには、暗くて気づかなかったのですが、
非常にきれいでした。
DSCF5752.jpg DSCF5755.jpg
↑左は本殿前で撮影しました。このあたりは、まだ少し緑や黄色が中心ですね。
右は、権殿と十三重の塔です。さまざまな色の木々と建物が美しいです。
DSCF5757.jpg
↑談山神社の向かいにある高台の紅葉です。
ここが一番きれいでした。神社の眺めも良かったですね。

一通り紅葉を堪能した後、駐車場へ戻ると、
駐車場には満車の文字が。そして、すごい数の観光バス。
少し遅れていたら、駐車場所を探すのに苦労したでしょうね。

談山神社の次は、長谷寺へ向かいました。
今年の春に桜を見るために訪れていますが、秋もやってきました。
DSCF5762_20111126183647.jpg DSCF5763.jpg DSCF5764.jpg
↑山門をくぐった後は、屋根付の階段をひたすら登ります。
そして、本殿に到着。本殿は、国宝に指定されています。
DSCF5770_20111126184108.jpg DSCF5773.jpg DSCF5774.jpg
↑真ん中は、長谷の舞台と呼ばれる本堂前から下を撮影しました。
赤色や緑色など、さまざまな色の木々が美しいです。
右は、五重塔をバックに撮影しました。
紅葉に囲まれた五重塔がきれいでした。
DSCF5777.jpg DSCF5778.jpg
↑左は本堂下の広場で撮影したものです。
この付近の紅葉がもっとも赤くて、きれいでした。
右は、大講堂付近から本堂や五重塔をバックに撮影しました。
この眺めだけは、春の桜の時期がすばらしい気がしました。

長谷寺は、土曜日にも関わらず観光客の数が少なめで、
のんびりと散策することができました。

長谷寺の観光を終えて、奈良市へ移動しました。
レンタカーを返却後、奈良公園に向かいました。
向かう途中、奈良県庁でせんと君を発見。
DSCF5780.jpg
↑いろいろ物議を醸し出したせんと君と記念撮影です。
奈良県庁の屋上を開放しているということで、上に上がってみました。
DSCF5783.jpg DSCF5784.jpg
↑左は、奈良県庁から東方向を撮影しました。
木がない山が若草山、若草山左の大きな建物が東大寺・大仏殿です。
右は、奈良県庁から西を撮影しました。
奥に見える山が生駒山、奈良・大阪県境になります。
今日は天気が良く、空気も澄んでいるのできれいに見えました。
DSCF5786_20111126184404.jpg
↑県庁から南を撮影したのものです。
興福寺・五重塔が見えます。逆行で真っ黒になってしまってますが・・・。
五重塔の右に見える山は、大和三山の一つ耳成山です。
ほかの畝傍山や天の香具山も見えているみたいですが、分かりづらいです。

県庁からの眺めを堪能した後、奈良公園に向かいました。
DSCF5789_20111126184403.jpg DSCF5792.jpg
↑左は、若草山をバックに撮影しました。
今は、草が生えているみたいですが、山焼き後にはつるつるになりますね。
右は奈良公園内の紅葉です。こちらも丁度見ごろを迎えていました。

今回の旅は、紅葉を鑑賞するのがメインのため、
あまり寺社を拝観する気はなかったのですが、
やはり東大寺に気になってしまったため、訪れることにしました。
DSCF5794_20111126184359.jpg DSCF5795.jpg
↑東大寺・南大門と大仏殿を撮影しました。
ここはさすがにたくさんの観光客がいましたね。
そして、大仏殿の裏側に回りました。
DSCF5797.jpg DSCF5799.jpg
↑大仏殿裏側のイチョウの木と大仏池です。
イチョウの木と、下に落ちているイチョウの葉っぱの絨毯が美しかったです。

以上で今回の京都・奈良の紅葉めぐりは終了です。
帰りは近鉄を利用して、大和八木経由で桑名に帰りました。

京都・奈良ともに紅葉がきれいで心が癒される旅となりました。
京都は、横綱級の紅葉スポットがたくさんあり、
奈良は、観光客が少ないスポットが多くのんびりと回ることができました。
日本に京都と奈良があって良かった、そう思える旅となりました。

京都・奈良の旅で購入したお土産です

今回の京都・奈良の紅葉の旅でもお土産を購入しました。

やはり、小物類は購入せず、お菓子ばかりです。
DSCF5802.jpg
↑上二つのお土産は、奈良県のお土産です。
吉野名産の葛を利用したお菓子です。

左下は、清水坂にある七味家のあげじゃがです。
からしがたくさん置いてあるお店なのですが、
からしはあまり必要なかったので、これを購入しました。

右下は、今日とお土産といえばこれ!という生八ツ橋です。
秋ということで栗入りつぶあんの八ツ橋を購入しました。

これから、食べるのが楽しみです。

野沢温泉でスキーと温泉です

本日から、野沢温泉へスキーに行ってきます。

岐阜もここ最近の雪で、朝の電車が遅れていました。
8時名古屋発のしなのに乗りたくて、
焦りましたが、なんとか間に合いました。

↑松本付近で撮影しました。北アルプスがきれいでした。

↑姨捨駅付近です。善光寺平がくっきりです。

車窓を堪能して、長野駅に到着しました。
バスに乗り換えて、野沢温泉へ。

1時間半くらいで、野沢温泉に到着しました。

↑野沢温泉バスターミナルです。屋根に乗っている、雪がすごいです。

着替えて、スキー場へ移動しました。

↑天気が良くて、スキーびよりでした。

↑上部からの眺めが抜群でした。

午後だけのスキーでしたが、疲れました。
明日は1日滑る予定ですが、体力がもつかどうか...。

今日は、がっつりスキーです

野沢温泉2日目は、がっつりスキーです。
朝は天気がいまいちでしたが、
昼近くから天気が良くなりました。
本日もスキーびよりです。

↑本日も雪をかぶった山並みが美しいです。

1日、スキーを楽しんだあと、
疲れを癒すために、外湯巡りすることに。

↑外湯は源泉かけながしです。
ただ、熱い!長時間は厳しいですが、気持ち良かったです。

スキーと温泉のゴールデンコンビを楽しみました。

野沢温泉のスキーを終えて

野沢温泉の滞在最終日となりました。
昨日、1日スキーを滑っていた為、体力的にしんどい状態でした。
そのため、朝のバスで野沢温泉を去ることにしました。
DSC_4156.jpg
↑2泊お世話になった【はとぐるま かわばた】という民宿です。
ここの料理は、肉や魚をあまり使わないヘルシーなメニューでした。
でも、ボリューム満点で満足でしたよ。

帰りのバスに乗る前に、ふきやの温泉まんじゅうを購入することに。
DSC_4158.jpg
↑温泉まんじゅうを購入して、外に出ると「ドサッ!」という音が。
そして、車がもろに雪の塊をくらっていました。
生身の人間がいなかったのが、本当に良かったと思います。
今年は、雪の量が半端ないみたいですね。

そして、長野駅行きのバスに乗車しました。

昼前に長野駅に到着して、このまま名古屋に帰るのもと思い、
国宝建造物の善光寺を訪れることにしました。
バスで少し移動して、善光寺大門前に到着しました。
DSC_4161.jpg DSC_4163.jpg
↑善光寺大門と大門をくぐった後の、商店街です。
さすがに長野市のシンボルで観光客が多いですね。
DSC_4169.jpg
↑国宝建造物・善光寺本堂です。
夏に訪れたことはありますが、冬の雪を被った本堂もいいですね。

善光寺の参拝を終えて、昼食を食べることにしました。
長野といえば、蕎麦ということで、蕎麦屋へ行くことにしました。
DSC_4175.jpg DSC_4170.jpg
↑権堂にある【かんだた】というお店に入りました。
店の入口にある看板が面白いですね。
DSC_4174.jpg DSC_4173.jpg
↑【小町】と【手打ち】の合盛りと蕎麦どうふを注文しました。
【小町】は噛んでいると甘みが感じられ、【手打ち】は蕎麦の味がしっかりしました。
そして、腰があって、うまい!
いいお蕎麦屋さんでした。

昼食を食べた後、名古屋行きの信濃に乗車しました。
DSC_4176.jpg
↑電車内で食べた、長野名物「おやき」です。
これもまたおいしかったです。

スキーとグルメを楽しんだ3日間となりました。

野沢温泉のお土産・温泉まんじゅうは旨い!

野沢温泉のお土産として、ふきやの温泉まんじゅうを購入しました。
これが、旨い!。野沢温泉に行くと、ふきやの看板をいろいろな場所で見かけます。
野沢温泉の温泉まんじゅうといえば、ふきやみたいですね。

↑温泉まんじゅうとともに、信州限定・ばかうけ【山賊焼き味】を購入しました。
これまた、おいしかったですね。

弾丸ツアー・広島の宮島へ行ってきました

2/11の土曜日の日付をまたいだ後、
会社の同僚と集合して広島・岡山へ出かけることにしました。
目標は、日本三景・宮島の観光と児島競艇で稼ぐこと、
そしておいしいものを食べることです。

2/11の午前0時過ぎに桑名駅に集合して、
中国地方へ向けて、出発しました。

東名阪→新名神→名神→中国道→山陽道と移動して、
最初の休憩を龍野西S.Aでとりました。
DSC_4181.jpg
↑龍野西S.Aに到着したのが、午前3時ごろでお腹がすいたので、
岡山名物【ままかりの押し寿司】を購入しました。
これはこれで美味しかったですが、同僚の焼鯖寿司の方が美味しかった・・・。

S.Aを出発して、更に西へ移動しました。
そして、午前6時過ぎに広島の繁華街に到着しました。

仮眠を少しとって、午前7時ごろから行動を開始しました。
まず向かったのが、原爆ドームです。
DSC_4184.jpg
↑世界遺産に登録されている原爆ドームです。
このときは、修復工事をしているらしく、足場が組まれていました。
DSC_4187.jpg
↑少し移動して、平和記念公園へ。
8/6の広島原爆投下の日には、ここで式典が行なわれていますね。

公園を見学した後、宮島へ向かいました。
広島市から、30分くらい車で移動して、宮島口フェリー乗り場に到着しました。
そして、フェリーで10分移動して、宮島へ。
DSC_4189.jpg
↑厳島神社の大鳥居です。宮島のシンボルですね。
このときは、潮が満ちていなかったので、鳥居近くまで歩けました。
DSC_4190.jpg
↑宮島も世界遺産に登録されていますね。
入場して、平清盛の世界をまったりと歩きました。
ここで、おみくじを引いたら【凶】が出ました・・・。出るんですね。
この後の、競艇の勝負に影響が出そうで怖いです。

厳島神社を参拝した後、広島名物のもみじ饅頭と牡蠣を食べることに。
DSC_4195.jpg
↑厳島神社の参拝路の途中にあるお店でもみじ饅頭を食べました。
いろいろな種類のもみじ饅頭があるんですね。
DSC_4197.jpg DSC_4198.jpg
↑そして、焼き牡蠣を食べました。これに醤油をたらして食べると激うまですよね。
2個400円を4個600円にしてもらって、同僚と食べました。
あと、この日はたまたま宮島かき祭りが行なわれていて、
牡蠣雑炊や牡蠣鍋、牡蠣のクリームコロッケなど牡蠣の食べ物がいっぱい出ていました。

フェリーで宮島口へ戻った後、ちかくにある店で
これまた広島名物のアナゴ飯を食べることにしました。
DSC_4200.jpg DSC_4201.jpg
↑【うえの】という店に入りました。
ここ10時開店なのですが、10時4分に行ったら、満席で待つことになりました。
20分くらい待って、席に通されてアナゴ飯を注文しました。
そして、出てきたものを食べると
「うまい!」ふっくらしたアナゴとタレが美味しかったです。待ったかいがありました。

アナゴ飯を食べた後、児島競艇へ向かいました。
DSC_4204.jpg DSC_4203.jpg
↑途中の沼田P.Aの広島お好み焼きが美味しいと見たので、
寄ってお好み焼きを食べることにしました。
そばとうどんがあって、うどんが美味しかったですね。

そして、児島競艇へダッシュして、13時過ぎに競艇場に到着しました。
DSC_4208.jpg DSC_4206.jpg
↑第7レースから戦闘を始めて、結果は-10,000円でした。
宮島名物の必勝とかかれたしゃもじを
場内に持っていくことを忘れていたのが痛かったです。
あと、児島競艇本場のレースが終わった後、
芦屋のG1と蒲郡のナイターも勝負しましたがだめでした・・・。

児島競艇の勝負の後、夕食を食べに岡山県の日生へ移動しました。
競艇場から1時間くらい走って、目的の店に到着しました。
DSC_4221.jpg DSC_4222.jpg
↑お店の名前は【タマちゃん】です。カキオコ(かきのお好み焼き)で有名な店とのことです。
到着時は満席で外にも人があふれていました。
DSC_4209.jpg
↑待っている間に注文することにしました。
注文したのは【カキオコの丞】【カキネギの丞】【えび玉の丞】【かきステーキ】を注文しました。
DSC_4215.jpg DSC_4217.jpg
↑席に通されて、しばらくしてお好み焼きが運ばれきました。
左の写真で右2枚が【カキオコの丞】、左上が【カキネギの丞】、
左下が【えび玉の丞】です。右の写真は【かきステーキ】です。
お好み焼きの中に牡蠣やえびが大量に入っていて、めちゃうまです。
牡蠣の旬の季節に訪れたのが良かったのでしょう。

カキオコを楽しんだ後、帰路につきました。
DSC_4224.jpg
↑途中の西宮名塩S.Aで神戸菓子を食べようということになり、
神戸フロマージュを食べました。チーズの味が濃厚で美味しかったです。

そして、亀山と桑名駅で同僚と分かれた後、家に帰りました。
家に到着したのが23時50分ごろ。内容の濃い1日でした。








広島と岡山のお土産です

広島と岡山に出かけてきて、お土産も買いました。

購入したのは、広島と岡山名物です。
DSC_4225.jpg
↑岡山名物のきびだんごと広島名物のもみじ饅頭です。

きびだんごは、ノーマルと黒糖味、
ノーマルも美味しいですが、黒糖も美味しかったです。

もみじ饅頭は、つぶあんと抹茶、フルーツジャムの3種類です。
あんこが大好きな自分としては、つぶあんがベストですが、
他の2種類も美味しかったですね。

旅の醍醐味のお土産を美味しく頂きました。
プロフィール
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
東京駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる